硬式野球

【硬式野球】新入生紹介第3弾 内野手編①~野尻幸輝、高田桐利、海﨑雄太~

2019年3月9日(土)
法政大学野球部合宿所

新入生紹介第3弾。今回は内野手編①と題し、左打者の野尻幸輝、高田桐利、海﨑雄太の3人を紹介する。U-18日本代表に選出された野尻をはじめ、今年も有望な選手が名を連ねる内野手。法大ではどのような活躍を見せてくれるのだろうか。

DSC 9819 R
スポーツ推薦で入部した内野手(左打者)の3人

選手インタビュー

野尻幸輝 内野手

ー大学に入学していかがですか
最初は走ったり、体を鍛えたりということが続くと思うんですけれど、しっかり土台を作って、大学の練習についていければなと思います。

ー木更津総合高校に入学した経緯は
関東の高校に進みたいということで、その中でも千葉県で甲子園に何度も出場して、自分に合ってるなと思うのが木更津総合だったので、色々考えた中、お世話になろうと思いました。

ー高校の練習メニューで印象に残ったものは
『ノーエラー』という練習メニューですね。 30回連続でノーエラーで終わりという練習なんですけれど、守備はもちろんのこと、精神的にも鍛えられました。

ーU-18の選抜に選ばれましたがその時の心境は
最初は驚いたんですけれど、高校野球のトップレベルで野球ができるということで、木更津総合、そして日本を代表するという事で、引きしまった思いではありました。

ー大学選抜とも対戦されたと思いますが
やはり最初に感じたのは球の伸びですね。球速も出ていて、レベルが高く、高校野球とはやはり違うなと感じました。

ー国際大会での経験は今後にも生きてくると思います
U-18で実際戦ってみて、世界のレベルを知れたというのは、大学野球でも生かせる場面があると思うので、この経験を糧にしていきたいです。

ーU-18やボーイズリーグ県選抜で同じチームで戦った根尾昂(中日ドラゴンズ)選手について
根尾は中学生の頃から一緒に戦ってきた仲間でもあるので、素直にすごいと思いますし、プロで頑張っている姿はやはり刺激になりますね。大学4年間でしっかり頑張って、必ず追いつきたいなと思っています。

ー高校からプロへ行くという道もあったと思います
そうですね。僕自身、いろいろと悩んだんですけれど、五島(卓道、木更津総合高校監督)さんや周りの方々に色々と話をして、ドラフト下位指名で(プロへ)行っても活躍できる保証はないし、実際に3年でクビという選手もいますし、そのようにならないように、大学行ってからプロを目指すというのもありかなと。やっぱり、プロ野球選手も一種の職業ですし、稼げるプロにならなければいけないなと思い、五島監督さんなどと相談して決めた結果です。

ーなぜ法大に 
東京六大学というのはやはり、大学野球の中で最も注目されると思いますし、神宮球場を使わせていただくというのもあります。その中でやるというのは、プロを目指す上で非常に良い環境だなと思いました。その六大学の中でも法政大学さんというのは、最多優勝もされていますし、昨秋も優勝されていますので。

ー六大学の選手には木更津総合の選手もいらっしゃいますが対戦は
やっぱり、早川(隆久、早大)さんや檜村(篤史、早大)さんは尊敬する先輩ですし、本当に偉大だなと思います。そのような先輩方に、もし対戦する機会を得られたら、全力でぶつかっていきたいなと思います。

ー1つ上の先輩である山下輝(営:新2年)選手とは話されましたか
はい、話させていただきました。自分の1つ上の先輩で、すごく尊敬しています。

ー同期の雰囲気は
まだまだ、慣れていない部分もあると思うんですけれど、この4年間でチームワークだったりをより良くしていけたらなと思います。

ー特に一緒にいる選手は
内野手の選手達ですかね。やっぱり、一緒に練習することが多いので。

ー大学でも野手、そして投手の二刀流は続けていきますか
それは、監督の考えとかもあると思うんですけれど、ピッチャーというのは非常に楽しいポジションだなと思いますし、やってみたい気持ちはあります。

ー投手、野手の両方でプレーする上で何か心がけていることはありますか
心がけているというよりかは、ピッチャーを経験することで、バッターに生かせる部分というのもありますし、違う視点から野球を見るというのは自分自身の成長の糧になると思います。

ー目標としている選手はいますか
柳田悠岐(ソフトバンクホークス)選手ですね。この前の国際試合でもサヨナラホームランを打っていたので。ああいう場面で結果を残せるというのはやはりすごいなと思います。フルスイングも魅力ですし。

ーご自身のアピールポイントは
長打力ですね。あと、高校の頃も夏の時期は本当に気持ちで打っていたので、気持ちでバットを振るというのも見てほしいです。

ーどのような選手になっていきたいですか
試合に出ることはもちろんですけれど、チームに必要な戦力となって、優勝に貢献できる選手となりたいです。

ー大学4年間での目標は
六大学のリーグで結果を残して、大学日本一になることです。

ー最後に一言お願いします
入寮してまだまだなんですけれど、必死に食らいついて、いち早くリーグ戦とかで戦力になれたらなと思います。

(取材:加瀬航大)

DSC 9813 R
野尻幸輝(のじり・こうき) 
2000年10月6日 178cm 78kg 
岐阜県出身・木更津総合高校(甲子園:'17夏、'18夏) 
右投・左打 
『長打力が自慢の大型内野手。木更津総合高時代には投手も経験した。起用法に注目が集まる将来の4番候補だ。』

