硬式野球

【硬式野球】東京六大学野球オールスターゲームin富山 杉下が地元凱旋登板で快投!投打の噛み合った立山レンポーズが勝利を収める

東京六大学野球オールスターゲームin富山
2019年8月24日(土)
富山市民球場アルペンスタジアム

 富山県で行われた今年のオールスターゲーム。法大からは8選手が選出された。明大、立大、法大で構成された立山レンポーズは、先発のマウンドに富山県出身の杉下裕哉(営2)を抜擢した。すると、杉下はこの期待に応え、2回を無失点に抑える好投を披露。この投球に感化されたのか、レンポーズ投手陣はその後圧巻の投手リレーを見せ、完封。打線も福田光輝(人4)の適時打などで応え、見事3—0で勝利を収めた。

DSC 5916 2 R800

 地元凱旋登板で快投を見せた杉下

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
富山ワーンズ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 5 0
立山レンポーズ 0 0 0 1 0 0 2 0 × 3 7 0

(W)高橋亮、佐藤、●津留﨑、柳川、坂口、早川、徳山―郡司、大音、福井
(R)杉下、三浦、〇中川、田中誠、伊勢、竹田、森下―渡邉、藤野、西野
[本塁打] なし

打撃成績

打順位置選手12345678
1 (5) 林中 2 0 0 右飛     投ゴロ        
  H5 北本 2 0 0           二飛 一邪飛  
2 (4) 相馬 2 0 0 遊ゴロ     三振        
  4 江藤 2 0 0           一ゴロ   一飛
3 (D)  伊藤 2 1 0 三振     中前打        
  HD 安本 2 0 0           遊ゴロ   二飛
4 (3) 喜多 2 1 0   ニゴロ   右前打        
  3 山田 2 1 0             左中間二塁打 中飛
5 (6) 笠井 2 0 0   中飛   三振        
  6 福田 1 1 1             左中間二塁打①  
6 (2) 渡邉 1 0 0   遊ゴロ            
  2 藤野 1 1 0         中前打      
  2 西野 1 0 0             三振  
7 (9) 内山 2 0 0     三振   遊ゴロ      
  H9 宇草 1 1 0             左前打  
8 (7) 宮﨑仁 2 0 0     三ゴロ   中飛      
  7 添田 1 1 1             右前打①  
9 (8) 丸山 3 0 0     遊ゴロ   中飛   左飛  
    31 7 2                

 

投手成績

  球数 打者
杉下 2 32 6 0 1 0 0
三浦 1 13 3 0 0 0 0
中川 1 4 3 1 0 0 0
田中誠 1 14 3 0 0 0 0
伊勢 1 20 5 2 1 0 0
竹田 1 20 4 0 1 1 0
森下 2 28 8 2 2 0 0
9 131  32 5 5 0

 

ベンチ入りメンバー

10 森下暢仁(明大4年) 27 渡邉雄太(法大3年) 20 北本一樹(明大4年)
11 伊勢大夢(明大4年) 3 喜多真吾(明大4年) 23 山田健太(立大1年)
17 中川颯(立大3年) 3 相馬優人(法大4年) 32 伊藤寛士(法大4年)
17 杉下裕哉(法大2年) 5 江藤勇治(立大4年) 1 宇草孔基(法大4年)
18 田中誠也(立大4年) 6 添田真海(明大4年) 8 丸山和郁(明大2年)
23 竹田祐(明大2年) 6 笠井皓介(立大4年) 9 内山竣(明大4年)
26 三浦銀二(法大2年) 8 安本竜二(法大4年) 24 宮﨑仁斗(立大1年)
2 西野真也(明大4年) 10 福田光輝(法大4年)    
10 藤野隼大(立大4年) 14 林中勇輝(立大3年)    

戦評

 年に1回開催され、大学の枠を越えて戦う東京六大学野球オールスターゲーム。今年は富山県にある富山市民球場アルペンスタジアムで行われた。慶大、早大、東大で構成された富山ワーンズと明大、立大、法大で構成された立山レンポーズの一戦となった。

