硬式野球

【硬式野球】春季リーグ開幕直前特集 第8回 ~打線の鍵を握る3年外野手編~


2017年3月14日(火)
法政大学野球部合宿所

逆襲の春の訪れだ。長らく遠ざかる王座奪還へ闘志を燃やす法大ナイン。リーグ戦開幕を直前に控え、士気を高める彼らの現在の心境を伺った。第6回は大西千洋、中山翔太、向山基生、宮下蓮の4人。法大打線の中軸を担う彼らに今季の意気込みを語っていただいた。

nakayma800 R
4番を期待される中山

選手インタビュー

大西千洋 外野手

ー昨季を振り返って
日米とかの疲れの影響かもしれないですが、打撃の調子が上がらなくて、それを引きずってしまい、守備とか走塁もダメだったので残念というかリーグ戦の厳しさを味わったシーズンでした。

ーレギュラーといてのプレッシャーは
法政のユニフォームを着ているので多少は感じました。凄いOBの方とかもいるので。

ー昨季調子を上げるためにしたことは
練習量は増やしましたが、考え過ぎちゃって結局ダメになった感じです。開き直りとかも大事ですね。

ーオフに元巨人の鈴木尚広氏に指導していただいたようですが
体幹を教えてもらいました。打撃を清水隆行(元巨人)さんに教えていただきました。プロになる人は考え方とかも凄いなと感じました。

ーこの冬取り組んだことは
これも体幹です。体の軸がぶれないようにしっかり見直しました。

ー日本代表への思い
あのユニフォームを着ることは野球人として誰しもが憧れるものなので、今回は落ちたのですが、もう一度着たいという思いが強いです。

ー学年も上がって意識することは
まだまだ雄二(清水,法3)さんがいるので、頼ってしまうところはあるのですが、雄二さんがいない時は、自分がリーグ戦を一番経験しているので、経験したことをしっかり伝えることは大切なのかなと思います。

ー現在リーグ戦で最多安打ですが
このまま打ち続けて、目標である100安打を達成したいです。

ー100安打を達成するために不可欠なことは
しっかりと自分のスイングをすることです。

ーオープン戦の調子は
悪くないです。打てているのですがまだまだです。しっかり形を作っていきたいです。

ー新入生について
柏野(智也,営1)が好投しているので、期待しています。

ー個人的な目標は
首位打者とかベストナインとか個人のタイトルを取ることです。自分が1番で首位打者とかベストナインとか取れる成績を残せば、自ずとチームの優勝にもつながると思うので。

ー優勝へのキーマンは
やっぱり熊谷(拓也,キャ4)さんですかね。最後の年なので、どんな投球をしてくれるか楽しみです。

ー法大に期待の懸かるシーズンとなりますが
やっぱり圧倒的な力で優勝したいです。

ー優勝への思いを
自分も上級生になって、一度も優勝を経験していないので、今年こそ絶対に優勝したいです。

ーファンの方にメッセージを
昨季は不調でしたが今季は自分らしく頑張っていくので応援宜しくお願いします。

(取材:石川大悟)

oonisen R

 大西千洋(おおにし・ちひろ)
経営学部3年 1996年6月12日生まれ
大阪府出身・阪南大
181cm76kg 右投左打
俊足好打がウリの法政のリードオフマン。六大学最多の41安打を誇る。50㍍5秒66mの足で神宮を駆け抜ける。今季も豊富なリーグ戦経験でチームを引っ張る。

中山翔太 外野手

 ーここまでのオープン戦を振り返って、調子などいかがですか
調子はまあまあです。手応えも最初としてはまあまあって感じですね。

ー4番で起用される機会が増えていることについて
去年よりはマークされると思うので、いつも以上に頑張りたいと思います。

ー監督からは4番で起用することについてどのようなお話がありましたか
長打を打てるのはお前しかいないっていうことを言われました。期待してくれている感じでした。

ー2年生で神宮デビュー。秋リーグでは3本塁打を記録されましたが、昨季を振り返っていかがですか
去年は調子の浮き沈みが激しすぎたので、今年は最後まで調子が良いのをキープできるようにやっていきたいと思います。

ー昨季で印象に残る試合は
早大1回戦です。初めてリーグ戦でホームランを打った試合ですね。

ー昨季の課題は
バッティングの粘り強さだったりチャンスの時に1本打てるとか、そういうところです。

ー秋リーグ後、ヤクルトとの特別試合にも出場され、二塁打2本を放ちました。どんな試合になりましたか
試合っていうより、楽しもうという感じでした。緊張よりも楽しみが強かったです。

