硬式野球

【硬式野球】東京六大学野球秋季リーグ戦開幕直前特集 第3回 チームを勝利へ導く投球を見せる! 上級生投手インタビュー ~菅野秀哉選手、森田駿哉選手、朝山広憲選手~

2018年8月22日(水)
法政大学野球部合宿所

『優勝候補筆頭』と言われながら、第2カードの時点で優勝可能性が消滅した昨季。優勝を知らない世代を今年で途絶えさせるべく、今季こそ優勝を目指す法大野球部は、9月8日(土)に初戦である早大戦を控える。今回は、12季ぶりの優勝に向けて昨季の雪辱に燃えるエース菅野秀哉(キャ4)、森田駿哉(営4)、朝山広憲(法3)3選手に今季リーグ戦への思いや取り組みなどを伺った。

kannno
エースとしての活躍が期待される菅野

選手インタビュー

菅野 秀哉 投手

–昨季を振り返って
春のリーグ戦はエースとして臨んだんですけど、自分のピッチングができなくてチームに迷惑をかけたというのが、一番良くなかったかなと思います。

–「調子は悪くないのに勝てない」という試合が続きましたが、振り返ってみて要因は
要因としては、ストレートのコントロール力であったり、球質もあんまり良くなかったですし、フォームも良くなかったかなと思います。

–それを踏まえて夏に取り組んだことは
そうですね、リーグ戦が終わってからすぐにフォームも一から見直して変えて、トレーニングもちゃんとやりました。今は本当にいい状態に戻っています。

–フォームはどのように変えた
下半身で間(ま)を作るというんですかね。下半身主動にしてストレートの質だったりを高めていきました。

–トレーニングも行ったということですが具体的には
筋トレや体幹が多かったですね。リーグ戦が終わってから、自分と石川(達也、キャ2)だけで遠征という感じでトレーニングする施設に行ってきて、そこで腕立てや逆立ち、腹筋とか、本当に基本的なことを習ってやってきました。

–取り組みを経て今の調子は
先発はまだ2回しかやっていないんですけど、その先発でもしっかり抑えることもできていますし、スピードに関しても変化球もいい感じに投げられていると思うので、調子は本当に良いです。

–『春とは球筋が違う』という声も聞きますが
春はあんまりファールが取れなかったんですけど、今はファールも取れて、ストレートで空振りも取れるので、その辺は球質が変わったからなのかなと思います。

–昨季は落ち込んだスピードに関しては
MAXが148㌔で、常値が144㌔とか145㌔なので、その辺は速くなったのかなとは思います。

–今季がいよいよラストシーズンとなります
ラストシーズンですし絶対優勝したいという思いはあるので、しっかり優勝して日本一になって、自分自身の夢でもあるプロに行けたら良いなと思います。

–プロに向けてこれから秋までどういったことをアピールしていきたい
春の結果が悪くて(スカウトからの)評価も悪いと思うので、全部アピールしなくてはいけないとは思います。ですが、チームが勝てることが一番大事だと思うので、まずはしっかりチームが勝てるような投球をしていきたいと思います。

–6月には幹部でチーム改善のため話し合いもしたということですが
練習メニューであったり、寮の生活を見直すであったり、そういうことですね。寮の生活だったら、朝の掃除をしっかり掃除をすることだったり、今までみんなバラバラだった朝食をしっかりまとまって食べたりというシンプルなことから変えていきました。

–今季のチームの目標に関しては
春も、優勝という目標の中で優勝できなかったので、秋こそはしっかり優勝しようという感じですね。

–菅野選手はチーム目標に向けどういう形で貢献していきたい
自分が4年生で最後なので、エースとして1戦目を投げて、しっかり勝てるようにしていきたいなというのはあります。

–先発で、という話は監督さんからありますか
まだ無いですね。ですが、ずっと先発をやっていたので、最後もしっかり先発で勝てるようにしていきたいなとは思います。

–昨季は、変化球に関してはチェンジアップ中心の投球でしたが、秋はどういう内容を考えている
真っ直ぐを磨いてきたので、しっかり真っ直ぐも投げながら、チェンジアップも有効的に使っていけたら良いなと思います。

