硬式野球

【硬式野球】東京六大学野球春季リーグ戦 第6週 早大2回戦 序盤から主導権を握られ無念の敗戦 終盤の追い上げも及ばず、勝負は3回戦へ

東京六大学野球春季リーグ戦 対早大 2回戦
2019年5月19日(日)
神宮球場

 投手戦となった1回戦を勝ち切った法大。連勝での勝ち点奪取を狙った今日の試合は序盤からリードを許す苦しい展開となった。先発のマウンドを託されたのは鈴木昭汰(キャ3)。しかし、5回までに5失点を喫する苦しい投球に。打線は7回に毛利元哉(法4)、羽根龍二(社3)の適時打などで3点を返すも、反撃はここまで。最終回は前日の試合で打ち崩した徳山壮磨に対し走者を出すことができずに三者凡退で打ち取られ、勝ち点の行方は明日の3回戦に持ち込まれることとなった。

DSC 2688 2 R800
早大の守護神・徳山を前に三振に倒れ、最後の打者となった宇草

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
法 大 0 0 0 0 0 0 3 0 0 3 7 2
早 大 0 1 0 1 3 0 0 0 × 5 11 1

(法大)●鈴木、高田孝、新井、内沢–渡邉、宮﨑佑
(早大)○西垣、今西、柴田、徳山–小藤
[本塁打] なし

打撃成績

打順位置選手打率123456789
1 (9) 宇草 4 0 0 .359 二失 右飛   三振   四球     三振
2 (4) 相馬 3 0 0 .265 二直   三邪飛     中飛      
  4 中原 0 0 0 .200                  
  H 羽根 1 1 1 .667             三安①    
  R 宮本 0 0 0 .000                  
  1 新井 0 0 0 ---                  
  2 宮﨑佑 0 0 0 .000                  
3 (5) 安本 4 2 0 .412 左前打   中前打     中飛 二飛    
4 (3) 伊藤 3 1 0 .357 中前打   三ゴロ     中飛   四球  
5 (6) 福田 3 2 0 .419 四球     三振     中前打 左前打  
6 (7) 村田 2 0 0 .000 一ゴロ     三振     四球    
  R8 片瀬 1 0 0 .000               左飛  
7 (8) 舩曳 3 0 0 .148   三振   ニゴロ     左飛    
  2 古山 0 0 0 .000                  
  H 清水 1 0 0 .200               三振  
  1 内沢 0 0 0 .000                  
8 (2) 渡邉 2 0 0 .160   中飛     右飛        
  H 野尻 1 0 0 .000             三振    
  4 齊藤大 1 0 0 .000                 右飛
9 (1) 鈴木 2 0 0 .000   遊ゴロ     左飛        
  1 高田孝 0 0 0 .500                  
  H7 毛利 2 1 1 .095             右前打①   投ゴロ
    33 7 2 .264                  

投手成績

  球数 打者 防御率
鈴木 4 2/3 68 22 8 5 1 5 8.10
高田孝 1 1/3 28 6 1 1 0 0 4.82
新井 1 15 5 1 1 1 0 0.00
内沢 1 14 4 1 1 0 0 1.64
9 125 37 11 8 2 0 4.21

ベンチ入りメンバー

10 福田光輝(人4=大阪桐蔭) 22 宮﨑佑太(法4=宇部商) 37 羽根龍二(社3=日大鶴ヶ丘)
11 柏野智也(営3=広陵) 27 渡邉雄太(キャ3=いなべ総合) 43 齊藤大輝(人1=横浜)
13 高田孝一(法3=平塚学園) 32 伊藤寛士(文4=中京大中京) 1 宇草孔基(営4=常総学院)
15 新井悠太朗(営4=折尾愛真) 3 相馬優人(営4=健大高崎) 7 村田雄大(人3=横浜)
18 内沢航大(キャ4=八戸工大一) 5 清水俊作(文4=佼成学園) 9 毛利元哉(法4=愛工大名電)
19 朝山広憲(法4=作新学院) 8 安本竜二(営4=静岡) 29 舩曳海(キャ4=天理)
21 鈴木昭汰(キャ3=常総学院) 25 宮本隆寛(人3=健大高崎) 39 片瀬優冶(人3=法政二)
26 三浦銀二(キャ2=福岡大大濠) 33 野尻幸輝(営1=木更津総合)    
2 古山侑杜(社4=法政二) 36 中原輝也(人2=尽誠学園)    