ープロの球を感じていかがでしたか
大きく違いはあまりなかったですけど、コントロールが皆さん良かったと思います。

ー同じ履正社高出身の山田哲人(東京ヤクルト)選手を間近で見て感じたことは
あまりデカくはないんだなと(笑)。試合前のフリーバッティングとかで、全部球が芯に当たっていたので、凄いなと思いました。

ー現在中山選手が行っている筋トレはどんなことをやっていますか
3月入るまでは筋肥大を目的にやっていたんですけど、3月中はパワー、自分の中での重たいおもりを上げるっていう、それを野球につなげていくってことでやってます。ベンチプレスは140㎏、スクワットだったら260回とかやっています。

ー筋トレはどうやって情報収集していますか
毎月発売される雑誌があるんですけど、それに食事とかも載っていて、それを読みながらやっています。

ー普段の食生活はどんな感じですか 1日6食くらい食べます。タンパク質を多めに取って、プロテインも飲みます。

ーお肉が好きという話ですが、好きな部位は
ハラミです(笑)焼肉で食べる感じです。

ー普段の生活でのリラックス法は
リラックスは無いんですけど、自主練がリラックスですね。自分で足りないところをやって、それが解決するっていうのが好きです。

ー好きな歌手は長渕剛さん。どんな曲を聴いていますか
いっぱいあるんですけどね(笑)「空」っていう曲が好きです。あの人の人間性っていうか熱さが、試合前に聴くと、試合前の自分の気持ちと合って試合に入りやすいっていうことがあります。

ーA.ロドリゲス(元ヤンキースほか)選手に憧れているということですが、メジャーリーガーにどんな凄さを感じますか
彼らの力強さですね。日本人とは比べものにならないくらいのパワーや迫力がすごいと思います。

ーチームには1年生も入り、新体制になりましたが野手陣と一緒にプレーして感じることはありますか
みんなやっぱり上手いんですけど、僕らも力が付いたんだなと思います。僕らの時と合わせてもやっぱり、こんなのだったなって思い返すことができました。自分も成長したんだなってわかりました。

ー今年の守備位置について。練習では一塁手での姿も見られましたが
一塁がメインになるかなと思うんですけど、レフトもやると思います。外野の争いはし烈なので、状況を見ながらっていう感じになると思います。

ー2月の鴨川キャンプではどんなことを中心に取り組まれましたか
とりあえず振り込みました。居残りとかでもやりましたし。振り込みは多いときでボールの箱が10箱分くらいやりました。

ーリーグ戦開幕までに調整していきたいことは
今は思い切り振れているので、もっと精度を上げていきたいです。

ーお客さんに見せたいアピールポイントは
フルスイングです。

ー今年の目標として、具体的な数字で表していただけますか
1試合1本のホームラン、それでシーズン10本くらい。打率は.350以上打ちたいです。

ーチームとしての目標は
「全勝優勝」です。

ー最後にファンの皆さんにメッセージをお願いします
全力でやりますので、応援よろしくお願いします。

(取材:岡崎祐平)

nakayama R

中山翔太(なかやま・しょうた)
人間環境学部3年  1996年9月22日生まれ
大阪府出身 履正社
185㎝88㎏ 右投右打
昨季ブレークした「法大の大砲」。昨春の東大2回戦から昨季早大2回戦まで8打数連続安打を達成。軽くスイングして遠くまで飛ぶ打撃が魅力。今季は守備位置を左翼から一塁に転向。スラッガーとして4番に座り、彼の活躍が優勝の鍵となる。

向山基生 内野手

ー現在の調子は
 普通に調子いいです。

ーオープン戦では絶好調だと思いますが
 好調です(笑)。自分の思う通りに出来てるので、いい感じですね。

ー昨年を振り返って  
春は本格的に試合出だしたこともあり、大きなシーズンになって自信つけることが出来ました。

ー昨春の明大2回戦では柳裕也(明大=現中日)選手から決勝適時打を放ちました
 ファンも人にも知ってもらえたし、いいピッチャーから打ったので、今でも自信にはなってます。

ー昨季の新人戦は全試合に出場して、優勝に貢献しました
 例年よりもみんなで勝とうという気持ちが強かったので、優勝できて、チームにとっても自信になったと思います。

ー新人戦では1番起用でした  
性格的な面も含めて攻撃的なのは、買っていただいてるので、1番は意外としっくりきていると思います。思いきっていけるので。

ー同じ高校の河野(太一朗,文3)選手もオープンで好投をみせています
 河野が頑張っていれば自分も刺激受けますし、自分らが後輩たちの励みになればと思います。

ー外野手での出場もありますが  
この冬で練習できたので自信もつきましたね。

ー今年の目標は  
最低ラインとして、シーズンずっとしっかり出ることで打点を稼げればと思います。打率は3割以上は打ちたいです。

ーリーグに向けて意気込みを
 今年のチームは絶対優勝できると思いますし、しがみついて結果出していきたいです。

ー最後にファンにメッセージをお願いします
 まだ自分らが在学してるときに優勝ないんで、今年は死に物狂いで優勝したいと思います。

(取材:渡辺拓海)

mukoyama R

向山基生(むこやま・もとき)
経営学部3年 1996年7月5日生まれ
東京都出身・法政二
183㎝74㎏ 右投右打
チーム一番の勝負強さを誇る、強打の右打者。昨春明治2回戦で決勝適時打を放つ衝撃デビューを果たすと、昨季新人戦では強打の1番として、チームの優勝に貢献した。今季はクリーンナップの一員として勝利を呼び込む打撃が期待される。

