硬式野球

【硬式野球】東京六大学野球秋季リーグ戦 第2週 立大2回戦 高田孝が投打に活躍 立大の追い上げも代打・札葉の一打で振り切り、開幕4連勝で2つ目の勝ち点を獲得!

東京六大学野球秋季リーグ戦 第2週 立大2回戦
2019年9月22日(日)
神宮球場

 立大に先勝し、勢いに乗った法大。連勝で勝ち点を奪うべく、今日は先発のマウンドに開幕戦で白星を挙げた高田孝一(法3)が上がった。法大は3回、宇草孔基(営4)の今季初安打となる中前適時打で先制すると、その後すぐさま追いつかれるも、4回、高田孝が左越え適時二塁打を放ち、3点の勝ち越しに成功。自らのバットで援護点をもたらす。終盤にかけて立大の反撃を受けるも、9回、代打・札葉弘樹(経4)の左前適時打で貴重な追加点。最後は三浦が締め、開幕4連勝で2つ目の勝ち点を手にした。

DSC 6856 2 R800
これで開幕4連勝となった

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
法 大 0 0 1 3 0 0 0 0 1 5 8 1
立 大 0 0 1 0 0 2 0 0 0 3 6 1

(立大)●手塚、宮崎晃、中﨑、中川—藤野
(法大)○高田孝、石川、柏野、内沢、新井、三浦—伊藤
[本塁打] なし

 

打撃成績

打順位置選手打率123456789
1 (9) 宇草 5 2 1 .125 投ゴ   中安① 中安     左飛   三振
2 (5) 佐藤勇 3 0 0 .143 左飛   三ゴ 四球     遊飛    
3 (6) 福田 4 0 0 .357 三振   遊ゴ 三振     三振    
4 (2) 伊藤 3 1 0 .154   ニゴ   右二 遊ゴ     死球  
5 (7) 毛利 4 0 0 .500   三振   左失 三振     二併  
  7 片瀬 0 0 0 ---                  
6 (8) 舩曳 4 0 0 .063   振逃   投ゴ ニゴ     中飛  
7 (3) 安本 2 0 0 .000   三振   三振          
  H3 中村迅 2 1 0 .500           三振     中二
8 (4) 相馬 3 2 0 .462     中二 四球   左安     投ゴ
9 (1) 高田孝 1 1 3 .333     一犠 左二③          
  H 宮﨑佑 1 0 0 .000           遊ゴ      
  1 石川 0 0 0 ---                  
  1 柏野 0 0 0 ---                  
  1 内沢 0 0 0 ---                  
  1 新井 0 0 0 ---                  
  H 札葉 1 1 1 1.000                 左安①
  R 宮本 0 0 0 ---                  
  1 三浦 0 0 0 ---                  
    33 8 5 .216                  

 

投手成績

  球数 打者 防御率
高田孝 5 55 19 3 3 0 0 0.00
石川 0 1/3 19 4 3 1 0 2 13.50
柏野 1 2/3  4 2 0 0 0 0 0.00
内沢 1 2/3 17 6 0 1 1 0 0.00
新井 0 1/3 2 1 0 0 0 0 0.00
三浦 1 8 3 0 1 0 0 0.00
9 105 35 6 6 1 2 0.75

 

ベンチ入りメンバー

10 福田光輝(人4=大阪桐蔭) 22 宮﨑佑太(法4=宇部商) 37 羽根龍二(社3=日大鶴ヶ丘)
11 柏野智也(営3=広陵) 32 伊藤寛士(文4=中京大中京) 1 宇草孔基(営4=常総学院)
13 高田孝一(法3=平塚学園) 3 相馬優人(営3=健大高崎) 9 毛利元哉(法4=愛工大名電)
15 新井悠太朗(営4=折尾愛真) 4 佐藤勇基(法3=中京大中京) 23 札葉弘樹(経4=川越東) 
16 石川達也(キャ3=横浜) 5 清水俊作(文4=佼成学園) 29 舩曳海(キャ4=天理)
17 古屋敷匠眞(営2=八戸工大一) 6 西山翔真(法4=市和歌山) 38 小池智也(営2=八戸学院光星) 
18 内沢航大(キャ4=八戸工大一) 8 安本竜二(営4=静岡) 39 片瀬優冶(人3=法政二) 
26 三浦銀二(キャ2=福岡大大濠) 25 宮本隆寛(人3=健大高崎)    
2 古山侑杜(社4=法政二) 28 中村迅(営3=常総学院)    

戦評

  昨日の第1戦で息詰まる投手戦を制した法大。その勢いそのままに2カード連続での勝ち点奪取を目指し、今日の試合に臨んだ。

 先発を任されたのは、開幕戦で好投を見せた高田孝一(法3)。「朝山(広憲、法4)さんから真っすぐで押せるとアドバイスをもらった」と話すように、立ち上がりから直球中心の投球で相手打線から凡打の山を築く。しかし、対する立大先発・手塚周もテンポの良い投球を見せ、2回には3者連続三振を喫してしまう。投手戦を思わせる両投手の立ち上がりだったが、試合が動いたのは3回表だった。先頭の相馬優人(営4)が右中間への二塁打で出塁すると、続く高田孝がすかさず送り、打席には宇草孔基(営4)。ここまで結果が出なかった宇草だったが、今季初安打となる中前適時打を放ち、ここまでの3試合全てでで先制している法大が、今日も先制点を挙げる。しかし、後続が続かず、この回の攻撃を終えると、3回裏に、手塚周に左越え適時打を浴び、すぐさま同点に追いつかれてしまう。

