硬式野球

【硬式野球】春季リーグ開幕直前特集 第7回 ~堅守、強打と個性派揃いの3年内野手編~


2017年3月14日(火)
法政大学野球部合宿所

逆襲の春の訪れだ。長らく遠ざかる王座奪還へ闘志を燃やす法大ナイン。リーグ戦開幕を直前に控え、士気を高める彼らの現在の心境を伺った。第7回は川口凌、小林満平、原田寛樹、吉岡郁哉の4人。チームを攻守で引っ張る彼らに今季の意気込みを語っていただいた。

kobayasi800 R
首位打者を狙う小林

選手インタビュー

川口凌 内野手

 ー改めて昨年を振り返った率直な感想は
春は自分なりに個人的な成績も残せましたけど、チームは勝てず。秋は自分の成績も駄目でなおかつチームも全然勝てなくて。けど、新人戦で優勝の喜びを知れたというのはとても良い経験ができたかと思います。

ー新人戦で主将を務めたことで今年への意識は
そうですね。来年新チームになったときも僕が中心となって引っ張っていかなければいけないと思うので、今年のリーグ戦から僕が引っ張るつもりでいけたら良いなと思います。

ーどうやって引っ張っていきますか
そんなに声を出すのは得意ではないですけど、新人戦の時はベンチの先頭に立って声も出しました。もちろんプレーでは模範というか、そういう選手にならなきゃいけないと思いますね。

ー森(龍馬,キャ4)主将について
野球に対する姿勢もそうですし、私生活も顔もカッコ良いし(笑)、何も言うことは無いんじゃないんですか。

ー私生活というのは
体に対しての意識ですね。ストレッチとか、そういう意識も高いなと思います。

ー今の森主将のチームのまとまりは
チームを想ってるというのがチームに伝わってると思うので、みんなも龍馬さんのためにという訳じゃないですけど、あんだけあの人が勝ちたいと思ってるから、俺たちもそういう練習から危機感持ってやらなきゃいけないだろうっていうのは感じます。

ー森川大樹(平28年度卒=現明治安田生命)選手の代との違いは
今年のチームはすごい龍馬さんはもちろん下級生の時から言ってくれましたけど、雄ニ(清水,法4)さんや俵(積田健人,人4)さんも副キャプテンという立場になってから、すごい言うようになったと感じるところはあります。

ーオープン戦を評価して
まだそんなに試合数はこなしていないですけど、チームとしても今まで勝ってましたけど今まで2年間やってきて、オープン戦で全然勝てなくて。でも今年はそういう意味では勝ててるので、良いなっていうのはあるし、個人的な面ではまあまあ仕事は出来てるかなとは思うので、これを継続してさらに高めていけるようにしたいです。

ー自身の強みは
守備はそんなにエラーする気は無いので、いかにバッティングで勝負できるかですね。僕は長打を打てるようなタイプではないので、チームバッティングというか、そういった勝つバッティングをするためにはどうしたら良いのかというのを考えて上を目指していきたいなと思います。

ー活躍する同級生について
同級生が試合で活躍するとやっぱり刺激になりますし、僕たちの代の選手は基本的にすごい練習するので、なので「あいつがやってるなら俺ももっとやろう」っていうのがどんどん相乗効果になっているかなというのはありますね。

ーチームはどういった雰囲気か
個性が強いので、それが良い方向に向いていけば良いですけど、それがバラバラにならないようにしなきゃなと感じるときもあります。

ー意識している選手は
やっぱり満平(小林,法3)じゃないですかね。一緒のポジションで、一緒の感じの選手なので。

ー野球部内アンケートでは野球バカな人ランキングで1位を獲得しましたが
そんなつもりはないです(笑)けど、貪欲にやっています。

隣にいた清水ニ:練習の鬼です。けど本当の野球バカはまっちー(町田大輔,社3)。野球大好きですから。

ーシーズンに向けて目標は
開幕戦でスターティングメンバーで神宮に立っていられるようにするのと、チームが勝つことです!

ー優勝に向けた意気込み
4年生と野球する最後の春のシーズンなので、優勝できるように頑張ります!!

