硬式野球

【硬式野球】東京六大学野球春季リーグ戦 第5週 対明大3回戦 連日の熱戦は明大に軍配 惜敗で優勝の可能性も消滅

東京六大学野球春季リーグ戦 対明大3回戦
2016年5月9日(月)
神宮球場

押し出しが決勝点となった。7回、3連打で同点とされると先発の玉熊将一(法4)をあきらめ上條将希(キャ2)にスイッチ。しかし制球が定まらず、四球を与え勝ち越しを許した。打線も9回以外三者凡退で終わった回はなかったが、明大・柳裕也、星知弥から9安打、5四球を勝ち取るも要所を締められ得点は4回の2点のみ。法大にもミスが生まれ試合の流れをつかめず惜敗。勝率で他校を上回れないため、優勝の可能性が消滅した。 

top
チーム一丸で臨んだが及ばなかった

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
明 大 0 0 1 0 0 0 2 0 0 3 10 0
法 大 0 0 0 2 0 0 0 0 0 2 9 0

(明大)○柳、星ー牛島
(法大)玉熊、上條、熊谷ー森川
[本塁打]
    (明) 牛島1号ソロ (3回=玉熊)

打撃成績

打順位置選手打率123456789
1  (8)  大西千  5 0  0  .340 遊ゴロ    中飛   三ゴロ   一ゴロ     二ゴロ 
2 (5) 小林 5  4  0 .390 左前安     左前安  左前安   一内安   二ゴロ
3 (4) 川口 3 1 1 .267 一直     右中間二① 四球   一ゴロ    
4 (3) 金子凌 2 0 0 .323   四球    一ゴロ 四球   中飛    
5 (7) 向山 4 1 0 .583   二ゴロ   空三振 二ゴロ     中前安  
6 (2) 森川 4 2 1 .375   空三振    二内安①   二内安    空三振  
7 (9) 清水二 2 1 0 .240   右飛   四球   投犠打   右前安  
8 (6) 大崎 3 0 0 .000     四球   見三振   見三振   二ゴロ  
9 (1) 玉熊 3 0 0 .313     遊ゴロ併   空三振  空三振      
  1 上條 0 0 0 ---                  
  1 熊谷 0 0 0 .000                  
  H 福田光 1 0 0 .000                 空三振
    32 9 2 .279                  

 

投手成績

  球数 打者 防御率
玉熊 6 0/3 75  27  8   2   1   3  3.52
上條 0 1/3 15 3 0 0 2 0 3.86
熊谷 2 2/3 40 10 2  2 0 0 4.58
9 130 40  10  4  3   3  4.30

 

ベンチ入りメンバー

10 森川 (営4=桐蔭学園) 27 中村浩 (営2=多良木) 34 相馬優 (営1=健大高崎)
11 森脇 (経2=掛川西) 2 川口 (人2=横浜) 35 吉岡 (営2=智弁学園)
12 三浦 (法4=三重) 3 森 (キャ3=日大三) 1 大西千 (営2=阪南大)
13 菅野 (キャ2=小高工) 5 水谷 (営3=大阪桐蔭) 7 米田 (営4=智弁学園)
14 内沢 (キャ1=八戸工大一) 6 大崎 (法3=智弁学園) 8 清水二 (法3=中京大中京)
16 玉熊 (法4=北海) 9 金子凌 (キャ4=日大三) 28 中川 (経4=法政二)
17 熊谷 (キャ2=平塚学園) 24 小林 (法2=中京大中京) 38 舩曳 (キャ1=天理)
18 上條 (キャ2=市立川越) 25 福田光 (人1=大阪桐蔭)    
22 駒場 (文3=鹿沼) 29 向山 (営2=法政二)    

 

リーグ戦結果(05/09現在)

 明大慶大立大法大早大東大試合勝点勝率
―― △○●○    ○●○    ○●○  10   6   3   3  .667 
△●○● ――    ○○    ○○ 8 5 2 2 .714
    ―― ○●●  ○○  ●○○ 8 5 3 2 .625
●○●  ●●  ●○○  ―― ●○○    11 5 6 2 .455
    ●●  ○●● ―― ○○  7 3 4 1 .429
●○●  ●●  ○●●    ●● ―― 10 2 8 0 .200
 

戦評

  昨日の勝利で勝ち点獲得に望みをつなげた法大。血の法明戦は第3ラウンドに突入した。今日の先発投手は第1戦と同じく、玉熊と柳裕也で試合は始まった。

  試合が動いたのは3回。先頭打者に迎えるは牛島将太。初球を振りぬかれると、打球は一直線にスタンドへ着弾。先制のソロとなった。これ以上得点を許したくない場面、後続を打ち取って最小失点に抑えた。反撃を見せたい法大は4回。小林満平(法2)が今日2本目の安打を放つと。次打者の川口凌(人2))は2球で追い込まれてしまうがファールで粘る。すると9球目の直球を狙い撃ち。鋭い打球が右中間のど真ん中を破り、小林が一気に本塁に生還し同点とした。高校の先輩である柳を「必ず打ちます」と語っていた川口。有言実行の同点打となった。その後もチャンスは続き、2死二塁の場面で迎えるは7番主将の森川大樹(営4)。2ボール2ストライクからの6球目を拾う。フラフラと上空に上がった打球を2塁手が追うも届かず内野安打に。勝ち越し点をあげた。塁上で森川はガッツポーズを見せた。