戦評

 三浦銀二(キャ2)の完封劇で初戦を制した法大。Aクラス入りのためにも何としても2連勝で、早大から勝ち点を奪いたいところだ。

 初回、2死から連続安打と四球で満塁の好機を作ると、この試合スタメンで起用された村田雄大(人3)に打席が回る。喉から手が出るほど欲しい先制点のチャンスで、フルカウントまで粘りを見せるも一ゴロで凡退。前日同様、序盤でチャンスを作りながら主導権を握ることができない。 裏の守り、第2戦を任されたのは今季スターターとして期待されながら今一つ結果が残せていない鈴木昭汰(キャ3)。1番瀧澤虎太朗に初球を痛打されるも相馬優人(営4)の好守に助けられるなど、わずか7球でこの回を三者凡退に切って取り、上々の立ち上がりを見せたかに思われた。しかし2回、先頭の4番加藤雅樹に内野安打を許すと、連携の乱れもありいきなり無死2塁のピンチを招く。送りバントを許さない好フィールディングもあったが、1死一、二塁の場面で1年生ながらスタメン出場を続ける中川卓也に先制の適時二塁打を許してしまい、今日の一戦は追いかける展開に。

 すぐに追いつきたい打線だったが、2回以降緩急をうまく使う西垣の投球を前に、スコアリングポジションに走者を進めることができず沈黙。対して鈴木は4回に1点を失うと、続く5回にも早大上位打線に集中打を浴び、5回もたずに降板。後を引き継いだ高田孝一(法3)も長打を浴び、リードを5点に広げられてしまう。

DSC 1234 2 R600
檜村に右中間適時三塁打を許した高田

 法大の反撃は7回。この回先頭の福田光輝(人4)が中前安打で出塁すると、続く村田も死球で繋ぐ。舩曳海(キャ4)、代打で神宮デビューの野尻幸輝(営1)が凡退し2死となった後、同じく代打の毛利元哉(法4)が右前に弾き返し、まず1点。ここで西垣から代わった今西拓弥からは暴投と代打羽根龍二(社3)が執念のヘッドスライディングを見せる内野安打で2点を返した。

DSC 1966 2 R600
執念の内野安打でリーグ戦初打点を挙げた羽根

 7回からは新井悠太郎(営4)が登板。2死から安打と四球で走者を背負うも、粘りの投球で無失点に抑えると、8回の攻撃、先頭の伊藤寛士(文4)が四球で出塁。福田もこの日2本目となる左前安打でチャンスを拡大し、法大に流れが来たかに思われたが後続が続かず無得点に終わってしまう。8回を内沢航大(キャ4)がしっかりと締め、9回の攻撃に望みをつないだが、昨日2失点の徳山壮磨を前にあえなく三者凡退。連勝で勝ち点奪取とはならなかった。

 7回には集中攻撃を見せたものの、三者凡退が多く、チャンスを思うように作れない攻撃が目立った法大打線。投内連携や走塁などでもミスがあり、明日の決戦に向け修正する点は多くありそうだ。優勝の可能性はすでに消えてしまったが1つでも上の順位を目指すべく、ここで立ち止まってはいられない。

(湯浅駿)

クローズアップ:羽根龍二

 今日の試合で待望のリーグ戦初打点を挙げた選手がいた。鮮やかと言うより泥臭い適時打となったがチームにとって値千金の追加点となった。

 7回表、5点差を追う法大はこの回に2点を返しさらに2死一、三塁と好機を作った。ここで代打として起用されたのは今季、リーグ戦初安打を放った羽根龍二(社3)だった。「チームが勢いに乗って反撃する場面だったので何としても繋ぎたいという思いで打席に立ちました」という願いが叶ったのか、内野ゴロと思われた羽根の打球は三塁手の頭上を襲う内野安打となり記念すべき初打点となった。一塁上でガッツポーズをする羽根からは嬉しさが溢れていた。

