硬式野球

【硬式野球】東京六大学野球秋季リーグ戦 第1週 対早大1回戦 中山の豪快な一発!法大、開幕戦を白星発進

東京六大学野球秋季リーグ戦 対早大1回戦
2016年9月10日(土)
神宮球場

ついに2016年東京六大学野球秋季リーグ戦が開幕した。初戦の相手は春季5位の早大。試合はシーソーゲームの様相を呈したが、中山翔太(人2)の第1号2ランなどで得点を重ね、見事開幕戦を勝利で飾った。
nakayama01
4安打4打点で勝利に貢献した中山翔太(人2)

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
早 大 1 0 0 0 2 0 2 0 0 5 8 1
法 大 0 2 0 0 4 0 0 0 × 6 10 0

(早大)竹内、黒岩佑、柳澤、吉野和–吉見
(法大)菅野、河野–森川
[本塁打]
 (早)石井1号2ラン(5回=菅野)
 (法)中山1号2ラン(2回=竹内)

 

打撃成績

打順位置選手打率123456789
1 (8)  大西千  2 0 1 .000 四球 四球   遊ゴロ 左犠飛①   見三振    
2 (9)  清水ニ  3 0 0 .000 捕邪飛 右邪飛   中飛          
  H9 宇草 2 0 0 .000         中飛   空三振    
3 (4)  小林  3 2 0 .667 左前安 空三振     四球 中前安   四球  
4 (3)  柴田  5 1 0 .200 空三振   投ゴロ   遊内安 遊併殺   遊ゴロ  
5 (5)  川口 4 0 0 .000 右飛   一ゴロ   投犠打 三邪飛   空三振  
6 (2)  森川  4 1 0 .250   左中間二 右邪飛   四球   一ゴロ 投ゴロ  
7 (7)  中山  4 4 4 1.000   左本②   右前安 左中間二②   三内安    
8 (6) 大崎  3 1 0 .333   三邪飛   見三振 四球   投内安    
9 (1)  菅野  1 1 1 1.000   四球   捕失 三内安①        
  H 俵積田 0 0 0 ――             四球    
  1 河野 0 0 0 ――                  
    31 10 6 .323                  

 

投手成績

  球数 打者 防御率
菅野  142 33 10  4 6.43
河野 36 7 0 3 0 0.00
9 178  40 8 13 5 5 5.00

 

ベンチ入りメンバー

10 森川(営4=桐蔭学園)  32 伊藤士(文1=中京大中京) 31 宇草(営1=常総学院) 
11  森脇(経2=掛川西)  川口(人2=横浜)  大西千(営2=阪南大) 
12  河野(文2=法政ニ)  森(キャ3=日大三)  米田(営4=智辯学園) 
13  菅野(キャ2=小高工)  柴田(文4=東邦)  清水ニ(法3=中京大中京) 
15  三浦(法4=三重)  大崎(法3=智辯学園)  28  中川(経4=法政ニ) 
17  熊谷(キャ3=平塚学園)  24  小林(法2=中京大中京)  37  中山(人2=履正社) 
18  内沢(キャ1=八戸工大一)  25  俵積田(人3=阪南大)  38  舩曳(キャ1=天理) 
19  長谷川(経3=聖望学園)  26  相馬優(営1=健大高崎)     
22  木村(キャ4=如水館)  29  向山(営2=法政ニ)    

 

リーグ戦結果(09/10現在)

 明大早大法大東大立大慶大試合勝点勝率
――     ○      1 1 0 0 1.000 
  ――  ●       1 0 1 0 .000 
  ○  ――       1 1 0 0 1.000 
 ●     ――     1 0 1 0 .000 
        ――   0 0 0 0 ーー 
          ―― 0 0 0 0 ーー 
 

