硬式野球

【硬式野球】「春季リーグ開幕直前特集~継承」第5回 水谷、大崎、川口、小林


2016年3月11日(金)
法政大学野球部寮

逆襲の春の訪れだ。長らく遠ざかる王座奪還へ闘志を燃やす法大ナイン。リーグ戦開幕を直前に控え、士気を高める彼らの現在の心境を伺った。第5回は水谷友生也、大崎拓也、川口凌、小林満平。内野手として、そして今季のさらなる飛躍を期する彼らに、今季にかける意気込みを語っていただいた。

mizutani
水谷友生也

 

 水谷友生也

―開幕が迫ってきていますが、現在の心境は
楽しみです。はよ始まってくれへんかなと思っています。

―冬の間はどのような練習に取り組んできましたか
振り込みをしてきました。

―以前の取材で「ウエイトに取り組んでいる」とおっしゃっていましたがそのことと関わりがあるのでしょうか
チームとして取り組んでいます。ウエイトトレーニングを中心にチームとしての筋肉の拡大と振り込みをテーマにやってきたので、自分もそれに取り組んできました。

―青木監督からアドバイスをいただくことはありましたか
今までは先輩に頼りがちだったんですけど、内野責任者に選ばれて自分も引っ張らないといけない立場なのでそういうことは常日頃から言われています。

―去年と今年の意識の変化は
幹部に選ばれたので、自覚と責任をしっかり持ってやっています。

―スタメン定着に向けて意識することは
今はみんなレギュラー争いとか開幕に向けて必死にやっていると思います。自分もレギュラーだとは思っていないので、一生懸命やって、ベストな状態で開幕を迎えられたらなと思います。

―レギュラー争いの中で意識する選手、ライバルは
同じポジションですかね。後輩の福田とかも入ってきます。高校の時から知っていたんですけどいい選手なので。あとは大崎とか向山とかいい選手は後輩にもたくさんいます。それにも自分にも刺激をもらっているので負けないように頑張っています。

―その中で同学年の大崎選手は水谷選手から見てどのような印象ですか
足が速くて打撃もいい、武器を持っているいい選手なので、お互いライバルとして頑張っています。

―自身がチーム内の他の選手と比べてここだけは負けない部分は
守備です。もともと守備には自信があるので、どんな場面でも自分のところに飛んで来いと常に思っています。

―ショートを始めたのは
野球を始めてすぐはサードをやっていました。でも「ショートかっこいいな」と思って。小学校2年の時からそれがきっかけでずっとショートをやっています。

―かっこいいと思ったきっかけがあった
そうですね。ヤクルトの宮本慎也選手です。球場で直接見たわけではなくて、雑誌などに載ってる守備の連続写真を「めっちゃ上手いな」と思いながら見ていました。

―昨年1年間で印象に残っている試合は
最後の明治戦3回戦です。4年生との最後の試合だったんですけど、全員が気持ち込もっていて勝ちに向かって同じ方向を向いてやれたので、かなり印象深いです。

―自身ではどのようなタイプの選手だと思いますか
かなり打つわけでもなく、目立つ選手ではないですけど、しっかりチームの欠かせない存在になりたいなと思っています。

―今季の目標をお願いします
日本一です。

 (取材:井手一樹)

mizutani
"熱く冷静に"水谷友生也
 

大崎拓也

—昨年を振り返って  
チームとしても個人としても悔いが残る年でした。

ー上級生となり意識の変化は  
そこまで意識はしてないですけど、引っ張っていかなくてはいけないなという気持ちはあります。

ーレギュラーをつかむために必要なことは
試合で結果を出すために努力することです。

ーこの冬重点的に取り組んだこと
打撃に関してはたくさん振り込みました。守備では基本を忠実にやりました。

ー鴨川キャンプはいかがでしたか
朝から特守や特打があったのできつかったです。気持ちで乗り切りました。

ーキャンプやこれまでのオープン戦で見つかった課題
自分には足の自信があるのですがまず塁に出ないといけないので、そこをどうにかしたいです。

ー守備について
自分の近くには水谷という最高の守備をする達人がいるので、それを見て盗んでいきます。

ーこれまでのオープン戦では外野を守る機会もありますが  
できるポジションを増やすことで試合の出場機会も増えると思うので、いろんなところをやりたいです。

ー先ほども名前が挙がった水谷選手の存在はご自身にとってどんなものですか
同じポジションなのでライバルです。あいつに勝たなきゃ試合に出ることはできないし…私生活は仲が良いのでなんとも言えないですけど、練習や試合ではあいつを蹴落としてでも出ようという気持ちで頑張ります。

ーお互いアドバイスをし合うことは  
いつも2人で練習して、いろんなアドバイスをし合ってともに高めあってると思います。

ーご自身のチームでの役割は
自分は機動力を使っていかないと勝てないと思うので、足を生かした打撃や守備をすることだと思います。あおとは上級生になったのでショートとして内野手の中心として引っ張っていくことだとですね。後輩に対しても厳しい言葉やアドバイスをかけていってます。

ー内野手争いの中で「ここだけは負けない」と思うこと
とやっぱり足だと思います!

ー昨年よりベンチからの声が多いと感じます
キャプテンの森川さんが明るいのでチームも自然と明るくなるんだと思います。

ーご自身の現在の調子は
10段階評価でいうと6くらいです。ここからどんどん上げていってリーグ戦には10で挑めるように頑張ります。

ー今年一年どんな年にしたいですか  
プロに行くにも社会人に進むにも勝負の年なのでしっかり頑張って、レギュラーとって試合に出て活躍します!