 初安打、初打点を記録するのに羽根は今季リーグ戦まで懸命な努力を地道に重ねてきた。苦手な守備を徹底して練習し、持ち味の打撃を磨き続けた。今日も一塁にヘッドスライディングをするなどがむしゃらな気持ちを全面に出し、スタンドを湧かせた。さらに個人の目標ではチームの勝利に貢献するなどチームのことを常に考えている。このような気持ちが今日の結果に繋がったはずだ。

 「自分が打った試合はまだ勝てていないので、自分が打った試合で勝てるようにしたいです。」と言うように羽根はチームの勝利に貢献する打者を目指している。ようやく立ったスタートライン。これからの羽根の成長が楽しみで仕方がない。

(鈴木滉平)

DSC 1886 2 R600

選手インタビュー

福田 光輝 主将

—今日の試合を振り返って
負けてしまったので、また明日切り替えてっていう思いです。

安定して打率を残しています
自分がこんだけ出していても、いや、こんだけというかたまたま出でいるだけなんですけど、チームとして勝ててないので、もう少し詰めていければいいかなって思います。

4回以降三者凡退が続いた中、7回の一打は、法大に流れを持ってきました
5点差あったので、一点一点。やっぱり自分が先頭に立って出ることで、ちょっとでも変わってくるかなって思って打席にたったので、あのようなセンター前になってくれて良かったです。

チームの現状をどのようにお考えか
負けてますし、良くはないです。けど、やっぱりやるのは選手なので、気持ちを整理して、常にしっかり気持ちを持ってやることがまず、最優先かなって思っています。

明日の試合に向けて
まず自分らのやるべきことをしっかりやることが大事だと思うので、そこにやっぱり勝つとか負けるとかがついてくると思うので、まずは、一人一人できることを自分の中で確認していきながらやっていきたいと思っています。

新井 悠太朗 投手

今日の試合を振り返って
もっと早く自分達の野球をしていれば、勝てたかなと思います。

立大戦から何か取り組んだことは
小さなミスが試合を大きく決めると思うので、アップの時や私生活から変えていくというのをやってきました。

2点差に迫っての登板でした
3点を取ってもらって、もう絶対に点はやらないぞという気持ちで投げました―2死一、二塁の場面では相手を中飛に抑えましたもう最後は気持ちで投げ切ったので「よっしゃ!」という気持ちですね。

新井選手から見た、自身の投手陣での役割は
自分の役割は、左の強打者を抑えるのが自分の役目なんですけれど、今日は加藤(雅樹)に打たれてしまったので、明日は抑えられるように頑張りたいと思います。

明日の第3戦に向けて
明日も厳しい戦いになると思うんですけれど、自分の役割を全うしてチームの勝利に貢献出来たらいいなと思います。

相馬 優人 内野手

-今日の試合を振り返って
今日の試合は、勝てた試合だったのかなってすごい感じていて、自分も含めてですけどミスがすごい出ていたので、そういう試合をしていたら、勝てる相手でも勝てないのかなって思いましたね。

-途中交代になりました
昨日からミスもですし、結果が出ていないので、しょうがないかなって思っています。

-調子の方は
調子っていうのはあまり良くないですけど、その中で2番入っているので、2番としてもっとしっかり機能しなければいけないのかなって思う部分もあるので、そこはすごく反省だったり、課題なので、しっかり詰めていきたいなって思います。

-二塁手として下級生2人が出場されましたが、何かお声かけは
ポジショニングを指示したりだとか、楽しんでどっしりやっておけばいいって、そんな感じのアドバイスはしていました。

