硬式野球

【硬式野球】東京六大学野球秋季リーグ戦 第2週 明大2回戦 4年生が9回裏に執念を見せる!最後は代打・吉岡が『勝負強さ』を発揮するサヨナラの一打を放ち、宿敵明大から先勝!

東京六大学野球秋季リーグ戦対明大2回戦
2018年9月17日(月)
神宮球場

『血の法明戦』2回戦も、昨日に続く大接戦となった。初回に先制されるも、3回に小林満平(法4)の適時打、4回に福田光輝(人3)の適時打で勝ち越す。しかし、7回に再び同点とされ、その後のマウンドに上がったのは石川達也(キャ2)。1点も与えられない均衡した場面で好投を見せ、9回表まで明大打線を0封し、9回裏の攻撃に託す。9回裏は、中村浩人(営4)からの攻撃となり、左前安打で先頭が出塁すると、続く川口凌(人4)も右翼線への二塁打で走者を進め、最後は代打の吉岡郁哉(営4)がサヨナラの適時打を放つ。4年生の3連打で、勝ち点2に向けて、1勝をつかんだ。

sayonara
サヨナラ打を放った吉岡(中央左)

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
明 大 1 0 0 0 0 0 1 0 0 2 8 0
法 大 0 0 1 1 0 0 0 0 3 11 0

(明大)竹田、石毛、●入江‐西野
(法大)高田、○石川‐中村浩
[本塁打]無し

 

打撃成績

打順位置選手打率123456789
1 (7) 宇草 4 0 0 .360 投ゴロ   遊ゴロ   左飛   三振    
2 (9) 小林 4 3 1 .500 二安   中前安①   左前安     一ゴロ  
3 (8) 向山 4 0 0 .273 三振   遊ゴロ   中直     左飛  
4 (3) 中山 4 1 0 .217   左飛   遊安   遊ゴロ   三振  
5 (2) 中村浩 3 1 0 .300   二ゴロ   投犠打   三振     左前安
6 (6) 川口凌 4 2 0 .450   中前安   三振   一ゴロ     右翼線二安
7 (5) 福田 3 1 1 .188   一ゴロ   左前安①     三振    
  H 吉岡 1 1 1 .400                 左前安①
8 (4) 相馬 3 1 0 .333     一ゴロ 三振     投安    
9 (1) 高田 2 1 0 .333     左前二安   三振        
  1 石川 0 0 0 .000             投犠打    
    32 11 3 .304                  

 

投手成績

  球数 打者 防御率
高田 6 2/3 104 28 7 3 1 2 2.25
石川 2 1/3 24 7 1 0 0 0 0.00
9 128 35 8 3 1 2 2.57

 

ベンチ入りメンバー

10 向山基生(営4=法政二) 22 古山侑杜(社3=法政二) 36 西山翔真(法3=市立和歌山)
13 高田孝一(法2=平塚学園) 27 中村浩人(営4=多良木) 37 中山翔太(人4=履正社)
14 朝山広憲(法3=作新学院) 2 川口凌(人4=横浜) 1 大西千洋(営4=阪南大)
16 石川達也(キャ2=横浜) 3 相馬優人(営3=健大高崎) 8 斎藤卓拓(社4=大宮西)
17 菅野秀哉(キャ4=小高工) 4 吉岡郁哉(営4=智辯学園) 9 毛利元哉(法3=愛工大名電)
19 河野太一朗(文4=法政二) 5 原田寛樹(法4=春日部共栄) 28 宇草孔基(営3=常総学院)
21 森田駿哉(営4=富山商) 6 福田光輝(人3=大阪桐蔭) 29 舩曳海(キャ3=天理)
26 三浦銀二(キャ1=福岡大大濠) 7 小林満平(法4=中京大中京)    
20 渡邉雄太(キャ2=いなべ総合) 23 安本竜二(営3=静岡)    

 

戦評

 『血の法明戦』の2回戦。昨日は、終盤の粘りで引き分けに持ち込んだ法大が、今日は最終回に起きた劇的な幕切れで見事明大から白星を飾った。

 法大の先発は前回の早大2回戦でも先発した高田孝一(法2)。高田は初回、明大の3番・逢澤崚介に併殺崩れからの出塁を許すと、続く4番・越智達矢に中前安打を放たれる。そして高田の投球と同時に走り出していた逢澤に三塁まで進まれると、野手の送球間の一瞬の隙をつかれて明大に先制点を許してしまう。高田を援護したい法大は明大の先発・竹田祐から1回裏と2回裏に走者を出すも無得点。しかし、3回裏に9番・高田が左中間への二塁打と自ら好機を作る。続く1番・宇草孔基(営3)が遊ゴロに倒れるが、この間に走者は三塁へ。ここで打席に立ったのは打率.500と好調の2番・小林満平(法4)。「コンパクトにセンターを意識して打った」と中前適時打とし、法大が同点に追いつく。
kobayashi
一時同点の適時打を放った小林

