硬式野球

【硬式野球】「4年生特集~感謝」第2回 ~伊藤寛泰、鎌倉航~

東京六大学野球秋季リーグ戦
2018年10月21日(日)
神宮球場

12季ぶりの優勝に神宮大会出場。これには、下級生の頃からリーグ戦に出場し、優勝を目指し努力を重ねてきた4年生の力があった。走り抜けてきた4年間を、今回は、ベンチに入り監督の右腕としてチームを支えた学生コーチの伊藤寛泰(キャ4)と、2017年春季リーグ戦で活躍を見せた鎌倉航(法4)2人に振り返っていただいた。(※取材は東大2回戦終了時のものを掲載しております)

hiroyasu
監督の右腕としてチームを支えた学生コーチの伊藤泰

学生コーチ・選手コメント

伊藤 寛泰 学生コーチ

-リーグ戦最後の試合を終えました
初戦の早稲田戦から1戦1戦通してチームが強くなっているなというのを感じて、自分自身も良い経験をさせてもらいました。最後『結束』というスローガンを掲げてチームでやってきたんですけど、それ(結束)がしっかり形として表れたかなと思います。

-伊藤泰コーチを含め、4年生が中心に活躍したシーズンでした
もともと力があると言われていた選手たちだったんですけど、なかなかつながらなかったり、結果が出なかったりもしました。若いうちから監督に使ってもらっていた選手たちがこのリーグ戦で結果を出して、4年生でしっかりつなげて4年生で勝とうという気持ちが見られていたので、すごく4年生が頼りになるなと思いました。

-法大での4年間を振り返って
すごくレベルの高いところで野球をやらせてもらっていたので、自分自身も不安とかばっかり抱えてたりしたんですけど、でも何とかこのチームで貢献しようと思ってやってきたので、優勝争いのところまでチームが強くなってきたときに自分が(学生コーチを)やらせてもらえたのは経験となりました。

-今の4年生の選手たちは下級生時代から試合に出続けてきましたがご覧になって
若いうちから使われている選手たちも最初はおどおどしたりとか、何とかチームのためにという心を持って結果を出したり、打席に立ったり塁に立ったりしていたんですけど、今はもう『俺が引っ張るぞ』というやつらばっかりなので、すごく頼もしいなと思います。

-最も印象深い試合や出来事は
やっぱり慶應の3回戦ですかね。本当に勝ちに貪欲にこだわってやってきて、結果的には負けてしまったんですけど、チーム全員、スタンドもベンチも含めて、チームが勝ちにこだわって。結束というのを感じた1戦だったと思います。

-大変だったことは
負けが続いたりうまくいかないときは『どうやってチームを変えていこう、作っていこう』ということは、常に考えたり悩んだりしていて。それでも結果が出ないと、やっぱり一生懸命やってる選手たちには申し訳ないというふうに感じていたので、その辺が一番大変でしたね。

-そのつらいことや大変なことはどのように乗り越えてきましたか
選手と一番コミュニケーションをとって、話をしながらどう思っているのかとか、本音でぶつかり合いながらそれぞれの思いを出し合って、それをしっかり1つの同じ方向に向けていくようにしました。

-学生コーチだからこそ得られたことは
いっぱいありますね。1つで言うと難しいんですけど...。やはり人を輝かせる力というか、人をどうやって立てていくか、活躍させるかというところは学生コーチしかできないことだと思うので、そこはすごく自分自身力になったと思います。

-青木久典監督はどのような存在
一言で言うと野球好きの熱い男という感じですね。ひたすら自分自身も野球の研究をされていますし、選手のフォームとかもすごく分析されて勉強熱心な方で、熱い所があるので、そういう部分で選手のやる気を奮い立たせる(ことができる)のは素晴らしい方だなと思います。

-監督と学生コーチの関係とは
地元が監督と同じなので、その辺もあって監督がすごく学生コーチに信頼してくれていろんなことを任せてくださっています。自分たち学生コーチとしてはやりやすい環境で、思い切ってやれています。

-向山基生選手(営4)はどのような主将でしたか
高校時代から能力の高い選手だなとは思っていたんですけど、勝負強いという印象もあって。キャプテンになってからはすごい頼りがいのあるやつになったなという印象ですね。

-これからの法大野球部に期待することは
力のある選手たちが結構残っているので、その選手たちが4年生になったときにチームを引っ張って、それに下級生が着いていくようなチーム力のある法政に育ってほしいなと思います。

-今後の進路については
都内にあるベンチャー企業のPR会社に就職する予定です。営業力が求められるポジションなので、野球で培ってきた人と関わる力というのを生かして、野球とビジネスで世界は違うんですけど、高みを目指していけたらと思います。

-法大での経験は生かせると思いますか
生きると思います。いろんな人と触れ合って、いろいろスポーツの中でレベルの高いところと触れ合ってきました。自分自身を高めていく選手が多いので、そこを見習って次は自分が営業のプレイヤーとして活躍できたらいいなと思います。

