硬式野球

【硬式野球】東京六大学野球秋季リーグ戦開幕直前特集 『覚悟』 第5回 捕手編 ~伊藤寛士、古山侑杜、渡邉雄太~

2019年8月21日(水)
法政大学野球部合宿所

 9月14日に開幕する東京六大学野球秋季リーグ戦。昨季5位に低迷した法大野球部にとっては昨季の雪辱を果たす舞台であり、さらには「秋連覇」を目指す舞台でもある。青木久典監督も復帰し、開幕に向け、準備は着々と進んでいる法大。今回は開幕直前特集として、開幕までの7日間にわたり、監督、選手、スタッフのインタビューをお届けする。第5回の今回は捕手編。伊藤寛士(文4)、古山侑杜(社4)、渡邉雄太(キャ3)のインタビューをお届けする。

DSC 5638 2 R800
昨季は一塁手として出場していた伊藤だが、今季は捕手として返り咲く

選手インタビュー

伊藤寛士 捕手

—昨季を振り返って
初めてリーグ戦通して出て、そこそこの成績を残せたので自分的には良かったなと思います。

その躍進の要因は
大学に来てここまでまとめて試合に出たというのがあまり無かったので、それが一番ですかね。試合慣れというかその部分が大きかったです。

捕手ではなく一塁手での出場でした
自分が出られるところで出るだけだったので、ポジションが捕手じゃないからというのはないですね。

昨季は全試合4番一塁で出場しました
打撃に期待してもらっているんだなというのがあって、ずっと高校の時も4番を打っていたので、あんまりそこに戸惑うことはなかったですね。

4番の重圧も感じなかった
そうですね。あまり考えてやるようなことではなかったですね。

リーグ戦初本塁打も放ちました
良かったなと思っていて、このまま打てずに終わるのかなと思っていたのが正直あったので、打ててよかったです。

—11四死球はチームトップの数字でした
簡単にその打席を終わらせないというのと、選球眼には自信があるのでそういうところが生きたのかなと思います。

長打の意識について
あまり狙って長打とかホームランとかを打つタイプではないので、高校の時からもずっと意識してということはあまり無かったです。強くボールを打ちにいって、結果が長打ならいいかなと思っています。

リーグ戦の結果をふまえて4年生で話し合ったことは
力は無いわけではないから普段の日常生活の過ごし方だったり、ひとつひとつのプレーの考え方であったり、プレー以外の所というのをみんな話してやっていました。

今夏のオープン戦では捕手としての起用が増えましたが、自ら監督に直訴した
元々自分がファーストいきますといってファーストにいったわけではなくて、ずっと捕手なので、監督が戻ってきて捕手をやらせてもらっているという感じです。

捕手への思いを聞かせてください
ずっと捕手だったので、出るからには捕手の方が楽しいし、面白いので捕手がいいですね。

伊藤選手の考える捕手の楽しさとは
試合を作るのはバッテリーだと思うので、自分で試合を作っていけるというのは捕手の魅力だと思います。

現在の調子は
捕手として、守備面に関してはいい状態ではあるんですけれど、打撃に関してはもうちょっとかなというのがあるので、打撃をしっかりやっていきたいと思います。

チームの雰囲気は
4年生がみんな頑張って、盛り上げているのでそれに影響されて下もだんだんついてきてくれるようになっているのですごくいいと思います。

今季の目標は
個人としては、捕手として春以上の成績を残せたらいいなと思います。チームとしては何が何でも日本一を取るということです。捕手なので特に守備の面で失点を少なくできればいいかなと思います。

学生最後のリーグ戦が開幕します
今まで3年間、結果を残せていなくてようやく4年生になってリーグ戦で中心となりながらやれるようになってきたので、最後はしっかりチームを引っ張れるようにやっていきたいと思います。

ファンの方へ向けて
春は5位という成績で終わったのですが、秋はしっかり優勝できるように捕手として引っ張っていけたらなと思います。

(取材:加瀬航大)

DSC 5638 2 R600
伊藤 寛士(いとう・かんじ) 
文学部4年 1997年6月2日生まれ
愛知県出身・中京大中京
173cm90kg 右投右打
昨季成績:13試合 56打席44打数 15安打 2本塁打 7打点 11四死球 10三振 打率.341
『パワフルな打撃でオレンジ打線の中核を担う捕手。投手陣を支え、日本一を目指すチームの大黒柱となる』

古山侑杜 捕手

ー昨季を振り返って
個人的にも試合に出れるようになったので、試合に出るということで後輩にも示しをつける事ができたんじゃないかなと思います。

ー昨季は自身最多の出場となりました
3年生からずっとベンチ入りさせてもらってて、その経験を生かしながらしっかり試合に出られたと思います。

ー昨季は試合終盤からの出場が多かった印象です
金光(興二、現副部長)さんに言われてたのでしっかり準備していました。

ー昨季以降取り組んだことは
より多くの試合に出られるようにバッティング技術の向上に努めました。

ーその際に参考にした選手は
参考にしたというよりは、このチームにバッティングの良い選手はいっぱいいるので、いろんな人に聞きながら(取り組みました。)

