硬式野球

【硬式野球】東京六大学野球秋季リーグ戦 第3週 慶大3回戦 また救援陣乱調... 反撃むなしく連勝ならず

東京六大学野球秋季リーグ戦 第3週 慶大3回戦
2017年9月25日(月)
神宮球場

1勝1分で迎えた3回戦。法大は1回戦で完封した菅野が先発するも、初回に暴投などで先制されてしまう。5回に代打舩曳の適時打などで同点にするも、直後に2番手の内沢がまさかの3ランを浴びるとその後も失点を重ねてしまう。打線は9回に2点を返すも、反撃はそこまで。勝ち点の行方は4回戦に持ち越しとなった。

top R
痛恨の3ランを浴びた内沢

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
法 大 0 0 0 0 3 0 0 0 2 5 8 1
慶 大 2 0 0 1 3 1 0 2 x 9 10 0

(法大)菅野、⚫︎内沢(1敗)、落合、高氏-鎌倉
(慶大)石井、川端、○佐藤(1勝)、関根、高橋佑、高橋亮-郡司
[本塁打]岩見3号ソロ(4回=菅野)、瀬尾1号3ラン(5回=内沢)、郡司1号2ラン(8回=髙氏)

 

打撃成績

打順位置選手打率123456789
1 (6) 相馬 4 1 2 .217 捕邪飛   二ゴロ   中前安②     二ゴロ  
2 (4) 小林 3 0 0 .364 中飛     遊飛 空三振        
  4 川口 1 0 0 .125               二ゴロ  
3 (8) 毛利 4 0 0 .300 二ゴロ     空三振   中飛   遊ゴロ   
4 (3) 中山 3 0 0 .263   遊飛   空三振   見三振     死球
5 (5) 福田 4 1 0 .316   左飛     二ゴロ 二ゴロ     右前安
6 (9) 向山 3 3 1 .368   左前安     中前安   死球   左前安①
7 (7) 原田 3 1 0 .333   空三振     四球   右前安   空三振
8 (2) 鎌倉 3 1 0 .273     右飛   中前安   空三振    
  H 俵積田 1 0 0 .000                 三直
9 (1) 菅野 1 0 0 .250     二ゴロ            
  H 舩曳 1 1 1 .563         右前安①        
  1 内沢 0 0 0 ---                  
  1 落合 0 0 0 ---                  
  H 1 0 0 .333             遊併    
  1 髙氏 0 0 0 ---                  
  H 町田 0 0 0 .000                 遊ゴロ
    33 8 4 .297                  

 

投手成績

  球数 打者 防御率
菅野 4 50 16 3 2 1 3 4.74
内沢 1/3 11 4 3 0 0 3 81.00
落合 1 2/3 22 7 1 0 0 0 0.00
髙氏 2 30 9 3 1 0 2 9.00
9 113 36 10 3 1 8 5.86

 

ベンチ入りメンバー

10 森(キャ4=日大三) 27 中村浩(営3=多良木) 23 町田(社4=桐蔭学園)
11 柏野(営1=広陵) 32 宮崎(法2=宇部商) 25 福田(人2=大阪桐蔭)
13 菅野(キャ3=小高工) 2 川口(人3=横浜) 37 中山(人3=履正社)
15 落合(法1=常葉菊川) 3 相馬(営2=健大高崎) 8 清水二(法4=中京大中京)
17 熊谷(キャ4=平塚学園) 4 俵積田(人4=阪南大) 29 舩曳(キャ2=天理)
18 内沢(キャ2=八戸工大一) 5 原田(法3=春日部共栄) 31 毛利(法2=愛工大名電)
19 長谷川(経4=聖望学園) 6 大崎(法4=智辯学園)    
42 高氏(文2=立命館慶祥) 7 小林(法3=中京大中京)    
20 鎌倉(法3=日本文理) 9 向山(営3=法政二)    

 

リーグ戦結果(9/25現在)

 立大明大慶大早大法大東大試合勝点勝率
――     ○○   ○○ 4 4 0 2 1.000 
  ――   ○●○   ○○ 5 4 1 2 .800
    ――   ●△○ ●○○ 5 2 2 1 .500
●● ●○●   ――     5 1 4 0 .200
  ●● ○△●   ――   4 1 3 0 .250
  ●● ○●●     ―― 5 1 4 0 .200
 

