硬式野球

【硬式野球】2018年秋の戦いを終えて 1,2年生コメント~三浦銀二、石川達也、佐藤勇基、高田孝一、渡邉雄太~

東京六大学野球秋季リーグ戦
2018年10月21日(日)
神宮球場

初戦敗退という悔しい結果に終わった神宮大会に、法大の12季ぶり45回目の優勝で幕を閉じた東京六大学野球秋季リーグ戦。接戦が多く続き苦しい試合が続いた今季。優勝に向けて投手陣を中心に戦力となった下級生に、そんな今季を振り返っていただいた。(※東大2回戦後の取材を掲載しております)

ginnzi
シーズンを通して先発を担った三浦

選手コメント(※学年別、50音順掲載)

三浦 銀二 投手

–4年生との最後のリーグ戦となりました
春、秋と4年生と一緒に戦ってきて、引退ということで寂しいなという部分は少しあります。

–1番お世話になった先輩は
バッテリー組んでいたので、浩人さん(中村、営4)は、すごい仲良くさせてもらいました。野手の人たちもみんな優しかったので、みんないなくなるのは寂しいですね。

–今季を振り返って
調子の良い時、悪い時あったんですけど、それなりにゲームは作れましたし、そこは合格点かなと思っています。

–見つかった課題はありますか
負けた次の試合での気持ちの切り替えが難しいです。高校野球と違って負けたら終わりの一発勝負じゃないので、気持ちの切り替えはまだできていないなと感じました。

–強化したいことは
メンタル面と最後の方バテていたので、1シーズン1戦目で投げ抜く体力っていうのはまだ全然必要かなと思います。

–今後の目標
(1シーズンで)5勝はしたいかなと思います。

–最後に応援してくださったファンの方へ
来シーズンも順調にいけば、ベンチに入れると思いますし、投げる機会があるならしっかり自分のピッチングをしたいと思いますので、応援をよろしくお願いします。
ginnzi

石川 達也 投手

–今季を振り返って
防御率が0点台だったというのと初勝利を挙げたので自分的には良かったです。しかし、慶応戦の3戦目で打たれてしまったのは今シーズンの反省だと思います。プレーオフもあるのですが良いピッチングができるようにそこを生かしていきたいと思います。

–今季3勝を挙げましたが
僕はそんなに長いイニングは投げてないので野手陣が打ってくれたからだと思っています。

–4年生との最後のシーズンでしたが
楽しくやれたので良かったです。

–一番お世話になった4年生の先輩は
いっぱいいすぎて一人には絞れないです。ベンチには入ってない宮本勇磨さん(文4)だったり、ベンチに入っている人でしたら河野太一朗さん(文4)、森田駿哉さん(営4)にお世話になりました。

–4年生の先輩方へ
河野太さんだったり森田さんは毎回僕がマウンド行くときに和ませてくれたのでそのおかげで良いピッチングができました。宮本さんにもいつも可愛がっていただきました。僕が再来年プロにいって、恩返しができるように頑張りたいです。

–今季は中継ぎ登板でしたが来季は先発を狙いますか
先発をしたい気持ちがあるので、オフシーズンにしっかりスタミナだったり投げ切る体力などをつけていって、1戦目だったり2戦目を勝ち取れたら良いなと思います。

–今季成長できたなと思うことは
春に関してはピンチで落ち着きがない部分があったんですけど、今季に関しては堂々と落ち着いたピッチングができたと思います。

–今季見つかった課題は
変化球が高めに浮いてヒットにされることが多かったので、それを来年はできるだけ少なくして、変化球を低めに集めてゴロを打たせるようにしたいです。

–今後に向けて
今年はマックス146㌔が出たので、来年は150㌔を出せるようにオフシーズンにしっかりウエイトだったり走り込みをして、まだプレーオフが残ってるんですけど、来年こそ完全優勝を成し遂げて、先輩たちにも喜んでいただけるような結果を出せれば良いなと思います。
ishikawa

佐藤 勇基 内野手

–今季を振り返って
今季は初ヒットも打つことができて、初打点も挙げられたので自分にとっては良いシーズンになったなと思います。

–守備固めや代打での出場でしたが
最初は守備で期待してもらってベンチに入れてもらって、代打で打つことができました。守備で信頼を得たから打撃のチャンスが回ってきたと思うので、また来年も守備からチャンスをもらっていければいいかなと思います。

–4年生とのラストシーズンとなりました
小林満平さん(法4)とはいつも試合前に室内でバッティング練習をするくらいお世話になっていたので、めちゃめちゃ寂しいんですけど、教えてもらったことを踏まえて来年レギュラー取れるように頑張ります。

