硬式野球

【硬式野球】東京六大学野球春季リーグ戦直前インタビュー 投手編② ~落合竜杜選手、柏野智也選手、鈴木昭汰選手、古屋敷匠眞選手~

2019年3月19日(火)
法政大学野球部合宿所

4月13日に初戦を迎え、東大と対戦する法大野球部。今回は、連覇に向け鍵を握る投手陣を取り上げる。今回は投手編②と題し、落合竜杜(法3)、柏野智也(営3)、鈴木昭汰(キャ3)、古屋敷匠眞(営2)の4選手のインタビューをお届けする。

suzuki800
今季、先発候補として期待のかかる鈴木

選手インタビュー

落合 竜杜 投手

昨季を振り返って
リーグ戦の登板がなくて、フレッシュだけの登板だったんですけど、1年のときは投げてたので悔しいシーズンでした。

オフシーズンに取り組んだことは
土台がしっかりできていないと思ったので、ウエイトを強化して、特に下半身をメイン に鍛えてきました。何か一つ変えるきっかけとしても、長く戦っていける身体というか、安定した力を出せるようにと考えました。

キャンプではどうでしたか
実戦がキャンプから始まったので、やってきたことを出せるようにとやってました。

オープン戦では
最初のころは感覚はよくないなと思ったんですが、最近になってつかめてきたかなと思います。

現時点での課題は
変化球のときとまっすぐのときと打者にとってわかりにくくするように、よりまっすぐに近い腕の振りにすることを求めてます。

1年生の印象は
毎年毎年法政にはいい選手がいっぱい入ってくるので負けないようにというか、一緒に頑張りたいとかいろいろあります。

一押しの選手は
羽根(龍二、社3)ですかね。仲がいいんですけど良くも悪くも印象に残るインパクトのある選手だと思うので、でっかいインパクト残して頑張ってほしいです(笑)。

今季の自身の役割は
自分は先発じゃなくてポイントだったりショートイニングで投げるピッチャーなので、 役割というのはわからないですが、監督にそこで投げろと言われたら与えられた役割を全うします。

アピールポイントは
いちばんはコントロールを武器にして、まっすぐのキレとか変化球で打ち取るところで す。

個人目標は
リーグ戦で投げて、自分はまだ勝敗がついていないので初勝利をつけたいです。

最後にファンの方々へメッセージをお願いします
もう一回優勝してみんなでパレードをやりたいので精一杯頑張ります。

(取材:八木原綾乃)

ochiai 2
落合 竜杜(おちあい・りゅうと)
法学部3年 1999年2月18日生まれ
静岡県出身・常葉菊川 
178m74kg・左投左打
昨年度成績:試合出場なし
『落ち着いたマウンドさばきに定評がある技巧派左腕。試合の流れを切る『仕事人』としての活躍に期待がかかる。』

柏野 智也 投手

昨年を振り返って
昨年はチームは優勝したんですけど自分は貢献できることも活躍することもできなかったので、とても悔しい1年になった年でした。

オフはどのような練習を
オフは下半身を重心的に鍛えて、投球フォームも大幅に変えようと思ったのでシャドーピッチングだったり、新しいフォームを固めるための練習もたくさんしました。

なぜ投球フォームを変えたのか
何か変えようと思っていて去年までのフォームだと(打者にとって)打ちやすかったり、たくさんヒットを打たれる場面が多かったので、これはもうこの冬の間に変えてまた新たな気持ちでやろうと思いました。

ー現在の調子は
結果もついてきて調子は良い感じです。

ーご自身のアピールポイントは
常に強気な姿勢で、後は自信を持って投げることが大事だと思っているので、そこです。

ーオープン戦での課題は
自分はピンチの場面やイニングの途中で登板する場面が多いので、そこで最初のバッターに対して簡単に入るのではなくて、絶対に打ち取るという気持ちを持つことです。

ー法大でライバル視している選手は
ピッチャー全員がもうライバルですね。(笑)

ー新入生の印象は
良い選手がたくさん入ってきたので、自分も負けないようにと思ってやっています。

ー今年イチオシの選手は
舩曳(海、キャ4)さんです。守備でもバッティングでも頼りになるからです。

ー個人の目標は
自信を持って投げることと、勝ち星を取るっていうことです。

ーチームの目標は
日本一です。

ー最後に意気込みをお願いします
春のリーグ戦は絶対に優勝して、個人的にも活躍して良い年になるように頑張ります。

(取材:鈴木滉平)

kashino
柏野 智也(かしの・ともや)
経営学部3年 1998年6月11日生まれ
岡山県出身・広陵
176m80kg・右投右打
昨年度成績:出場試合なし
『力強い速球が1番の魅力。今季はフォーム改造でさらなる進化を図り、オープン戦での調整も万全だ。1年次にリーグ戦出場を経験しているだけに、今季の飛躍に期待がかかる。』

鈴木 昭汰 投手

ここまでのオープン戦を振り返って
結構投げさせてもらっていて、この前はちょっと良くなかったんですけど、全体的に見たら冬の課題が結構改善されて、全体的には良い感じかなという感じです。

