硬式野球

【硬式野球】新入生紹介第4弾 内野手編②~松田憲之朗、齊藤大輝、河野賢伍~

2019年3月9日(土)
法政大学野球部合宿所

新入生紹介第4弾。今回は甲子園での輝かしい実績を持つ松田憲之朗、齊藤大輝の2人と、法大出身の兄を2人持つ河野賢伍の3人を紹介する。昨年卒業し、東京ヤクルトスワローズへ入団した中山翔太の代わりとなる『右のスラッガー』になる可能性を秘めた3人。法大に入寮し、どのようなことを感じているのだろうか。

DSC 9807 R
スポーツ推薦で入部した内野手(右打者)の3人

選手インタビュー

松田憲之朗 内野手

ーアピールポイントは
思い切りのいいスイングと長打力がアピールポイントです。

ー昨夏、龍谷大平安高校は第100回記念大会で甲子園通算100勝を達成しました
その記録のことを大会前からずっと言われてましたし、自分はキャプテンもやっていて、プレッシャーというのもすごいありました。100勝を達成することによって正直ホッとしたというか自分達の代で達成できてよかったと思いました。

ー高校時代で一番印象に残っている試合は
やっぱり100勝を達成した甲子園1回戦の鳥取城北戦です。

ー高校で一番辛かった練習は
冬のトレーニングの走り込みです。

ー高校3年間を振り返って
入学当初から監督さんの話で自分達の代は100回記念大会があると言われたので、それに出て節目のいい100回で100勝できたと言うのが、やっぱり自分の中で一番良かったなと思っています。

ー法大に入学することになった決め手は
自分が目標としているのがプロ野球だったんですけど、それに一番近い場所というのが六大学野球かなと思いました。その中で法政大学を選んだというのはリーグ優勝もされて、一度練習に来させていただいた時に、すごく雰囲気も良くて生き生きと野球をやられていたので、この環境の中で自分もやりたいなと思いました。

ープロに行くという選択肢は
あったんですけど、自分の今のレベルでは全く通用しないと思ったので4年間しっかり鍛えようと思いました。

ー寮生活はいかがですか
寮生活が初めてなんですけど、徐々に慣れてきているので大丈夫です。

ー先輩とのコミュニケーションは
入っていてまだ間もないので、全員の先輩の方と話したことはまだないですけど、空気感は良いので話しかけやすいです。

ー龍谷大平安高校の先輩に岡田(悠希、人:新2年)選手がいますが
同じ高校の先輩なのでとても話はしてくれます。

ー木製バットの対応は
金属バットに比べたらやっぱり難しいという部分はあるのですが、芯に当たれば飛ぶなとは感じます。

ー今ハマっているものは
YouTubeは見てます。

ー好きなミュージシャンは
サザンオールスターズが好きです。

ープロ野球で好きな球団は
福岡ソフトバンクホークスです。

ー目標としている選手は
自分の同じ部屋の宇草(孔基、営:新4年)さんです。

ー今年の目標は
メンバーに入ることです。

ー4年後の目標は
チームに欠かせないような、誰からも信頼されるような選手になりたいです。

ー最後に意気込みをお願いします
一番の目標は今の環境に慣れて、チームに馴染んでメンバーに入ることをテーマにやってるので、それを目指して頑張ります。

(取材:鈴木滉平)

DSC 9809 R
松田憲之朗 (まつだ・けんしろう)
2000年5月1日 181cm・89kg
京都府出身・龍谷大平安高校(甲子園:'18夏)
右打・右投
『名門・龍谷大平安高校を甲子園通算100勝へと導いた主将。打撃では4番を任されるなどチームの柱となった。強靭な肉体と強い精神を兼ね備えたルーキーが法大の主砲候補に名乗りをあげる。』

齊藤大輝 内野手

ー法大を選んだ理由は
日本一になった回数が1番多いのと、六大学の中でもタイの記録を持って優勝しているので、法大が日本一に1番近いと思ったので選びました。

ー東京六大学野球の印象は
やはり大学野球と言えば東京六大学野球が他の人にとっても自分にもイメージが湧き、やるなら東京六大学だという印象です。

ー法大の印象は
横浜高校も賑やかで上下関係もあまりなく伸び伸びとプレーできていました。それと法大も似ているなと思います。

ー出身高校について
横浜高校は1番に自主性、自立を目指しているチームなので、人間性や人間力を高められるチームだと思います。

ー高校時代印象に残っている試合 
1番印象に残っている試合は、負けた試合ですが鎌倉学園高校とやってコールド負けした試合が印象に残っています。

ー甲子園で実際に吉田輝星(北海道日本ハム)選手と対戦してみて
思った以上ではなかったです。自分は1年生の時からベンチに入っていましたが、自分が1年生の頃に3年生だった藤平尚真(東北楽天)選手の球の方が自分は上だったと思います。

ー甲子園の雰囲気は違いましたか
神奈川では横浜スタジアムは横浜高校の庭だとよく言われますが、やはり甲子園球場に行くと違う雰囲気がありました。

ー舞台が甲子園から神宮に変わります
中学生の時の全国大会で神宮球場を使ったことがあり、その時にベスト4まで進み良い思い出があるのですごく活躍したいという気持ちがあります。