 立山レンポーズの先発は法大の杉下裕哉(営2)が抜擢された。富山県・氷見高校出身の杉下は地元凱旋登板となったこの一戦で、2回を投げ抜き、打者6人を完璧に抑える投球を披露した。続く3回には法大のエース・三浦銀二(キャ2)が登板し、こちらも1人の走者を許さない投球を見せた。この2人を上手くリードした渡邉雄太(キャ3)も合わせた法大バッテリーは最高の結果を出した。

DSC 5916 2 R600
 地元凱旋登板で快投を見せた杉下

 法大野手陣からは相馬優人(営4)、伊藤寛士(文4)らが先発出場した。両チームとも無得点のまま試合は4回裏まで進んだが、レンポーズは2死とされた後、3番・指名打者で出場した伊藤が中前打。続く喜多真吾(明大)も右前打を放ち2死一、三塁の好機を作ると、津留崎大成(慶大)の暴投により1点を先制した。6回裏には安本竜二(営4)が代打で登場するも遊ゴロに倒れた。両チームとも点がなかなか入らずに迎えた7回裏。途中出場していた先頭の山田健太(立大)が左中間を破る二塁打を放つと、大阪桐蔭高校の先輩である福田光輝(人4)が左中間を破る適時二塁打を放つ。その後、1死となるも、6番笠井皓介(立大)の代打で登場した宇草孔基(営4)がしぶとく左前安打を放ち、きっちり存在感を示した。

DSC 6476 2 R600
 貴重な追加点を与える左中間適時二塁打を放った福田

 杉下、三浦からバトンを受け取ったレンポーズ投手陣は圧巻の完封リレーを見せる。8、9回にはプロ注目右腕の森下暢仁(明大)が150㌔を超える直球とブレーキが効いたカーブを上手く織り交ぜてワーンズ打線を封じ込め、投手戦となったこの試合を見事レンポーズが3—0で制した。

 リーグ優勝をかけて白熱した戦いを繰り広げている六大学。そんな普段とは違って和やかなムードが漂っていた。高校の先輩後輩、代表のチームメイトなどさまざまなつながりが見えた。スタンドでも各大学の応援団やチアリーディング、地元の中学校の吹奏楽部の協力もあり終始盛り上がっていた。今年のオールスターも多くの人を魅了したはずだ。

(鈴木滉平)

選手インタビュー

杉下裕哉 投手

—今日の試合を振り返って
楽しく投げられたかなと思います。

先発を伝えられたタイミングは
昨日の夜ですね。おぉ!って感じでした。

試合に臨むイメージなどは
直球で押していければなとというふうに思っていたので、それで頑張っていこうかなと思えました。

富山アルペンスタジアムの登板経験は
高2の時の準決勝で投げたのが最後ですね。

久々のマウンドだったと思いますが、思い出などありますか
良いイメージがあったので、今日も良いイメージで入れたらなと思っていたのですが、内容が内容だったので少し悔しいですね。

しかし、MAX145㌔の直球で押す投球は見事でした
キャッチャーが上手くリードしてくれたからですかね(笑)。

段々と球も落ち着いてきたように見受けられました
最初はやっぱり力みと緊張があったのかなとあとから思いますね。本当にキャッチャーが上手くリードしてくれたから、しっかり投げきることができました。

他大学の選手との会話は
こちらのベンチの方はほとんど話す機会があったので、話させていただきました。

特に印象深い選手は
森下(暢仁、明大)さんですね。普通の会話をさせていただきました。

登板後の率直な感想
緊張から解き放たれてちょっと安心しているというのが率直な気持ちです(笑)。

バッテリーを組んだ渡邉雄太捕手からは言葉はかけられた
そうですね。「良かったよ」と言われました。

明日の野球教室で子供たちに教えたいこと
頑張ってくれれば、という感じです(笑)。

杉下投手の考える野球の楽しさとは
楽しさですか、考えるということが逆に面白いですね。

子供たちに向けて
野球は楽しんでやるスポーツだと思うので、純粋に楽しんで欲しいなと思います。

リーグ戦に向けてひと言お願いします
自分の持ち味を出せて、しっかりと相手を抑えていければなと思います。

三浦銀二 投手

オールスターの感想をお願いします
本当にレベルの高い選手ばかりで、さすが六大学、日本を代表する選手たちがそろっているなと感じました。

自身は1イニングを投げ無失点に抑える投球を見せました
オールスターという試合で、自分の力を試すことができて良かったと感じています。

初めてのオールスターでしたが、試合前のコンディションは
多少緊張はしましたが、杉下が先に投げて、しっかりゲームを作ってくれていたので、楽に投げられたと思います。

1イニングのみということは決まっていたのでしょうか
予定では杉下が1イニングで、自分が2イニングを投げる予定だったんですけど、杉下の初回のピッチングが良かったので、杉下が2イニングを投げて、自分が1イニングということになりました。

