硬式野球

【硬式野球】東京六大学野球春季リーグ戦直前特集 近年史上最強の内野手②~相馬優人選手、福田光輝選手、安本竜二選手、羽根龍二選手~

2018年3月16日(金)
法政大学野球部合宿所

4月21日に初戦である立大戦を控える法大野球部。今回は、11季ぶりの優勝に向けて近年最強の内野手陣を取り上げる。し烈なレギュラー争いに名乗りを挙げる、相馬優人(営3)、福田光輝(人3)、安本竜二(営3)、羽根龍二(社2)の4選手に今季リーグ戦への思いや取り組みを伺った。

souma
昨年から経験を積み今年も活躍が見込まれる相馬

選手インタビュー(学年別50音順掲載)

相馬 優人 内野手

ー昨年を振り返って
春は思うような結果も出て、打撃面も最初はだいぶ結果も出ていたんですけど、シーズン通して調子を維持できなかったのが秋への課題だと思いました。また守備では小さいミスもあったので、そこを直していきたいというのがありました。秋は情けない結果で、打撃でも打率も2割台でチームに全く貢献できてなくて。守備でも、守備が売りでずっと使ってもらってたのにエラーを3つか4つしてしまって。それでも使い続けてくれた監督には感謝してるんですけど、その期待に応えられなくて申し訳なさと悔しさでいっぱいのシーズンだったかなと思います。

ーオフ期間に意識したことや練習したことは
毎日の練習後に自主練習で2箱くらいのノックを受けていて、そこでだいぶ送球への不安もなくなり、またさらに自信がついたかなと思います。

ー今の調子は
調子は結構身体が仕上がっていて良いかなと思います。春が始まって秋が終わるまでに体重が大体6㌔くらい落ちちゃったので、このオフから秋と冬でまた体重を6㌔増やして。身体もすごくきれてて、多分良い結果が残せるんじゃないかと思います。

ー千葉ロッテの選手と対戦して
いくら六大学というレベルの高い中でやっていても、プロが相手となると、全てのレベルがプロの人たちは高かったです。見た感じも明らかレベルが違いました。ピッチャーの人はよく1軍でも投げていて、手を抜いて投げてるのかなという感じがすごくしたんですけど、それでも打てなかったのでまだまだだなとすごく思いました。

ー上級生になりましたが今までと違うと思うこと
下級生ができたので、そういう面では「引っ張っていかなきゃ」という自覚がだいぶ出て来て。あと、変な姿は見せられないなと思います。

ー変な姿を見せないために気を付けてることは
練習中なんですけど、自分から引っ張っていこうとはなっていて。それは声だしだったり、守備のダッシュだったりとか(試合中の)プレー以外で。僕は言葉で全然引っ張るタイプではないと思っていて、そういうところで引っ張っていこうかなと思います。

ーこれまでの2年間で成長したことは
気持ちの面で、良い意味でふてぶてしくできるようになったのかなって思います。最初の去年の春とかはおどおどしながら守っていて、常に先輩に引っ張ってもらっていたという感じがしていたんですけど、今だいぶ落ち着いて周りの視野も広がって。周りが見えるようになったのは結構ありますね。成長できたところです。

ー新入生で仲良しの選手は
三浦(銀二、キャ1)いるじゃないですか。三浦少し生意気なんですけど、でもすごい野球小僧みたいな感じで可愛く見えて(笑)。三浦が結構仲良いと思いますね。

ー期待する選手は
やはり三浦に期待したいですね。良い球を投げてるんで。

ー1年生に限らず、キーマンやライバルになりそうな選手は
同学年というのもあるので、僕は福田(光輝、人3)だと思います。今、中山(翔太、人4)さんがサードをやっていて。そうなると、福田が今までサードをやっていたのが、ショートにきたりセカンドにきたりとなるとすごいライバルになると思います。僕はすごい福田のことを尊敬しているので。ほんとに大阪桐蔭のときから。なので正直怖さはあるんですけど、福田に対しては。それでも負けないように、お互い切磋琢磨(せっさたくま)してお互い良い結果残せればと思います。

ー強化したい部分は
打撃ですね。関西遠征のときとかは調子良かったんですけど。今までの感じでいくとここから落ちてくるんです。今調子良いので。そろそろ落ちてくるかなという時期なので、そこでいかに落とさないでリーグ戦に持っていけるかが課題だと思います。

ー調子を落とさないために何をしていきたい
スイングですね。スイングすごい大事だと思ってて。いつもそれをして調子を維持しようと思っているので、スイングを今以上にやっていかなきゃいけないですね。