戦評

 法大の大事な開幕マウンドを任されたのは菅野秀哉(キャ2)。初めての開幕投手の緊張からか、1番八木健太郎にいきなり安打を許すと、2番富田直希のバントでピンチを招く。そして3番石井一成主将に浮いた変化球を捉えられる左中間適時二塁打で先制されてしまう。だがその後、後続を断ち、立ち上がりを最小失点で抑えた。
 早大の開幕投手は力強い直球が持ち味の竹内諒。初回、1番大西千洋(営2)が四球で出塁するも、続く2番清水雄二(法3)が痛恨のバント失敗。3番小林満平(法2)が安打で繋ぐも、4番柴田圭輝(文4)、5番川口凌(人2)が倒れ、竹内の立ち上がりを捉えることはできなかった。だが、2回に先頭打者の主将、森川大樹(営4)が左中間を破って出塁するとリーグ戦初先発の中山翔太(人2)が粘って竹内の内角直球を振り抜き、リーグ戦初本塁打となる特大の2ランを放って逆転に成功した。

 援護を受けた菅野はこのまま波に乗りたかったが、5回先頭の竹内に安打を許すと2死二塁で迎えた石井に何球も粘られると、甘くなった変化球を打たれて逆転2ラン。またリードを許してしまった。だが、その裏先頭の小林が四球で出塁すると、柴田の内野安打と川口の絶妙な犠打で好機を演出。森川も四球を選んで1死満塁の大チャンスで迎える打者は2安打の中山。青木久典監督から「考えすぎないように」とアドバイスを受けた中山は左中間に適時二塁打を打ち返し、再逆転に成功。その後も9番菅野の適時内野安打、大西千の犠飛で2点を追加し、この回打者一巡、一挙4得点で試合をひっくり返した。
 3点リードをもらった菅野は6回は三者凡退に切るも、7回に代打熊田睦、八木に連打を浴びて、1死一、三塁のピンチを招いてしまう。続く代打宇都口滉に痛打を浴びて2点差とされると2死満塁とされて代打山岡仁美に痛恨の押し出し四球。1点差まで詰め寄られてしまう。それでも続く6番三倉進を右飛で抑えて早大の追撃をなんとかかわした。
 8回から登板したのはリーグ戦初登板となった河野太一朗(文2)。緊張する場面での登板となったが、伸びのある直球と変化球との緩急で早大打線を三者連続三振に切って取った。続く9回は石井に四球を許すも、木田を中飛に抑えて試合終了。開幕戦を勝利で飾り、早大に先勝した。

 久々に初戦勝利を飾った法大。先発菅野が初の開幕投手の重圧にも負けずに粘りの投球を見せると、中山が4安打4打点で打線を引っ張り、早大に競り勝った。苦しい場面が多く続いた一戦もこの1勝が大きな自信になったはずだ。中山の特大の一発が、優勝に向けての大きな号砲なのかもしれない。8季ぶりの覇権へ。法大ナインの戦いが始まった。(渡辺拓海)

クローズアップ

中山翔太(ホームランアーチスト第1章 4安打4打点の固め打ち)

 2回表の攻撃。法大打線は1回にも得点圏の機会を作っていたが無得点に終わっていた。先輩の森川が二塁打を放ち再びの好機で1打席目を迎えた。初球からボールを選び、その後ファールなどで7球粘りフルカウントまで持ち込む。本人は試合後「無心でバッターボックスに入った」と話したが、無意識的に相手投手の球筋を見極めることに成功していた。8球目、変化球を上手く捉えた打球は左翼手の頭の上をはるかに超える特大の2ランホームランとなった。

 中山の猛打は止まらない。4回に迎えた第2打席は右前に運ぶ安打を放ち、先頭打者としての役割をしっかりと果たす。そし走者満塁で迎えた5回の第3打席。「試合前、ミスをしないように先輩たちと約束した」と話し、その約束がこの場面で彼を後押しした。4球目に軽くスイングした打球は、左中間を破り2点タイムリー二塁打。打席前に青木監督から「何も考えず、今の自分を信じて打て」と話され、1打席目と同様に実行することができた。この回の法大は4得点を挙げ、主将の森川も「中山が打ったことで流れが変わった」と話した。