杉下選手の後を受ける際はどのようなことを話しましたか
「マウンドが固いぞ」ということを言ってくれましたね。

最終的にチームの勝利につながる投球を見せました
このような試合でも、勝つに越したことはないので、「勝ち」ということを得られたというのは良かったことだと思います。

リーグ戦に向けて
自分に与えられたことをしっかりやるだけだと思うので、どんな時でもしっかり腕を振って投げたいと思います。

渡邉雄太 捕手

初めてのオールスターでした
色々な投手の球を受けられましたし、すごく良い経験で楽しかったです。

杉下投手、三浦投手と共に3回をパーフェクトに抑えました
しっかり真っすぐで押していくといくことを今日はやっていたので作戦というか、彼ら2人がしっかり投げてくれた結果だと思います。

自己評価すると何点か
50点です(笑)。

今日のチームのMVPは
(伊藤)寛士さんですかね。(チームで)最初にヒットを打ったので。

他大学との交流は
明治大学さんであったり立教大学さんのいろいろな選手と話せましたし、すごく良かったです。

明日は野球教室ですが、何を教えていきたいですか
この六大学野球の代表として来ているので、少しでも野球人口が増えたりだとか、そういうきっかけになってくれたらいいなと思います。

福田光輝 内野手

オールスターゲームの感想は
いつもと違う感じやったんですけど、自分は楽しかったです。リーグ戦と雰囲気は違いますけど、やっぱりピッチャーは良いので、それなりの雰囲気でやることができました。

適時打で貴重な追加点をもたらしました
真っ直ぐ一本、狙い打ちです(笑)。真っすぐで来ると思ったので、全部振っていこうと思っていました。良い結果になって良かったです。

大阪桐蔭高の後輩、山田健太選手(立大)が作った好機の場面で出た一本でした
あいつが打ったので、自分も負けてられへんなと。打てて良かったです。

今日のチームMVPを選ぶとすれば
自分じゃないですか?良いところでタイムリーが出たので。自分と書いておいてください(笑)。

ご自身のプレーの点数は
100点です!ですけど、リーグ戦はまた違う感じになると思うので、またここから切り替えて頑張っていきたいなと思います。

相馬優人 内野手

今日の試合を振り返って
六大学のいろいろな選手と一緒にプレーをすることができて、すごく楽しかったですね。

今日は2番・二塁手で先発出場しました
今日は、打席としては楽しんでやろうと思っていました。その中で打てなかったことは悔しいんですけど、リーグ戦に向けていろいろなピッチャーの球を見ることができたので、それはプラスに捉えていきたいなと思います。

先発が法大の杉下選手でしたが、杉下選手に対してはどのようなことを
杉下はどんどんストレートで押していけるピッチャーなので、変な小細工とかは考えずに思い切りいけよという言葉はずっとかけていました。

相馬選手自身はこれで3度目の出場となり、最後のオールスターとなりました
こういう機会がなければ、いろいろな大学の選手と関わる機会はありませんでしたし、このオールスターのおかげで仲の良い選手が他大学にできたので、そのようなつながりということを含めて、良かったなと思います。3年間出ることができたんですけど、そこの部分が一番印象深いですね。

リーグ戦に向けて
今日打てなかったので、リーグ戦ではまず、今日打つことのできなかったピッチャーからしっかり打ちたいと思います。ここからもっと調子を上げて、リーグ戦を調子がピークの状態で迎えたいと思います。