ーご自身のアピールポイントは
1球に懸ける想いですね。

ー守備面でのアピールポイントは
ピッチャーに投げやすいといわれるキャッチャーですね。

ー投手をリードする際に気をつけていることは
普段の練習からしっかりコミュニケーションをとって、試合ではしっかり意思疎通が出来るようにということを考えながらリードしています。

ーその際に日頃からピッチャー陣とコミュニケーションを取ることを大切にしている
はい、そうですね。

ー捕手として参考にしている選手は
森友哉(埼玉西武ライオンズ)選手ですね。キャッチングを(参考に)してますね。

ー捕手として大切にしていることはキャッチング
そうですね。

ーオープン戦の調子はいかがですか
昨シーズンよりも試合に出ることが多くなって、少しずつ(調子が良くなっている)という感じですね。

ー捕手目線で秋季リーグ戦で期待できる投手は
3年生のピッチャーは皆頑張っているので、その中でも特に春に投げれなかった石川(達也、キャ3)とかは頑張っているなと思いますね。

ー今のチームの雰囲気は
春は5位で終わった中で、秋は絶対に優勝するぞというチームにやっと固まってきているので、そういう面ではチームは1つの方向に向かっているんじゃないかなと思います。

ーラストシーズンとなりますが、個人の目標は
個人的にはベストナインで、チームとしては日本一です。

ー開幕に向けて意気込みをお願いします
開幕スタメンを取れるように頑張ります。

(取材:五嶋健)

DSC 5513 2 R600
古山 侑杜(ふるやま・ゆうと)
社会学部4年 1997年6月7日生まれ
神奈川県出身・法政二
170cm68kg・右投右打
昨季成績:5試合 4打席 3打数 0安打 0本塁打 0打点 0四死球 0三振 打率.000
『声でベンチを盛り上げる捕手。ラストシーズンとなる今季は正捕手定着とベストナインを目指す。』

渡邉雄太 捕手

ー昨季を振り返って
今年の春は、結果5位ということになったので悔しいというのが一番なんですけど、自分自身あまり結果を出すことができなかったので、チームも(自分)自身も悔しい結果になりました。

ー昨季は正捕手として活躍しました
本当に正捕手で使っていただいたことにはすごく感謝をしていて、自分にとっても初めての神宮球場だったので結構緊張することもあったんですけど、すごく良い経験ができたと思います。

ー良かった点と課題は
良かった点は良い経験ができたことで、課題は野手が点を取ってくれたのにバッテリーで点を取られて負けるという試合が多かったことです。バッテリーがしっかり0に抑えて流れを持っていくようにするのが課題ですね。

ー投手陣の力が思うように出せなかった原因は
僕のリードが悪いというのもありますし、データの確認とか、ピッチャーとのコミュニケーションをもっとしっかりしていれば良い結果になったのかなと思います。

ーその中でも同学年の柏野智也(営3)投手は好成績を残しました
柏野はしっかり割り切って投げてきてくれていたと思うので、そこは良かったのかなと思います。

ー打撃では明大2回戦で満塁本塁打を打つなど活躍が見られました
たまたまでした(笑)。 バッティングに関しては良い成績を残していなかったので、あそこで1本打てたのは良かったなと思います。

ーオープン戦の調子は
バッティングの方は良いんですけど、まだ自分自身レベルが全然低いので、もっともっと、ここから上げていってリ、ーグ戦に向けてしっかりやっていきたいと思います。

ー夏に重点的に取り組んだことは
守備面ではキャッチングであったり、スローイングの正確性であったりとかをしっかり取り組んでいて、バッティングも毎日振りこみをしています。速い球とか、そういう球に対応できるようにやってきたと思います。

ー今季のキーマンは
舩曳(海、キャ4)さんですかね。1番打者で春はあまり良い成績を残していなかったので、舩曳さんが打ってくれれば秋はしっかり成績がついてくると思うので舩曳さんです。

ー個人の目標は
正捕手でチームに貢献して、絶対に日本一を取るというのが僕たちの目標なので、それに向かって着々とやっています。

ー最後に今季の意気込みをお願いします
春は結果5位に終わってしまったので、すごくそれが悔しかったです。この夏を越えて、3年生なんですけど、4年生にしっかり日本一を取ってもらいたいので、自分自身にできることをしっかりやって、チームに貢献できたらなと思います。

(取材:鈴木滉平)

DSC 5564 2 R600
渡邉 雄太(わたなべ・ゆうた) 
キャリアデザイン学部3年 1998年10月31日生まれ
愛知県出身・いなべ総合
177cm82kg・右投右打
昨年度成績:13試合 41打席 37打数 7安打 1本塁打 6打点 1四死球 9三振 打率.189
『正捕手として昨季は全試合にスタメン出場した。投手陣のリードと打撃に磨きをかけ、攻守の要としてチームを支える。』

 
 
 
 
 

最近の記事

 

S  85311501スポーツ法政 最新号

 

 

定期購読の申込み