 7回の第4打席にも三塁前へ技ありの内野安打で出塁し、終わってみれば4打数4安打4打点の大活躍。チームの開幕戦勝利に貢献するとともに、個人としても実りある試合にすることができた。

 履正社高校出身で2014年には四番打者としてチームをセンバツ高校野球準優勝に導き、経験は豊富だ。高校時代は思い切り振ることで遠くに飛ばせると考えていたが、大学に入り必ずしもそうではないということを知った。春リーグ後の新人戦では2本塁打と自信をつけ、また積極的に筋力トレーニングに励んだ。その成果もあり、今ではフルスイングしなくても遠くまで打球が飛ぶようになったと話す。

 笑顔で気さくに接してくれる彼だが、試合になると身長186cm97㎏という恵まれた体格で相手を圧倒する。彼の進化は、私たちをどこまで連れて行ってくれるのだろうか。ホームランアーチストの物語は始まったばかりだ。(岡崎祐平)

 

nakayama02

監督・選手コメント

青木久典 監督

―今日の試合の総括を
初戦ということで、先勝できたことが良かったと思います。

―先発菅野投手が7回までなんとか粘りました
充分じゃないかなと思いますし、彼もオランダとかに行ったりして、調整不足はありましたけど、しっかりと責任は果たしてくれたと思います。

―菅野投手を開幕投手に選んだ理由は 
結果を出しているわけではないですけど、僕は打者からして打ちづらいと思いましたし、球威もあるので彼に決めました。

―今日の菅野投手は直球に力がありました 
そうですね。まっすぐが良かったので、変化球を打たれた初回の失点はもったいなかったですね。それぐらいまっすぐは良かったと思います。石井くんの2ランについても彼はインコースについては打つのはうまいですから最後の中に入ってくる変化球ではなかったかもしれないですけど、バッテリーの決めたことですから。その部分は次につなげてほしいですね。

―7回は1点差まで詰め寄られましたが続投でした
やっぱりうちのエース的存在で、開幕投手でしたから自分の出した走者は抑えてほしいという意味での続投でした。

―その後は、河野投手が2回無失点で試合を締めました
オープン戦も、後半で使うような練習をしてきましたから、その通りになりましたね。交代については、菅野の打順がきたので、いいタイミングだと思って交代しました。

―河野投手のいいところは
まっすぐがそれなりに力強いことじゃないですか。それから緩急も使えて、変化球もストライクが取れるところじゃないですかね。

―野手陣については中山選手が大活躍でした
初めてにしてはよくやってくれたなと。彼様々ですね。

―第1打席の2ランについては
低めの変化球を見極めたのと、よく失投を捉えたなと思います。当たればあの子は飛んでいくので、飛距離よりもホームランがてたことにびっくりしました。

―5回の満塁の場面、中山選手が打席に向かう際に一声掛けられていましたが
見送り方がよくて、あれこれ考えてほしくなかったので、いろいろ考えるなと。今の自分を信じて相手に向かってほしかったので。それに応えてくれましたね。ナイスバッティングです。

―中山選手はリーグ戦初スタメンでした
オープン戦からずっと使っていましたし、結果も出したので前から決めていました。

―俵積田選手が代打でリーグ戦初出場を飾りました
いい仕事をしてくれたんじゃないですか。点には繋がらなかったですけど、四球を選ぶことは難しいことだと思いますし、今まで努力してきたことが結果に出たと思います。

―今日の打撃陣については
いろいろと反省点もありますが、初戦でヒットが10本出たのは良かったと思います。

―初戦をとれたのは大きいのでは 
勝ち点を取らなければいけないのですが、先勝することで相手も劣勢になるし、勢いつく意味ではいいことですね。

―明日選手に期待することは
今日は動きが硬かった人もいるんで、明日からが本当の力を出せるのではと思います。思い切ってやってもらいたいと思います。

―ファンにメッセージをお願いします
いつも応援していただき感謝していますし、我々はそれを心強くグラウンド立っていますのでこれからもよろしくお願いします。

 