–投手責任者として今季リーグ戦への思い
投手責任者として特別なことはできていないですけど、ピッチャー陣をしっかりまとめて、『ピッチャー陣で勝てた』と言えるような秋のリーグ戦にしていけたら良いなと思います。

–投手責任者として今季の投手陣のキーマンを挙げるとすると
自分ですね。自分がしっかり投げられれば優勝できると思います。

–昨季は下級生投手の活躍も目立ちました
優勝するには下級生の力も大事になってきます。ですが、負担はあんまりかけないように自分がしっかり投げたいと思います。

–優勝に向けライバルとなる他大学の中で特に壁になると思うのは
全部の大学がライバルであって、どの大学にも勝つのは難しいんですけど、その中でも明治大学は粘り強い野球をしてきて勝つことも難しいので、しっかり勝ち切れるようにはしていきたいと思います。

–特に警戒する選手は
やはり、4年生の佳明(渡辺、明大)であったり逢澤(崚介、明大)であったりが引っ張ってくると思うので、その辺は注意したいなと思います。

–開幕までに修正・調整していきたい部分は
まだ変化球をアバウト(感覚的)に投げている部分があるので、もっと低めに投げられるように、そこはしっかり調整していきたいなと思います。

–投球以外の部分では
投球以外では、身体も良い状態にしてメンタルもしっかり整えていけたら良いなと思います。

–今季の個人目標は
5勝して防御率0点台で優勝したいと思います。

–最後に意気込みをお願いします
春は悔いが残ったので、最後の秋のリーグ戦では悔いが残らないように精一杯頑張りたいと思います。
(取材:中西陽香)
kannno
菅野 秀哉(かんの・しゅうや)
キャリアデザイン学部4年 1996年7月8日生まれ
福島県出身・小高工
183㎝85㎏・右投右打
昨季成績:7試合 37回 勝1 敗5 被安打34 与四死球11 奪三振26 自責16 防御率3.89
『昨季はエースとして満足のいく結果が残せなかった菅野。今季は磨きをかけた直球と落差のあるチェンジアップで勝利を目指す』

森田 駿哉 投手

–3年ぶりの登板復帰した昨季を振りかえって
まず、投げられたというのは自分にとっても良かったです。投げないと分からないこともたくさんあったので、そんなに試合数は投げてないですけど、少しでも投げられたというのは、自分にとって良かったシーズンかなと思います。

–投げないと分からなかったことというのは
(昨季までは)ずっとスタンドで見ていたので、マウンドで投げるときの楽しみだったり、バッターと対戦していくならどう抑えるかであったりですね。リーグ戦だとオープン戦とも違って、もっと張り詰めた緊張感のある中なので、その中で投げられたというのはずっと(練習を)やっていたからだと思いますし、そういう意味ではすごくいい経験ができたかなと思います。

–明大2回戦では先発も務めました
まさかだったのでびっくりしたこともあったんですけど、準備はしていました。結果的に良くはなかったんですけど、先発できたということは良かったかなと思います。

–まさか、というのは
前日に試合が終わってから監督さんに言われたので、1日準備する時間はあったんですけど、「(昨季の先発は)ないだろうな」と思っていたので。でも、その中で(先発の機会が)1回あったので、アピールしたかったんですけど、そこまでは行けなかったので、秋はしっかりもう一度盛り返せるようにやっていきたいなと思います。

–昨季を終えて見つかった課題などは
追い込んでからの決め球だったり、投げミスをなくしていくということがリーグ戦の中で一番課題に感じだことだったので、今重点的にやっている段階ではあります。

–具体的に練習内容は
ブルペンだけでなく、打者に向かって投げたりとか、そういったことを重点的にやっています。バッターに対する試合勘みたいなものを養うようなことは、意識して練習に取り組んでいます。他にも(トレーニングだったら)体幹だったり、シャドウピッチングだったり。たくさんすることはあります。

–その中で特に重点的にやっていることは
本当に体幹だったり、下半身を上手く使うためのトレーニングだったりというのは重点的にやっています。

–オープン戦での状態は
まだ、完全にいい状態ではないです。あと2,3週間あるので、しっかりその中で一番いい状態に持っていけるように、(調子を)上げるだけだと思うので、しっかり何かをつかんで、ここ2,3週間でしっかり自分のピッチングができるようにやっていきたいと思います。