宮下蓮 外野手

 

ー改めて昨季を振り返って
リーグ戦は目標としてはなくて新人戦に全てをかけていていました。自分の中ではメンバーに入って優勝するっていう目標が達成出来たので、そこに関しては満足というか、良かったじゃないかなと思います。

ー同級生はどういった代でしょうか
野球は、ずば抜けてると思います。

ー雰囲気はどうでしょうか
明るいですね。

ーキャンプで成長できたことは
Aチームの雰囲気に慣れて、今まではAチームに付いていくのが精一杯でしたけど、中に馴染めて、自分のプレーが思いっきり出来たかなと思います。

ー見つかった課題は
バッティングが自分の中で課題なので、そこに集中して出来たかなと思います。

ー逆に自分の強みは
諦めないという信念があるので、最後まで諦めずにやりきるというところですね。

ーオープン戦を総括して
右の大砲として監督は期待してくれていると思うので、それに1打席で、1球で仕留めるということを常に意識してやっています。

ー調子はどうでしょうか
始めに比べたら少し落ちているかなといった感じです。

ー去年と比べては
去年はオープン戦は入っただけで、今年は出場機会をたくさんもらったので、自分のプレーが出来ているかなと思います。

ー実力は出し切れているか
最初の方は結構出せてましたけど、ここ最近はあんまりって感じです。

ー外野手の先発争いについて
外野手は本当に打ち続けなきゃいけないですね。

ーライバル視してる選手は
中山とか千洋とかはジャパンに行っていて、スタメンを争っていると思うんですけど、やっぱり竹之内(一輝,営3)っていう、自分と同じ体してるやつがいて、その人と右の大砲としてどっちがベンチに入れるかみたいな感じです。

ー中山選手や大西千選手から学ぶ点
千洋はやっぱり足の速さだったり守備だったり自分に無いものを持っているので、中山とかは右の体格が良いということで、フルスイング出来るところが強みかな、そこを吸収していきたいなと思いますね。

ー逆に彼らには無い自分の強みは
積極性ですかね。初球から打ちに行くというところです。

ースタメン獲得のためにどうアピールしていくか
ボールに向かっていく姿勢や、結果を気にせずフルスイング出来るかというところです。多分当てに行くバッティングとかヒットを求めている訳ではないので、自分に求められているのは思いっきり振って、一発狙うくらいの気持ちで行くという点ですね。

ー個人の目標は
絶対にベンチ入りして、代打で絶対にホームランを打つということです!

ーチームの目標
リーグ優勝して日本一です!

ー昨年と比べて
ピッチャーからやられたので、ピッチャーの強化を優先してますね。野手はもう日本一って言っても良いくらいの実力だと思うので、あとはピッチャーの兼ね合いだと思います。去年とかは多分、8点とか獲ってもそれを上回る11点とか獲られてたこともあったと思うので、その点が弱かったですね。その分野手でカバーするしかないと思います。

ーその中でも勝つために大切なことは
 チームワークだと思います。4年生が少ないので少ない人数の中で引っ張っていってくれているので、それに付いていく、もしくは引っ張っていく気持ちで3年生が、上級生中心に引っ張っていかなきゃいけないと思います。

ー外野手責任者の清水二選手について
いつもノックとかで送球悪いとか言われますけど、「気にしなくて良いから」と声を掛けてくれます。甘えている訳ではないですけど、味方してくれます。寄り添って団結していこうというスタイルです。

ーリーグ戦への意気込みを
沖縄と鴨川キャンプでやってきたことを全て、結果として出したいなと思います。

ーやってきたこととは
自分はバッティングに期待されているので、とにかく振り込んできたので、自分のスイングで結果出せたら良いなと思います。

(取材:山口有沙)

miyasita R

宮下蓮(みやした・れん)
社会学部3年 1996年12月17日生まれ
新潟県出身・法政二
183cm・85kg 右投げ右打ち
今季右の大砲としてのリーグ戦ベンチ入りを目指す。積極的なバッティングが持ち味。代打での一発に期待。

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-09-254 R

定期購読の申込み