-同期へ
感謝の一言ですね。人に恵まれたなと思うので、そこはやっぱり同期のみんなにはありがとうしかないです。

鎌倉 航 捕手

–4年間を振り返って
いい仲間に巡り会えたなと思います。

–けがに悩まされることの多い4年間でした
それも実力なのでそこはそれで割り切って、4年間しっかり頑張れたのでよかったなと思います。

–4年間で一番印象に残っていること
東大に負けたことです。それしかないです。

–今季はどんな気持ちでチームを見守っていましたか
自分は実力がなかっただけなので、自分のことというよりはみんながしっかりやってくれました。

–法大野球部で得たものは
いい仲間に巡り会えたのが一番です。

–同期はどんな存在でしたか
つらいときもずっと一緒にやってきましたし、1年生の頃からいろんなことがありましたがこの同期だから乗り越えてこられたかなと思います。

–後輩に伝えたいこと
後輩も能力が高い選手が多いので、優勝を目指して頑張ってもらいたいです。

–特に期待している後輩
ピッチャーの朝山(広憲、法3)は1年生のときに部屋子だったので頑張ってほしいなと思います。ただ、誰ということなく、みんなに頑張ってほしいですね。

–今後の進路について
社会人で野球をやらせてもらえるので、そこでまた頑張りたいです。

–今後の目標は
小中高と日本一になれてないので、自分が貢献して日本一になれるように頑張りたいなと思います。

–ファンの方へメッセージを
僕らが入ってから優勝という文字に近づくことができずに観ている方々ももどかしい思いをされていたと思うのですが、最後のシーズンは優勝争いができましたし、来年もいい選手がいるのでまた続けて応援していってほしいなと思います。

プレイバック

伊藤 寛泰 学生コーチ

 下級生時代から経験を積み、ラストシーズンに最上級生としての意地を遺憾なく発揮した4年生選手。この成長に伊藤寛泰学生コーチ(キャ4)の存在が不可欠だったことは間違いないだろう。

 法政二高時代から学生コーチを務めた伊藤泰。けがをしがちな自分がどのようにチームに貢献しようと考えたときに最も適した役目を見つけた。学生コーチとして大切にしてきたことが、選手たちがベストの状態で試合に臨めるようにすること。調子を見極め、コミュニケーションをとりながらサポートをし、チームの勝利につなげてきた。しかし、プレーをしない立場だからこそ、連敗を喫したときは大きな悩みを抱えた。『どのようにチームを変えていこう』。一生懸命戦う選手たちに対し、申し訳なさすら感じた。そんなときに重要となったのは、やはり選手とのコミュニケーションだった。お互いがどのようなことを考えているのかを本音でぶつかり合い、1つの方向へ思いをそろえた。

 4年間で得られたこととして伊藤泰は『人を輝かせる力』を挙げた。「人をどうやって活躍させるかというところは学生コーチにしかできないことだと思います」。神宮のグラウンド上で躍動する選手たち。しかし、その裏には伊藤をはじめとする様々な人々のサポートがある。1年春から試合に出場してきた川口凌(人4)も「学生コーチはものすごく練習を手伝ってくれました」と感謝の思いを口にした。

 現在、ベンチャーのPR会社に内定しており、卒業後は営業マンとして新たな人生のスタートを切る。ハイレベルな法大野球部で多くの選手を見てきた伊藤泰。1人1人の野球に対する姿勢から学んで自分自身を高め、次は自身が〝プレイヤー〟として活躍する番だ。
(渡邊詩織)
hiroyasu
伊藤寛泰(いとう・ひろやす)
キャリアデザイン学部4年
1996年6月23日生まれ
三重県出身・法政二
173㎝70㎏・右投両打

鎌倉 航 捕手

 けがに悩まされることが多かった4年間。今季はスタンドからチームを見守った。「それも自分の実力なので」。冷静にそう言い切る姿に鎌倉の強さがあった。

 高校時代は、日本文理高校で3度甲子園に出場。3年夏にはベスト4を経験した。勢いそのままに、大学入学後も1年春にリーグ戦スタメン出場を果たす。しかし、順風満帆とはいかなかった。けがの影響で戦線を離脱。次に神宮に立ったのは3年の春だった。中学、高校と常に試合に出続けていた鎌倉。チームを外から眺めるのは今までにない経験だった。だがその時間も無駄にはしなかった。「試合に出られない人たちの気持ちも分かったいい経験」と振り返る。もどかしささえ、力に変えてみせた。4年間でリーグ戦には計25試合に出場。「投手がどれだけ結果を出せるかが自分たちの仕事」と持ち前のゲームメイクで多くの投手を奮い立たせた。

 今季、チームは12季ぶりのリーグ戦優勝を果たした。道のりは長かった。あと一歩届かない悔しさを何度もかみしめた。勝つことの難しさを知った4年間。1球の怖さを知った4年間。けがの多かった鎌倉にとって、この4年間は苦しいことの方が多かっただろう。しかし、たしかに成長した4年間でもある。勝ち続けるだけでは得られないものもきっとある。成し遂げられなかった日本一の夢は、次のステージで叶えてみせる。クールな視線の奥に秘めた、熱い思いを離さずに。
kamakura3
鎌倉航(かまくら・わたる)
法学部4年
1996年4月26日生まれ
新潟県出身・日本文理
167㎝72㎏・右投右打
通算成績:25試合 65打席 55打数 10安打 0本塁打 8打点 3四死球 13三振 打率.182

 
 
 
 
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

 1men

定期購読の申込み