戦評

引き分けとなり迎えた慶大戦第3ラウンド。先発は前回登板で完封勝利を挙げた菅野秀哉(キャ3)。今日も好投が期待された。

しかし初回に先制点を許してしまう。安打と四球で走者を貯めると、5番の清水翔太を打席に迎える。ここで菅野が。バッテリーミスで痛い先取点を奪われてしまう。その後清水翔に適時二塁打を浴びてしまった。

打線は4回まで1安打と完全に沈黙。なんとか反撃したい5回に向山基生(営3)らの安打で満塁の好機を演出すると、打席には代打の舩曳海(キャ2)。粘って右前適時打を放つと、続いて1番の相馬優人(営2)が打席に。初球を叩くと打球は右前へ。これで同点となり、相馬は塁上でガッツポーズ。

流れをつかんだかに思えたが、その裏に代わったばかりの内沢航大(キャ1)がピンチを招く。1死一、二塁で2番の瀬尾翼を迎える。2球目をフルスイングされると打球は左翼スタンドへ。大きく突き放される3ランとなった。ここで、これまでピンチの場面で相手打線を封じてきた落合竜杜(法1)がマウンドにあがる。5回は落合の好投によりなんとかそれ以上の失点は防いだが、続く6回に再びピンチが訪れる。マウンドには5回に引き続き落合。先頭打者である清水に対して投じた2球目は確実に打ち取った当たりだったが、三塁手の福田光輝(人2)が身体ではじいてしまいまさかの失策。続く打者が清水翔を送ると、迎えるは今季不調で7番を打っている郡司裕也。不調さを感じさせないスイングで右翼線へ打球を運ばれ、清水が生還しさらに1点を追加される。7回には法大が好機をつくる。1アウト一、二塁で一打同点の場面で打席に立つは主将森龍馬(キャ4)。前日の試合にサヨナラの場面で代打に送られたものの一邪飛に倒れ試合を決めきれなかっただけに今日こそ安打が期待されたが「力不足としか言えない」と遊ゴロで併殺をとられる。流れを持ってこられなかった法大は、その裏こそしのいだものの、8回裏にまたも清水を先頭で出塁させ、郡司を迎える。それまで好投を続けていた髙氏祥太(文2)だったが、2球目を左中間スタンドに運ばれ、この日3本目となる本塁打を献上。法大にとってダメ押しの2点となった。最後の逆転のチャンスとなった9回は先頭の中山翔太(人3)が死球で出塁すると、福田も右前安打で続き、無死一、三塁とする。向山の打席で、相手投手である高橋佑樹の暴投の間に中山が生還し、ようやく1点を返した。向山も左前二塁適時打を放ち、福田もホームに還りさらに1点を追加。2点目で、法大スタンドがイケイケムードに包まれ始めたが、反撃はここまで。後続は三振、三直、遊ゴロと打ち取られ、敗戦を喫した。

今日の敗戦の要因は、繋がりを欠いた打線にもあるが、それ以上に3本の本塁打を含む10安打を許した投手陣にあるだろう。明日の先発は長谷川裕也(経4)が予測されるが、持ち前の制球が安定した投球で相手打線を最少失点に抑え、打者に流れを持っていけるかが明日の試合の鍵となる。長谷川は9回全てを投げ切らないことが推測されるため、今日崩れた抑え投手陣がどこまで調整をしてこれるかにもかかっているだろう。

明日負けると、空き週を経て同じく勝ち点のない6位の東大と共に勝ち点なしのまま対決することになり、恐怖の最下位も見えてくる。「勝ち点は落とせないので、死に物狂いで戦う」という森主将の言葉通り、選手全員が死に物狂いで戦い、そして必ず勝ち点を奪取してほしい。(石川大悟・中西陽香)

 

クローズアップ

相馬優人 (殊勲の同点打を放つ 常に前向きなスマイル番長)

5回に同点適時打を放つと、塁上でガッツポーズ。待ちに待った一本に笑顔がこぼれた。

 相馬優人(営2)は苦悩の中にいた。昨季、法大勢で唯一のベストナインを獲得し攻守の要として活躍した相馬。しかし、オープン戦では調子が上がらず「光が見えてこない」と弱音を吐いたこともあった。今季開幕後、スタメンこそ獲得したものの打撃の不調を抜け出すことはできず。昨日の試合では「僕に敗因がある」と声を振り絞った。

