硬式野球

【硬式野球】新入生紹介第5弾 外野手編~樺嶋竜太郎、田中悠我、宮﨑秀太~

2019年3月9日(土)
法政大学野球部合宿所

新入生紹介第5弾。最終回となる今回は、外野手である3人のインタビューをお届けする。走攻守の全てにおいてそれぞれ魅力を持っている3人に、法大の雰囲気や高校時代のことについて伺った。

DSC 9709 R
スポーツ推薦で入部した外野手の3人

選手インタビュー

樺嶋竜太郎 外野手

-法大に入学した理由は
法政大学は東京六大学で、勉強の方にもスポーツの方にも力を入れていて、勉強とスポーツを両立できる環境で精進していきたいと思ったので、法政大学を選ばせていただきました。

-大学の練習に参加してみて
自分の高校は元気がある方だったんですけど、法政大学の方が元気もありますし、技術の面にしても、いろいろな面にしてもすごくレベルが高いなと感じます。ノック中では、一つ一つのプレーに対して意味のある声を出されているので、そういう面が高校と違うなと思います。

-プロという選択肢があった中で大学進学を選択しました
高校時代、けがが多くて悩まされて、プロ志望を出したくても出せなかったので、大学で4年間しっかりと土台を作りたいです。けがが無いことを大前提として、4年間で戦える体を作っていきたいと思います。 (2年の冬から腰の分離症になり、3年の夏前に復帰)

-仲良くしている同期は
宮崎秀太、田中悠我、齋藤大輝、大柿廉太郎ですね。法政大学以外だと、小園海斗(広島東洋カープ)だったり、野村大樹(福岡ソフトバンクホークス)は中学の時から仲良くしています。U-15の時に同じチームにで戦った仲間なので。

-憧れや目標にしている先輩は
自分の部屋長である舩曳(海、キャ:新4年)さんは、同じ外野手で、プレースタイルは少し違うかもしれないんですけど、アップから大きな声でチームを引っ張っていく姿もありますし、守備でも打撃でもいろいろな面でチームを引っ張っていく姿に憧れています。まだ入寮して間もないので、野球のことでは全くお話しする機会がないのですが、これからチームに入っていくにつれて、舩曳さんだったり、宇草(孔基、営:新4年)さんに教えていただけたらなと思います。

-同世代でライバル視や意識している選手は
法政大学の方にはいないのですが、同じ大濠からに日本体育大学に行った稲本侑星というのがいるんですけど、今、もう練習を日体大の方でやっているみたいなので、その選手には負けたくないなという気持ちはあります。

 -高校で思い出に残っていることは
自分が初めて甲子園に出たのが2年の春の選抜で、その時に初めての試合で1打席目からホームラン打って、2打席目もホームランで、2打席連続でホームランを打てたことが自分の中で1番大きいです。

-やはりその時のことは鮮明に覚えているか
とても緊張していて、周りの先輩も、自分がホームラン打ったことに対してビックリしてたんですけど、実際1番自分がびっくりしていて、全然鮮明に覚えていなくて(笑)。でも、グラウンドを回っている時は鮮明に覚えていますね。

-ライバル校である東筑高校出身、石田旭昇選手と同じチームになりました
2年生の夏の決勝でこてんぱんにやられているので、悔しい思いもありますけど、同じチームになって、その面ではすごい心強いですし、これから4年間切磋琢磨してやっていきたい気持ちがあります。

-高校では寮生活だったか
そうですね。法政大学は野球部の寮なんですけど、うちの高校は野球部の寮ではなくて、一般で来てる子たちもいますし、いろいろな部活が一緒になっている寮でした。2人部屋で、さっき話した稲本と1年生から3年間同じ部屋でした。

-1つ上に同じ高校の三浦銀二(キャ:新2年)選手がいます
高校の時からすごく優しくしていただいていて、大学の方でも銀二さんから声をかけていただいたり、この前もお食事の方に誘っていただいています。すごくストイックで、周りのことを良く見ていて、本当にすごい選手だと思います。

