硬式野球

【硬式野球】東京六大学野球秋季リーグ戦開幕直前特集 『覚悟』 第8回 外野手編 ~舩曳海、毛利元哉、村田雄大~

2019年8月21日(水)
法政大学野球部合宿所

 9月14日に開幕する東京六大学野球秋季リーグ戦。昨季5位に低迷した法大野球部にとっては昨季の雪辱を果たす舞台であり、さらには「秋連覇」を目指す舞台でもある。青木久典監督も復帰し、開幕に向け、準備は着々と進んでいる法大。今回は開幕直前特集として、開幕までの7日間にわたり、監督、選手、スタッフのインタビューをお届けする。第8回の今回は外野手編。舩曳海(キャ4)、毛利元哉(法4)、村田雄大(人3)のインタビューをお届けする。

DSC 5617 2 R800
リードオフマンとして、昨季の雪辱を果たす活躍が期待される舩曳

選手インタビュー

舩曳海 外野手

—オープン戦を振り返って
バッティングは多分、大学生活で一番良い状態でいると思うので、もっと向上心を持ってリーグ戦が終わるまでしっかりやっていきたいです。

調子が良い要因は
春は自分的には納得いかない結果で、チームにあまり貢献できませんでした。どうやったら貢献できるかなということを考えながら、バッティングはとりあえず一回白紙に戻したというか。今までの考えで打てなかったこととかは一回置いて、新しく自分の中で違うことをやってみようと思ってやりました。

違うこととは
それは企業秘密です(笑)。

昨季と比べてどのような点で違うか
しっかり自分のしたいスイングができているというか、長打も出ていますし、そこは春にはなかった部分なので自分のスイングができているということは好調の原因なんじゃないかなと思います。

昨季は不調が続きました
自分の中で頭で考えすぎていて、頭と身体が合ってなかったというか。したいこともできないし頭でっかちになってたんじゃないかなと思います。気持ち的には春と変わらないと思うんですけど、やるべきことというのが春にあまり打ててなかったというのが、打てない時はこうすればいいんじゃないかみたいな、春になかったところがあるので、春は良い経験になったので、そういう意味では秋に生かせたらいいかなと思います。

夏の守備と走塁の取り組みは
守備はちょっと体重が増えて、自分の中では動けていると思うんですけど、監督には「太りすぎじゃないか」みたいなことは言われました。春から5㎏くらい増えたんですよ。今の体重のまま動けるようにというか、スピード感も保って走れるようにできたらいいかなと思います。

体重は意図的に増やした
増やしましたよ。もともとずっと増やしたくて、なんでかわからないですけど、春のリーグ戦のタイミングで「体重増えてるな」と思って、知らない間に気づいたら春シーズン前の82㎏から今は88㎏くらいに。バッティングにもちょっとだけ影響してるとは思います。

ラストシーズンとなります
ラストなので、1打席1打席大事にしたいし1球1球大事にしたいです。みんなと法政大学野球部で野球できるのは秋で最後なので、そういう面でも1試合1試合大事にやっていきたいと思います。

今現在でやり残したと思うことは
やり残したことはあんまり今は思いつかないですね。自分の中ではやることはしっかりやろうとは思っています。やり残したことはないように引退したいですね。

印象に残ってる打席は
僕の中では昨秋の立教戦で9回に代打で出たんですけど、そこでフォアボールを取ったのが結構覚えてます。全然調子も良くなくて、全然打てへんというか、大丈夫かという感じで。打ってやろうとは思ってるんですけど、そこでフォアボール取れて結果サヨナラ勝ちできたので、それは印象に残ってますね。

背番号はずっと変わらず29番です
1桁もいいんですけど、29は愛着あるというか。良くないですか?そういうことですね。別に背番号で野球するわけじゃないですし、29が舩曳と覚えてもらえればいいかなと思って29にしました。

今季、山場となるカードは
なんだかんだ入りが大事だと思っています。早稲田はピッチャーも良いので厳しい戦いになると思うんですけど、勝ち点を取ってそこで勢いが付けられれば、多分法政だったらそのままいけると思います。とりあえず初戦で勝ち点取れるようにしたいと思います。

今季の目標は
ベストナインとりたいですね。首位打者、ベストナイン、優勝、タイトル総なめ。

ファンの皆さまへ
僕らもほんまに死ぬ気で優勝を勝ち取りにいくので、ファンのみなさんも応援よろしくお願いします。

(取材:渡辺詩織)

DSC 5617 2 R600
舩曳 海(ふなびき・わたる) 
キャリアデザイン学部4年 1998年1月13日生まれ
兵庫県出身・天理
183㎝83㎏・右投左打
昨季成績:13試合 46打席 38打数 6安打 0本塁打 0打点 7四死球 18三振 打率.158
『夏のオープン戦では安打を量産しており、課題だった打撃面は絶好調。ラストシーズンは持ち味を存分に生かして走攻守でチームに貢献する。』

毛利元哉 外野手

—昨季を振り返って
自分が思っていたより、とてもひどい成績で、(シーズンの)途中からどうしていいかわからないような感じでした。

—青木監督がいない中のシーズンとなりました
監督が違っていたからと言って、自分の結果が変わるとは限らないので、自分の実力不足だと思います。

—青木監督が帰ってきてから言われたことは
そうですね、キャンプが終わったあたりのタイミングで打撃指導をしていただいて、そのおかげで、それなりに結果が出るようになってきました。