–持ち味の直球には力がある反面、試合では結果が残せない日もある印象です
甘くなったボールとかを打たれたりしています。ですが、打たれたからといって、あんまり気負うことなくやるべきことをしっかりやっていけば絶対に結果はついてくると思うので、それを信じてやるだけかなと思います。

–今季はいよいよラストシーズンとなります
あっという間の4年間だったのですが、良いことも悪いこともたくさんあったので、最後しっかり良い形で大学野球を締められたら、それが一番良いかなと思います。

–良い形とはやはり優勝
はい。優勝して日本一になれるように、このメンバーでしっかり勝ちたいなと思いますし、勝たないといけないと思うので、そこは泥臭く、本当にどんな形でもいいので勝ちにこだわってやっていかなくてはいけないなと思っています。

–プロについては現在どう考えていますか
チームが勝つためにやるだけですが、結果としてプロの世界にいければ良いなと思うので、まずは、プロに行く云々よりもチームが勝つために自分ができることを精一杯やるだけだと思います。そこがしっかりできてくれば結果もついてくると思うので、チームが勝つためにやっていきたいなと思っています。

–その中でアピールしていきたい部分は
やはり、しっかり真っ直ぐを投げてファールだったり空振りが取れたり、自分のピッチングを見せることが一番だと思います。春に投げられるというのは、アピールできたと思うので、次はしっかり結果も求めてやっていきたいと思います。

–チーム目標は『優勝』ということですが、ご自身はどう貢献していきたい
どのポジションで投げるかも、どういう状況なのかも分からない状態なんですけど、やはり勝ちに貢献できるように投げるだけだと思いますし、チームがピンチの時に、そこを救えるようなピッチングをしていくべきかなと思います。4年生の立場としても、最上級生がしっかり引っ張っていかなくてはいけないと思うので、そこは絶対に曲げずにやっていきたいなと思います。

–青木監督、真木助監督から秋に向けての話は
秋に向けての話はあんまりしていないですけど、色んな指導とかもしていただいているので、自分たちが結果を残していくのが一番の恩返しだと思うので、絶対に優勝して、監督と真木さんを胴上げできるようにやるだけだなと思っています。

–個人としての目標や目指す投球は
やはり0で抑えることだったり、個人的にも150㌔を出したいなと思っています。『150㌔左腕』と言われるとうれしいのもありますね。今は147㌔とかなので、(150㌔が)出たら雰囲気も全然変わると思いますし、法政に勢いがきたり相手に「あぁ、(森田が)出てきた」と思われるようなピッチャーにならなくてはいけないと思うので、そういうピッチャーに秋はなれるようにやっていきたいです。

–優勝のためにライバルになる他大学の中でポイントとなる部分は
自分は開幕の早稲田が一番(ポイントだと思う)。開幕はいつも良くないスタートなので、そこでしっかり(波に)乗れれば、絶対に自分たちの力だったら勢いで行けると思うので。開幕でどんな形でも良いので勝ち切るというのが一番本当に大事だと思いますし、本当にそこで勝てなかったら優勝できないくらいの気持ちで、死んでも勝つ、くらいの気持ちで臨まないといけないと思います。

–残り2,3週間で調整していきたいことは
そんなにもう時間もないので、自信を持ってやるだけだと思います。このあと少しのオープン戦の中で、何か自分の中でつかむものがあれば絶対に良いと思うので、そういう物が1つでも見つけられるようにこの2週間を過ごしていきたいなと思います。

–最後に意気込みをお願いします
もう5年半優勝していないので、今年こそは絶対に優勝しなくてはいけないですし、自分たちも優勝しないまま引退したくないので、絶対に優勝して来年からも『強い法政』がまた作れるように、自分たちがしっかりと結果を残していきたいなと思います。
(取材:中西陽香)
morita
森田 駿哉(もりた・しゅんや)
経営学部4年 1997年2月11日
富山県出身・富山商
185㎝86㎏・左投左打
昨季成績:3試合 6回 勝0 敗0 被安打7 与四死球4 奪三振5 自責2 防御率3.00
『けがに苦しんだ3年間を経て、ついに昨季マウンドに戻ってきた森田。力強い直球を武器にチームの勝利にも個人の結果にもこだわり今季を戦う』

