硬式野球

【硬式野球】東京六大学野球春季リーグ戦直前インタビュー 捕手編 ~伊藤寛士選手、古山侑杜選手、宮﨑佑太選手、渡邉雄太選手~

2019年3月19日(火)
法政大学野球部合宿所

4月13日に初戦を迎え、東大と対戦する法大野球部。今回は連覇に向けて守備の要となるであろう捕手の4人を取り上げる。中村浩人(平30年度卒、現東芝)という絶対的捕手が抜けた今季、レギュラーの座をつかむのは果たしてどの選手なのか。伊藤寛士(文4)、古山侑杜(社4)、宮﨑佑太(法4)、渡邉雄太(キャ3)の4選手にお話を伺った。

itoh800
ラストイヤーとなる今年で飛躍を誓う伊藤

選手インタビュー

伊藤 寛士 捕手

—昨年を振り返って
昨年はリーグ戦にほとんど出ていないので、自分としては不本意なシーズンだったと思います。

現在のコンディションは
非常にいい状態だと思います。

その要因は
年末の帰省期間にいろいろと、バッティングなどを少し見てもらえたりして、少し自分の中で感覚をつかむことができたことが要因だと思います。

捕手以外のポジションの出場もあります
バッティングを期待してもらっているので、バッティングを生かすためだと思います。

希望のポジションは
キャッチャーです。

捕手目線で一押しの投手は
朝山(広憲、法4)と内沢(航大、キャ4)はブルペンで受けていても今年はいいと思います。

ご自身のアピールポイントは
今シーズンはバッティングにすごく今、自信を持ってやれているので、バッティングですかね。

打順のこだわりは
そこまでこだわりはないですが、4番か5番あたりを打てたらいいなと思っています。

ー4年目となりますが、自身で感じる成長したところは
考え方とか、客観的にものごとを見ることができるようになったと思います。

開幕が近づいてきた現在の心境は
あと20日近くありますが、とても楽しみです。

今シーズンの個人目標は
リーグ戦に出続けて、結果を残すことです。

チームの目標は
ずっとみんなで日本一と言っているので、日本一になることです。

最後にファンの方々へメッセージをお願いします
4年生になって最後のシーズンになるので、しっかり自分のバッティングを見てほしいですし、キャッチャーで出ると思っています。キャッチャーをやっている姿を見て応援していただきたいと思います。

(取材:髙橋尚輝)

itoh600 2
伊藤 寛士 (いとう・かんじ)
文学部4年 1997年6月2日生まれ
愛知県出身・中京大中京
173㎝90㎏・右投右打
昨年度成績:出場試合なし
『恵まれた体格を持つ、法大の右の長距離砲のひとり。打撃を買われファーストでの出場も予想されるが、あくまで伊藤は4番・キャッチャーでの出場を目指す。最終学年として挑む今季の飛躍に期待がかかる。』

古山 侑杜 捕手

オープン戦の調子は
どんどん良くなってきている状態ですね。これからだなと思います。守備もバッティングもどちらともです。

具体的には
バッティングは、ピッチャーのボールに慣れてきたかなという感じで、守備の面では、スローイングの精度というのはこれからまだまだ練習していかなければいけないなと思います。

冬に重点的に取り組んだことは
ストップですね。ワンバンを止める練習です。バッティングに関しては、たくさん振るということで、連続ティーをたくさん行いましたね。

激しい正捕手争いの中、アピールしたい点は
声という面で、チームの雰囲気を変えれるような選手というのをアピールしています。技術面では、誰よりも後ろに逸らさない、ストップという技術は他のキャッチャーに比べたら自信があります。

期待する投手は
朝山ですね。副キャプテンでもありますし。秋、苦しんでいたので、その分すごく期待していますね。練習をやってきている姿も見ているので、4年生として引っ張っていって欲しいです。

捕手としての理想像は
投手から信頼されているキャッチャーになりたいです。日頃からコミュニケーションを取っていて、色んな選手と会話していますね。

自主練習の方は
結構やっていますね。具体的には、スローイングの精度を上げるということで、他の六大学は結構足を使ってくるので、その中でもしっかりアウトにできて、ピッチャーを助けることができる、そういうことから信頼されるかキャッチャーになるということで、スローイングの精度を上げる練習をしています。杉浦(徹、営3)とか、岡田(啓助、文2)とかと一緒に練習していますね。

