硬式野球

【硬式野球】特集 世界一を達成した法大戦士たち 侍ジャパン大学日本代表対談インタビュー ~後編~

2018年8月7日(火)
法政大学野球部 合宿所

 アメリカで行われた日米大学選手権、1994年以来12大会ぶり4回目の優勝を果たしたハーレムベースボールウィークに侍ジャパン大学日本代表として参加した向山基生(営4)、また六大学選抜が侍ジャパン大学日本代表としてFISU世界大学野球選手権大会 2018に参加した中村浩人(営4)、中山翔太(人4)、相馬優人(営3)、高田孝一(法2)の5人に世界で戦った約1か月を振り返っていただいた。今回は、前編に引き続き後編をお送りする。

IMG 0201
大学代表として戦った5選手(右から向山、中山、中村浩、相馬、高田)

選手対談インタビュー (※前編続きより)

ーそれぞれの活躍を見て、お互いにすごいなと思ったことは
村:高田はリーグ戦よりいい球が来ていたと思います。
相:めっちゃ守りやすかったです。
村:リーグ戦の時よりスピードも出ていましたし、キレキレで。
相:コントロールも良かったです。秋も期待しておいてください(笑)。
高:ハードルが高いです…頑張ります!
一同:(笑)。

ー高田選手は先輩2人をどう思いますか
高:相馬さんの守備と、浩人さんのキャッチングは、キャッチャー2人しかいなかったんですけど、すごいなと思いました。他のチームより良かったです。
IMG 0184
高田選手

ーチームは違いましたが、向山選手の活躍は
山:彼ならやってくれると信じていました。

ーお互い大会中に連絡を取ったりはしましたか
向:自分はしてないです(笑)。浩人だけ一回別件なんですけど、連絡して。女の話とか(笑)。
村:いやいや違いますよ?!(笑)
一同:(笑)。
向:(女性の話)というのは冗談で。本当に全然別件なんですけど(笑)。あんまりお互いの状況は知らなかったんですけど、自分は1回、六大(選抜)の方は動画が流れているじゃないですか。それをたまたま時差の関係で試合をやっているのを見られたので、中山がホームラン打ったのも見ましたし、浩人が出ていたのも見ていたので、やはり活躍しているな、すごいなと思いました。

ー六大学選抜のみなさんは
向:全然見てないでしょ。
村:ホームラン打ったの聞いて動画探したんですけど、全然見つからなくて。まだ見てないです。
相・山:ホームランは知ってます!
山:動画もらった。
村:え、見せて。
向:JSportsなんだけど、『松本(航、日体大)の好投に野手陣も応える!』みたいな感じでやってた(笑)。
一同:(笑)。

ー話は変わりますが、違う監督の下でプレーをしてみて気付きや新たな発見はありましたか
山:他の大学もいるので、監督も気を使ってくださっているなと思いました。
相:やりやすい環境にしてくださいました。
向:監督もですし、チームでの立場が違うというのもあるとは思うんですけど、法政はすごくやりやすいなと思いました。また、生田(勉、亜細亜大監督)監督はすごく緻密な野球をされて、すごく野球の引き出しが増えたなと思いました。データや走塁など、細かい野球で、さすが亜細亜(生田監督は亜細亜大野球部監督)だなと思いました。

ー大久保(秀昭、慶大監督)監督はどうでしたか
村:とてもやりやすい環境でやらせてくれているなと感じましたし、自分は、大久保さんは元キャッチャーで、自分もキャッチャーなので、見習うべきところがありました。また、(大久保監督は)郡司(裕也、慶大)を指導しているので、郡司にも色々聞きましたし、そういう意味では、大久保さんが監督で良かったかなと思います。
高:監督ではなく、首脳陣からになるんですけど、善波さんはいっぱい走らせてくれたので、うれしかったです。
一同:(笑)。