手応えと課題は
先発候補として残ってるので、その時点で結構手応えを感じるのと、課題は先発で最近立ち上がりがあまりよくないので、尻上がりなタイプだというのは自分でもわかってるんですけど、立ち上がりが今課題かなと思います。

立ち上がりの悪さは何が原因
準備はしてるんですけど、やっぱりゲームの最初なので試合慣れしてない分フワッて(試合に)入っちゃって打たれるというか、簡単に点を取られてそこからエンジンが入る感じです。

—先発争いを勝ち抜くためにどうアピールする
ライバルより良い結果を残すのはもちろんですし、監督に印象が残りやすいような結果に、圧倒的に「こいつ使いたい」と思われるように、頑張ります。

昨年の一年間を振り返って
自分が無力で、「何してるんだ」というふうに葛藤していた一年で、来年こそはこの悔しさを晴らさなきゃいけないなと思って練習してきたので、去年は悔しさしかなかったです。

—上級生として迎えるシーズンですが、気持ちは
焦りがあります。最終目標はプロですし、その年にどんどん近づいてきてるので自然と焦りもあるかなと。

他大学で抑えたい打者は
早稲田の吉澤(一翔)です。しこたま打たれてるからです。中学校、高校で(それぞれ)枚方ボーイズ、大阪桐蔭と対戦してるんですけど、3の3、3の3で打たれています。一応こっち(大学)でも戦ってるんですけど、打たれてるイメージが強すぎるので抑えたいなと思います。

今年はどんな一年に
自分に納得できる一年にしたいです。大学に入ってから満足する結果も残せてないですし、もちろん先発でやりたいというのもあるし勝ちたいというのもありますが、やっぱりまずは勝ち星を挙げて1年間投げ通して、タイトルが取れれば納得できる年になるかな思います。まだ一勝もしてないので、タイトルとか言ってる場合ではないけど、まず勝って1年間投げ通すことが目標です。

今季の目標は
先発として投げ抜いて、勝ち頭になることです。

(取材:渡辺詩織)

suzuki 2
鈴木昭汰(すずき・しょうた)
キャリアデザイン学部3年 1998年9月7日生まれ
茨城県出身・常総学院
175㎝80㎏・左投左打
昨年度成績:出場試合なし
『先日の社会人対抗戦では自己最速記録を更新。今季こそ先発として貢献し、さらなる飛躍を遂げるシーズンにできるか期待だ。』

古屋敷 匠眞 投手

オープン戦を振り返って
去年よりも成長できていると思います。

昨季はフレッシュトーナメントでの出場でしたが
去年は出させていただいたんですけど、思っていたよりは良い結果が出せませんでした。今年はフレッシュリーグかリーグ戦かわからないですが、どっちに出ても活躍できるようにしたいです。

そこで課題点などは見つかりましたか
ひと冬でコントロールを課題としてきて、だんだん良くなってきて、変化球などでカウントを取ることができるようになりました。

オフに重点的に練習したことは
ネットスローであったり下半身の体重移動とか下半身のトレーニングを重点的に行いました。

法大の投手陣の印象は
みんながしっかり課題を持って克服してしっかりみんな結果を出しています。良い投手がそろっているのではないかなと思います。

目標がクローザー伺いましたが
自分の持ち味が150㌔を超えるストレートが持ち味なので抑えで活躍出来たら良いなと思っています。

クローザーになるために必要なことは何だと考えますか
先ほども言ったように速いボールが持ち味なのでストレートでガンガン押して相手をねじ伏せたいと思います。

他大の選手で注目している選手は
明治の森下暢仁投手です。ストレートが早いので注目しています。

投球にこだわりはありますか
ストレートです。どんどんスピードを上げたいなという風に思っています。

目指している球速は
将来的には160㌔くらいを目指しています。

今のチームの雰囲気は
オープン戦を通して見つかった課題を1人1人がしっかり潰したり、チームで潰したりできているのでとても良い雰囲気だと思います。

古屋敷選手が選ぶ法大のイチオシプレイヤーは
内沢航大(キャ4)さんです。高校からの先輩で、ずっと見て来て今年はドラフトの年でもあるので、ぜひ頑張ってプロに行ける活躍をしてほしいなと思います。

内沢選手についての印象は
高校の時から面倒見てもらって尊敬できる先輩です。

個人の目標は
150㌔を連発できるように頑張りたいと思います。

チームの目標は
日本一です。

最後のファンの方々へメッセージをお願いします 
神宮に来てくれるファンに自分の自信のある150㌔のストレートを見せれたら良いと思います。

(取材:須藤大樹)

 huruyasiki 2
古屋敷 匠眞(ふるやしき・たくま)
経営学部2年 2000年1月1日生まれ
青森県出身・八戸工大一
178m78kg・右投左打
昨年度成績:出場試合なし
『最大の武器は150㌔を超えるストレート。昨季は試合出場が叶わなかったが今季はクローザーとして勝利の方程式入りを目指す。』

 
 
 
 
 

最近の記事

 

6スポーツ法政 最新号

 

 

定期購読の申込み