硬式野球

【硬式野球】「秋季リーグ開幕直前特集~凌駕」第5回 小林、川口、向山、大崎


2016年9月1日(木)
法政大学野球部寮

「優勝を知らない世代」が必ず有終の美を飾る。最後に法大がリーグ戦を制したのは12年の秋。現在のチームにその歓喜を知る選手はいない。3位に終わった春の悔しさを胸に過ごした3か月。「優勝したい」と選手たちは口をそろえる。その努力の成果を発揮し戦い抜いた先にリーグ制覇、そして天皇杯が見えてくる。

kobayashi
小林満平

 

小林満平

―春季リーグを振り返って
途中まで優勝争いをしていたなかで、3位という悔しい結果に終わってしまいました。法政に来たからには優勝したいという思いが強いので、この秋は絶対優勝したいです。

―首位打者まであと1歩という好成績でした
昨シーズンはほとんどノーマークだったと思うんですけど、今シーズンは相手から研究されると思います。欲張らずに相手ピッチャーをしっかり勉強して、ずば抜けた成績じゃなくてもいいので、安定してチームに貢献できるようにしていきたいと思います。

―この夏重点的に取り組んだことは
前からバットの使い方について監督から指導を受けることが多かったので、バットの使い方を監督と二人三脚で練習してきました。守備はとにかく数を受けてきて、あとは盗塁のスタートを切る練習もたくさんしてきました。

―日本代表候補に選ばれたことについて
候補に選ばれたのはすごくいいチャンスだったので、代表の座を掴みたかったんですけど、京田(陽太、日大)さんだったり吉川(尚輝、中京学院大)さんだったり、日本を代表する大学生の選手と比べたらまだまだ自分の実力が足りていないというのを再確認できました。今年の落選が良い糧になったと思えるように来年こそは代表になりたいです。

―北海道キャンプについて
たくさん練習できる環境ではあったんですけど、2年生も多く参加したので、学年で仲を深める良い機会にもなりました。

―遠征先での楽しかった思い出は
帯広での最終日に2年生のみんなで豚丼を食べに行ったことが良い思い出です。なかなかあの人数でご飯に行けることはないので、すごく楽しかったです。

―現在のバッティングの調子は
バッティングは全然だめですね(笑)。元々オープン戦は打てないほうなので、あまり気にしてはないです。打順が、春は2番とか6番だったんですけど、このままいったら良い打順を任されることになると思います。そういう打順においてもらったときには勝負強い打撃ができるように、練習からテーマに置いてやりたいと思います。

―ポジション争いもし烈になってくると思われますが、その中でご自身のどんなところをアピールしていきたいですか
内外野どこでも守れることは守れるのと、積極的な打撃と走塁を監督が1番買ってくれていると思います。チームに流れを持ってこれるような打撃や走塁を意識してやっていきたいと思います。

―4年生と野球ができる最後のシーズンです
4年生はラストシーズンで、プレッシャーも少しはあると思うので、下級生が上級生を援護して優勝に導けるようにしたいです。

―個人目標は
3割、ヒット15本、5盗塁、ベストナインを目標に頑張ります!

―チームとしては
優勝して明治神宮大会でも勝ち抜きたいと思います。まずは初戦の早稲田戦に向けて、しっかり準備していけるように頑張ります。

―最後に今季への意気込みをお願いします
春は無我夢中でやったシーズンだったんですけど、秋は立場的にもレギュラーポジションを与えていただいているので、その自覚や責任を持って結果を出せるように、チームの優勝に少しでも貢献できるように頑張ります。

(取材:鈴木理子)

kobayashi
”日本一””ベストナイン”小林満平

 

 川口凌

―春のリーグ戦を振り返って
初めて1シーズン通して戦って全試合出させてもらって、大変な部分も成長できた部分もありました。

―全試合スタメン出場でした
1試合1試合、チーム内でスタメンを勝ち取ることも大変でした。今も大変ですし気を抜かないようにやっています。

―春の開幕前に「成長」と目標に掲げていましたが、成長したと思うところは
打撃と守備です。守備はノーエラーでシーズンを守り抜けたし、打撃も最終的には打撃ランキングのトップ10に入ることができたので良かったと思います。

―この夏に重点的に取り組んだこと  
ノックをたくさん受けました。

―北海道キャンプを振り返って
帯広では基礎練習を一からやったので、もう一回野球を鍛え直せたかなと思います。

―遠征中の楽しかった時間などは
帯広最終日の日に2年生みんなでご飯に行ったことです。帯広で有名な豚丼を食べました。

―キャンプ、オープン戦を通じての収穫や課題は  
キャンプでは野球する環境が整っていたので野球に打ち込めたことです。オープン戦での課題はチャンスでの1本や、あと一つのアウトが取り切れないことですね。リーグ戦ではそういうところにこだわってやっていきたいです。