ー法政とは走る量が違ったのですか
高:走り方というかタイムを決めて、ポール間とかフェンス沿いを往復するみたいなのが多かったです。色んなやり方があるなと思いました。
相:僕も善波監督には仲良くしてもらったので、良かったです。
村:そういえば、(相馬は)髪の毛を短くしたんですよ。善波さんに「髪切って来い」って言われて(笑)。
一同:(笑)。
向:怒られたの?(笑)
相:「今のままじゃ長い」って怒られちゃいました(笑)。こっちの練習(直前合宿)の初日に。でも、そこからは仲良くしてもらいました。

ー中山選手は、さきほど溝口(智成、立大監督)監督のお話もありましたが、他に気付きなどは
山:青木(久典)監督はバッティングを教えるのが上手いなと思いました。
相:守備を教えるのも上手いなと思いました。
向:最強じゃん。
高:ノックも…。
一同:あああ!(賛同の声)
相:ノックも監督はめっちゃうまいです。
向:監督が全然一番うまいです。日本代表でも思いました。
相:ノックはやばかった。
村:本当にノックは上手い。(キャッチャーフライも)めっちゃ高くあがるので、練習になります。
相:(選抜でも)監督はキャッチャーフライとサードフライ打ってなかったですよね。
村:(監督では)誰も(青木監督のようなノックは)打てないよね。

ー青木監督のすごさに気づけた1ヵ月だったようですが、遠征中の自由時間の思い出は
向:んー…(熟考)。先に台湾の方で!
村:台湾は4年生だけで居酒屋に飲みに行ったんですけど、野球以外のプライベートな感じで他大の選手と行くのは初めてだったので、めっちゃ面白いやつもいることが分かりました。立教とか本当に面白かったです(笑)。松崎(健造、立大)が一番面白かったです(笑)。
一同:(笑)。

ーどんな話をされた
山:あんま覚えてないな。
村:こいつ(中山)も面白かったですよ(笑)。慶應の菊地(恭志郎)とかもね(笑)。なんて言ったら良いのか分からないんですけど(笑)。
山:とにかくほんとに楽しかったです!
IMG 0183
中山選手(左)と中村浩選手

ー下級生組は、出かけたりとかしたんですか
相:3年はどこかに行くというよりは、誰かの部屋でみんなで集まって、マックを皆で頼んでマック食べたりとかピザ頼んだりとか、そんな感じで楽しんでいました。

ーデリバリーは自由なんですね
相:そうですね。部屋で集まる以外にも餃子食べに行ったりとか、タピオカ飲みに行ったりとか、時々ですけど出かけたりもしたのでそれも楽しかったです。

ーみなさん、美味しかったものは
一同:うーん…。(沈黙)
山:かき氷です!
一同:(笑)。
山:マンゴー味です!

ー高田選手は思い出は
高:最終日に下級生3人で食事に行こうとしたんですけど、閉会式の後だったのでお店が閉まっていて行けずに、結局自分たちの部屋でデリバリーして(下級生会を)やったのと、3年生のピッチャー陣には結構仲良くしてもらったので、石井(雄也、慶大)さんとか。ピッチャー陣といる時間が多かったんですけど、他大の先輩はなかなか一緒に入れないので、それも貴重な時間で良い経験でした。

ーでは、向山選手もみなさんの話を聞いてアメリカの思い出を語ってください!
向:みんなで飲みに行ったのは平塚合宿の時だったんですけど、それで色んな一面も分かりましたし、アメリカのアウトレットも安くて楽しくて、あとはオランダでも飲みに行けたり…。ご飯も行ったりしました!