朝山 広憲 投手

–春季リーグ戦を振り返って
自分は後ろを任される立場で、緊迫した場面で投げることが多かったです。最初はよかったのですが、明治戦で初めて勝っている場面で任されて、自分の力が発揮できなくてチームに貢献できなかったというのが心残りなので、春は悔いの残る結果となりました。

–昨季以降取り組んできたことは
コントロール面でリーグ戦を振り返ると、高めに浮いたボールがありました。そのときは相手が振ってくれていたから形になっていたのですが、すべて見逃されていたら本当にストライクに入っていないような状況でした。そこで練習試合も含め、どんな状況でも冷静さを保つというかメンタル面で落ち着きを持つように意識しました。

–オープン戦の調子は
春のオープン戦に比べて試合数が少ないので、どのピッチャーも登板数は少ないのですが、自分も何試合か登板させてもらっています。1回先発もさせていただいたのですが、自分の中ではやってきたことが少しずつ実ってきて成果が出ています。

–やってきたこととその成果とは
自分の自信のあるボール、大切にしているボールというのは今でももちろんストレートなのですが、そのストレートをより生かすボールとして変化球を(充実させた)。今までも球種は何個か持っているのですが、頼れるボールは1つでした。そこで2つ目、3つ目の変化球を、ストレートを生かすために磨いてきました。 具体的には、スライダーとカーブにより磨きをかけました。

–ストレートに関して何かしましたか
ストレートは一番自信があるので、より磨きをかける気持ちは常に持っているのですが、この春以降は変化球に頼るというわけではなく、ストレートは今まで通り低めに集めるという意識を持ちつつ投げてきました。

–合宿は今回なかったそうですが
合宿のあるなしに関係なく、しっかりこっちでいい練習、質のある練習ができているのでそういう意味では充実した夏を過ごせていると思います。

–注目している選手はいますか
部屋が一緒の1年の平元(銀次郎、営1)という左のピッチャーがいて、新人戦は結構投げていたのですけど。そいつは部屋でも野球の話をしたり、こういう意識でやるといいよねっていうお互いの価値観だったり思っていることを話したりするので、注目まではいかないですけどちょっと他の選手とは違う目で見るときはありますね。

–3年生として投手陣での立ち位置や感じ方はどうですか
僕は1年生のときはけがをしていて、そのときほかの同期が投げていたのですが、今年3年生は僕しか入っていないという状況で、下級生が結構引っ張っていっている印象が春はありました。その中で、技術面では学年は関係ないと思いますがやっぱりメンタル面においては上級生が引っ張っていかないといけないというのが、大学野球だけじゃないですけどあると思います。3年春は僕しか出ていなかったので下級生を背中とプレーで引っ張っていくという責任感は覚えました。

–秋季リーグ戦でのご自身の役割は何だと思いますか
先発でいくというのはないと思うので、春と同様に自分がいく場面というのはここいちばん緊迫した場面とか短いイニングとかそういう役割になると思います。秋もそういう場面でしっかり投げていきたいと思います。

–ここを見てほしいというところは
ここ一番の気持ちの強さを(見てほしい)。気持ちなんて見えるものじゃないですけど、気持ちの強い投球というのを見ていただけたらと思います。

–意気込みをお願いします
個人ではチームの優勝に貢献するということしかないのですが、長年優勝できていないというのが現実なので、何が何でも、自分のことは二の次で良いのでチームが勝つことが一番だと思います。その中で自分が貢献できることがあると思うのでチーム一丸となって優勝したいです。
(取材:八木原綾乃)
asayama
朝山 広憲(あさやま・ひろかず)
法学部3年 1997年11月25日
栃木県出身・作新学院
176㎝78㎏・右投左打
昨季成績:8試合 勝0 敗0 被安打7 与四死球1 奪三振5 自責4 防御率4.50
『昨季前半戦は好リリーフを見せその頭角をあらわした。どんな状況でも落ち着いて投げるメンタル面の強化と自慢のストレートを生かす投球に磨きをかける』

 
 
 
 
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

 1men

定期購読の申込み