だからこそ今日の一本には意味がある。夏のオープン戦後もグラウンドに残って練習、昨日の試合後もメンバー外の選手の打撃練習に加わった。焦りと悔しさを乗り越え放った一打。その裏には人知れぬ努力の日々があったのだ。

いいときがあれば悪いときもある。それでも心を奮い立たせ、打てないときは持ち前の守備力でチームを幾度も救ってきた。まだ2年生。それでも「あいつだったら打ってくれる」と森が語るようにチームに欠かせない存在だ。どれだけ不振に悩んでも、打てない恐怖より不振を楽しむ気持ちの方がずっと大きい。「チャンスは好きです」。目を輝かせて力強くそう言った。相馬にはやはり笑顔がよく似合う。(下河辺果歩)

closeup R

 監督・選手コメント

青木久典 監督

ー試合を振り返って
 昨日に引き続き勝ちゲームてしたね。

ー先発の菅野投手は初回の失点がもったいなかったです
 そうですね。プレイボールから100%入れるように立ち上がりをよくしてもらいたいと思いますけど。

ー慶大の2点目は苦しいカウントからの失点となりました
あそこは暴投から切り替えて清水(翔太)くんを気迫で抑えてもらいたかったですけど、簡単に打たれすぎというかそこが不甲斐ないなと。

ー内沢投手は追いついてすぐの失点となりました
 下位から始まる場面でしたから、彼のボールで打ち取ってもらいたかったですけど、まだまだなのかなとは思いました。

ー右打者に追い風の状況で瀬尾選手に本塁打を打たれました
 そこら辺がバッテリーを含め、冷静さを失ってましたね。鎌倉については経験がある中で、いろんなことを考えながら配球してもらいたいなと思います。

ー打線については
 先取点を取られて硬さもありましたけど、今の打線なら奮起はしてくれると思いました。欲を言ったら5回にひっくり返すまでいってほしかったです。

ー5回の攻撃では流れを切るプレーがありましたが
 あれは小林のサインミスなんですよ。戦術的なことなので、言えないですけど。

ー小林選手の交代は懲罰交代ということですか
もちろんです。僕としては勝負かけるとこで、あちらも浮き足立ってましたし、ここは勝負だと思って菅野も変えてますから。勝負所なんだということを感じてもらって打席に立ってもらいたいということはありますよね。経験ある選手ですし、オープン戦でもやってますから。本人にはあやふやな状態で打席に立つなとは言いました。

ー代打の船曳選手はさすがの適時打でした
 彼は状態がいいのでね。本当は頭から使いたいですけど。

ー明日への意気込みをお願いします
 ここまで来たら今日の悔しさをエネルギーにして爆発したいなと。勝ちたいと思います。

森龍馬 主将

ー今日の試合を振り返って
悔しいの一言です。

ー勝ち点や勝率も大切になってくる状況で試合を落としたことについてはどう思われますか
明日勝つしかないので、明日に向けてやっていきたいと思います。

ー投手陣は3本塁打を含む10安打を打たれました
ちょっと打たれすぎかなと思いますし、何とかしてもらわないと。やはり試合に勝つには相手より多く点数を取らなくてはいけないというのがあるので、なるべく少ない失点で防いでほしいなというのはあります。

ーこの状況で期待する投手はいますか
投手陣全員でどうにかしてほしいです。

ー8安打は打っていますが、打線も繋がりを欠いている印象です
そうですね。もう少し個人ではなく打線としてやっていかないといけないかなと思うので、しっかり自分の仕事というのを考えながらやっていかないといけないと思います。

ー森選手自身も同点のチャンスの場面で打席に立ちました
もう力不足としか言えないです。

ー今まで調子の悪かった相馬選手が5回に同点打を打ちました
打てない日が続くということは打てる打席が近づいているということなので、あいつだったら打ってくれるなというのは思っていました。

ー今のチーム状況について総合的にどう思われますか
勝てる試合を勝ち切れていないですし、負けるときはいつも同じパターンなので、何とか打破していかないといけないなと思います。