  一方の玉熊は我慢の投球を続ける。4回以降は毎回走者を背負う苦しい状況。しかし低めを意識した打たせて取るピッチング。気迫の込もった投球で、明大打線を無失点で凌いで味方の追加点を待つ。

  好投を続ける玉熊は7回にピンチを迎える。先頭打者をアンラッキーな内野安打で出塁を許すと、その後9番渡辺佳明の左前タイムリーで同点とされる。ここで青木監督は左腕の上條をマウンドへ。しかし死球を与え満塁とすると、代打加勢一心の打席でフルカウントに。投じた6球目が外れ、痛恨の押し出し四球。試合の勝敗を決しかねない場面、ここで熊谷拓也(キャ2)にマウンドを託す。後続を一飛、空振り三振に抑え、絶体絶命のピンチを切り抜けた。

  なんとしても反撃したい法大は8回に明大の2番手星知弥からチャンスをつくる。1死一、二塁で打席に迎えるのは、今季初スタメンの大崎拓也(法3)。監督からの指示をうけてバッターボックスへ。運命の初球。バントの構えを見せるも見送ってストライク。しかしここで二塁走者の向山が飛び出してしまう。捕手から送球され走塁死。つかみかけた流れを逃してしまった。

  最終回、先頭打者は代打の福田光輝(人1)。ルーキーがフルスイングを見せるも空振り三振に。1番大西千洋(営2)も内野ゴロで打ち取られる。最後今日は4安打の小林もニゴロに倒れゲームセット。追いつくことはできなかった。

  第3戦までもつれた"血の法明戦"。今季も大熱戦となった。しかし悔しい敗戦。優勝の可能性も消滅した。残るは今季最終カードとなる東大戦。秋季リーグ戦につなげるためにも、2連勝で終えたい。応援してくれるファンのために、最後まで全力プレーを。(石川大悟)

クローズアップ

熊谷拓也 (絶体絶命の場面で見せた意地の投球)

  明大1回戦、同点の9回。マウンドには熊谷が立っていた。先頭の佐野恵に二塁打を許すとその後四球で満塁のピンチに。「焦りがあった」と当時を振り返る。その焦りからか、次打者に放った球は捕手の足元を抜ける暴投となり勝ち越され、さらに適時打を浴び追加点を与える。ここでやむなく降板し、悔しさをあらわにしながらベンチに戻っていった。

  迎えた3回戦。2日前のリベンジを果たすマウンドが熊谷に託された。7回途中からリリーフした上條が連続四死球で逆転を許し、1死満塁と試合を決めかねない大ピンチ。熊谷は他ならぬ自分自身と戦っていた。「ど真ん中に思い切り振ってこい」。森川からの言葉を受け、気迫の投球を見せる。そこに焦りは見えなかった。ただ一人一人を抑えることだけを考え、満塁のピンチを無失点で切り抜けた。

  その後も9回まで投げ切り、直球は140キロ後半を連発。力強い投球を披露し、気持ちで打者に、そして自分自身にも負けなかった。

  先発で思うような結果が残せず中継ぎに転向、歯がゆさが残るシーズンとなった。しかしそこから学んだことは大きいはずだ。この悔しさは必ず、真のエースになるための糧にする。(川畑あかり)

 kumagai2

 

監督・選手コメント

青木久典 監督

—7、8回で両チームの明暗が分かれてしまいました
選手は一生懸命やっていると思いますけど、ここぞという勝負がかかった場面で力を出し切れませんでした。

—優勝の可能性が消滅しました
それを受け止めて、東大戦でしっかりした野球をしなければいけないです。応援してくれる方々のためにも、2連勝したいと思っています。

—7回のピンチの場面では、おとといの試合で2塁打を許した佐野恵選手に熊谷投手をぶつけました
上條が腕が振れていなかったので、熊谷で行くしかないと思って送り出しました。厳しい場面だけど踏ん張ってくれと。

—空き週を挟んで東大戦に臨みます
くよくよしていてもしょうがないので、状態のいい選手を出していきたいなと思います。秋にもつなげるためにも先を見据えてやっていきたいと思います。

森川大樹 主将

—今日の試合を振り返って
 悔しいですね。

—明大先発の柳投手の投球は
3戦目で昨日もおとといも投げてて疲れてると感じたので、もうちょっと早いタイミングで点を取ってあげれば良かったと思います。

—4回に一時勝ち越しとなるタイムリーを放ちました
昨日は自分がチャンスで凡退しても向山が打ったりなど、下の学年に助けられたので、自分がなんとかしてやろうという気持ちでした。

—今日投げた3投手については
本当に頑張ってくれたと思います。

—終盤でのミスが大きく響きました
そこも大きかったですね。

—試合後、監督からは
ワンプレーの大切さとか、これから連勝して実力つけていかなきゃいけないという話などをしましたね。

—空き週を挟んで次は最終戦ですが、どういった調整をしていきますか
やっぱ簡単なミスが多くてそこがすごくもったいないと感じたし、すぐに修正できると思うので、東大戦はしっかり2勝して締めたいと思います。

