硬式野球

【硬式野球】東京六大学野球春季リーグ戦直前インタビュー 選手を支えるスタッフ編『学生コーチ対談』 ~伊原東吾学生コーチ、内田郁也学生コーチ、仲島大雅学生コーチ、中村駿学生コーチ~

2019年3月19日(火)
法政大学野球部合宿所

4月13日に初戦を迎え、東大と対戦する法大野球部。春季リーグ戦直前インタビュー最終回となる今回は選手を支える学生コーチを取り上げる。現在の法大野球部の中で、なくてはならない存在となっている学生コーチ。『学生主体』のチームを作り上げている中での思いや目標を伊原東吾(経4)、内田郁也(営4)、仲島大雅(人4)、中村駿(キャ4)の4人に伺った。

DSC 3638 3 R
今回取材に応じてくださった学生コーチの4人(左から内田、中村、仲島、伊原)

学生コーチ対談

—学生コーチの仕事について
内田:主に、練習運営だったりとか、メンバー選考であったり監督の右腕として動くのが中心の仕事です。

4人それぞれの役割とは
伊原:僕は三塁コーチャーですね。昨年から任せてもらっているので、今年も三塁コーチャーとしてやっていきます。
中村:主に下級生の新人戦の監督です。あとは、メンバーに対してのシートノックだったりをやりますね。
仲島:自分はバッテリーを中心に、試合で誰を使うとか、育成とかそういったことをしています。
内田:僕に関しては、チーム全体を見渡すような役割でやらせてもらっています。

学生コーチになったきっかけは
伊原:神宮が僕を呼んでいたというのが…
一同:(笑)。
伊原:それは嘘で(笑)。やっぱり法政の野球部で優勝したくて。そのために自分が何が一番チームに貢献できるかというのを考えたときに、学生コーチが一番チームに貢献できるかなと思ったので、一緒にチームとして優勝したいと(思い)、そのために学生コーチになりました。
内田:僕も伊原と同じで、1年生から学生コーチなんですけど、そっちの裏方と言いますか、興味があったのでそのまま学生コーチになりました。
中村:自分は最初選手だったんですけど、自分が選手として主体となって優勝というのは無理だったので、人のために役に立ちたいと思って、学生コーチになれば選手たちのサポートができるという部分で役に立ちたかったのでなりました。
仲島:自分は2年の秋から学生コーチになって、そんなに選手として活躍できなくて、自分の立場を考えて、できることは何かと考えた時に、学生コーチにたどり着きました。

coach1
和やかな雰囲気で取材に応じてくださった

やりがいとは
仲島:目をつけた選手が活躍したときですね。
伊原:最終的に、やっぱり昨秋優勝した時に、今までやってきたことが報われたなと。そこが一番やりがいは大きかったですね。普段も小さなやりがいはあるんですけど、大きなやりがいとしてはやっぱり優勝した時が一番大きかったですね。

大変なことは
中村:反発の声が出たとき。
仲島:同じ学生の立場で評価しなければならないことです。
伊原:公私混同せずに野球の時は野球、プライベートはプライベートで一緒の仲間としてわちゃわちゃするみたいな、オンとオフの切り替えが学生コーチは難しいですね。
内田:その通りです(笑)。

福田光輝主将(人4)との連携は
伊原:毎日練習メニューに関して、福田を中心に幹部の宇草(孔基、営4)や清水(俊作、文4)と一緒に考えたりしていて、その他もチームの決まりごとだったり、ルールや部則というのは幹部と一緒に学生コーチで話し合って決めてます。
内田:日々の練習においても、「この練習どういうふうにやっていこうか」とか、「テーマはどうしようか」とか、そういう細かいところまでを福田に聞いたりすることはあります。

今年はどんなチームか
伊原:良い意味で学年の壁がないというか、結構コミュニケーションを1から4年生まで壁なくとれているのかなとは感じますね。
中村:去年よりも結束力は高いんじゃないかなと。去年より明るいですし。
仲島:良い意味で学生主体ですね。

皆さんの一押し選手は
仲島:内沢(航大、キャ4)一押しです。投手責任者に就任して責任感も付いてきて、結果も着々と残していて、去年は結果を残せていなかったので、今年は期待したいです。
中村:僕は伊藤寛士(文4)です。というのも、今、オープン戦でもほとんど右の4番として、勝負強さを4年目にしてようやく発揮できているので、そのバッティングは今回得点源になってくれるんじゃないかと思います。
伊原:福田ですねやっぱり。主将としてもそうですし、プレイヤーとしても成績を残してほしいですし、彼自身プロに行きたいと言っているので、神宮で大活躍してほしいですね。チームもすごい引っ張っていってくれるので、今の法政になくてはならない存在、大黒柱です。
内田:古山(侑杜、社4)です。同じ付属生ながら、しっかりチームのために、自分を犠牲にじゃないですけど、声を出して積極的にそういう役回りをやっているので、チームに欠かせない名脇役じゃないですけど、そんな感じだと思います。

最後に学生コーチとしての目標や意気込みをお願いします
仲島:目標はもちろん優勝なんですけど、投手陣が個人個人の役割を果たしてもらえたらいいかと思います。
中村:まずリーグ優勝して2連覇して日本一になるというのと、新人戦とのアベック優勝を昨季できなかったので、そこは目標にいきます。
伊原:チームとして日本一。自分自身としては三塁コーチャーをやらせてもらっているので、三塁コーチャーを信号機に例えて、目標は無事故の信号機に。

ihara
今季の意気込みを語る伊原

話を聞いていた宇草:無事故?いいね、黄色と赤なしね(笑)。
伊原:青だけで(笑)。それでいきます。
内田:日本一になるために、全員が同じ方向を向いて一つになれるような組織を作っていくということが僕の目標です。

—ありがとうございました!

(取材:渡辺詩織)

coach2
今回取材に応じてくださった学生コーチの4人(左から内田、中村、仲島、伊原)

伊原 東吾(いはら・とうご) 
経済学部4年 1997年8月18日生まれ
東京都出身・法政
172㎝70㎏・右投右打
『昨年から三塁コーチャーを務めており、チームメイトからも絶大な信頼を寄せられる。ここぞの場面での判断力に期待がかかる。』

内田 郁也(うちだ・ふみや)
経営学部4年 1997年6月9日生まれ
神奈川県出身・法政二
168㎝60㎏・右投右打
『チーム全体を見渡す役割を持ち、全体的なサポートを行う。学生主体である現在のチームに欠かせない存在だ。』

仲島 大雅(なかじま・たいが)
人間環境学部4年 1998年3月24日生まれ
神奈川県出身・法政二
172㎝74㎏・右投右打
『投手の指導を中心に行う。ブルペンをまとめあげ、盤石の投手陣を作り上げる。』

中村 駿(なかむら・はやと)
キャリアデザイン学部4年 1997年8月5日生まれ
千葉県出身・西武台千葉
170㎝70㎏・右投左打
『フレッシュリーグ、トーナメントで指揮を執る。未来の法大戦士の育成とともに、シートノックを行うなどの仕事をこなし、チームを支える。』

 
 
 
 
 

最近の記事

 

S  87621673スポーツ法政 最新号

 

 

定期購読の申込み