硬式野球

【硬式野球】東京六大学野球秋季リーグ戦開幕直前特集 『覚悟』 第7回 内野手編② ~佐藤勇基、羽根龍二、宮本隆寛、中原輝也~

2019年8月21日(水)
法政大学野球部合宿所

 9月14日に開幕する東京六大学野球秋季リーグ戦。昨季5位に低迷した法大野球部にとっては昨季の雪辱を果たす舞台であり、さらには「秋連覇」を目指す舞台でもある。青木久典監督も復帰し、開幕に向け、準備は着々と進んでいる法大。今回は開幕直前特集として、開幕までの7日間にわたり、監督、選手、スタッフのインタビューをお届けする。第7回の今回は内野手(3年生以下)編。佐藤勇基(法3)、羽根龍二(社3)、宮本隆寛(人3)、中原輝也(人2)のインタビューをお届けする。

DSC 5533 2 R800
けがから復帰した佐藤勇はスタメンでの出場も期待できる

選手インタビュー

佐藤勇基 内野手

—春を終えて課題や収穫は
手術するようなケガをしたんですけど、最後明治戦に出られて良かったと思います。収穫は、出られないと思っていた中で出られて、実践経験が積めたことです。課題は、チャンスで凡退してしまったので、チャンスでのバッティングですね。

—春を終えてから意識して取り組んだことは
守備は大丈夫だと思っているので、バッティングはチャンスで打てるようにすることと、力不足だと自分で感じたので、数振ってスイングスピードを上げたり、ウエイトトレーニングをしたりして筋肉をつけることを意識しました。

—オープン戦の調子は
ホームランも打ててますし、良い感じできています。

—二遊間争いは熾烈となっています
安定感のある守備を持ち味として、打撃では1試合で最低1本(安打を)打つことと、内容のある打席を増やしていけばスタメンにつながると思っています。

—秋開幕までに取り組みたいことは
ツーストライクから(粘れずに)三振することが多いので、ただ三振するだけではなくて、ファールを打ったり、ボール球を振らないように見極めるのと、自分の中で捉えられると思った球を確実に捉えられるように調整していければいいと思います。

—秋に向けてチームとして、また、個人としての目標をお願いします
4年生には今までお世話になったので、優勝という形で恩返ししたいです。個人的には、自分が出て活躍して、皆が良い思いをできるようにやっていきたいと思います。

(取材:山田陸斗)

DSC 5533 2 R600
佐藤 勇基(さとう・ゆうき) 
法学部3年 1998年5月9日生まれ
愛知県出身・中京大中京
178㎝80㎏・右投右打
昨年度成績:2試合 4打席 3打数 1安打 0本塁打 0打点 0四死球 1三振 打率.333
『昨季はケガの影響で2試合出場にとどまった。今季は持ち前の守備力を生かして熾烈な内野手のレギュラー争いに挑む。』

羽根龍二 内野手

ー昨季を振り返って
全試合ベンチ入りして出場機会も増えて、リーグ戦の雰囲気に今までよりも入り込んだと同時に、リーグ戦で勝つことの難しさを知りました。

ー初安打を含む2安打、リーグ戦初打点を記録しました
形は綺麗じゃなくて単打だったんですけど、とりあえず1本出たのとチャンスでしっかりつなげたのは良かったですが、それよりも無死満塁で代打で出た時に三振してしまったことに1番悔いが残っています。

ー昨季は代打での出場となりましたが難しさというものは
1打席で結果を出さなきゃいけないので、どういう球を待ったりだとかいろいろ考えることはあるんですけど、そのプレッシャーの中で打たなきゃいけないということが難しかったです。

ー個人の反省点は
ちょっと力みすぎてしまいました。大きいのを狙いすぎてスイングの振りが大きくなったことです。

ー個人の目標として、リーグ戦に出場してチームの勝利に貢献すると仰っていました
自分が代打で出た試合は勝っていないので、結果的に勝ててないということはチームの勝利に貢献できていないということだと思います。試合を決める一打を打てるように頑張りたいです。

ーチームが5位になったことについて
リーグ戦の結果というものは覆らないものですし、今までリーグ戦前の春の準備というか、リーグ戦に対する思いというのがチーム全員で統一できてなかったと思います。秋のリーグ戦はしっかり全員で意識を固めて優勝できるようにしたいです。