ラストイヤーとなりますが、今年の目標は
日本一のキャッチャーです。去年の秋はベンチ入りした中で試合に出れていなかったので、ベンチ入りして、試合に出て、日本一になるというのを目標にやっています。

昨年は全部で3試合出場されました
すごく緊張しましたね。でも、今思えば良い経験になったと思います。今年に生かせるなと。

精神面での変化は
そうですね。3年生でベンチ入りしていたので、4年生としても発言できるこが分かることとかあって、そうやって発信できているというのはメンタル的にも余裕ができているなと思います。

今季のイチオシの選手は
安本(竜二、営4)です。やっぱり一番練習してますし、リーグ戦でも打ってくれたらなと思います。

開幕までどのように取り組んでいきたいか
自分が試合に出て、チームが勝つというのをテーマにやっていきたいです。

—最後にファンの方々へメッセージをお願いします
今年は日本一を取るので、応援よろしくお願いします。

(取材:吉田あゆみ)

huruyama 2
古山侑杜(ふるやま・ゆうと) 
社会学部4年 1997年6月7日生まれ
神奈川県出身・法政二
170㎝68㎏・右投右打
昨年度成績:3試合 2打席 1打数 0安打 0本塁打 0打点 0四死球 0三振 打率.000
『声でチームを支える4年生捕手。昨年の出場経験を生かし、激しい正捕手争いを制す。』

宮﨑 佑太 捕手

昨季を振り返って
『結束』というスローガンでやっていて、出てる選手、出ていない選手が全員で優勝に向かってやった結果で優勝できたと思います。今年も同じスローガンで1年生から4年生がしっかり同じ考えをもってやっていけるようにしたいと思います。個人的には優勝のとき、ベンチ入りできていなかったので、直接貢献できなかったんですけど、今回はベンチ入りし てチームに貢献できるように頑張りたいです。

4年生になりますが、これまでを振り返って
良い結果はなかなか出なかったと思いますが、その中でちゃんと下積みしたり、陰で自分の中では努力してきたつもりなので、今年はリーグ戦でそれを出していけたらと思います。

心持ちなど変わることはありますか
自分以外にもチームのことを見ないといけないと思ったので、自分のプレー以外にも周りにしっかり気を配ってやっていこうと思いました。

オフシーズンに取り組んだことは
バッティングは自分の一つの武器なので伸ばしたいと思って、ほかのバッターに負けないように強いスイングだったり、遠くに飛ばしたりを意識して練習してきました。バットを数多く振ることと、身体をつくるためにウエイトをやりこみました。

キャンプでの成果は
自分をまだ追い込まないといけない時期だったので、しっかりバットを振れましたし、ちゃんと結果も出てたので、練習からやってきたことが出ていたと思います。

オープン戦については
もともとはキャッチャーで出ていたんですけど、バッティングが調子良くて、ファーストでバッティングに専念するように言われて、ファーストもしながらバッティングをやっていました。その中でもしっかり1試合にはちゃんとヒット打てて、結果も出てきたので続いていければなと思います。

ポジション変更については
バッティングが良くてファーストになったと言われて、そこは監督に評価してもらえていると思ったので、自分の正ポジションではないですけど、チームのためにそこで頑張ろうと思いました。

現時点での課題は
レベルの高いピッチャーになっていくと、ヒットが出にくくなると思うので、そういうときにも2本3本と打って、チャンスでしっかり1本打てるバッターになりたいです。

今季の自身の役割は
声で盛り上げるというよりは、しっかり結果残してチームを勝たせるのが役割だと思っています。そのためにもスタメンで出て技術を今以上に上げてリーグ戦に臨みたいです。

目標は
チームの目標はリーグ戦で優勝して、そのまま日本一になることです。それは揺らぎません。個人的にも率を残せるバッターになりたいので、長打を打てたら理想ですが、ランナー が出ていなかったら自分がチャンスメイクしたり、ランナーがいたらもちろん返せるように勝負強いバッターになりたいです。