-明日に向けて
本当に勝つだけなので、そこはなんとしてでも勝ちにいきます。

伊藤 寛士 内野手

 今日の試合を振り返って
ミスが無ければという試合だったかなと思います。

投内連携が乱れる場面もあったが
難しいプレーではあると思うんですけど。しっかり、お互いコミュニケーションをとれればなかったのかと思います。

打撃に関して
昨日とだいぶ相手が配球を変えてきたので、それを頭に入れつつやっていたんですけど結果フライが多くなってしまったという悪い点はあったんですけど、ストライクとボールの見極めは出来ていたので、良かったと思います。

8回の走塁死について
少し焦って行き過ぎたかと思います。

8回裏の好守に関して
正面に来た打球はしっかり身体を使って止めようと思っているので、それに関しては普通かなと思います

明日に向けて
今日色々ミスが出てるんで、明日勝てばいいかなと思うんで、しっかりと切り替えてやって行きたいです。

羽根 龍二 内野手

今日の試合を振り返って
序盤に早稲田に良い形で点を取られてこっちのミスもあったんですけど、自分たちのバッティングができなくて自分たちの流れにもってこれなかったのが終盤火がつくのが遅すぎて粘りきれなかったという感じです。

どのような気持ちで打席に入りましたか
チームが勢いに乗って反撃する場面だったので何としても繋ぎたいという思いで打席に立ちました。ーヘッドスライディングをされました打球が見えてなくてただのサードゴロだと
思っていたのでとにかく塁に出ようという気持ちでした(笑)。

ベンチに戻った時のチームメイトの反応は
全員笑顔で迎えてくれてこっからまだまだもう1点いくぞという感じでした。

今季はリーグ戦初ヒットなどバッティングが光ります
自分はバッティングの選手なのでバッティングでチームに貢献できたらと思うので、もっともっとホームランとか長打を打ちたいです。

主に代打での起用が多いですが心掛けていることは
見逃しのストライクをなくそうと思っていてとにかく自分が絶対打つんだっていう気持ちだけは持っています。あと1打席1球を無駄にしないようにというのを日々の練習から心掛けています。

リーグ戦直前取材の時に個人の目標を「チームの勝利に貢献すること」とされていました
自分が打った試合はまだ勝てていないので、自分がしっかり打った試合で勝てるようにしたいです。

明日の試合に向けてお願いします
優勝は無理ですけどしっかり勝ち点取って秋に繋がるような試合にしたいです。

毛利 元哉 外野手

今日の試合を振り返って
自分たちは優勝がなくなっていて、残りの早稲田と明治戦は2つとも2連勝できるようにという話をしていたんですけど、最初の早稲田戦で一つ落としてしまって、非常に悔しいです。

7回に代打で適時打を放ちました
チャンスだったんですけど、そのことはあまり考えずに、無心で初球からどんどん振っていこうという気持ちでいったら、あの結果になりました。

前の打者2人が倒れ、後がない状況でした
それはあまり考えてなかったですね。自分がしっかりランナーを返すということを考えていました。

最終回は3人で終わってしまいました
負けている場面で、自分がしっかり塁に出なければならなかったので、自分が情けないなと感じます。

明日に向けて
負けられないので、明日は必ず勝ちたいと思います。

フォトギャラリー

  • DSC 0279 R800先発した鈴木
  • DSC 9692 2 R8002安打を放ち好調を維持している安本
  • DSC 2266 2 R800福田は闘志あふれるプレーでチームを引っ張る
  • DSC 1585 2 R800リーグ戦初出場を果たした野尻は惜しくも三振に倒れた
  • DSC 1615 2 R8007回に適時打を放った毛利
  • DSC 1635 R800毛利の適時打に沸くベンチ
  • DSC 2102 2 R800今季好投を続けている新井は今日も1イニングをしっかりと抑えた
  • DSC 2688 2 R800早大の守護神・徳山を前に三振に倒れ、最後の打者となった宇草
 
 
 
 
 

最近の記事

 

6スポーツ法政 最新号

 

 

定期購読の申込み