―下級生が多く出場するチームですが
責任があるのでしっかりとしたプレーをしなくてはいけないと思います。

―内野手争いが激しいですが、自分のアピールポイントは
打撃とエラーしない守備です。

―この夏の甲子園ではご自身の出身高校である横浜高校が出場しました
後輩たちも頑張っているし、自分も大学野球で横浜高校の名前を売ることができればなと思います。

―ご自身が出場した時のことを振り返ってみて
甲子園はやっぱりすごくいい場所だな、またやりたいなと思いました。

―この秋で引退となる4年生について  
プレーではすごく頼りになるし、私生活でも良くしてもらってます。最後は恩返ししたいです。

―1番お世話になった4年生は  
やっぱり森(森川)さんじゃないですかね。打てない時に声をかけてくれたりしました。

―森川選手が主将のこのチームはどんなチームですか
最近のオープン戦では負けてても逆転する粘りとかが出てきたので、いいチームだと思います。

―今季の目標は  
チームとしては優勝して神宮大会で優勝することです。個人の目標は首位打者とベストナインです。

―開幕まで残り少ないですが
体調を整えることはもちろんですが、まだまだ時間はあるのでしっかり追い込んでやっていきたいと思います。

―最後に今季の意気込みをお願いします
自分が活躍して優勝します!恩返しします!

(取材:川畑あかり)

kawaguchi
”恩返し”川口凌

 

 向山基生

―改めて春季リーグを振り返って
春は3位で終わってしまったんで、秋は4年生が最後なので優勝して終わりたいです。

―明大2回戦では柳選手から安打を放ちました。自信になったのではないですか  
そうですね、いいピッチャーからいい場面で打てたので自信になりました。

―1年次からの努力が結果に現れたシーズンでした  
今まで積み重ねてきたことが神宮で結果として出たので、これからもどんどん成長していきたいです。

―同学年がリーグ戦で活躍するなか、去年は悔しさもありましたか  
スタメンで同級生がたくさん出ていたので、自分も一緒に出ないとなと思っていました。

―主力選手も多い2年生はどんな学年ですか  
グラウンドだったら頼もしいですけど、普段は自分も含めてふざけてます(笑)。 でも、オンオフしっかり切り替える選手が多いと思います。

―ライバルとして意識している選手は
同じポジションで右打ちということで、森龍馬さんですね。

―一緒に練習したり、アドバイスをくれたりする先輩は
自分がバッティングの調子を崩したときに森川さんから的確なアドバイスをしていただきました。

―夏に重点的に取り組んだこと
自分はバッティングで結果を残さないと試合に出られないので、特にティーバッティングでは1球1球の質を確かめながらやってました。

―ご自身のアピールポイントは  
ここぞという場面で活躍することです。

―秋季リーグでの個人の目標
1試合でも多く出て、1試合でも多く活躍することです。

―秋季リーグに向けての意気込み
4年生の最後のシーズンになるので、足を引っ張らずになんとかいい結果を残して4年生を送り出したいです。

(取材:下河辺果歩)

mukoyama
”優勝”向山基生

 

 大崎拓也

―春のリーグ戦を振り返って
チーム的には3位で悔いの残るシーズンでした。個人としても結果が出せないシーズンだったので、秋に結果を出すためにこの夏は頑張ってきました。

―オープン戦では、スタメンで出場が続いています
スタメンで出ることがずっと目標だったので、今は一日一日を大切に、野球のことを第一に考えています。

―同じショートには福田光輝選手(人1)がいます
バッティングも良いので、油断していたら抜かされると思います。良い選手がうしろにいるので、思い切ってやろうという気持ちと、誰にも負けないという気持ちがありますね。

―気になる選手は
相馬優人(営1)は気になりますね。安定した守備と、足もあり、バッティングセンスもあるので、怖いですね。

―オープン戦では、積極的に声を出している姿を見ます
練習への取り組み方などを今までと違う風に取り組んできました。もう3年ですし、チームを引っ張っていかなければいかないなという気持ちになりました。ポジションもショートで、内野を盛り上げていくべきですし。

―では、練習の変化は
全体練習はこれまでと同じ量です。でもノックだったらノック、バッティングだったらバッティング、一つ一つに集中しています。個人としては、全体練習が終わったあとに、神宮をイメージしながら素振りをしています。

―神宮のどのような場面をイメージしているのですか
サヨナラの場面とか、チャンスの場面とか。初戦が早稲田なので、大竹(耕太郎)や小島(和哉)のような左ピッチャーを意識しています。

―バッティングで意識していること
出塁率を上げることが大事なので、選球眼を良くすること。ボール球は振らないのと、甘い球は一球で仕留めるようにして、自分のスイングができるように意識しています。

―秋リーグ戦に向けて
全試合スタメンで出場して活躍するのはもちろんですけど、4年生の最後のシーズンなので、胴上げできるように日本一を目指します。

(取材:伊藤華子)

ohsaki
”日本一””速男”大崎拓也

 

 

プロフィール

小林満平 (こばやし・まんぺい)
法学部2年 1996年11月8日生まれ
愛知県出身・中京大中京
174cm76kg 右投左打

川口凌(かわぐち・りょう)
人間環境学部2年
1996年10月1日生まれ
東京・横浜
168cm、68kg 右投げ左打ち

大崎拓也(おおさき・たくや)
法学部3年
1995年7月17日生まれ
大阪・智辯学園
181cm、78kg 右投左打

向山基生 (むこやま・もとき)
経営学部2年
1996年7月5日
東京都出身・法政二
183cm74kg 右投右打

 

 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-06-267 R

定期購読の申込み