高田桐利 内野手

簡単に自己紹介をお願いします
広陵高校から来ました高田桐利です。ポジションはショートをしています。自分の性格は静かな方です。

法大を選んだ理由は
高校の先輩方が多く法大に行かれていたので、その先輩方についていこうと思い選びました。

東京六大学野球の印象は
他の大学も強く、高いレベルで野球ができると思います。

法大の印象は
他の大学にも負けない力を持っていると思うので、その力になれるように頑張りたいと思います。

出身高校について
広陵高校は野球の面よりも生活面で厳しかったです。

高校時代印象に残っている試合は
最後の3年生の夏の甲子園です。

広陵高校の先輩でもある平元銀二郎(営:新2年)選手とは
平元さんから話しかけてくれるので、自分もそれで話しかけやすいです。

高校2年の時の甲子園で、1つ上の先輩中村奨成選手(広島東洋カープ)の活躍を近くで見ていて
とても勝負強くてすごかったです。

大学での練習について
大学は自分たちで考えて練習しないといけないと思うので、しっかりと考えて練習したいと思います。

新入生の雰囲気は
みんな明るくて野球をやりやすい環境だと思います。

野球を始めたきっかけは
父が野球をしていて、小さい頃から教わって始めました。

理想の野球選手は
理想の野球選手はいませんが、自分が思ったようなプレーができるようになりたいです。

自分のアピールポイントは
自分は背が小さい方なので、しっかり自分が持っている力を出せるように頑張りたいです。

野球以外の特技は
スポーツ全般ならなんでもできると思います。

大学生活で不安なことは
勉強についていけるか不安ですが、頑張りたいと思います。

先輩に大学の単位のことなどは
聞いたのですがよくわからなかったので、とりあえず学校にいってみようかなと思います(笑)。

オフの際にすることは
高校時代寮の外に出られなかったこともあり、今は寝てます。

大学4年間での目標は
今は身体作りをしっかりして、4年間のうちに日本一になりたいと思います。

ファンの方々にメッセージをお願いします
応援していただけるような選手になれるよう頑張ります。

(取材:髙橋尚輝)

DSC 9796 R
高田桐利(たかた・きり)
2000年9月5日 168cm 61kg
岡山県出身・広陵高校(甲子園:17夏、’18夏) 
右投・左打
『2年から伝統校の背番号6番を付け、甲子園準優勝の中心選手の1人。99回大会の決勝では途中から出場し2打数2安打の活躍。打撃、守備の両面から高い評価を受ける広陵の切り込み隊長が舞台を神宮に移し輝きを放つ。』

海﨑雄太 内野手

ー海崎選手のアピールポイントを教えてください
肩の強さと、カットプレーでの球を取ってからの速さ、強い送球です。

ー高校3年間の思い出は
若生監督さんがダルビッシュ選手(カブス)をはじめ数々のプロ野球選手を輩出した監督で、その元で野球の技術を教わったんですけど、一番は人間性を教えてもらったことが大きかったです。

ー野球部を引退してからはどのような練習を
主にウエイトトレーニングを中心に取り組んで、あとは瞬発系のトレーニングもやりました。

ー木製バットへの対応は
高校時代の金属バットに比べると反発力も少ないですし、芯の範囲も狭いのでしっかりとボールをよく見て芯で捉えないと、ボールは飛んでいかないなというのは感じました。

ー法大に入学した理由は
レベルの高い選手が集まってきて、その中で揉まれて必死になってやれば、自分の技術も成長できるかなと思ったからです。

ー東京六大学野球の印象は
高校時代、有名だった選手が各地から集まってきて戦う、大学の中でも最高のリーグだと思うので、その中で戦えるというのはすごく光栄です。

ー先輩方の雰囲気は
とても優しくて和やかです。

ー高校と大学の練習の違いは
自分に合った的確な動きが自分にはあっているので、すごく充実した練習ができています。

ー法大の選手でこの人のここがすごいという部分は
同じポジションでセカンドの相馬(優人、営:新4年)さんは守備の上手さ俊敏性、打撃で言うとミート力の高さというのは見習わなければいけないなと思います。

ー大学生活で楽しみなことは
野球の技術向上をしっかりと頑張りたいです。

ーマイブームは
YouTubeをよく見ます。

ー野球以外に好きなスポーツは
球技ならなんでも好きです。

ー理想の選手は
大谷翔平選手(エンゼルス)は憧れです。

ー今年の目標は
けがなく1年間プレーすることです。

ー4年後の目標は
法大の野球部の高いレベルの中で揉まれて、4年後にはプロからも注目されてドラフトにかかるような、また、応援されるような選手になりたいです。

ー最後に意気込みをお願いします
4年後プロ野球選手になれるようにしっかり1年目から土台を作って、今のままでは通用しないので強い選手になりたいなと思います。

(取材:鈴木滉平)

DSC 9786 R
海崎雄太(かいざき・ゆうた)
2001年2月22日 176cm・78kg
福岡県出身 埼玉栄高校 (甲子園出場歴:なし)
右投・左打
『若生監督の元で教わった堅実な守備でチームを盛り上げる。先輩の背中を追いかけ、法大の未来の守備職人を目指す。』

フォトギャラリー

  • DSC 9819 Rスポーツ推薦で入部した内野手(左打者)の3人
 

 

 
 
 
 
 

最近の記事

 

S  85311501スポーツ法政 最新号

 

 

定期購読の申込み