硬式野球

【硬式野球】第40回日米大学野球選手権第2戦 "東京六大学リレー"で米国に完封勝利!

第40回日米大学野球選手権大会第2戦
2016年7月13日(水)
HARD OFF ECOスタジアム新潟

先勝し迎えた日米大学選手権第2戦。先発・柳裕也(明治大)が7回を無失点と好投すると、打線が5回に得点した1点を守り抜いた。連日の好ゲームを制し、優勝に王手をかけた。

syouri
2番手で登板し試合を締めた田村伊知郎(立教大・写真右)

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
日  0 0 0 0 1 0 0 0 0 1 5 0
米  0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 1

(日本)○柳、田村ー牛島
(米国)ファエド、●ピーターソン、ライト、トーマスーリベラ、スコウグ
 

 

打撃成績

打順位置選手123456789
1 (9) 佐藤 4 0  0 見三振   空三振   中飛     空三振  
2 (7) 島田 2 0 0 四球     遊ゴロ   死球    空三振  
3 (D) 楠本 3 0 0 三ゴロ     投直   投犠打     空三振
4 (5) 大山 3 1 0   中飛    左前安   右飛     四球
5 (4) 吉川尚 4 1 0   空三振   三邪飛     一内安    空三振
6 (3) 北村 3 0 0   空三振     四球    左飛   中飛
7 (6) 京田 3 1 1     空三振    中前安①   空三振    
8 (2) 牛島 3 0 0     空三振   一ゴロ     遊直   
9 (8) 辰己 3 2 0     左中間二   二ゴロ     右前安  
    28 5 1                  

 

投手成績

 
 7  2 12 3 0
田村 2 0 0 0 0
9 2 12 3 0

 

ベンチ入りメンバー

10 柳 (4年=明治大) 2 牛島 (4年=明治大) 6 山﨑 (3年=国学院大)
11 佐々木 (4年=桜美林大) 27 森川 (4年=法政大) 1 佐藤 (4年=立教大)
17 濱口 (4年=神奈川大) 22 吉田 (2年=上武大) 23 濱元 (4年=神奈川大)
18 田村 (4年=立教大) 4 京田 (4年=日本大) 24 島田 (3年=上武大)
19 吉川峻 (4年=関西大) 7 吉川尚 (4年=中京学院大) 9 辰己 (2年=立命館大)
21 水野 (4年=東海大北海道) 8 大山 (4年=白鴎大) 29 大西 (2年=法政大)
14 齊藤 (3年=明治大) 28 森下 (4年=東海大)    
16 宮台 (3年=東京大) 3 楠本 (3年=東北福祉大)    
15 伊藤 (2年=国際武道大) 5 北村 (3年=亜細亜大)    

 

戦評

  昨日の敵は今日の友だ。日本代表でチームメイトになり、これほど頼りになる存在は他にいない。第2戦の先発は、春季リーグ戦最多の6勝をマークし、最優秀防御率を獲得した柳裕也(明治大)。初回アメリカ打線を三者凡退に退けると、2回から4回2死まで圧巻の8者連続で三振を奪った。「(アメリカの打線は)カーブがあっていないと思った」(柳)と縦に大きく落ちるカーブを軸に、強打のアメリカ打線を黙らせた。  

  虎の子の1点を守り切った。柳の後を受け、マウンドに上がったのは今大会で抑えを任されている田村(立教大)。2回を打者6人でシャットアウトし、試合を締めた。代表だからこそ実現する“東京六大学リレー”で相手打線を2安打に封じ込め、勝利を手繰り寄せた。

  新潟で連勝し、日米大学野球選手権優勝に王手をかけた。それと同時に、第33回大会以来の日本5連勝も視野に入っている。次は戦いの舞台を神宮球場に移す。これまでの2試合はどちらも1点差と厳しい戦いが続くが、守り勝つ野球で接戦を制し、アメリカ相手に完勝を収めたい。 (井手一樹)

 

選手コメント

森川大樹

—連勝で終えた新潟での2試合の印象はいかがですか
2試合で1点しか取られていないので、ピッチャーが凄い頑張ってくれたのと、バッテリーとして役割を果たせたのかなと思います。

—昨日はマスクを被って、佐々木投手をリードして勝利に導きました
横井(人輝)監督からは強気で行けという風に言われていたので、まずそれを第一に考えました。良い球も悪い球もあったので、上手く引き出しながらという感じでやりました。(佐々木)千隼はシンカーとフォークがあったので、シンカーとフォーク両方を使うことに決めて、ペースを上げてきたかなと思います。自分も打てたのでよかったです。

—アメリカの選手と対戦して感じたことは
相手ピッチャーはリリースの腕も長いし、打席に向かってくるんでちょっと最初怖いなと。アメリカ戦が始まる前から、150kmぐらいで(ボールが)動くとは聞いていたんですけれど、思っていた以上に動いていたのでそこも驚きました。

—初戦のスタメンを告げられたのはいつ頃なのでしょうか
直前合宿の最中で、結構早めに言われていました。オープン戦が終わった時くらいです。事前には言われていました。(佐々木)千隼と僕だけ、先に言われました。

—スタメンを言い渡された時の心境は
嬉しい反面、プレッシャーもありました。試合の入りってすごく大事だと思うので、まずそこをしっかりしなきゃなと気持ちが引き締まりました。

ー試合前や試合の合間では、多くの選手に声をかけていました
1対0の厳しい展開でプレッシャーがかかって、硬くなると思ったので、いろんな人に声をかけながらというのをやってました

ー神宮で行われる第3戦に向けて意気込みをお願いします
監督にも言われたんですけど、次で決めるという強い気持ちを持って、自分がチームに勝つために何ができるかを考えて、とにかく勝ちに貢献できるように頑張りたいと思います。

 

フォトギャラリー

  • syouri2番手で登板し試合を締めた田村(写真右)
  • kokkaennsou日本代表として試合に臨む大西千洋、森川
  • ohnishi試合前にノックを受ける大西
  • koekake「厳しい展開で固くなると思った」森川は、試合中声をかけ続けた
  • aokikanntoku三塁コーチとして指示を出す青木久典監督
 

 

 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み