森川大樹 主将

―今日の試合を振り返って
良いところも出たし、悪いところも出た試合でした。

―具体的にどういった点でしょうか
先制されて相手にペースが傾いたところを中山が打ってくれて、こっちに引き戻してなんとか粘ってできた試合かなと思います。

―大事な初戦だったと思うのですが、キャプテンとしてどのようにチームを盛り上げていこうと思いましたか
四年生で最後ですし、恩返し、サポートしてくれている人達やみんなに支えられて最高の試合の舞台に立てているので、なんとか勝とうという風に言っていました。

―2回に2塁打を放ちましたがどういう気持ちでバッターボックスに立ちましたか
僕の配球ミスで先制されてしまったのでなんとか自分で返そうと、打ちました。

―チームとしてはいかがでしたか
全部中山が打ってくれて、ああいう風になったので明日は誰でも良いから打って、チャンスが誰に来るかはわからないですけど、みんな準備しているので、みんなで打てればなと思います。

―明日への意気込みは
今日は、今日のことをしっかり反省して2連勝できるように頑張ります。

 

大崎拓也 内野手

―今日の試合を振り返って 
緊迫した試合運びだったので、守ってるときもプレッシャーがかかったんですけど、若いピッチャーが投げていたので声をかけるのを心がけました。

―目標だったスタメン出場が叶いました 
何とか必死で食らいついていってスタメンを取れたので、これに満足することなくリーグ戦が終わるまでスタメンで出続けたいです。

―同級生の俵積田選手も代打で出場されました 
同じ関西出身でずっと一緒に頑張ってきたのですごくうれしいです。  

―7回にはバントヒットが成功しました
次に俵積田が代打で出ることは知っていたので、チャンスで回そうとつなげました。  

―大崎選手の持ち味である守備や選球眼は今日は発揮できましたか 
見逃し三振してしまったので、積極的にいく場面とそうでない場面を見極めてこれからしっかりやっていきたいです。  

―2年生の中山選手と河野選手が活躍されました 
中山は僕と部屋が一緒で仲が良いのですごくうれしいです。河野もよく頑張ってくれたので帰ってよしよししてあげたいと思います(笑)。  

―初戦を勝利できたことは大きいと思いますが、チームの雰囲気は 
初戦を勝てて今すごく良いムードなので、この雰囲気のまま明日も勝ちたいです。  

―明日への意気込み 
明日も絶対早稲田を倒して、自分も良い結果が出せるように頑張ります。

 

俵積田健人 内野手

―今日の試合を振り返って
前半は投手が頑張ったんですけど打者が応えられなくて苦しかったですけど、途中で連打が続いて点が取れて良かったです。最後も危なかったですけど踏ん張って、みんなで勝利できたと思います。  

―春は取れなかった開幕勝利ですが
開幕戦は緊張感がありますけど、今日は(開幕勝利が)取れたのでこの勢いのままいきたいと思います。  

―初めてのメンバー入りでしたが
昨日発表されたんですけど、素直にうれしかったです。  

―久しぶりの神宮は
プレーするのは久しぶりだったので緊張しました。  

―初打席がチャンスでの打席でしたがどんな気持ちでしたか
その前から行くと言われていたので、準備をしていて絶対打ってやるという気持ちでした。  

―この夏どのような取り組みをしましたか
いつも以上に気持ちを入れて頑張りました。  

―気持ちの変化があったきっかけは
社会人でも野球をやろうと思ってから練習への取り組み方も変わりました。  

―今季の個人的な目標は
ベンチにずっと入って優勝に貢献したいです。  

―明日への意気込み
明日も勝ちます!