—具体的にフォームの改良などは
フォームというよりはタイミングの取り方というところですかね。監督から教えてもらったことを踏まえつつ、自分で試行錯誤してやりました。

—外野の先発争いはし烈となっています
春に結果が出なかった分、ラストシーズンの秋にはちゃんとした結果を残したいということは強く思っていますね。

—具体的な目標は
自分は打撃が魅力なので、法政のいうチームの中で、1番打てる打者というのを目指したいですね。六大学の中での1番をもちろん目指したいですけど、まず法政の中で1番にならないとそれも無理なので。あとはタイトルを取ることができたらうれしいです。

—昨季は盗塁というところも意識していました
今季はまだ盗塁を考えるところまで来ていないので、まず、スタメンで出ることを意識しています。開幕までにはスタメンを勝ち取りたいと思います。

—現在のチーム全体の雰囲気は
監督が帰ってきてから、やっぱり、金光(興二、副部長)さんとは違った指導方法をしていて、それにもう一度慣れてきたという感じで、強くなってきていると思います。『負けない野球』というところができているのかなと思います。

—現在の課題は
自分の課題は、守備、走塁云々よりも春に全く打てなかったので、打撃ですね。打たなければならないなと思っています。

—『強く、広角に打つ』というところが持ち味だと春は仰っていました
そうですね。そこは変わらないです。やっぱり、自分の強みは広角に強い打球を打てるところだと思っているので、それを存分に出して、秋は打っていきたいと思っています。

—開幕は早大戦となります
土曜日(の先発)は早川(隆久)で、左ピッチャーだと思うので、左ピッチャーに対する対策はしないといけないですね。球も速いので、そこのあたりは意識して開幕までに練習していきたいと思っています。

—今季の意気込みをお願いします
最後のシーズンなので、何かのタイトルを取ることを目指したいと思います。チームとしては絶対にリーグ戦で優勝して、自分たちの代で日本一にまでなれるように頑張っていきたいと思います。

—最後にファンの方々へメッセージをお願いします
この前の春のリーグ戦では、自分が全くと言っていいくらい打てなかったので、最後のリーグ戦こそは、自分が『試合を決める一打』というのを打ちたいと思っています。最後まで、応援よろしくお願いします。

(取材:山﨑有馬)

DSC 5568 2 R600
毛利 元哉(もうり・もとや) 
法学部4年 1997年5月27日生まれ
愛知県出身・愛工大名電
183㎝90㎏・右投左打
昨季成績:8試合 25打席 21打数 2安打 1塁打 3打点 3四死球 4三振 打率.095
『昨季は不振に陥ったものの、打撃センスはチーム内でも随一。ラストシーズンで「試合を決める一打」を放ち、春の雪辱を果たす』

村田雄大 外野手

昨季を振り返って
春は試合にあまり出ていなかったのでチームが負けている状況がもどかしかったですし、自分がそこに加わっていないということももどかしかったです。

チームは5位という結果に終わりました
やっぱり探り探りで春は試合をしていたような気がしていたので、そういった部分では今のオープン戦ではそういう部分が改善されて、自分のやるべきことがだんだんわかってきました。

早大2回戦ではスタメンで起用されました
個人的には待ちに待ったスタメンだったんですけど、そこではヒットが出なかったので次に生かしたいなと思います。

スタメンに定着するために必要なことは
まずは持ち味の打撃を磨くことが第一に必要だと思うので、自分の長所を生かすという面では持ち味をしっかり出していきたいと思います。

オープン戦では長打も見られました
調子というよりは、少しずつ自分が遅かれどレベルアップしているなと感じているので、地道にこれからも練習を続けてもっとレベルアップしていきたいなと思います。

一塁手での起用が多いですが、守備は
正直ちょっと苦手であやふやな部分もあるので、守備に関しては数をこなすしかないので、これからもし一塁で使われる場面があればもっと練習しなければいけないなと思います。

夏に重点的に取り組んだことは
金光さんと打撃の確実性を求めていこうという話をしていたので、そういった面ではしっかりタイミングの取り方とか、バッティングの間を作ったりとかそういったことを練習でやってきて、良くなってきたかなと思います。

チームの雰囲気は
モチベーションというのが日に日に高くなってきていると思うので、上がった雰囲気の中でこのまま続けていけばいいなと思います。

—4年生と戦う最後のリーグ戦となります
やっぱり一緒に3年間やってきて背中を見てきたので、少しでもチームの力になればいいかなと思います。

個人の目標は
打撃が持ち味なのでホームランを打ちたいなと思います。

チームとしての目標は
もちろん優勝です。

最後に意気込みをお願いします
自分のバッティングでチームを勝たせられるように頑張ります。

(取材:鈴木滉平)

DSC 5639 2 R600
村田 雄大(むらた・ゆうだい)
人間環境学部3年 1998年4月30日生まれ
神奈川県出身・横浜
185cm88kg・左投左打
昨季成績:2試合 5打席 3打数 0安打 0本塁打 0打点 2四死球 1三振 打率.000
『リーグ戦初出場を果たしたが、無安打に終わり悔しい結果となった。その悔しさをバネに今季こそは打撃で存在感を示す。』

 
 
 
 
 

最近の記事

 

S  85311501スポーツ法政 最新号

 

 

定期購読の申込み