—最後にファンの方々へメッセージをお願いします
オープン戦にも足を運んでいただいて、応援してもらっているのはうれしいです。力になっているので、リーグ戦でも恩返しというか、結果を出して感謝の気持ちを伝えていきたいです。

(取材:八木原綾乃)

miyazaki 2
宮﨑 佑太(みやざき・ゆうた)
法学部4年 1997年5月5日生まれ
山口県出身・宇部商
185㎝88㎏・右投左打
昨年度成績:出場試合なし
『勝負強い打撃が魅力の捕手。今季は一塁手での出場も視野に入れ、チームのためにプレーをする覚悟だ。ラストイヤとなる今年で活躍を誓う。』

渡邉 雄太 捕手

昨年を振り返って
僕はベンチ入りさせてもらったんですけど、キャッチャーの先輩である中村浩人さんがすごく活躍してくださっていて、それに憧れたというのはあります。僕はブルペンでしっかりピッチャー陣を作るというのはできたかなと感じます。

ー現在の調子は
打撃も守備もそんなに調子は悪くないです。

ーオフはどのような練習を
キャッチャーの基本であるキャッチングであったり、スローイングの基本であったりだとか、まず基本からもう一度見直して、さらにレベルアップを図りたいなと思ってやっていきました。

ーご自身のアピールポイントは
肩の強さなので盗塁をされたら刺したいです。

ー現在の課題は
まず守備の面で頼れるキャッチャーになることと、バッティングではもっと力強くできるようにしたいです。

ー法大の中でライバル視している選手は
キャッチャー全員ライバルなんですけど、特に伊藤(寛士、文4)さんです。

ー新入生の印象は
すごく質問とかをしてきてくれるので積極的だなとびっくりしました。学年が1年生と3年生なので、そんなに話しかけてこないのかなと思っていたんですけど、意外とグイグイきました。

ー特に積極的な新入生は
村上喬一郎(法1)、木下翔吾(文1)がすごく話しかけてくれるので接しやすいですし、同じキャッチャーなので仲良くというか普通に話すようになりました。

ー捕手目線で今年鍵を握る投手は
去年からそうなのですが、三浦(銀二、キャ2)と今回は左の鈴木(昭汰、キャ3)で新人戦でバッテリー組んでたんですけど、彼もリーグ戦でしっかり投げてもらわないといけないピッチャーだと思っているので、彼も鍵を握っていると思います。

ー投手をリードすることで心がけでいることは
ピッチャーが気持ち良く投げれるというか、試合に勝てるリードをしています。例えば1点取られてもOKな場面だったら、ピッチャーとコミュニケーションをとって1点はしょうがないよというリードをします。2点以上続くと悪い流れになってくるので、1イニング1点までならいいよというのは自分の中で心がけています。

ー理想の選手像は
去年の中村さんみたいにバッティングも良くて守備も完璧な人になれたらいいです。

ー今年一押しの選手は
宇草(孔基、営4)さんです。バッティングもすごく調子が良いですし、足も速いからです。

ー個人の目標は
僕はレギュラーでしっかり試合に全部出続けることが目標なんですけど、それよりはチームの優勝に貢献することが自分の目標なので、この春はこのチームにしっかり貢献できるようなキャッチャーになりたいです。

ーチームの目標は
もちろん全国制覇で、去年の秋はリーグ優勝したんですけど、神宮大会で負けたのでそこでしっかり勝ち抜く強さを意識したいです。

ー最後に意気込みをお願いします
春はしっかりレギュラーで出るので活躍します。神宮で暴れてきます。

(取材:鈴木滉平)

watanabe
渡邉 雄太(わたなべ・ゆうた)
キャリアデザイン部3年 1998年10月31日生まれ
愛知県出身・いなべ総合
177㎝82㎏・右投右打
昨年度成績:出場試合なし
『高校時代はU-18にも選出された実力派。昨季はフレッシュリーグ、トーナメントで経験を積んだ。3年目となる今季、「絶対的扇の要」となれるか、期待がかかる。』

 
 
 
 
 

最近の記事

 

S  87621673スポーツ法政 最新号

 

 

定期購読の申込み