法大は4回裏にも4番・中山翔太(人4)の三遊間への内野安打から好機を作り、その後7番・福田光輝(人3)三塁手のグラブをはじく適時二塁打で勝ち越しに成功する。

 しかし7回表、高田は7番・内山竣に安打で出塁されると、8番・西野真也にバスターを仕掛けられ無死一、三塁とピンチを背負う。続く代打・添田真海に対しても粘り切れず二ゴロの間に追加点を許し同点とされる。だが、その後は7回表途中から登板した石川達也(キャ2)が後続を抑え、試合は同点のまま9回裏を迎える。
ishikawa
救援登板し好投した石川

9回裏、昨季首位打者に輝いた先頭の5番・中村浩人(営4)が左前安打を放つと、続く6番川口凌(人4)がバスターを成功させ、無死二、三塁の好機を演出する。ここで青木久典監督が動き、この日打点を挙げていた福田に対し代打・吉岡郁哉(営4)を送る。球場全体が勝負の行方を見守る中で吉岡が捉えた3球目は左前適時打に。勝負所での1本が出た法大が、見事なサヨナラ勝ちを決めた。

 優勝のためにも、そしてライバルとしても絶対に負けられない『血の法明戦』で先勝できた。しかし、『勝ち点1』を取らなければ、今日の勝ちも意味が無くなる。明日も勝って『勝ち点1』を全力で取りにいく。
(鈴木滉平)

 クローズアップ:吉岡 郁哉

 開幕から息の詰まる接戦が続いている今季。今日も勝負は9回までもつれ込む中、最後に勝負を決めたのは吉岡郁哉(営4)だった。

 2-2の同点で迎えた9回裏。先頭の中村浩人(営4)が左前安打で出塁すると、続く川口凌(人4)がバスターで鮮やかに右翼線への二塁打を放ち、場面は一気に無死二、三塁に。球場のボルテージが上がる中、青木久典監督は代打に吉岡を送った。「外野フライでもサヨナラという場面だったので、楽な気持ちで打席に入れました」。そう語った吉岡はツーボールから甘く入った変化球を確実に叩いた。打球は左前に落ち、三塁走者の中村浩が生還。劇的なサヨナラ勝利で、明大からまず1勝をもぎ取った。

 吉岡が今季、課題としている『勝負強さ』。最終回の打席はその勝負強さがまさに発揮された打席だった。

 今季はここまで代打に徹している。ベンチで状況を見つめながら、『ここ一番』の状況に備え、そのときが来るまで吉岡は準備を怠らない。「(明大・入江大生は)変化球でカウントを取りにくることが多かったので、変化球にしぼって打席に立ちました」。最後の場面で、狙っていたその『1球』を吉岡は確実に仕留めてみせた。

 今季がラストシーズンとなる吉岡。スタメンへの思いもあるが、チームの勝利のため、現在は代打で確実に結果を残すことに集中している。徹底した準備をした上で与えられるのはたったの1打席。しかし、そこで勝利への執念と4年生の意地を見せ、これからも吉岡は『勝負強さ』を発揮する。
(山﨑有馬)
yoshioka

選手インタビュー

川口 凌 内野手

-サヨナラ勝ちを収めました
明治との試合は絶対にしんどくなるのはわかっていましたし、いかにワンチャンスをものにするか、逆にそのワンチャンスを守りきるかが鍵になってくると思うので、(勝てて)良かったです。

-打撃が好調です
本当に最後のリーグ戦なので、自分自身が後悔ないようにということを意識してやっていて、その上でやっぱり負けたくないという気持ちがあるので、そういう面では『気持ちの効果』という感じですね。

-バスターで二塁打を放ちました
明治の野手も多分バントだと思って前に出てきていたので、思い切って打ってやろうと思っていきました。

-6回には好守備もありました
後輩が投げてるので、助けてあげないと、という感じです。

-最後は4年生でつないだ
後輩がやらなくていいというわけではないですけど、やっぱり最後(のリーグ戦)なので、最後の良い場面で打って、しっかり仕事するのは4年生しかいないと思っていて。うまく言えないですけど「最後だ」という気持ちは大きな力になってくると思うので、これからも4年生、頑張りたいと思います。

-勝ち点がかかる明日の試合はどのような戦いを
今日のことは今日でしっかり切り替えて、勢いはそのままに油断せずに、引き締めてやっていきます。

小林 満平 内野手

–今日の試合を振り返って
1点差ゲームになることは昨日の段階からわかっていたので、2-1でリードしていたんですけど、いずれ追いつかれることもあるかもしれないという心構えでみんなで粘りに行こうという気持ちで戦いました。