 

菅野秀哉 投手

―今日の試合を振り返って
粘っておさえることが出来たので、その点は良かったんですけど、反省する点も結構あったので、そこはしっかり反省したいと思います。  

―具体的にどのような反省点ですか
(打者に)点数とってもらって、その次の回に(点を)とられていたので、そういうのは無くしていきたいなというのはあります。  

―開幕先発でしたが
特に意識はせずに、いつも通りのピッチングをしていこうかなと思っていました。  

―初回に点が入った際動揺などは
初回だったので動揺する部分はあったんですけど、立ち直れるなというのは自分でも感じていたので。  

―どうしてそのように思っていたのですか 
投げていてそんなに悪い球ではなかったので、少し何かを変えれば大丈夫かなと思っていたので。  

―6回、本塁打で逆転後のマウンドでしたが崩れず3人で抑えることの出来た要因は
野手がしっかり(点を)とってくれると思っていたので、そこは切り替えて自分は無失点でいくことが大事かなと思ったのでしっかり投げられました。

―途中ピンチで森川選手や青木監督からのどのような声掛けが 
途中、休憩しろ、と監督が来てくれて。でも特に何も言われなかったですね。あ、落ち着いていけくらいです。  

―後半で球数が増えて、球速の落ちはどのようにカバーしましたか
変化球を使って、緩急差をつけていこうかと思っていました。  

―次回の登板に向けての意気込みをお願いします
自分は1戦目を投げるので、そこでチームに良い流れをもっていけるように良いピッチングが出来たら良いなと思います。

 

河野太一朗 投手

―8回表からの登板を振り返って
オープン戦から自分は抑えとして投げさせてもらっていたので、もしランナーが出たとしても1人ずつ丁寧にバッターを打ち取って3アウトにすればいいという気持ちでプレーしました。

―先発した菅野選手の力投に応えたいという気持ちもありましたか
ピッチャー陣の中でも菅野選手とは特に仲が良く、菅野選手の勝ち星を消してはいけないなという強い気持ちで投球しました。

―春のリーグ戦から改善したこと
春はメンバーに入れなくて悔しい思いをしたので人一倍走り込みやピッチング練習を行いました。その成果が今日の試合で出せたので良かったです

―明日からの試合に向けた意気込み
4年生はまだ一度も優勝を経験したことが無いのでお世話になった4年生には優勝して卒業して欲しいという強い思いがあります。なので、これから優勝を目指して頑張っていきたいです。

 

川口凌 内野手

試合を振り返って
個人的には全くダメでしたが、チームが開幕戦勝てたことは入学して2回目なので嬉しいです。

試合前にどのような意識で練習しましたか
絶対開幕カードで勝ち点を取るという意識で今まで全員で練習してきた。明日勝たなきゃ意味が無いですが、とりあえず今日その成果が出てよかったと思います。

―試合前緊張はありましたか

意外と緊張しなかったです。(リーグがいよいよ)始まったなと感じました。

―5回裏無死一、二塁で見事送りバントを決めてチームの大量得点に繋げましたが
そうですね。春季リーグ終わってから、犠牲バントやエンドランを多く練習してきたので、(試合で)結果が出たのは良かったと思います。

―今日は5番でしたが特別意識したこと
打順はそんなに意識しないで、場面、場面でその時の自分の仕事をしっかり果たそうと思って打席に入りました。

―今日は同級生の中山選手と河野選手も活躍しましたが
四年生を優勝させたいという思いが同級生の良い結果に繋がっていると思います。優勝して四年生を送り出せるように僕たちも頑張っていきます。

―明日の意気込みを
明日は自分の活躍して、勝ち点1を獲りたいと思います!