ー関西遠征は今年初でしたがどうでしたか
相手が社会人とかでだいぶ強いチームとやれたので、それは自分にとってもチームにとっても良い経験になったと思います。

ー開幕前ですが今の心境は
今すごく楽しみです!早く(リーグ戦の時期が)来ないかなと思ってます。またベストナインとりたいので、それに向けてワクワクしていますね。

ー上位打線を打つ可能性もありますが 
大体今オープン戦では千洋さんが1番打ったら僕は9番で、僕が1番打ったら千洋さんが9番なので、上位打線とか下位打線はどっちでも。僕はとりあえず出塁することが仕事だと思っているので、塁に出て、そこからのチャンスでの強さが自分の売りだと思っているので、チャンスの時にはしっかり(走者を)還せるようにやっていきたいですね。

ーベストナインとは仰っていましたが、改めて目標は
個人としてはもう一度ベストナイン、チームとしてはやはり日本一ですね。

ーファンの方へ意気込み
散々今まで優勝すると言っていて、全然優勝という形に1回もなっていないので、今季こそは期待に応えて優勝できるようにしたいです。
souma
相馬 優人(そうま・ゆうと)
経営学部3年 1997年10月21日生まれ
千葉県出身・健大高崎
172cm70kg・右投左打
昨年度成績 : 26試合 111打席 99打数 29安打 0本塁打 7打点 5四死球 12三振 打率.293
『法大が誇る野球センス抜群の攻守の要。昨年は下級生ながらレギュラーとして活躍し、チームのAクラス入りに貢献した。笑顔あふれるチャンスメーカーがチームに流れを呼び込む』

福田光輝 内野手

ー昨年を振り返って
初ヒットもあったり、たくさん経験させてもらったという1年でした。

ー守備では三塁手を守りましたが
シーズンに入る前から練習をしていたので、試合でも変わらずにできたかなと思います。

ーコンバートを重ねて見えてきたことはありますか
野球選手としていろんなポジションを守れた方がいいと思うので、いけと言われたところにしっかり対応できるように準備しているつもりです。

ーし烈なレギュラー争いを勝ち取るために、自分に必要だと思うことは
バッティングの確率を上げることや、チャンスの場面や得点圏でランナーを返せるバッターになることです。

ー現在の調子は
そんなに良くはないですが、しっかり自分のやるべきことをやっていきたいです。

ー関西遠征ではどんな練習をしましたか
グラウンドが土だったので、守備は土の方が上手くなるかなと思って練習しました。

ー現在のチームの中の自分の立ち位置をどのように考えていますか
自分は3年になるので、4年生と優勝したいという気持ちがありますし、来年からは自分たちが4年生になるのでしっかりまとめていけるようにしたいなと思っています。

ーシーズンを重ねるごとに出場試合が増えていますが
学年が上がっているので出場できるようにならないといけないと思っていますし、学年が上がったことで責任感というのも違うと思うので、そこはもう練習をして不安を埋めていきたいです。

ー昨季は10試合でスタメン出場となりました
約2ヶ月土日に試合があって、延長までいったりいろんなことがあったのですが、もっと頑張らないといけないなというか、最後まで試合に出続けられる選手にならなくてはいけないなと感じました。

ー下級生のうちに試合に出場して学んだことは
1年から出してもらったので、思い切りできた部分はありました。同時に次3年になるのでもっと責任感を持ってやっていかなくてはいけないなと思います。

ー今季の目標は
長らく優勝できてないので、優勝したいです。

ー個人としては
1、2年でさせてもらった経験をしっかり生かせるような1年にしたいです。

ー向山(基生、営4)主将率いる新チームの雰囲気は
いいんじゃないですかね。自分としては去年まではただ付いていくだけだったのですが、上級生としてしっかり周りにも目を配れるようにしたいです。

ー初戦の立大の印象は
良い投手もいるし、チームワークが良い印象があるのですが、入りが大事なのでしっかり集中してやっていきたいです。

ーご自身の強みは
個人的にはバッティングだと思っています。思い切りよくいける所が自分の取り柄だと思っていますし、そこを継続していきたいなと思っています。

ー優勝への意気込みを
入りの試合が大事だと思っているので、そこをしっかり取って2節、3節とつなげていきたいと思っています。

ー最後にファンのみなさんへメッセージを
優勝できていないので、優勝できるように頑張ります!
(取材:大平佳奈)
fukuda
福田 光輝(ふくだ・こうき)
人間環境学部3年 1997年11月16日生まれ
大阪府出身・大阪桐蔭
176㎝78kg・右投左打
昨年度成績:21試合 71打席 59打数 14安打 0本塁打 5打点 7四死球 9三振 打率.237
『昨春の明大1回戦では、リーグ戦初安打、そして決勝点を放った。巧みなグラブ捌きにも定評があり、攻守の要としてし烈な内野手争いを制することができるか』