–「1点差になることがわかっていた」というのは
昨日も1点差ゲームでしたし、明治のピッチャーも良いんですけど、うちのピッチャーも良いので、そんなにたくさん点を取れないということは予想してということですね。打てると思ってやっていますが、厳しい戦いになるという心構えをしていました。

–今日は4年生でつないでのサヨナラ勝利でした
今カード(明大戦)は、野手は渡邉(雄太、キャ2)を除いてみんな3,4年生で戦っているんですけど、今まで自分たちは下級生の頃からたくさん経験をさせてもらってきたので、『3,4年生で(勝つ)』という気持ちは強いですし、後輩たちにいい試合を見せられたかなと思います。

–ご自身も、猛打賞で一時同点となる適時打を打ちました
宇草が、毎日のように打っていたので、いつか打てなくなる試合が出てくるなと思っていたので、その時に自分がチャンスメイクできるようにという心構えで準備はしてきたので今日はそれができてよかったです。

–カーブなど変化球も冴えていた竹田(祐)投手から3安打でしたが、どう対応しようと思っていた
真っ直ぐと変化球両方を打てるというのが自分の打撃の持ち味でもあるので、簡単にアウトにならないことと、チャンスメイクする立場なので、コンパクトにセンターを意識して打ちました。

–明日は森下暢選手の登板が予想されますがどう戦いたい
良いピッチャーなのはわかっているので、簡単には打てないとは思うんですけど、なんとか食らいついて打てたらなと思います。

–明日への意気込みをお願いします
たくさん応援してくださっている方がいるので、そういう人たちのためにも泥臭く必死にみんなでプレーしていきたいと思います。

吉岡 郁哉 内野手

–今日の試合を振り返って
本当に、1点差ゲームでの負けというのは春から課題としてあって、そこで今日勝ち切れたということで、成長した部分というのが感じ取れました。まだまだこれからも頑張っていきたいです。

–終盤で接戦の中、ベンチでどのように見ていたか
後半になると代打の場面というのはくると思うので、自分の場面が来た時にしっかり入っていけるように準備はしていました。

–最終回、代打でサヨナラとなる適時打を放ちました
外野フライでも(犠飛で)サヨナラという場面だったので、楽な気持ちで打席に入れました。(それまでの)4年生がしっかりつないでくれたので、「絶対に勝つ」という気持ちで初球から振りにいきました。

–2ボールから次の球は狙っていたか
変化球でカウントを取りに来ることが多かったので、その変化球にしぼって、打席に立ちました。浮いて来たので、本当に「犠牲フライでいい」という気持ちで振りました。

–昨日に続き、勝負どころでの1本で結果を残しています
課題にしていた『勝負強さ』というのがここ一番で出せていると思います。まだまだ試合はあるので、しっかり勝負どころで1本が打てるような選手になりたいと思います。

–スタメンへの意識は
スタメンで出るというのが一番試合に出ていて楽しいですが、やはりチームが勝つことが一番だと思うので、与えられた仕事をしっかり果たしていきたいと思います。 

–明日に向けて意気込みをお願いします
今日、良い流れで勝利できているので、それを明日につなげて勝ち点を取りたいと思います。

石川 達也 投手

-今日の試合を振り返って
しびれる試合だったのですが、なんとか勝って良かったです。

-とても好調だったように思えます
リーグ戦前の練習試合は調子が悪かったのですが、このリーグ戦でどんどん調子が上がってきているので良いかなと思います。

-走者を三塁に背負った場面での登板でした
昨日の方がメンタル的には苦しい場面だったので、まだ今日は気が楽に投げれたかなと思います。

-リリーフとしてチームを支えています
本当は先発したいという気持ちもあるのですが、今の先発陣がちゃんとゲームを作ってくれているので、その助けというか、後ろのカバーを今は全力でやるだけかなと思います。

-次の試合に向けて
昨日は引き分けで終わって今日は良い流れで勝てたので、2連勝で勝ち点を取って終わりたいなと思います。

フォトギャラリー

  • takada先発し強力な明大打線を相手に粘投した高田
  • takadabatter打撃でも得点につながる二塁打を放った
  • kobayashi2同点の適時打を放った小林は塁上でガッツポーズ
  • fukuda打率1割台と苦しい状況が続くが、一時逆転の適時打を放った福田
  • benchi2点目を取り逆転した際に沸いたベンチ
  • hiroto9回裏先頭で出塁した中村浩
  • kawaguchiバスターで安打を放った川口凌
  • sayonaraサヨナラ打を放った吉岡(中央左)
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

 45

定期購読の申込み