ーオープン戦の調子は
遠征から帰ってきてあまりヒットは出てないんですけど、自分のスイングの形的には全然悪くないです。あと1本出さなきゃというプレッシャーを自分にかけすぎて力みすぎているというのがあります。結果もそうですけど、自分の中であまり結果を気にせず、伸び伸びとやったら結果が出るタイプだと思うので、チャンスを頂いたら頑張りたいです。

ー夏に重点的に取り組んだことは
守備の練習で、特にサードで、内野の動きの基礎の部分から福田(光輝、人4)さんと井原(東吾)学生コーチと一緒に守備の練習に取り組みました。

ースタメンに定着するためには何が必要なことは
自分は『打』の選手なので3打席あったら1本打たなきゃいけないと思います。守備では迷惑はかけられないので、そこで1本打てるかどうかという感じです。

ーチームの雰囲気は
リーグ戦に向けて段々メンバーも絞られてきてシビアな感じになっているので、それぞれ1人1人に何が足りないのか、チームとして課題をしっかり1つ1つ潰していける状況です。悪い状況ではないです。

ー4年生と試合をするのは最後のリーグ戦となります
いろいろ4年生にはお世話になっているので、最後は僕ら下級生たちが恩返しできるように、持てる力をすべて出し切りたいと思います。

ー今季のキーマンは
片瀬(優冶、人3)ですかね。非スポーツ推薦組として最近試合に出ていて調子も良いですし、良い選手なので頑張ってほしいです。

ー個人の目標は
このリーグ戦ではスタメンで出ることと、その中でホームランを1本打つことです。

ーチームとしての目標は
リーグ優勝です。

ー最後に今季の意気込みをお願いします
3年秋は自分にとっても今後に向けて大事な時期なので、悔いを残さず自分がやれるべきことをとことんやって、チーム勝利に貢献できればいいなと思います。

(取材:鈴木滉平)

DSC 5545 2 R600
羽根 龍二(はね・りゅうじ)
社会学部3年 1998年4月10日生まれ
東京都出身・日大鶴ケ丘
185cm96kg・右投右打
昨年度成績:6試合 6打席 4打数 2安打 0本塁打 1打点 0四死球 2三振 打率.500
『昨季は念願のリーグ戦初出場を果たし、初安打初打点を記録。今季はチームの勝利に貢献する打撃と本塁打を目標に邁進する。』

宮本隆寛 内野手

—昨季を振り返って
最初の方は代走でチャンスをもらっていたんですけれど、あまり積極的な走塁を見せられなかったので、(そこは)反省する点でした。早大、明大戦はスタメンで使わせてもらって、良い意味で自分のレベルが分かった、自分がどの位置でどう戦えるのかが分かったので、そういう面ではいい経験になったかなと思います。

昨季はリーグ戦初出場から10試合に出場しました
途中からスタメンだったんですけれど、1試合の疲労がすごくて、経験したことが無かったので、試合中とかも足がつりそうになったりだとかしていました。そういう面ではスタメン陣は体力があるし、すごいんだなというのが分かりました。

スタメン起用も増えました
自分の実力はまだ無いのですが、それをちょっとでも認めていただいたというのはすごくうれしかったですね。

—3盗塁はチームトップタイとなりましたが、走塁で意識していることは
あまりビデオとかはないんですけれど、相手投手の試合で塁に出たときや、(自分が)コーチャーの時から投手のけん制とかを見たりして、こういうクセがあるんだというのを見抜いて、走れるということを意識しています。あとはスタートを意識してやっています。

法大の外野手争いはし烈を極めます
4年生の外野手陣はすごく力のある先輩がそろっている印象ですね。毛利(元哉、法4)さんもパワーがありますし、舩曳(海、キャ4)さんも宇草(孔基、営4)さんも実力があって、すごい外野手がスタメンにいます。3年生の外野手は自分を含めて似たような選手も多いので、それに負けたくないなという気持ちがありますね。

宮本選手のアピールポイントは
高校時代から磨いてきた走塁がやはりアピールポイントであると思うので、出塁率を上げていきたいという感じです。

昨季やオープン戦を通しての課題は
僕自身は打撃ですごく力が弱いので、なんでもいいから塁に出るという気持ちはあるんですけれど、力強い打球、相手の投手に負けない打撃を課題としてやっています。