安本 竜二 内野手

ー昨季を振り返って
ベンチには何回か入ったんですけど試合に出場する機会がなかったので自分の力がまだ足りなかったから、チームの力にもなれなかったしチームが勝つのも負けるのも見ることしかできなかったのでそういった意味では悔しかった気持ちが強かったです。

ー3年生になりますが、2年間を振り返って
いろんな経験ができて、挫折もしたり良いこともあったり、早かったですけど濃い2年間だったかなって思います。

ー今年の主将に向山選手が選ばれました 
グランドと私生活のメリハリがしっかりしていて、グランドに出たときはしっかり緊張感持ってやりますし、寮ではすごいリラックスしてしっかりされてる方だと思います。

ーこのオフに取り組んだことは
特にこれを重点的にというのはないんですけど、全体的なスキルアップを図って、バッティングも守備力も体づくりも全部一通り力を入れてやりました

ー今オフのトレーニングを通じて『ここは成長した』と自信のあることは
バッティングは特に下半身の安定感が出てきて粘り強さだったりという部分が出てきて、良くなっているかなと思います。

ーオープン戦での調子は
自分の中でも少しずつやってきたことが形になってきているかなって思います。

ーオープン戦を過ごしていく中で見つかった課題は
リーグ戦クラスのピッチャーになってくると甘い球というのは少なくなってくると思うので、その球の打ち損じをいかになくすかということです。

ー安本選手アピールポイントはどのようなところでしょうか
バッティングは長打を打てるバッターであるのと、チャンスの時にどんな形でも打点がとれる勝負強さを売りにできたらいいかなと思います。

ーオープン戦では一塁での出場機会が多いですが 
最近はファーストだけではなくて、三塁や外野もやったりしてるのでどこでもいいので、自分の出場機会が増えればチャンスだと思うので良いかなと思います。

ー3年生になって変えた習慣や意識はありますか
上級生にあるということで、下級生の2年生までの時は自分のことを中心にやってもよかったと思うんですけど、3年生になったということで、チームの勝利のためにということも考えなきゃいけないですし、チームが良くなるためにどれだけ4年生のサポートができるかということも少しずつ考えていかなきゃいけないと思います。

ー今年はキャンプを行いませんでした 
小杉でしっかりと腰を据えて練習して、自分たちのやることをやったので、キャンプに行かなくてもみんなの意識は高くできましたし、良い練習ができたかなって思います。

ー今季はチームでどんな役割を果たしていきたいですか
しっかりチームの力になれるように試合に出なきゃいけないと思いますし、戦力になれるようになりたいなと思います。

ー開幕までに取り組みたいことは
今から特にということはないですけど、しっかりオープン戦でアピールして結果出してみんなからの信頼を得ることだと思います。

ーライバル選手、刺激を受けている法大の選手はいますか
同期で何人もリーグ戦出てますし活躍している選手が多いので、そういう面では自分の刺激になりますし自分も負けてられないなと思います。

ー用具へのこだわりなどはあったりするのでしょうか
自分のしっくりくるものというものは求めるですけど、お金がかかるものなので贅沢も言ってられないというのはあるんですけど、できる範囲の中で自分のプレーが良くなるようにと思ってます。

ー特にこだわっているのは
バッティンググローブですね。

ー1年生の印象は
すごい良い選手が多いですし、特にピッチャーなんかは楽しみな選手が多いかなともいます。

ー特にいいと思う1年生は
福岡大大濠の三浦君がすごく良い球を投げるなと思います。

ー今年の目標をお願いします
しっかりリーグ戦に出場して、ヒットを打ってチームの勝利に貢献することです。

ー春季リーグへの意気込みを
3年生になって、そろそろしっかり出場しないといけないと思っていますし、自分にしっかりプレッシャー掛けながら神宮に出たら思い切りのびのびとプレーしたいです。

ー最後に応援してくださるファンの方々にメッセージをお願いします
神宮にたくさんの方が応援しに来てくださっているので、グラウンドに出たら静岡高校の安本だって分かってもらえるように元気出してプレーするのでよろしくお願いします。
(取材:中村祐吾)
yasumoto
安本 竜二(やすもと・りゅうじ)
経営学部3年 1997年5月28日生まれ
静岡県出身・静岡
180㎝82.5㎏・右投右打
昨年度成績:1試合 0打数 0安打 0本塁打 0四死球 0三振 打率‐‐‐
『長打力とチャンスでの勝負強さが売りの右打者。上級生となりひと際強くなるチームへの貢献の思いを胸にこの春に挑む』

