硬式野球

【硬式野球】「4年生特集~感謝」第4回 ~斎藤卓拓、原田寛樹~

東京六大学野球秋季リーグ戦
2018年10月21日(日)
神宮球場

12季ぶりの優勝に神宮大会出場。これには、下級生の頃からリーグ戦に出場し、優勝を目指し努力を重ねてきた4年生の力があった。走り抜けてきた4年間を、今回は、スポーツ推薦の選手が多い中、走塁と守備で存在感を示した斎藤卓拓(社4)と、持ち前のやる気溢れるプレーが魅力の原田寛樹(法4)の2人に振り返っていただいた。(※取材は東大2回戦終了時のものを掲載しております)

saitotaku
好守備好走塁を最後まで披露した斎藤卓

選手コメント

斎藤 卓拓 外野手

–最終戦を振り返って
優勝するには絶対勝つことが条件だったので、まずは全員が勝つということを目標にやっていたので、勝ててよかったです。

–今日も試合開始から一塁コーチャーを務めたが、どんな風に試合を見ていたか
試合には集中していたんですけど、少し心のどこかではもしかしたら最後なのかなとか思うところもあって。でもいつも通りやれました。

–守備から出場し、三塁と二塁を守りました
常にリーグ戦中は意識していたので、そんなに戸惑うことはありませんでした。

–今季のチームから感じたこと
僕は3年の春からずっとリーグ戦に入っているんですけど、(今季が)一番チームがまとまっていて4年が引っ張って、それに下級生が応えてくれて、すごくいいチームだなと思えました。

–ご自身は今季、決勝点のホームを踏む好走塁がありましたが、振り返って
結果的に盗塁ができたりサヨナラのホームを踏んだり、良かったんですけど、正直あまり覚えてないんです。

–4年間を終えて
ありきたりなんですけど、『感謝』しかないです。初めて親元を離れて寮生活をして、その中で親の大切さを感じましたし、周りの選手にもずっと支えてもらって切磋琢磨しながら来られたと思いますし、後輩も先輩も仲良く接してくれて。僕はスポーツ推薦ではないんですけど、他の指定校推薦組のメンバーはベンチに入れていなかったので、そいつらの分も頑張ろうと決めていました。4年間やりきれたことを色々な人に感謝したいです。

–法大野球部で学んだこと
一から私生活から全部正してもらったので、選べないんですけど、一番大きかったのはチームメイトに出会えたことが法大に入って良かったことですね。なんでも言える仲なので。

–同級生と4年間野球をやってきて
終わるのは寂しいですけど、感じているのはこの大舞台でヒットを打ったり、活躍できるのって本当に凄いことだなと思いますし、選手だけではなくて、サポートしてくれている4年生もそうですけど、本当に全員尊敬できますし、学ぶことがとても多かったです。

–今後の進路
野球はやらないんですけど、大学で自分を築いて来られて、本当にそれが基礎になっているので、社会人になっても生かしていって、これからも頑張りたいと思います。

–後輩に向けて
3年生はめちゃめちゃ頼もしいので、能力的に心配はないんですけど、4年生になるとチームを引っ張っていくというところでまた難しさもあると思うので、自分のことだけではなくて、時にチームをまとめられる力を付けて、来年もいいチームにしてほしいです。

–最後にファンへメッセージを
試合が終わった後にバスの前で待ってくださる皆さんが、僕はあまり試合に出ていないので誰も知らないかなとも思っていたんですけど、声をかけてくれる人がいて、本当にすごくうれしかったです。ありがたかったです。これからも法政大学の応援をよろしくお願いします。

原田 寛樹 内野手

–最後のリーグ戦を振り返って
1年春から使ってもらっていましたけど、最後の方は代打が多くて自分のプレーというよりはチームに貢献するようなプレーが増えて、代打で出ても四球といったプレーが多かったかなと思います。ですけど、春よりはチームが成長して終われたのでよかったかなと思います。

–1年春にはスタメンを経験し、その後はし烈なレギュラー争いが繰り広げたが
スタメンで出ようと出られまいとチームが勝てればいいので、最後の方はいかにチームに貢献できるかということを考えていました。ベンチでもチームに貢献できることはありますし、色々な角度からチームを見られたかなとは思います。

–原田選手といえば溢れるガッツが魅力ですが、どこから湧き出るものなのか
そういうタイプなので(笑)。しょうがないというか声を出してみんなを鼓舞できるようにやってました!

–4年間で辛くて投げ出しそうになったことなどは
多々ありますけども、ここで投げ出して何になるのかなというか。何度も心を折れそうになりましたけど、踏ん張れたのはやっぱり同期の存在が大きかったなと思います。

–今年の4年生は特に1年生からリーグ戦に出場していた選手が多いが、同期に対して
心からありがとうという言葉と、感謝しかないです。大西(千洋、営4)は、めちゃくちゃ仲良くて(笑)。後は、森田(駿哉、営4)と河野(太一朗、文4)もピッチャーですけど結構仲良かったです。川口(凌、人4)や中村(浩人、営4)もなんですが。やっぱり今日は最後に大西千が涙を流していて、心にグッとくるものがありました。

–同期の中でも、故障に苦しんだりと紆余曲折あった代だと思うが
特に大西千なんかは、けがから復帰して神宮を駆け回るまでになって帰ってきてくれたので、大きい存在でしたし、同期として心強い存在でした。