(取材:山口有沙)

kawaguti R

川口凌(かわぐち・りょう)
人間環境学部3年 1996年10月1日生まれ
東京都出身・横浜高校
168cm・68kg 右投げ左打ち
誰もが認めるキャプテンシーの持ち主。昨季の新人戦では主将を務め、優勝へと導いた。高い守備力と巧打で勝利を掴みとる。

小林満平 内野手

 ー現在の自身の調子は
 調子は良くないんですよね(笑)。ヒットは割と出てますけど、自分の形で出てない打席はまだ少ないのでリーグ戦までにしっかり調整したいと思います。

ー昨春のオープン戦は川口選手との二塁手争いがし烈でしたが
 川口や福田(光輝,人2)もいい選手で、3月のオープン戦の時期は激しかったのは覚えています。僕は川口をずっと追いかける立場だったので、いい刺激をもらっていました。

ー昨春開幕戦は右翼でスタメンでしたが
 言われたの前日でした。外野の練習はしてなかったですけど、試合に出れるならどこでも良かったので、言われたときもバットでアピールしようと思ってました。

ー昨春開幕戦で加藤拓也(慶大,元広島)投手から2安打を記録しましたが、その後の活躍につながりましたか
 1打席目にファーストストライクでヒットが出たのが自分の中では大きな自信になりました。ドラフトかかる投手から打てたので大きな1日になりましたね。

ー昨春の打率(.382)については
出来過ぎなんですけど、最終戦は4割で迎えたので、キープして終わりたかったですけど、それができなかったことが夏以降自分のモチベーションになって、あの1日がきっかけで練習をやり込んだのは覚えています。

ー6月に行われた大学日本代表の選考合宿については
 どの内野手も1歩目が速いと思ったのと、京田(陽太,日大=現中日)さんはどんなときも堅実で雑なプレーは絶対しないと思いましたし、吉川(尚輝,中京学院大=現巨人)選手は華のあるプレーをノックからしてたのは覚えてます。

ー11月には東京ヤクルトスワローズとの記念試合にも出場しました
あれだけ観衆が入った中で、野球をしたのは初めてでしたし、電光掲示板に自分の名前が入っているのを見て、刺激的で新鮮でしたし、いい経験したと思います。

ーそして秋には2度目の代表選考合宿にも挑みました
 2回目の合宿だったこともあって、すごい地に足つけて状態だったのもあって、上手く結果が出ました。

ー3年生になりますが、練習では声かけをしているのでしょうか
そうですね。内野手だったら、川口か自分かですね。もちろん大崎(拓也,法4)さんもいますけど、3年にもなって自分の意見もいいやすいですし、後輩も増えてきたので、そういう意味でも選手としての価値をあげられたらと思います。

ー目標であるプロ入りに向けて
 やっぱり脚力やバッティングでも基本は率残すようにはしてますけど、たまにはホームランを1本から2本打てればスカウトの目も変わってくると思うので、攻撃的な面で、やらないと目立ちはしないですよね。そういう所を意識して、プレーしたいなとは思いますけど、チームの勝利が1番なので、個人のことに重点を置きすぎないようにしたいと思います。

ーこれからの目標は
 絶対に首位打者はとりたいし、ベストナインを内野でとりたい気持ちはあります。

ー具体的な数字は  
打率は4割2分、ホームラン2本、10打点、7盗塁ぐらいの記録を出せばチームも自然といい位置にいると思いますし、得点圏での打率と盗塁は今季は意識したいと思います。

ー最後にファンへのメッセージをお願いします
 今年期待してくれてるファンの人も多いと思うので、結果でいい報告をしたいですし、今年は何がなんでも勝ちたいので、優勝向かって頑張ります。

(取材:渡辺拓海)

kobayasi R

小林満平(こばやし・まんぺい)
法学部3年 1996年11月8日生まれ
愛知県出身・中京大中京
174cm76kg 右投左打
走攻守全てにおいてハイレベルな内野手。レギュラーに定着した昨春は打率リーグ2位、最多安打と打撃で圧倒し自身初のベストナインに輝いた。3年目の今季は『首位打者&4割』を目標に掲げ、攻守で法政を引っ張る活躍をみせる。