安本竜二 内野手

今日の試合を振り返って
早かったですね。試合展開が早かったです。

ベンチで試合を見ていて
リーグ戦前にすごく良い機会だったので、他大の投手を見ながら満喫していました。

代打で出た時の率直な気持ち
ヒットを打ちたいなと思って打席に入りました。

オールスターに出場して
リーグ戦で対戦する投手の球が見れたので、すごく良い機会だったかなと思います。

他大の選手とは話された
いろんな人と話しました。

試合前に静岡高出身の内山竣(明大)選手と話されていましたが
たわいもない話をしました。同級生なので結構、仲がいいので(笑)。

現在の調子は
すごく良くなってきていると思います。

リーグ戦に向けての収穫は
これといったものは無いですけれど、他の大学の選手と話すという機会はなかなか無いのでそういうのも良かったと思いますし、打席に立てたのも良かったと思います。

明日の野球教室では子供たちに野球を教えると思いますが、どのようなことを教えたい
(野球の)楽しさですかね。楽しんで続けてもらって、そのまま大学でやってくれればと思いますね。

安本選手の考える野球の楽しさとは
チームスポーツなんですけれど、個人の一対一の勝負だったり、野球は一体一でさばく部分であったり、その勝負が入っているというのが野球の醍醐味だと思うので、そういう部分を伝えられればなと思います。

子供たちに向けてかける言葉をお願いします
大学生になってもプロ目指して頑張っている人がいっぱい居るのですごくいい機会だなと思ってやってもらいたいです。

リーグ戦に向けてひと言
日本一しか考えていないので、練習して日本一取れるように頑張ります。

伊藤寛士 内野手

指名打者として出場されました
指名打者は難しいんですけど、結果、ヒットが1本出たので良かったと思います。

チーム初ヒットを打ちましたが、どんな気持ちで打席に立ったか
積極的に振っていこうと思って、結果、ヒットになったので良かったです。

相手の暴投で先制しましたが、その時のチームの雰囲気は
盛り上がっていたと思います。

他大学で仲の良い選手は
ずっと話してたのは、立教の林中と山田です。結構ずっと話してました。

最後のオールスターでしたが、どうでしたか
最後にようやく実力というか、そこで選んでもらえたと思うので楽しめましたし、結果、勝てたので良かったと思います。

宇草孔基 外野手

オールスターを出場されての感想は
初めてだったんですけど、敵のチームの人たちといろんなコミュニケーションがとれて、純粋に楽しかったなと思います。

特にどの選手と交流をしましたか
(以前)同じチームだった立教と明治(の選手と)はみんなと話しました。特に誰かとかはなくみんなと仲良くしました。

代打での出場で、福田選手に続き安打を打ちました
福田が二塁打を打ったので、自分もツーベースを狙ってたんですけど、レフト前になっちゃいました。

守備の方でも好守備を見せました
自分はセンターフライだと思ったんですけど、丸(丸山和郁、明大)のポジショニングがちょっと左中間寄りでした。あそこまで守備範囲が広かったのは良いことだと思います。

今日のMVPは
地元登板で、リーグ戦はまだ登板がないのに頑張った杉下です!

最後にアルペンスタジアムに駆けつけたファンの皆さんへ
わざわざグラウンドまで足を運んでいただきありがとうございます。リーグ戦でもはつらつとしたプレーを見せていきたいと思っているので、これからもよろしくお願いします。

フォトギャラリー

  • DSC 9232 R試合を和やかな雰囲気で迎える選手たち
  • DSC 9205 R高校時代の同僚である内山(明大)と談笑する安本
  • DSC 9505 R2回を無失点に抑えた杉下は捕手の渡邉とグータッチし、安堵の表情を浮かべた
  • DSC 6117 2 R800杉下の後を受けた三浦は安定感のある投球で1イニングを無失点に抑えた
  • DSC 9763 R先制のホームを踏んだ伊藤はベンチでチームメイトとハイタッチ
  • DSC 6550 2 R800代打で出場し、安打を放った宇草
  • DSC 0154 R試合を終えた青木監督、長谷川主務、選手ら
  • DSC 0146 R試合後は全員で記念撮影を行った
 
 
 
 
 

最近の記事

 

S  85311501スポーツ法政 最新号

 

 

定期購読の申込み