—次戦への意気込みを
応援してくれる人とかがたくさんいるので、そういう人たちに感謝の気持ちを込めて連勝していい試合をみせたいと思います。

玉熊将一 投手

—今日の試合を振り返って  
大事な試合だったので、勝ちきれなくて本当に残念です。

—どのように試合に入っていこうとチームで話していましたか  
昨日は菅野が頑張って9回投げてくれて、月曜日につないでくれたので今日は絶対に勝とうという感じです。

—明治打線の印象は  
打順が変わっていたんですけど、いいバッターが並んでいるので、丁寧に投げていこうっていうのはいつもと変わらずですね。

—相手チームに一歩及ばなかった部分はどこにあると感じますか
味方に逆転してもらっても自分が踏ん張りきれなかったところがまだまだ自分の弱さだなと思います。

—次回の登板に向けてどのように調整して行きたいですか
粘り負けないというか、接戦になっても自分がゼロに抑えてチームが勝つくらいの強い気持ちを持って頑張りたいと思います。

—東大戦に向けての意気込みをお願いします
投げる機会があればゼロで抑えて、2連勝して勝ち点を取りたいと思います。

熊谷拓也 投手

—今日の投球を振り返って  
ピンチの場面だったのでしっかり抑えようと思っていましたし、流れを持ってこようと思ってマウンドに立ちました。

—明大1回戦の投球を受けて修正したこと
軸足の溜めを真木さん(投手コーチ)に言われて、あとは自分なりに(投球に)しっかり根拠を持つようにと考えました。焦らずしっかり一人一人を抑えるというのは再確認しました。

—その試合の投球を振り返ってみて感じたこと
焦っていたなと思います。センター前ヒットを打たれた柳さんもその次の(渡辺)佳明も下位打線でしたし、しっかり投げれば抑えられた打者だったと思います。落ち着きがなかったです。

—佐野恵選手に2塁打を打たれその後失点につながりました。今日も登板直後に佐野恵選手との対戦でしたが意識しましたか  
しっかり一人一人を抑えるということは意識して、焦らずゆっくりということだけを考えました。

—登板の前に森川選手からかけられた言葉は
「ど真ん中に思いっきり振ってこい」と言われました。

—今日の敗戦を受けてチームの雰囲気は
次の東大戦に向けてしっかりやるということを考えています。来秋に向けて投手陣は僕も含め課題が出たシーズンだと思うので、それを夏場にどう取り組むかというのを真木さんにも言われました。負けた今はチームの雰囲気はいいとは言えないですけど、これからしっかり前を向いて全員で進んで行こうと思います。

—次はラストカードとなる東大戦ですが意気込みをお願いします  
しっかり2連勝して最後まで自分たちのやってきた野球をやりたいと思います。

小林満平 内野手

—4安打でしたが
負けたのであまり嬉しくないです。  最後打てなかったことが悔しいです。

—最終回の打席どんな気持ちで迎えましたか  
ツーアウトだったので追い込まれるまではしっかり振っていって、長打狙いでいこうと。追い込まれたのでなんとかついていこうと思ったのですが、ストレートに差し込まれて打ち取られてしまったので悔しいです。

—今日の打撃の良かったところは
前回の対戦で柳投手のカーブとスライダーを打っていたので、今日はストレートが来るのかなと思っていて、読みが上手く当たって良かったです。

—打率も上がっていますが
東大戦もあるので、あまり気にせずにしっかり1試合1試合やっていきたいです。

—柳投手について
3連投なので疲れもあったと思います。土曜日よりは球が来てなかったかなと。秋はもっと打ち崩せるように夏もっと練習します。

—チームとしてはあと1本でませんでしたが  
やはりピンチになると相手もギアをあげてくるので、そういう場面でどう打っていくかがこれからの課題になっていくと思います。

—明大戦をふりかえって
血の法明戦というだけあって激しい試合だったのですが、勝てないと悔しいので、秋は2連勝して勝ち点をとりたいです。

—優勝が遠ざかりましたが
応援してくれる人もたくさんいるので、そういう人のために次の東大戦絶対に勝ちたいです。

—シーズン終わるまでの個人的な目標は
今はできすぎなので、一日1本ずつ打てるようにしっかり練習していきたいです。

—次戦への意気込み  
どんな形でもいいので、2連勝して勝ち点を3にしてリーグ戦を終えたいです。

フォトギャラリー

  • topチーム一丸で臨んだが及ばなかった
  • tamakuma先発投手を務めた玉熊
  • kawaguchi高校の先輩である柳から同点打を放った川口
  • kobayashi今日4安打の小林は打率.390でリーグトップ
  • morikawa一時逆転となる内野安打を放った森川
  • ohsaki今季初スタメンの大崎
  • kumagai3番手で登板した熊谷は、8回1死満塁のピンチを切り抜けた
  • shibataベンチには、早大戦で負傷交代した柴田のユニフォームがかけられていた
 

 

 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み