硬式野球

【企画】新人特集 法大を背負う未来のスター候補を発掘せよ!俺たちが選ぶイチ押しNO.1ルーキー 〜硬式野球部編〜 

新人特集~硬式野球部編~
2019年8月24日(土)

 昨年に続き、今年も新時代を担う1年生ルーキーたちをスポホウ記者がご紹介。法大に入学してきた1年生ルーキーのこれからの活躍を見逃すな!今回は硬式野球部の齊藤大輝選手を取り上げる。

DSC 17201 R800
新人特集~硬式野球部編~ 齊藤大輝

新人特集:齊藤大輝

元横浜高校主将 笑顔の黄金ルーキー

 秋連覇を目指す硬式野球部からは、常に笑顔を絶やさないプレースタイルで、名門・横浜高校では主将を務め、3年連続で夏の甲子園に出場した大物ルーキーを紹介する。その男の名は、齊藤大輝(人1)だ。

 昨季フレッシュリーグでは1番打者として打率.463を記録。「大学では1番として切り込んでいきたい」と、高校では3番や攻撃的2番を打つことが多かった齊藤にとって、新たな一面を覗かせた。また、守備面においても同部屋の福田光輝(人4)に守備を教わり徹底強化。「持ち味のバッティングを磨きつつ、守備でも安定した選手になりたい」と、常に積極的な姿勢で野球に取り組む。

 1年生ながら、野球面だけでなく、笑顔で場を盛り上げるコミュニケーションや進んで掃除をするなど生活面においても随所に積極的な姿勢が見られる齊藤。果たしてこの積極性はどこからきているのだろうか。本人は、「高校野球での経験が大きい」と語る。中でも、主将として挑んだ夏の甲子園100回記念大会での吉田輝星(現=日本ハム)率いる金足農業高校との一戦をあげる。この試合、横浜高校は吉田を攻略するも、8回裏に逆転3ラン本塁打を浴び、まさかの逆転負けを喫する。主将として、セカンドを守っていた齊藤は「甲子園で1球にのまれた。打たれるかもしれないと思った直後に打たれた。タイムをかけて仕切りなおすべきだった…」と振り返り、甲子園にのまれて消極的になってしまったことを悔やむ。この経験こそが「大学では積極的にコミュニケーションを大事に、自分から見てわかることがあれば発信していきたい」と齊藤は語るように、今の積極的姿勢につながっている。

 この高校野球で培った『積極性』と高校時代1つ先輩の増田珠(現=ソフトバンク)を意識して取り入れた、負けても笑顔、勝ったときは1番喜ぶ『プレースタイル』で、「将来的には走攻守三拍子揃った率を残せる選手に、そして大学でも中心選手を目指したい」と本人は熱く語る。横浜の齊藤から法大の齊藤へ。神宮で大きく輝く齊藤から目が離せない4年間の幕開けだ。

(記事:髙橋尚輝)

フォトギャラリー

  • DSC 17201 R800
 
 
 
 
 

最近の記事

 

S  85311501スポーツ法政 最新号

 

 

定期購読の申込み