–4年間で思い出深い試合
1年春の慶応戦ですかね。開幕戦で1番バッターで出させてもらったのが1番思い出深いです。

–大学時代で様々なポジションを経験したと思うが
色々やりましたね(笑)。三塁手だけでなく、幅が広がって、それは上にいっても生きてくることなので良かったなと思います。

–進路について
野球を続けさせていただきます。

–上の舞台では、大学での経験をどう生かしていきたいか
いい時も悪い時も経験したので、これを糧に上にいってもいい時も悪い時も浮き沈みしないような選手になりたいです。

–残される後輩に対して
本当に頼もしい後輩ですし、法政のプライドを持ってやってもらえれば自然と結果はついてくると思うので、ただひたむきに頑張って欲しいです。

ー最後に法大ファンにメッセージを
いつもオレンジ色にスタンドを染めてくださって、本当に応援が力になりました。ありがとうございました。

プレイバック

斎藤 卓拓 外野手

 19打数2安打、打率.105。決して華々しい数字は残せず、4年間が終了した。しかし、斉藤卓拓(社4)がチームに残した功績は、その数字以上に大きい。試合では選手として、そして『裏方』として法大野球部を支え続けた。

 スポーツ推薦での入部の選手が多くいる中、指定校推薦で入部し3年次の春季リーグ戦の開幕戦で初出場。しかもスタメンで抜擢される。「他の指定校推薦組のメンバーはベンチに入れていなかった。そいつらの分も頑張ろうと決めていた」。仲間の思いを背負いながら、その後は毎試合ベンチ入りを果たす。持ち味でもある足を生かし、スピード感あるプレーでファンを沸かせた。

 攻撃開始とともに一塁へと全力で走る。これも彼の毎試合の仕事だ。一塁コーチとして、出塁した選手へアドバイスを伝え、チームを鼓舞する。監督からの信頼も厚い。試合終盤、打者が出塁するとすかさず代走として交代。そのために試合中盤から、いつ出番が来ても大丈夫なように準備を欠かさない。気持ちを切らさずに、ただその時を待つ。そして、寡黙に盗塁を決める。通算6盗塁。これぞ職人技と感じさせるような走塁を幾度となく見せてくれた。

 リーグ最終戦となった東大2回戦では守備固めでの出場。そして9回2死、今季最初で最後となる打席が回ってきた。結果はファールで粘ったものの見逃し三振。「やっぱり打ちたい思いはありましたね」と苦笑したものの、「一生記憶に残ると思います」と明るく前向きに振り返った。
 
 来年は野球を辞め、一般就職をすることが決まっている斎藤卓。法大野球部で過ごした4年間に学んだ様々なことを基礎とし、社会人でも生かしていきたいと話してくれた。これぞ『いぶし銀』という彼のプレースタイル、その姿は記録よりも記憶となり、いつまでも私たちの脳裏に残り続ける。
(岡崎祐平)
saitotaku
斎藤 卓拓(さいとう・たかひろ)
社会学部4年
1996年10月18日生まれ
埼玉県出身・大宮西
171㎝73㎏・右投左打
通算成績:26試合 23打席 29打数 2安打 0本塁打 1打点 3四死球 7三振 打率.105

原田 寛樹 内野手

 最終戦となった東大2回戦。6回表1死無塁で代打出場した原田寛樹(法4)は、迷わず四球を選んで出塁。最後まで原田らしいプレースタイルを貫いて、神宮球場を後にした。

 リーグ戦初出場は、1年春の開幕戦。持ち味のバッティングが買われ、同期の森田駿哉(営4)らとともに1番三塁手として鮮烈なデビューを飾った。 ルーキーながら7試合に出場した1年春。しかし、そこで感じたのは大学野球のレベルの高さだった。そこから打撃だけではなく守備の強化に努めていった原田。大学4年間で守れるようになったポジションは、内外野合わせて6つに及んだ。

 し烈なレギュラー争いに揉まれながら、駆け抜けた4年間。上級生になると、代打としての出場も多くなった。それでも、ベンチに入れば誰よりも声を出し、常に笑顔と持ち前の『ガッツ』で仲間を鼓舞し続けた。「自分よりチームのためにプレーをしたい」。どんな時でも入部当初からのこの姿勢は変わらない。

 そんな原田でも「4年間で投げ出しそうになったことは」と聞くと、「何度もあります」と返ってきた。しかし、続けて「ここまで頑張ってこれたのは同期のおかげ」と照れ笑いを浮かべて話した。チームとしては、結果を出せないシーズンが続いた4年間。故障や不調に苦しむ同期も多かっただけに、同期が奮闘する姿は原田自身の支えとなっていた。

 「スタメンで出られようと出られまいと、チームが勝てればいい」。リーグ戦最後の打席、6点リードした場面でも選んだ四球は、チームプレーを徹底した原田らしいものだった。そして、酸いも甘いも経験した仲間とともにやっとの思いで手にした、12季ぶりのリーグ優勝。原田にとって、4年生にとって、この歓喜の瞬間は何にも代え難いものとなっただろう。

 法大での4年間を胸に、新たに始まる新天地での野球人生。誰からも愛される明るいキャラクターと、持ち前の『ガッツ』で再びファンを魅了していく。
(大平佳奈)
harada
原田寛樹(はらだ・ひろき)
法学部4年
1996年8月30日生まれ
埼玉県出身・春日部共栄
180㎝80㎏・右投左打
通算成績:28試合 51打席 39打数 8安打 0本塁打 2打点 12四死球 15三振 打率.205

 
 
 
 
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

 1men

定期購読の申込み