今取り組んでいることは
夏はウエイトを重めに自主練とかからやっていて、後は室内でティーとかの打撃を徹底的にやっています。とにかく打つようにはしていますね。日頃から質よりも量を意識しています。

現在の調子は
良くもなく悪くもなくという感じです(笑)。

チームの雰囲気は
ひとりひとり課題をもってやっているので、それを1試合1試合で潰していけるという雰囲気があるので、個人がすごく良い雰囲気ではあると思います。

課題というのは
チームで一つであって、その中で個人が何を意識しているという感じですね。

チームの課題とは
決め球を狙って打つというのを意識してやっているので、1球でしっかり仕留めるというのをやっています。それをうまく実践しているので、良い結果が出ていると思います。

意識している六大学の選手は
明大の丸山(和郁)ですね。自分の高校が群馬の健大高崎で丸山は前橋育英で、僕も高2の時から丸山のことを知っていて、足も速いですし、僕に似ている部分もあると思うので負けたくないなというのがあります。

丸山選手に向けて
足速すぎですね(笑)。

今季の目標は
僕が試合に出られたときは出塁率を上げて、法大野球部の先輩たちに盗塁数で負けないのと、他大の人たちにも負けない盗塁数を誇りたいので、盗塁王を目指したいです。

ファンの方へ向けて
神宮で機動破壊、見せます!

(取材:加瀬航大)

DSC 5553 2 R600
宮本 隆寛(みやもと・たかひろ) 
人間環境学部3年 1998年5月30日生まれ
栃木県出身・健大高崎
168cm66kg 右投左打
昨季成績:10試合 18打席 15打数 4安打 0本塁打 1打点 2四死球 3三振 打率.267
『昨季はチームトップタイとなる3盗塁を決めた法大の韋駄天。この秋は打撃を磨き、神宮を駆ける』

中原輝也 内野手

ー昨季を振り返って
チームの勝利はもちろんなんですけど、自分の結果に必死になったシーズンだったかなと思います。

ー昨季は途中出場が多い中、難しさは
はじめのうちは試合に入るのが難しい部分があり、特にモードの切り替え、準備のタイミングがかなり難しかったです。

一その調整に当たって何か意識したことは
お昼ごはんを食べるタイミングだったり、アップの力の入れ方であったり、そういうところを意識しました。

ーフレッシュリーグを振り返って
周りの目線としては、10割打って当たり前と思われていたのでプレッシャーでした。

ー2年生ながらAチームでの出場機会が多くなっていますが、それが生きた場面は
引っ張っていくという気持ちはあったんですけど、いつも引っ張られているので頑張っていきたいです。

ーオフシーズンで取り組んだこと
(昨季での出場が)代打だったので、1球に対する執着心を意識しています。

ー最近のオープン戦での調子は
結果は残せている部分もあったのですが、いろいろあってBにいて、Bでまた結果を残してAに上がりたいなと思っています。

ー春季から変えて何か新しい挑戦は
バッティングの構えであったり、タイミングの取り方であったり、といった技術面ですね。

一変えてみての感覚の違いは
夏で体が重くなってあまり変わっているかはわからないんですが、自分的にはバッティングは良くなっていると思います。

ー今季での個人目標や目指す打撃は
『ここで1本』という場面で出されたときの1本を出せるようにしたいです。

ー4年生にとっては最後のリーグ戦になります
たくさんの4年生に可愛がってもらったので、長く一緒に戦って優勝したいです。

—開幕までに調整していきたいことは
守備もそうなんですが、バッティングの方も持ち味なっているので、(そのあたりを)調整していきたいです。

ー最後に意気込みと自身のアピールポイントをお願いします
下級生なのでフレッシュに、全力でプレーしていきたいです。

(取材:吉本侑樹)

DSC 5615 2 R600
中原輝也(なかはら・てるや)
人間環境学部2年 2000年2月17日生まれ
大阪府出身・尽誠学園
170cm72kg・右投左打
昨季成績 : 10試合 12打席 11打数 2安打 0本塁打 0打点 1四死球 3三振 打率.182
『2年生ながらリーグ戦に出場する期待の二塁手。春季リーグ戦同様、代打出場が多くなると思われるがチャンスでの1本に期待がかかる。』

 
 
 
 
 

最近の記事

 

S  85311501スポーツ法政 最新号

 

 

定期購読の申込み