ー逆に大変だったことはあった
六大学選抜一同:特にないですね。
向:米がないのと、水道水が飲めないとか。結構不便だらけでした。オランダの方が、文化が違う感じでしたね。

ー時差に慣れるのも大変でしたよね
向:夜寝られなかったりしました。飛行機も狭いですし、バスも結構長時間移動するので大変でした。首に当てるクッション持っていきました。(中村浩に)借りました(笑)。
村:行く前日に部屋に来て、自分寝てたんですけど、起こされて。(クッションのジェスチャーしながら)「貸してよ」って(笑)。
一同:(笑)。
村:元々持っていたので、本当は(台湾で)使おうと思っていたんですけど。こいつが持って行っちゃったので(笑)。
向:悪者にするなよ(笑)。
村:まあ、自分たちは飛行機の移動…(相:3時間くらいですね)だったので、(なくても)大丈夫でした!

ーでは、この1ヵ月の経験で技術的な部分と人間的な部分で成長した部分を教えてください
向:技術的な部分は、色々送球の良い人の勉強とかもしたので、外野の送球がこの1ヵ月で良くなったことです。
村:技術はそんなですけど、即席でピッチャーと組むことが多かったので瞬時に色んなことを考えたりとか、法政のピッチャーだったら元々持っている情報を踏まえていけるんですけど、情報が少ない中でやらなくてはいけなかったので、自分で考えてやることが自分の引き出しにもなりました。そっちの方が大きかったです。
山:僕は特に両方ないです。相変わらず維持、という感じです。
相:さっき言ったように、世界のピッチャーを通じて小さい変化の球に少し対応できるようになったかなと思います。精神的には、いい意味で自信がさらについたかなと思います。
高:技術的には、他の大学のピッチャーの人も、ピッチャーごとに右(腕)左(腕)も違いますしフォームもバラバラだったりするので、どういうフォームで、とかどういう投げ方で、とか色々学べたのでそれは良かったです。精神的には、先発で2試合と先発で投げることの方が多かったんですけど、その中でも試合前のセレモニーからいきなりパッと試合に入る感じとかが、日本とは違ってイレギュラーな感じだったんですけど、そのイレギュラーな中でも自分の思ったように投げられたのは、少し自信になったかなと思います。
向:自分も精神的には、自信を持って堂々とプレーできていると思います。

ー最後に、この1ヵ月の経験を踏まえリーグ戦に生かしていきたいことをお願いします
向:すごい良い経験も積ませてもらったので、やはり大事なところで活躍できるようにしたいです。
村:世界一という良い経験ができたんですけど、法政では日本一という経験がまだできていないので、やはり法政で最後そういう経験をして、卒業したいなという思いもあります。なので、さっき言ったことをしっかり踏まえて、チームを勝たせられるキャッチャーになりたいなと思います。
山:世界一よりリーグ優勝の方がうれしいと思うので、それを目指して頑張ります。
高:他大の人の技術だったりやり方とかも色々学べましたし、自分として(台湾では)ピーキングというか、調子を100%でいけなかったので、台湾で学んだことを生かして開幕から100%で入れるように頑張りたいと思います。
相:世界で優勝できてすごくうれしかったので、それを法政のみんなとも共有できるように、この経験を生かして頑張りたいと思います。

ーありがとうございました!

取材後は、相馬選手と高田選手が優勝の喜びを、素敵な笑顔とともに亀田史郎さんが行っていることで話題の『3150』で表現してくださいました!喜びが伝わってきますね!
IMG 0222
相馬選手(左)、高田選手

今回、侍ジャパン大学日本代表に選出された5選手は、8月25日に長野県飯田市で行われる『東京六大学野球オールスター in南信州』に参加予定です。また、向山選手は、8月28日に神宮球場で行われる『侍ジャパン壮行試合 高校日本代表対大学日本代表』にも出場する予定となっています。弊会Webでも特集予定ですので、ぜひご注目ください!

(取材:中西陽香、岡崎祐平)

フォトギャラリー

  • IMG 0201大学代表として戦った5選手(右から向山、中山、中村浩、相馬、高田)
  • IMG 0232相馬選手が持ってきてくれた六大学選抜チームが参加した世界大学選手権優勝メダル。(ハーレムベースボールウィークは個人へのメダル等は無し)
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

 Image 9afeafe R

定期購読の申込み