ーチームの雰囲気は
法大は下級生であろうが伸び伸びとプレーできるのが1番の持ち味であり、そこが良い大学だと思います。

ー野球を始めたきっかけ
自分は学童というところに入っていて、その時に先輩が誘ってくれて小1からずっとやってきました。

ー法大の選手で凄いなと思う人は
自分は被っていませんが、卒業した川口凌(平30年卒、現ENEOS)選手を目標に頑張りたいです。

ー法大には横浜高校の先輩が多くいらっしゃいますがお話されましたか
はい、結構しました。自分の前の部屋に2つ上の村田(雄大、人:新3年)先輩や石川先輩もいるので、結構向こうからも声かけてもらったりしていて、こっちからも話しやすいです。

ー理想の野球選手像は
自分は走攻守三拍子そろった選手になりたいと思っています。

ー具体的には
山田哲人(東京ヤクルト)選手を理想にしています。

ー自分のアピールポイントは
自分はチャンスにめっぽう強いと言われるので、勝負強さは負けないと思います。

ー六大学で対戦してみたい選手は
高校時代から大阪桐蔭の中川(卓也、現早大)主将と仲が良いので、そういった仲の良い選手との対戦を楽しみにしています。

ー大学生活で不安なことと楽しみなことは
勉学の方は不安ですが、4年間あるので大学生活どんなものなのか楽しみです。

ー木製バットについて
高校引退してすぐに木製バットに切り替えました。高校時代も横浜高校はバッティングするときに木製バットを使っているので、あまり変わりはないというか元々慣れています。

ー大学4年間の目標は
高校で達成できなかった日本一です。小中高と日本一を取ったことがないので、大学で日本一になりたいです。

ー1年目の目標は
いち早くベンチ入りを目指して結果が残せるようになれば、もっと上を目指せるようになると思うので、とりあえずベンチ入りを目指して頑張りたいです。

ー最後にファンにメッセージをお願いします
自分のチャームポイントは笑顔なので笑顔を見せられるように、今年1年間まずは頑張っていきたいと思います。

(取材:髙橋尚輝)

DSC 9677 R
齊藤大輝(さいとう・だいき)

2001年3月21日 177cm 75kg

神奈川県出身・横浜高校(甲子園:'16 夏、'17夏、'18夏)

右投・右打

『名門・横浜高校の主将を務め、1年生の頃から万波中正、長南有航らとともに「スーパー1年生トリオ」として注目を集めた。高校トップレベルのセカンド守備と横浜高校でクリーンアップを任せられた勝負強い打撃で六大学優勝、そして大学日本一を目指す。』

河野賢伍 内野手

-法大に入学した理由
大学の中で1番レベルの高い東京六大学で野球をしたいと思っていて、その中でも法政大学が1番強いと思いますし、名門選手がたくさんいるので一緒にやりたいと思いました。

-大学の練習に実際に参加してみて
雰囲気が良いのは聞いていたのですが、思ってた以上にみんな元気で、先輩方も上手でとてもお手本にさせていただいています。

-兄2人から声はかけられたか
すごく雰囲気も良いですし、すごい選手もたくさんいるので、やりがいのあるチームだと思うと言われました。兄からの話もあって、法大に入学したいなと思いました。

-仲良くしている同期は
帝京高校出身の田中悠我とは、中学校から一緒なので、1番仲良いですね。

-憧れや参考にしている先輩は
去年法政大学を引退した吉岡郁哉(平30年度卒、現王子)さんです。同じポジションですし、兄がすごい仲が良かったので、つながりがあって。大学の試合とかも見に行っていました。

-寮で同部屋の方は
投手の中野祐一郎(人:新4年)さんです。上下関係であったり、色々お話させてもらっています。

-同世代で意識している選手は
同じポジションの野尻(幸輝)ですね。越せるように頑張りたいです。

-持ち味やアピールポイントは
自分はとにかく元気で、あと粘り強いバッティングです。

-大学と高校で違うと感じる点は
高校は負けたら終わりなんですけど、大学は負けても次があるので、次の戦略を考えて戦える点かなと思います。

-高校で思い出に残っていることは
自分は、習志野高校に大差では負けてしまったんですけど、習志野の応援がすごく印象に残っています(笑)。

-初めての寮生活はどうか
先輩たちも優しくてすごく楽しいです。最初は緊張していたんですけど、すごい優しくて。

-勉強の方は
レベルが高い学部学科なので心配なんですけど、両立できるように頑張りたいです。

-趣味は
映画鑑賞です。オフの人かも行きたいです。

-オフの過ごし方は
この間のオフは、1年の一部の人と渋谷や原宿に行きました。自分は東京出身なので、案内する側でした。

-今年の目標
一軍に早く上がって、チームに貢献できたらいいなと思います。

-大学4年間の目標
やっぱり日本一です。

-ファンの皆さまへ
まだまだチームに貢献できるような技術などはないのですが、これから技術や色んなものを身につけて、法政大学で学んで、チームに貢献したいと思います。

(取材:吉田あゆみ)

DSC 9799 R
河野賢伍(かわの・けんご)
2001年3月19日 170cm・73kg
東京都出身・西武台千葉高校
右打・右投
『河野太一郎(平31年度卒、現東海理化)、聖ニ(キャ:新3年)の2人の兄を追って、憧れの法大に入学。小柄な体格ながら、バッティングを売りに、チームを日本一へと貢献することを誓う』

フォトギャラリー

  • DSC 9807 Rスポーツ推薦で入部した内野手(右打者)の3人
 

 

 

 

 

スポーツ法政 最新号

 121

 

定期購読の申込み