ー今季の目標
チームとしてはリーグ戦優勝して、日本一になることです。個人としては全試合1本ヒットを打つことです!

ー意気込みをお願いします  
チームの力になれるよう頑張って、チームを優勝に導きたいです!

 (取材:川畑あかり)

ohsaki
"速男"大崎拓也

 

川口凌

ー昨年を振り返って  
リーグ戦もスタメンで出場する機会があって、1年生にしては収穫が多かったです。

ー昨年は代打で結果を残すなど打撃でもアピールしました
打つ練習もしているので結果が出て良かったです。

ーこの冬重点的に取り組んだこと  
ウエイトとたくさんバットを振りました。

ー昨年二遊間を組んでいた四年生が引退したことで、新しい二遊間となりますが  
ショートは水谷(友生也)さんがやると思うんですけど、水谷さんはすごく守備がうまくて信頼できるので、二遊間組むことができたら自分も頑張りたいです。

ー部屋長だった若林選手から引退されるときに何か言葉はありましたか
「来年はお前がスタメンで出て頑張れ」と言われました。

ー二塁のポジションを争う小林選手の存在について  
すごく刺激になっていて自分もやらなきゃと思います。焦りもありますけど森川さんや柴田さんから「リーグ戦の経験もあるんだからお前らしくプレーしろ」と言ってくれています。

ーレギュラーをつかむために必要なこと
守ること、エラーをしないことだと思います。

ー後輩が入ってきたことで意識の変化は
今年から学年責任者というのをやってて、1年生に教えることだったり、グラウンドでの準備の仕方を教えたりしてるので自覚が出てきました。しっかり指導しなきゃと思います。

ー2年はどんな学年ですか
個性がすごく強いのでまとめるのは大変です。

ーチームの中でご自身の役割は
自分のプレーで流れを変えたいと思っています。。

ーご自身の調子は
良くもなく悪くもないです。もう少し打てるようになりたいです。

ーこれまでのオープン戦で得られたこと
緊迫した場面や、試合感をこのオープン戦で取り戻せてると思います。\

ー今年1年どんな年にしたいですか
来年チームの柱としてやっていけるように今年は成長したいです。

ー今季の目標
チームとしてはリーグ戦優勝すること、個人としてはチャンスで打つ!

ー今季の意気込み
自分が活躍して勝てるように頑張りたいです!

 (取材:川畑あかり)

kawaguchi
"成長"川口凌

 小林満平

ー昨季を振り返って
春は同級生の活躍をスタンドから見てるだけだったので、すごく悔しい思いをしました。秋はほとんどの試合でベンチに入れて、神宮の雰囲気や試合の緊張感を味わうことができたので、後半のほうはすごくいいシーズンだったと思います。

ーこの冬取り組んだこと
守備が一番の課題だったので、全体練習が終わったあとにコーチの方にノックを受けたりして鍛えました。守備は数受けてやってきたつもりです。

ーレベルアップしたなという実感はありましたか
守備が自分の中では大きく成長できたと思うので、守りのときに余裕ができた分、攻撃のときにいいリズムで打席に入れているなと思います。

ーオープン戦ではスタメンとして起用されることが増えています
監督には積極的な打撃を買ってもらっていると思うので、1番や2番での器用が多くなってきています。チームに流れを与えられるような攻撃的なバッティングをしていきたいと思います。

ー「しっかり振れることが自分の持ち味」と以前おっしゃっていました  
いかに芯に当てるかというのをいつも考えています。タイミングが外れても芯で当てれば野手の間を抜けると思うので、バッティング練習でも打ち損じを少なくいかに芯に当てるかを考えて練習しています。

ー厳しい内野手争いが予想されます
走塁と思いきりのいい攻撃的な打撃をアピールしていきたいです。

ー特に同学年の川口選手はやはりライバル視されますか
1年生のときはずっと追いかける存在だったので、今こうやって二人で競争できていることは自分にとってプラスだと思いますし、いいライバル関係になれるようにもっともっとレベルアップしていきたいです。

ー走攻守そろった選手としてのチーム内での役割  
守備はミスなく、走塁は自信があるので積極的に、とにかく全体的に強気で攻めたいです。

ーチーム内全体で活躍しそうな選手は
大西千洋ですね。できれば1、2番を一緒に打って足でかき乱したいなと思います。

ー開幕までに修正したいこと
今打撃の調子が落ちてきているので、しっかり打ち込んで調子を戻したいなと思います。

ー個人のリーグ戦での目標  
打率3割5分を目指します!

ーチームとしては
高校のときも中京大中京に入ったら甲子園に行けるなと思ったんですけど、一回も行けなくて。大学でも今のところ優勝できていないので、大学では優勝したいです。

ー今後への意気込み
一試合でも多く試合に出て、両親だったり友達だったり指導者だったり、お世話になった人に恩返しできるようにあと1ヶ月頑張ります。 

 (取材:鈴木理子)

kobayashi
"強気"小林満平


プロフィール

水谷友生也 (みずたに・ゆきや)
経営学部3年
1995年5月12日生まれ
京都出身・大阪桐蔭
176cm、75kg 右投右打

大崎拓也(おおさき・たくや)
法学部3年
1995年7月17日生まれ
大阪・智辯学園
181cm、78kg 右投左打

川口凌(かわぐち・りょう)
人間環境学部2年
1996年10月1日生まれ
東京・横浜高校
168cm、68kg 右投げ左打ち

小林満平(こばやし・まんぺい)
法学部2年 1996年11月8日生まれ
愛知県出身・中京大中京
174cm76kg 右投左打

 

  

 

 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み