原田寛樹 内野手

―昨年は三塁手と言えば金子(凌也,平28年度卒=現ホンダ鈴鹿)選手がおり、レギュラー固定は厳しい年でしたが振り返って
自分の実力も無かったですし、成長しきれていなかったというか。まだ未熟だったので、出れなくても当たり前かなと思ってましたけど、去年からやってきたことを今年は出していこうかなと思っています。

―昨季の新人戦で"バッティングだけでなく守備も出来るバランスの良い選手になる"とおっしゃっていましたが、オフにそのためにしたことは
 バッティングはもう伸ばすだけなので、振込みの量と、自分の身体の使い方などを考えながら取り組んでいました。守備は、一から基本通りに見直してゴロ捕球であったり、守備の姿勢であったり、送球のステップであったり、コツと要領を良く守備はやりました。

―オフのトレーニングを通じて"ここは伸びた"と自信のあることは
基本的に守備の反応が良くなったというか。あと、監督から「サードというポジションはコツと要領でやる」と言われていて、その言葉をかけてもらってからコツを自分で見つけはじめて。要領も、反復練習したりとか色々やってこられたので、送球も安定してきて、前より自信をもってサードを守れているかなと思います。

―オープン戦が始まりましたが、今の調子は
今は少しバッティングがダメで。でも、バッティングは気分もあがってきているので、今日も調子良かったですし、そのうちあがってくるとして、守備もとれるアウトをしっかりとって、チームの力になれたら良いなと思います。

―オープン戦はどの選手も色んなポジションを守りますが、原田選手はどうでしょうか
 サードとファーストですね。

―その中でも三塁での出場が多い印象ですが、これは監督のご意向ですか、原田選手のこだわりですか
監督の意向はよく分からないですけど、自分はバッティングが売りなので、バッティングをいかしつつ、自分の中ではファーストよりサードで勝負したいという思いがあるので。サードがカッコいいなと自分の中では思ってるので、サードを守りたいなと思います。

―オープン戦を過ごしていくなかで見つかった課題は
当たり前のことなんですけど、バッティングだったら、ボール球は打たないことであったり、甘い球を一気に仕留めるであったりなんですけど、守備はとれるアウトをしっかりとって、ミスをしないことですね。1個1個こなしていくことが大事だなと思いました。

―三塁は安本(竜二,営2)選手も多くオープン戦で出ていて、三塁手争いになってくるのではないかと思います
 そんなに、レギュラー争いというのは自分は気にしていなくて、誰に勝つとかよりも、自分がしっかりやったら、良い結果になるかなと思うので。誰に勝つとか誰がライバルとかではなくて自分がとにかくしっかりという感じです。

―実は"熱男"ランキング(詳しくはスポホウ229号)3位にはいられましたが自覚は
 そうなんですか。(笑)サードというポジションが声出さなきゃいけないポジションなので、守備の時には意識して声を出すようにはしていますけど、そんなに普段は熱男の意識はないですね。

―周りから見ると"熱男"っぽいようです
 そうなんですかね(笑)。どうなのか、分からないですけど(笑)

―昨年の新人戦は大学入って初めての優勝でしたが、リーグ戦は未だありません。ここに懸ける想いは
 そうですね、今までは2位(15年春)と5位(15年秋、2016年秋)であと1歩のところと、どん底も味わったので、もう悔しい思いはしたくないですね。なので、今度は笑って皆で優勝したいです。

―今年の1年間の目標は
 調子の波を無くして、常にチームの戦力になれる選手でいることです。ケガをしないで、1年間戦い抜きたいです。

―今季の目標は
今シーズンはまずサードでレギュラーとって、活躍したいです。

―最後に応援してくださるファンの方々にメッセージをお願いします
今シーズンこそは絶対に優勝するので、熱い応援をお願いします。

(取材:中西陽香)

harada R

原田寛樹(はらだ・ひろき)
法学部3年 1996年8月30日生まれ
埼玉県出身・春日部共栄
178㎝78㎏ 右投左打
 強気なバッティングが持ち味の選手。今オフは金子凌の後を引き継ぐべく、三塁の守備練習に勤しんだ。今季は自分自身としっかり向き合い、三塁手の他の候補に負けない練習を積み安定したレギュラー定着を狙う。