ー試合後のミーティングでは何を言われましたか
今日負けた悔しさを明日にぶつけようという話を監督からされました。

ー明日の4回戦に向けて
本当に勝ち点は落とせないので、何とか死に物狂いで戦いたいと思います。

原田寛樹 内野手

ー今日の試合を振り返って
先制されて流れが悪かったのですが、3点差を追いつけたところまでは良かったです。でも、そこから投手が踏ん張れずに、打線も淡々としてしまってチームとしてはあまり良くなかったかなと思います。

ー今季初ベンチ入りとなりました
いつ入ってもいける準備はしていたので、やっときたかという感じです。

ー今日は出塁率が良かったですが
下位打線なので繋ぐというのはもちろんなのですが、最後の打席で四球を選べなかったことが悔しかったです。

ーチームとしては投手が打ち込まれて、野手陣も援護しきれませんでしたが
チームとして1点取った時、次の2点目をそのイニングで取れるかどうかが大量得点のきっかけになると思うので、1点取って満足せずに2点、3点とそのイニングで取れるように勝負強く打っていきたいです。

ー1勝1引き分けで迎えて、チームの雰囲気はいかがでしたか
要所要所でキャプテンが声を掛けてくださって、それにみんなでついていっていたのですが、結果負けたので明日はもう一味違う雰囲気作りをしていきたいです。

ー明日の試合への意気込みを
個人の成績よりもチームの勝ちが欲しいので、チームに貢献できるような活躍がしたいです。絶対勝つ、それだけです。負けたくないですね。

向山基生 内野手

-今日の試合を振り返って
昨日本当は2連勝したかったんですけど、ちょっと悔しいですね。

-向山選手自身は3安打猛打賞の活躍でした
そうですね、あんまり今まで思うように打てていなかったので今日はよかったです。

-9回に適時打を打った場面、点差が開いていましたがどんな気持ちで打席に向かいましたか
無死でしたし、中山と福田がつないでくれたので諦めない気持ちというか、明日につなげる意味でも絶対に後ろにつなごうと思ってました。

-今日の試合では毛利選手が中堅を守っていましたが連携はとれましたか
練習試合で自分がセンターやったり毛利がセンターやったりしていたのでそんなに慌てることなくいつも通りでいました。

-向山選手から見て毛利選手の守備はどうでしたか
本当にセンスあるので全然どこのポジションでもできると思います。

-今のご自身の調子は
先週まではあんまり思うようにできていなくて、でも監督がマンツーマンで練習に付き合ってくれたのでそれで徐々に今戻ってきたと思うので、監督のおかげだと思います。

-明日の試合に向けて意気込みをお願いします
絶対に勝ち点だけは譲れないのでなんとか明日勝って、ファンの方々に喜んでもらえるように頑張りたいと思います。

相馬優人 内野手

-今日の試合を振り返って
野手陣も5点しか取れなかったっていうのはありますけど、ちょっと打たれすぎだなと思いました。

-試合後のミーティングではどのような話がありましたか
 まず明日絶対勝つということです。あとはバッテリーだったり細かいことはいろいろありましたが、まずは勝つということでした。

-5回には同点に追いつく適時打がありましたが、昨日の不調からどのように立て直しましたか
昨日の試合が終わってから、帰ってメンバーに入っていない人たちの練習に合流して6時くらいまでバッティングをしていました。

-どのような意識で打席に入りましたか
1番というのもあって、春は1番で結構打てていたのでいいイメージで打席に入れました。

-打ったときの率直なお気持ちは
 ちょっと詰まっていたのでとにかく抜けろと思っていて、抜けた瞬間はチームに貢献できたなということですごくうれしかったです。

-監督からの声がけは
僕は基本的に監督からはアドバイスをもらわずに、自分で考えてくれというスタンスで任されているですけど、その中でもアドバイスをしてくれたり打席の前には「思いっきり振っていけ」と声をかけてくれたのでだいぶやりやすかったです。

-明日に向けての意気込みをお願いします
本当に負けられないのでなんとしても勝ちたいです。

フォトギャラリー

  • kannno R先発した菅野
  • kmkur R5回に安打を放つ鎌倉
  • mukoyama R猛打賞を放つ向山
  • harada R今季初先発の原田
  • utisawa R2番手の内沢
  • takauzi R2季ぶりに登板した髙氏
  • mori R7回の好機で併殺に倒れた森
  • hukuda R9回に意地の安打を放つ福田
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

1 R

定期購読の申込み