 

小林満平 内野手

―今日の試合を振り返って
開幕戦ということで、菅野がもう少し少ない失点で抑えることができる試合をするかと思ったんですけど、結構大味なゲームでお互いミスも出た中でなんとか勝ちきることができてよかったと思います。

―初回から安打を放ち、終始安定した打席。秋リーグどういった気持ちで迎えたか
春は無我夢中でがむしゃらにやるだけだったんですけど、秋は夏の間にオランダなりオールスターなり経験させてもらって、中心選手という自覚をもってプレーをしなければいけないということも分かっていたので、自分がじたばたしないように練習でやってきたことを試合でやろうということを心がけて試合に臨みました。  

―その練習でやってきたことの中でも1番に力を入れたのは
バッティングのことなんですけど、打撃を買ってもらって監督に使ってもらっていると思うので、夏の間も監督と一緒にどうやったらもっと長打を増やせるのか、もっとヒットを打てるのかを考えて、ずっとバットの使い方を意識して夏の間は練習してきました。  

―3番という打順について
良い打順を打たせてもらっているので、自分の持ち味である積極的なプレーを心がけて打席に入りました。  

―バッティング以外でも今日は出塁が多く見られたが
春はヒット数は結構出たんですけど、フォアボールを選べなかったので、フォアボールをもう少し選べれば相手のピッチャーの球数も多くなってくるので、難しい球に手を出さないということを意識してやりました。  

―六大学選抜での経験はいかに
2年生は4人だけで、なかなか先輩ばかりでやりづらかったんですけど、2年でそういうことを経験させてもらうというのはありがたいことだと思うので、すごく試合にも使ってもらえましたし、秋には結果で恩返ししようと思って4年生と一緒に優勝したいという強い気持ちでやりました。

―春リーグはベストナインなど個人的には好成績だったが、秋リーグでは
優勝することが1番なのでチームが勝てれば何でもいいので、個人の結果は後から付いてくるものだと思うので、まずは4年生のみなさんと一緒に優勝がしたいです!

 

大西千洋 外野手

―ヒットこそありませんでしたが、ご自身らしいバッティングでした
チームのためにできることをしていこう、と思った結果です。

―同期の中山選手が大活躍でした
あいつは、見ていて本当にすごいと思います。今後も期待したいです。

―地元は同じ大阪ですが
高校時代から知っていましたが、そのころから「パワーがあるな」と感じていました。

―当時と今の違いは感じますか
柔らかさが出てきたと思いますね。

―2回無失点の河野投手について
オープン戦でも結構良いピッチングをしていました。今日は力まずにしっかりと投げることができていました。 

―明日の試合に向けて
明日しっかり勝って2連勝して、優勝に向けて勢いをつけていきたいと思います。

 

中山翔太 外野手

―試合前の意気込みは
とにかくチャンスを掴んでやろうと思っていました。

―昼ご飯は何を食べましたか
焼き肉弁当ですね(笑)

―今日は7番での出場でしたが、どういった役割をしようと思いましたか
とりあえず初戦を勝つことだけを心がけました。自分のミスのないように、先輩達と約束してプレーしました。

―今日は土まみれになるような全力プレーが見られましたが、守備ではどのようなことを心がけていますか
守備はあまり上手い方ではないので、思い切ってやっていこうと心がけています。

―1打席目は本塁打を意識して打ちましたか
意識はしていないですね。無心で打ちました。

―対戦した早大の印象
左の良い投手がたくさん揃っているので、当たり負けないように自分のスイングをしっかりとできるように心がけました。

―春リーグと比べて自分の身体に変化はあるか
筋力トレーニングで筋力がついたので、軽く打ってもボールが外野まで届くようになったと思います。

―これから長いリーグ戦に向けての意気込み
本塁打を打ってチームに少しでも貢献できるように頑張っていきたいと思います。

 

フォトギャラリー

  • nakayama012回に特大2ランを放った中山
  • kanno先発の菅野は苦しみながらも今季初勝利
  • morikawa森川は若手投手を好リード。勝負強い打撃も健在だ
  • kobayashi2安打2四球と好調の小林
  • kawanoリーグ戦初登板の河野が好リリーフ
  • victory初戦を制し喜ぶ選手たち
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-06-267 R

定期購読の申込み