 -勉強の方は
勉強は全然得意ではなくて、ついていけるか不安はあるのですが、野球だけでは駄目だと思うので、できることは精一杯やっていきたいなと思います。

-今年の目標は
チームの目標は日本一だと思うので、日本一に少しでも貢献できるようにベンチ入りして、試合に出られるように頑張っていきたいです。

-大学4年間の目標は 
日本一を目指していくのと、一日でも早く試合に出たいですね。

-ファンの皆さまへ
自分の長所は長打力だと思っているので、試合に出た時は自分の長所の長打力をみてほしいなと思います。まだ1年生で、分からないことがたくさんあるんですけど、これから4年間で土台を作っていって、いろいろな場で活躍できるように頑張っていきたいと思います。応援よろしくお願いします。

(取材:吉田あゆみ)

DSC 9682 R
樺嶋竜太郎(かばしま・りゅうたろう)
2000年11月1日 180cm・80kg
福岡県出身・福岡大大濠高校(甲子園:'17春)
右投・右打 
『初めての甲子園の舞台で、選抜史上12人目となる2打席連続本塁打を放ち、注目を浴びた強打者。また中学時代には、U15にも選ばれるほどの実績の持ち主。法大打線の中軸候補に名乗りを上げる。』

田中悠我 外野手

入寮した日について
3月2日ですね。自分は東京出身なので、それまでは普通に高校の現役生と一緒にウエイトトレーニングなどをやっていました。

法大の雰囲気は
初めての寮生活なので緊張していたのですが、先輩も優しかったので、すぐに馴染めました。

帝京高校の野球部は寮生活ではない
はい。帝京には寮がないので、全員が通いでした。

高校と大学の差は
大学は自分でやらないと伸びないと思っています。やっぱり自主練習などの自分の時間が多いと思うので、そこでしっかりやっていきたいと思います。

法大の印象は
六大学の中でもレベルが高い方で、トップクラスだと思っていて、その中で野球がやりたいという思いがありました。

法大を選んだ理由は
中山(翔太、平30年度卒、現東京ヤクルト)さんが去年まで所属していて、その打撃を見て、このようなバッターになりたいなと感じました。そこで入りたいと思いました。

ご自身のアピールポイントは
打撃ですね。自分はアベレージヒッターなので、打率を残せるようなバッティングをしたいです。

理想の選手は
好きな選手は吉田正尚(オリックスバファローズ)選手ですね。力強いスイングが魅力で、自分もその力強いスイングというのを心がけています。

寮部屋について
2人部屋で、清水(俊作、文:新4年)さんと一緒の部屋になりました。

清水俊作選手の印象は
すごく話しかけやすくです。清水さん自身も自分と同じ東京出身なので、気が合うというか、話しやすいです。

大学の環境について
高校では周りからの厳しさというのがあるのですが、大学はそれがなく、自分的には今の環境の方が良いですね。

大学の試合を見て
投手のレベルが高いというのを感じます。まっすぐ、変化球どちらもレベルが高いなと感じます。

法大の選手を見て印象は
朝山(広憲、法:新4年)さんのピッチングを見て、まっすぐの力強い投手なので、対戦してみたいと感じました。

同級生の印象は
すぐに馴染めました。自分は甲子園に出られていないのですが、周りのメンバーは出ている人が多くて、日本代表もいるので、その中で良いところを盗んでいきたいと思います。やはり、たくさん話をして、自分自身のプレーに生かしていきたいと思います。

今年の目標は
目先の目標としてはメンバー入りです。いずれはスタメンを取るような選手になりたいです。

外野手の層は厚く、スタメン争いはし烈です
自分の良さはバッティングの勝負強さと肩の強さなので、そこでアピールをしてスタメンを取っていきたいと思います。

-大学生活で楽しみなことは
地方から来ている選手が多いと思うのですが、自分は地元で、市ヶ谷キャンパスもすぐ近くなので、新鮮な感じはないですね(笑)。自分としてはこの寮生活というのが新鮮で楽しみです。

