硬式野球

【硬式野球】東京六大学野球春季リーグ戦直前インタビュー 期待の新戦力編 ~片瀬優冶選手、大本遼選手、後藤克基選手~

2019年3月19日(火)
法政大学野球部合宿所

4月13日に初戦を迎え、東大と対戦する法大野球部。今回は期待の新戦力を取り上げる。4年生主体だった昨年から、戦力は大きく変貌している今季。今回はオープン戦で存在感を放っている片瀬優冶(人3)、大本遼(経2)、後藤克基(法2)の3選手にお話を伺った。

katase
チームから守備力に絶大な信頼が寄せられている片瀬

選手インタビュー

片瀬 優冶 外野手

昨年を振り返って
フレッシュリーグに結構出させてもらって、そこでの経験というのは良いものになりました。

オフシーズンに取り組んだことは
バッティングはずっと課題なので、結構練習してきました。いつも決まった選手と自主練していて、最近は林(瑞輝、社3)とやっています。

オープン戦の調子は
ぼちぼちという感じで、結果も出たり出なかったりですね。

多くの選手から守備が上手とお聞きします
そうですね、守備は自信持っています。中学校の頃にすごい練習して、そこから上手くなったので、大学とかで特別な練習はそんなにしていないです。

オープン戦では盗塁を決める場面が多く見られます
自信があるわけではないですけど、結構自分の中では足がある方なので、積極的に走っていきたいと思っています。

—自身が考えるリーグ戦での役割は
守備が得意で、後半から試合に出ると思うので、勝負所でのスローイングであったり、走塁が重要かなと思います。

上級生になったことによる変化は
メンバーには入りたいというのは強く思っています。

4年生の外野手には、攻守ともに優れた選手がいます
バッティングがみんなすごく良いので、そのあたりを見習って、自分もレベルアップしなければいけないなと思います。

守備はやはり負けてないと思いますか
それは思います。

昨年度に引退された、同じ法政二高出身で外野手の向山基生(現NTT東日本)選手の存在について
2年生から神宮で活躍されていたので、すごく憧れています。高校の時はあまり関わりがなくて、大学入ってから、神宮で結果出すというのは相当すごいことだと思うので、尊敬しています。

—現在のチームで尊敬していたり、意識している選手は
宇草(孔基、営4)さんとかは、すごく良いバッターで、走塁も良いですし、考えて野球やってるなというのが話を聞いていて分かります。

2年間を振り返って
だいぶレベルの高い野球についてこれるようになったと思いますね。もっともっとレベルアップしていかなければいけないとは思います。

今季一押しの選手は
宇草さんですかね。去年から活躍しているし、チームを引っ張っていく存在で、1番とか3番とか、大事な所を打つと思うので、注目していきたいです。

期待の新入生は
野尻(幸輝、営1)は、高校で日本代表にも入っていて、この間のオープン戦でもすごい打球でヒットを打っていたので、期待できるかなと思います。

開幕に向けて
まだ自分はスタメンではないですし、まだまだ技術はレベルアップできると思うので、自主練習を頑張っていきたいです。

(取材:吉田あゆみ)

katase 600
片瀬 優冶(かたせ・ゆうや)
人間環境学部3年 1998年5月13日生まれ
神奈川県出身・法政二
171cm69kg・右投左打 
昨年度成績:出場試合なし
『自他共に認める守備の上手さは必見。昨年のフレッシュリーグでは全試合出場し、快調な打撃も見せた。初のリーグ戦出場、そしてチームへの貢献を誓う』

大本 遼 内野手

—昨年を振り返って
1年目だったこともあって、いろいろ考えることもできなくて、慣れることに必死でやっていました。

—現在のコンディションは
自分は去年よりもベストなパフォーマンスができていると思います。

—オープン戦で好調です
現時点でトップクラスの選手に実力は到底及ばないところにあり、思い切ってやることを考えてやっているので、その分気持ちはトップのレベルで戦っている選手たちに比べたら気楽な気持ちでできているのかなと思います。

—オフに取り組んだことは
守備が悪かったので、相馬(優人、営4)さんに教えてもらったり、バッティングでもいろんな先輩にアドバイスをもらったりして、実力の向上と体型の維持をできるように食事などにも気を付けていました。

—ご自身のアピールポイントは
バッティングが自分の売りだと思っています。試合では1打席いただけるかどうかだと思うので、もらった1打席を確実に打てるように、勝負強いバッティングでチームに貢献していきたいと思います。

—開幕が近づいた現在の心境は
1年前では自分が直接的にチームの勝利に貢献するとは考えられなかったんですけど、メンバーに入れるかもしれない位置に今、これたのでこのチャンスをつかんでチームの勝利に貢献できるように頑張ります。

—新1年生が入ってきました
高校時代有名だった選手たちも多く入ってきて、自分のポジションも危うくなってくると思うので、現状に満足することなく下から追い上げてくる選手たちにも負けないように頑張ろうと思っています。

