硬式野球

【硬式野球】東京六大学野球秋季リーグ戦 対立大展望

東京六大学野球秋季リーグ戦 対立大戦
2016年9月17日(土)~
神宮球場

開幕カードで勝ち点を落とし巻き返しを図る法大は、昨季優勝まであと1勝と迫りながらも涙をのんだ立大と激突。前節では好調な打線の裏腹に投手陣に不安を残した法大。前回の反省を踏まえ、どのような戦いを見せてくれるだろうか。

sawada
チームの柱を担う澤田圭


展望

 開幕カードの早大戦で勝ち点を落とした法大。第2週の相手は昨季2位、明大と最終戦まで優勝争いを演じた立大だ。

 春季リーグ戦は2勝1敗と法大は立大に対して勝ち点を奪取したものの、やはり今季も立大の強力な投手陣が立ちはだかる。投手陣の柱は昨季4勝を挙げ、大学日本代表にも選出された田村伊知郎、先発にリリーフに大車輪の活躍を見せた澤田圭佑だ。

  田村は、明大の柳に次ぐ防御率ランキングの2位の1.52と安定した数字を残した。優勝が懸かった明大との3連戦には3試合連続で先発登板し235球の力投を見せた。その後大学日本代表に選出。日米大学選手権では主に中継ぎとして3試合に登板し、日本の優勝に貢献した。

  エースの澤田圭は春の法大との1回戦で接戦の中、9回133球を投げ切りチームのサヨナラ勝ちを呼び込んだ。法大3回戦にも登板したが、その時は8回2/3を投げ8失点と強力法大打者陣につかまり完投できず無念の降板。今季は通算21勝の意地を見せることができるだろうか。

  中継ぎでは左腕の藤田凌司が2本柱を支える。春季リーグ戦ではチーム防御率2.53と安定した防御率を誇る立大投手陣を打ち崩さなければ、勝利にはつながらない。早大戦で2本の本塁打含む7打席連続安打を記録した中山翔太(人2)、今季ブレークの兆しを見せる大崎拓也(法3)らがチャンスメイクできるかに注目したい。

  一方の打者陣も実力者がそろう。春季リーグ戦に全試合一番・中堅で出場した佐藤拓也を中心に、リーグトップの16打点をマークした佐藤竜彦、笠松悠哉、田中和基のクリーンアップは要警戒。早大戦で一発に泣いた投手陣は、強力打線に注意しなければならない。今季2試合に登板し無失点の河野をはじめとしたリリーフ陣が、勝利を手繰り寄せる投球ができるか注目だ。

  立大は法大戦が開幕カードとなる。昨季の「あと一勝で」という屈辱から、勝ちたいと思う気持ちはどのチームにも負けないだろう。しかし法大にも開幕カードで早大から勝ち点を逃したという悔しい思いがある。早大戦の反省を生かし「最高の秋」へ再スタートをきる。(岡崎祐平)

 

予想オーダー

立大

打順 位置 選手(学年=出身校)   率
  1   (8)  佐藤拓(4=浦和学院) .255  1   2 
  2   (4)  高橋(4=長野日大) .160  0  2
  3   (7)  佐藤竜(4=国学院久我山) .308  3 16
  4   (5)  笠松(3=大阪桐蔭) .214  1  2
  5   (9)  田中和(4=西南学院) .256  2  8
  6   (3)  飯迫(2=神戸国際大附) .300  0  5
  7   (6)  熊谷(3=仙台育英) .196  1  4
  8   (1)  田村(4=報徳学園) .250  0  2
  9   (2)  高田(3=浦和学院) .256   0  4

 

法大

打順 位置 選手(学年=出身校)   率
  1   (8)  大西千(2=阪南大)  .091  0  3
  2   (9)  清水二(3=中京大中京)  .000  0   0
  3   (4)  小林(2=中京大中京)  .455  0  0
  4   (3)  柴田(4=東邦)  .286   0  1
  5   (5)  川口(2=横浜)  .000  0  0
  6   (2)  森川(4=桐蔭学園)  .273   0  0
  7   (7)  中山(2=履正社)  .636   2  7
  8   (6)  大崎(3=智弁学園)  .556   0  1
  9   (1)  菅野(2=小高工)  .500  0  1

 

 

主な投手陣

選手(学年=出身校)    回   防
 澤田圭(4=大阪桐蔭)  8  3  2    42  21  3.64
 田村(4=報徳学園)  7  4  3 47 1/3  42   1.52
 藤田(3=県岐阜商)  5  0  0 8 2/3   7  1.04
黒萩(4=遊学館)   5  1  0   13  12  3.46 

 

 

選手(学年=出身校)   回   防
 菅野(2=小高工)  2  1  1   12  14  6.00 
 熊谷(3=平塚学園)  2  0  0 6 2/3   3  8.10 
 長谷川(3=聖望学園)  2  0  0   2   1 13.50
 河野(2=法政二)  2  0  0 3 1/3  4  0.00 

 

 

フォトギャラリー

  • sawadaチームの柱を担う澤田圭
  • tamura第1戦先発が予想される田村
  • satohリードオフマンの佐藤拓
  • kasamatsu昨秋から4番に座る笠松
  • fujita1年秋以来の勝利を目指す藤田
  • kurohagi抑えの役割を務める黒萩
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み