4年間の目標は
チームとしての目標はもちろん日本一です。個人としては100安打を目指したいです。

最後にファンの方々へメッセージをお願いします
法政の一員となって、リーグ制覇や日本一に貢献したいと思うので、ぜひ応援をよろしくお願いします。

(取材:山﨑有馬)

DSC 9702 R
田中悠我(たなか・ゆうが)
2000年 11月1日 178㎝・80㎏
東京都出身・帝京高校(甲子園出場歴:なし)
右投・右打
『勝負強い打撃が魅力の外野手。スピードと肩の強さ、さらに、帝京高校時代には遊撃手や三塁手の内野守備もこなすなど、器用な一面も持つ。走攻守の全てでアピールし、スタメン奪取へと闘志を燃やす。』

宮﨑秀太 外野手

入寮した日について
3月2日です。それまでは高校で練習していました。

法大に来て最初に感じたことは
先輩が優しいということです。高校は入った当初、かなり厳しかったのでその違いに戸惑いました。

天理高校出身ということで、舩曳海(キャ:新4年)選手や神野太樹(キャ:新2年)選手とお話は
神野さんとは学年が1つ違いで、ポジション外野で一緒でずっと一緒に試合に出ていたので、話す機会も多かったですし、一緒にプレーする機会も多かったです。ここに来てからも、かなりいろいろなことを教えていただいています。

寮部屋について
3年生の杉村泰嘉(文:新3年)さんと一緒の部屋になりました。普段話だったり、いろいろなことを教えてもらっています。

ここ何日かでオープン戦を観戦して感じることは
やっぱり、法政のレベルは高いなという印象です。社会人相手にも負けていないので、さすが法政大学だなという感じです。

練習について
今はまだ1年生だけで練習しているので、あまり練習量も多くないです。先輩ともまだ練習していないので、これからという感じです。

木製バットへの対応について
まだ慣れてない部分がやはりあると思うので、はやく慣れてしっかり振り込んでいきたいなという感じです。

理想の選手は
やはり、高校の先輩の舩曳さんのプレーは動画で見ていて、とてもお手本になります。これからいろいろなことを吸収していきたいですし、学んでいけたらなと思います。

今年の目標は
メンバーに入ることが一番です。なんとか入り込めるようにアピールしていきたいと思います。

勉強について
あまり単位についてはまだわかっていないです(笑)。普通にやっておけば大丈夫かなとは思っています。

大学生活への不安は
特にないですね。先輩たちに教えてもらいながらやっていきたいという感じです。

同級生の印象は
みんな優しいので、入った当初からかなり会話もしています。

今年も実績のあるメンバーが入りました
やはり、甲子園に出た名門出身の選手だったり、日本代表の選手もいるので、レベルの高さは感じます。そこで、自分も頑張らなくてはいけないという思いが今はあるので、良い環境にいるのかなとは思います。

大学4年間での個人目標は
個人の目標としては、高校の時に日本代表に選ばれなかったので、日本代表に選ばれて、高校からプロに入っている選手に追いつきたいと思っています。

最後に意気込みをお願いします
チームとして、4年間のリーグでで全部優勝するくらいの勢いで、しっかりやっていきたいと思います。

(取材:山﨑有馬)

DSC 9659 R
宮﨑秀太(みやざき・しゅうた)
2000年 6月21日 166㎝・70㎏
大阪府出身・天理高校(甲子園:'17夏)
左投・左打
『小柄ながらも力強いスイングで鋭い打球を放つアベレージヒッター。天理高校時代は1番を打ち、先頭打者としてチームの勝利に貢献した。法大でもその魅力を十分に発揮し、法大の新たな「切り込み隊長」となることができるか。』

フォトギャラリー

  • DSC 9709 Rスポーツ推薦で入部した外野手の3人
 

 

 

スポーツ法政 最新号

 121

 

定期購読の申込み