羽根龍二 内野手

ー昨年を振り返って
昨年は新人戦に出場して、春秋と結果を出すことができ充実した1年でした。自分の中での大学野球というものをこの法政大学で経験できた良い1年だったと思います。

ー新人戦の経験をどのように生かしていますか
生かしてることというか、結果が出たことで第二寮から新寮に移させてもらい、より良い環境で練習させてもらっています。

ー新寮はどうでしょうか 
前はアパートみたいな感じであまり部屋間の移動がなかったのですが、部屋が近いので先輩から話を聞けたり、新寮の人達と私生活での関わりが増えたりしました。

ー部屋長は
宇草孔基(営3)さんです。

ーオープン戦の調子はいかがでしょうか
あまり良くなくて、1試合に1本打てるかどうかという感じです。オープン戦の途中でバッティングフォームを大きく変え、今調整中なのですが、自分の新しいバッティングフォームについていけてないというか、まだまだ甘い所があります。

ー今日のオープン戦では、課題に挙げていた送球が良くなっているように見えました
最近はサードのポジションを全然やっていなくて、今日は久しぶりにサードを守ったのですが、思い切って投げてみたら今日は結構良い球が飛びました。

ー調子を上げるために意識していることは
あまり天才肌ではないので、努力して自主練でだんだんものにしつつ、自主練でできても実戦ではなかなか上手くいかないので実際の動画を見返したり、色々研究しながらやっています。

ー内野手のレギュラー争いは厳しくなっていると思います
中山さんがサードにいったので、自分はファーストに移りました。ファーストのポジションを狙っているのですが、あまり結果が出ずにB戦で出場機会を頂いて場数を踏んでいる状態です。実戦から結構離れていたので、今後のオープン戦で結果を出していきたいです。

ーフレッシュリーグに出場できるのも今年が最後となります 
このままの結果だとフレッシュリーグの出場すら危ないと思うので、フレッシュリーグというよりはリーグ戦出場を目標にして頑張っていきたいです。とにかく結果が出るように。フレッシュに出場させてもらえるなら、フレッシュで結果を出したいですし、1番はリーグ戦に出場することなので、そこに向かってしっかり頑張っていきたいです。

ー法大でライバルを挙げるとすると
ポジションとキャラクター的に小谷(敦己、文2)です。自分と同じ大型な身体で、ポジションもファーストだったりサードだったりと同じなのでライバルは小谷です。

ーリーグ戦ではどのような形で出場したい 
1番の目標はファーストのスタメンとして出ることですが、まずは代打という形で出てチャンスを掴みたいです。リーグ戦でも結果を出せることを証明して、スタメンで活躍できるようになりたいです。

ー打撃の課題は
トップから下に潜って、1回遠回りしてしまうと速球がボールに刺さってうまく飛ばないので、最短距離でしっかり叩きにいくということを今は一番意識しています。
 
ー高校の後輩である東拓(人1)選手が入部しましたが、何かお話しはされましたか
前々から六大学に進みたいというのは聞いていて、法政に入りたいとも言っていたので、いざ六大学に決まった時は自分も嬉しかったです。昨日も自主練を一緒にしました。東は1個下の代で自分の代の時から試合に出場していたりもしたので、一緒に頑張りたいと思います。

ー新入生で期待している選手は
八戸学院光星の小池(智也、営1)が、スケールのでかい選手で良いスイングをしますね。まだまだ、守備面では課題も多いですが、バッティングは良い印象です。

ーオフの間に取り組んだことは
ウエイトトレーニングを特にやりました。中山さんが法政の中では1番ウエイトをやっているので、中山さんを参考にしながら下半身を重点的にやりました。

ー向山主将の印象は
最近下級生に締まりがない時にしっかり締まる言葉をかけてくださって、素晴らしいキャプテンだと思います。

ー今年の目標は
リーグ戦に出場して、ヒットを打つことです。オープン戦があと15試合くらいあるので、そこで挽回できるようにしたいです。2年の春で結果を出すことが重要だと思っているので、今季でしっかり結果を残して秋にはスタメンで出られるように頑張りたいです。

ーファンの皆さんへメッセージをお願いします
法政大学を優勝に導けるように一生懸命頑張りますので、応援よろしくお願いします。
(取材:大平佳奈)
hane
羽根 龍二(はね・りゅうじ)
社会学部2年 1998年4月10日生まれ
東京都出身・日大鶴ヶ丘
185㎝93kg・右投右打
昨年度成績:リーグ戦出場なし
『持ち味の長打力を買われ、昨年は春秋ともフレッシュリーグで4番を務めた。今季はリーグ戦初出場に向け、打撃にさらなる磨きをかける』

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

 april1st

定期購読の申込み