—今季の個人目標は
もらったチャンスを確実に生かす勝負強いバッティングができる選手になりたいです。

—今季のチーム目標は
秋からの2連覇を目指してやっていきたいと思っているので、そのために自分もチームに尽力できたらいいなと思います。

—最後にファンの方々へメッセージをお願いします
選手一同、優勝目指して頑張っていきますので、応援よろしくお願いします。

(取材:髙橋尚輝)

ohmoto
大本 遼 (おおもと・りょう)
経済学部2年 1999年6月8日生まれ
静岡県出身・掛川西
173㎝72㎏・右投左打
昨年度成績:出場試合なし
『1打席にかける勝負強いバッティングが持ち味。今季は苦手な守備を克服し、チームに貢献することを目標とする。連覇に向けた新たな戦力のひとりだ。』

後藤 克基 捕手

昨季はリーグ戦出場がありませんでした
夏のオープン戦で少し調子が良かったんですけど、それがリーグ戦まで持たなかったのは自分の弱いところでした。学年が一つ上がって後輩もできたので、調子というか自分の強い部分をリーグ戦まで持続させたい気持ちが強いです。

フレッシュトーナメントの方の出場もありませんでした
けがをしてしまって出場できませんでした。でも、スタンドから試合を見ることによって気づきであったり、もっとこうしたら良いかなという部分がキャッチャーとして感じる部分が多かったので、外から見るのは良い経験になったかなと思います。

—気づきというのは具体的に
配球の面であったり、作戦として「そこでその作戦をするかな」というような部分であったり、あとは相手ベンチの雰囲気を感じながらキャッチャーとしてどういう対策をとったら良いかなという風に感じることができました。試合に出ても冷静に周りを見えるというか、気づきの部分ですごく生きてきているかなと思います。

昨年の課題を踏まえどのようなトレーニングを
どれだけキャッチャーとして信頼されるかを考えた時に、キャッチャーのブロッキングが1番に出てきたので、下半身を強くしてフットワークを強くしたいなと思い、下半身のトレーニングを重点的に行いました。

他大の選手でライバルであったり意識している選手は
立教大学の太田英毅という選手がいるのですけど、智弁学園高校で、中学時代が同じシニアでとても仲良くてオフとかによくご飯に行きます。バッティングの調子が悪い時はバッティングの動画などを太田に送って、どこが悪いのかなどを聞いたりしています。あいつが活躍するとやっぱり負けられないなと思うので、ちょっとライバルというか気になるというか、そういう感じです。

—現在調子の良い投手は
全体的に投手の仕上がりは良い方かなと思うんですけど、ブルペンと試合ではピッチャーの球筋であったり、キレであったりが変わってくるので、ちょっと難しい部分はあります。その中で自分が受けていて良いボールきてるなというのは同じ学年の杉下裕哉(営2)というピッチャーです。去年もA戦での試合経験はなかったんですけど、試合経験でいうと他の選手に劣りますが、ブルペンのボールを見るとキレのあるボールで、回転数も多いボールが来ているので、調子良いなという風には思います。

—杉下選手の投球スタイルについて 
速球派が1番当てはまるかなと思います。球速以上に重みというか「ボールきてるな」という感じがあるので速球派かなと思います。

自身の持ち味は
持ち味と言われると、右方向へのバッティングは得意かなと思います。外のボールも苦にしないようなバッティングができれば良いなと思います。

リード面の方では
テンポを自分の中では1番に考えてリードしています。リズムが上がれば投手だけでなく野手も乗ってくると思います。バッターがどうすれば簡単に打ち取れるかを考えながらリードしています。

—今季の一押し選手
三浦銀二(キャ2)です。去年あれだけのピッチングをして自分自身、同級生とは思えないくらいマウンドでの立ち振る舞いが堂々としていて、すごいなという風に思います。今年も活躍してほしいなと思います。

-今のチームの雰囲気は
雰囲気としては、今はあんまりオープン戦では負けていなくて、悪くはないと思うんですけど、ここからまだまだもっと上がると思います。去年の秋に優勝してプレッシャーもあると思うんですけど、去年の夏のオープン戦よりもさらに雰囲気を上げてきたいなと思います。

今季の個人目標は
個人の目標はとりあえず去年はリーグ戦にベンチ入れなかったのでベンチに入ることです。また、まだ自分たちの学年で野手がヒットを打っていなくて、三浦が一番最初に打ったんですけど、野手でリーグ戦初ヒットが出ていないので、それを自分が打てたら良いかなと思います。

チームの目標は
やっぱり連覇というのが1番に出てくるかなと思います。練習中も、試合の時でも、「連覇、連覇」という風に福田光輝(人4)さんも言っているので連覇が1番です。

ファンの皆さんへ
自分のファンはいないと思います(笑)。でも新戦力として出て、結果を出せるように頑張りたいと思います。

最後に他の六大学の選手へ意気込みをお願いします
出た時には「こいつだれや」となると思うんですけど、打球で「すごい」という印象づけができたら良いなと思います!

(取材:須藤大樹)

gotoh
後藤 克基(ごとう・かつき)
法学部2年 1999年8月26日生まれ
兵庫県出身・滋賀学園
172㎝78㎏・右投右打
昨年度成績:出場試合なし
『昨季は調子上がらず出場なし。この悔しさを胸に今季は躍進を誓う。正捕手の座を奪取、そして自身のファン獲得へ。』

 
 
 
 
 

最近の記事

 

1koスポーツ法政 最新号

 

 

定期購読の申込み