–同期の投手陣の活躍を見て
頑張っていたなと思いますが、自分も負けられないなと思っていました。

–今季ここが成長したなというところは
前までは(バットを振る)タイミングが遅れて差し込まれることが多かったんですけど、ちょっと前で(ボールを)さばけたり、ファールに入れたりすることができるようになりました。その辺が成長かなと思います。

–今季の課題点は
守備で期待されている分、エラーをしちゃいけないと思うんですけど、(試合前の)ノックでエラーしたりとかあったので、来年はエラー0で頑張りたいと思います。

–今後に向けて意気込みを
今季は完全優勝の形ではないので、来季は完全優勝できるように頑張ります。

–応援してくれたファンへ
本当に毎回毎回たくさんの人が応援に駆けつけてくださって、来年も優勝争いができるように頑張るので、応援よろしくお願いします。
satouy

高田 孝一 投手

–今季を振り返って
春は初登板だったり、良い思い出の方が多かったんですけれど、今季は良い意味での悪い思い出というか、そういう投球が多かったです。ですが、勉強になったり、自分の経験になったのでそこは良かったです。

–第二先発での登板が多かった
第一先発を狙っている中での第二先発だったんですけど、シーズンを通して第二先発を投げ切れたので良かったですね。

–今季は「直球の強さを生かす」と仰っていました
そうですね、強さはやっぱり出てきたんですけど、まだまだ課題も出てきたので、来年だったりその次に向けて調整していきたいなと思っています。

–見つかった課題は
コントロールですね。直球、変化球のコントロール。それと、試合を作れるような体力であったり、投球術は課題だと思うので、しっかり見直して行きたいと思います。

–その為にどのような練習をしていきたいか
もう1度、シーズンが終わってからの体力作りだったり、投げこみなどを一から、基礎的な部分から時間があるので見直していきたいと思います。

–シーズン通しての疲労は
秋のシーズンに関しては疲れはちょっとあったんですけれど、その中でも投げる体力などをもっとつけていきたいと思っています。

–印象に残った試合は
慶大戦の3戦目ですかね。投手で抑えて勝つことができなかったので、とても悔しい試合でもありました。

–4年生が率いたチームは
春の開幕4連敗からだいぶチームが、がらっと変わりました。秋のシーズンにはとても良いチームになっていたのですごく良いチームだったと思います。

–特にお世話になった4年生は
投手陣ですかね。菅野(秀哉、キャ4)さん、太一朗(河野、文4)さん、森田さんとかは練習もずっと一緒にやってきましたし、(一緒に過ごす)時間が多かったのでいい先輩達でした。捕手の中村浩さんにも色々アドバイスだったり、助けていただいたことも多かったのでそれが良かったなと思います。

–ファンの方へ向けて
特に秋はたくさんの方に来ていただいたりして、応援も多かったのでとても力になりました。ありがとうございました。

–来季に向けて
2年生だったり、1年生のピッチャーにも良いピッチャーが多くいるので、その人達に負けないように、第一先発を取れるように頑張りたいと思います。
takada

渡邉 雄太 捕手

–今季を振り返って
4年生の方を中心に、すごく粘り強い戦いをしてくれたので、僕たち後輩にとってもいい刺激になったシーズンだったかなと思います。

–リーグ戦では4年生と共に戦う最後の試合でした
やはり4年生の意地というか、そういうものを間近で見ることができたというのは、1番の収穫だと思います。すごく感動した試合もありましたし、いい秋でした。

–4年生から伝えられたこと
試合を通して、最後まで負けない野球や、粘り強く戦う力を見せてもらいました。

–渡邉雄選手にとっての中村浩人選手は
浩人さんは自分にとって憧れの人で、とても尊敬しているので、浩人さんのような選手になりたいと思っていて。練習の時でも色々教えて頂いていますし、本当にお手本になるような選手です。

–向山主将が率いるチームは
向山さん(基生、営4)がチームをよくまとめてくれました。でも向山さんだけではなくて、副キャプテンの川口(凌)さん(人4)、中山(翔太、人4)さん、浩人さんが皆でまとめてくれて。すごく一体感があったチームだったかなと思います。

–来季の目標は
レギュラーでしっかり出場して、浩人さんを超えるようなキャッチャーになりたいです。

–来季へ向けてオフに取り組みたいこと
僕は全てにおいてまだまだ下にいるので、もう一度基礎から、しっかり体づくりからやり直して、浩人さんを超える技術を身につけたいと思います。

–4年生に向けてのメッセージ
僕たちにいい刺激のある試合を見せてくださって、本当にありがたいと思っています。僕たちも、先輩方のように粘り強い試合ができるように、もっと力をつけていきたいと思います。
watanabey

 
 
 
 
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

 1men

定期購読の申込み