吉岡郁哉 内野手

―昨年は柴田(圭輝,平28年度卒=現東邦ガス)選手が一塁手固定だったので、出場機会の限られた1年だったと思いますが振り返って
 そうですね、昨年は出られるとしたら代打だったので、そこでの勝負強いバッティングというものが僕に求められるものだと思ってましたけど、そこであんまり打席の結果を出せず、自分の役割も果たせませんでした。今年は柴田さんもいないので、レギュラーも決まってない中でファーストが空いていたので、レギュラーを取りに行くという気持ちでずっと練習していました。

―オープン戦が始まりましたが今の調子は  
キャンプからどんどん調子があがってきて、今はすごく調子が良いので、これをリーグ戦でぶつけられたらなと思います。ですけど、まだ、ここ一番という場面で全然できてないので、勝負強さというのを出していきたいなと思います。

―オープン戦で見つかった課題は
 やはり今日の試合でも出た課題なんですけど、守備の方がまだまだ不安定なので、そこをリーグ戦までにミスなく全部アウトに出来るようにしていきたいですね。

―具体的に何をしていきたいですか
特守ですね、自分の中では。練習終わりや試合終わりに自主練習でしっかりノックを受けて、打球をしっかり数をとって、自分の身体に染み付けたいなと思います。

―吉岡選手は一塁手ですが、中山翔太(人3)選手が一塁に転向する可能性もあると思います。どこをアピールしてレギュラーをつかみとりたいですか
 もし、中山がファーストにきたらもうサードにいくしかないので。そうなると、バッティングで自分の持ち味をアピール出来たら良いかなと思います。

―オフの間はどういったことに取り組んでこられましたか
 オフの間は、自分の持ち味はバッティングだったんですけど、バッティングが活かせなかったというのが悔しかったので、振り込みをしっかりして、まずは土台を作って、力強いスイングを出来るようにしました。

―具体的なトレーニング内容は
最近のトレーニングでもやってますけど、ウエイトで下半身をしっかりと鍛えて。僕は足を上げて打つタイプなので、軸がしっかり出来ればブレがなくなってくると思うので、そのブレを少しでも無くそうと思って取り組んでいます。

―昨年は新人戦で初めての優勝を経験したと思うのですが、リーグ戦優勝に懸ける想いは
僕が入ってから優勝出来てないですし、去年も何回かベンチに入らせてもらったんですけど、その時に負けた悔しさというのは、本当に自分の中できたので。やはり絶対リーグ優勝して、日本一というのが今の目標でもあるので、それは成し遂げたいです。

―今年の1年間の目標は
チームの優勝はもちろんですけど、個人の目標としては、もちろんスタメンとして試合に出て、1試合でも多く経験して、自分の結果にこだわってやっていきたいなと思います。

―今シーズンの目標は
打率をしっかり残したいです。

―首位打者を狙いたいということですか
首位打者というよりは、僕の打席打席での役割があると思うので、その役割をしっかり果たして、チームに、勝利に貢献出来たら良いなと思っています。

―最後に応援してくださるファンの方々にメッセージをお願いします
精一杯頑張るので、1試合でも多く試合を観に来ていただいて、勝ってるところを見ていただきたいです。

(取材:中西陽香)

yosioka R

吉岡郁哉(よしおか・ふみや)
経営学部3年 1996年5月16日生まれ
奈良県出身・智辯学園
176㎝83㎏ 右投左打
 打撃も守備もガッツのあるプレーを行う。特に打撃は高校時代から定評があり、岡本和真(巨人)とクリーンアップを務めたほど。今季は守備をみがいて一塁手か三塁手を勝ち取りたいところだ。

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-06-267 R

定期購読の申込み