 直後の4回表、先頭の伊藤寛士(文4)が右中間への二塁打で出塁すると、相手の失策も絡み2死満塁のチャンスを作る。ここで迎えるは高田孝。「相手投手にタイムリーを浴びたので何としても打ち返したかったので思い切り振った」という打球は左翼手の頭を越え、走者一掃の左越え二塁打に。立大を突き放した。

DSC 5633 R600
左越え適時二塁打を放った高田孝

 しかし、その後は5回から代わった立大・中﨑響介に抑え込まれると、6回裏に最大のピンチを迎える。5回まで好投を続けてきた高田孝の後を受けた石川達也(キャ3)が先頭に安打を許すと、立大の5番・江藤勇治に適時打を浴びてしまう。しかし、救援としてマウンドに上がった柏野智也(営3)が落ち着いた投球を見せ、犠飛の1点のみの最小失点に抑え、立大の反撃をしのいだ。7回には今季初登板となる内沢航大(キャ4)がマウンドへ。わずか5球で三者凡退に切って取り、悪い流れを断ち切った。続く8回には四球からピンチを招くも、後続を三振に取ると、迎えるは前の打席で適時打を放っていた5番・江藤勇治。ここでマウンドに上がったのは仕事人・新井悠太朗(営4)。見事二ゴロに抑え、またしてもスコアボードに0を並べた。

 1点差のまま迎えた9回。追加点が欲しい法大の攻撃。安本竜二(営4)に代わり途中出場していた中村迅(営3)があわや本塁打という中越え二塁打で出塁し、その後1死三塁とすると、ここで青木監督は昨日に引き続き、代打で札葉弘樹(経4)を起用。札葉がこの期待に応える左前適時打を放ち、貴重な5点目を追加。ダメ押しとなる得点を法大にもたらした。

 2点のリードとなった最終回。今季クローザーとして活躍を見せている三浦銀二(キャ2)がマウンドへ。ここ3試合で1人の走者も許していない三浦は今日も圧巻の投球を見せ、最後は代打・伊藤智也を見逃し三振に切って取り試合終了。見事5—3で立大を破った。 

DSC 6798 R600
開幕から1人の出塁も許していない三浦が今日も3人締めくくった

ここまでの試合で抜群の安定感を誇る投手陣がまたしても見事な継投を見せ、勝利を収めた法大。秋連覇に向け、チームの状態は良好だ。しかし、「この4試合でいろいろな課題もできています」と青木監督。次は空き週を挟んでから、昨季王者・明大とのカードとなる。この2週間で課題を潰し、さらに、2カード連続連勝という勢いを維持したまま、春のリベンジを果たすため、チーム一丸となり『血の法明戦』に挑む。

(小野陽喜)

クローズアップ:札葉弘樹

 皆さんは法大のベンチに注目したことがあるだろうか。やたらと法大のベンチは賑やかで明るいと思ったことはないだろうか。まだ気づいていない方は次戦で是非法大ベンチに注目して欲しい。法大ベンチはとにかく明るい。その中でも札葉弘樹(経4)はとにかく声を出す。

 札葉はこれまで同学年の清水俊作(文4)と共に、(相手投手が)〝左なら清水〟〝右なら札葉〟というように、代打の切り札として法大のベンチを支え、そして、声出しで、ベンチをまとめてきた。本人はあくまで、「福田(光輝、人4)主将がしっかりしているから」と謙遜するが、間違いなく札葉は今季の強い法大を影で支えているうちの1人だろう。

 そんな札葉だが、今季はとにかく打つ。この立大との2戦、両日とも代打で出場し、2打数2安打。今日の立大2回戦では、9回にダメ押しの得点となる適時打を放ち、好調を維持している。試合後、「ここまできたら、もう技術ではない。最後は気持ちで打っている」と語るように、ラストシーズンに懸ける想いは人一倍強く、とにかく『勝ち』に貪欲な姿勢を打撃でも見せる。

 ここまで負けなしの4連勝で勝ち点2を奪取した法大。今後、昨季覇者の明大、近年幾度となく死闘を繰り広げてきた慶大、そして、優勝に向けて絶対に落とせない最終カードとなる東大との戦いを迎えるにあたり、札葉の随所に見られる『勝ち』に貪欲な姿勢は法大にとって欠かすことはできない。札葉と清水のコンビがベンチにいれば、ベンチのムードは安泰だ。

(髙橋尚輝)

DSC 6639 R600

監督インタビュー

青木久典 監督

—立大とのカードを振り返って
選手たちが各々の力を発揮してくれたおかげで、勝ち点を取ることができました。良かったと思います。

—初戦、左の田中誠也選手の先発が予想された中、毛利選手を先発起用しましたが、それは状態の良さを第一に考えてということでしょうか
はい。仰る通りで、調子が良い選手を使っていこうと思って、彼(毛利選手)を出しました

—その期待に応え、見事決勝打を放ちました
代わった中﨑君の真っすぐが良かったので、そのボールに振り負けるなと。(考えることは)それだけで良いから、真っすぐを狙おうという話をしましたね。もともと良いセンスを持っている者なので、あとは気分が乗ってきていけば彼は手が付けられない選手になると思います。そういう意味では今、一番乗っているんじゃないですかね。

—先発の朝山選手は8回途中まで投げ抜きました
あの試合に関しては、非常に朝山のできが良かったので、もういけるところまでいこう、という風に、(途中からプランを)変えましたね。良い投球をしてくれました。

—今日は高田孝選手が好投を見せました
良かったと思います。非常に。

—打撃ではここまで安打のなかった宇草選手の適時打で先制しました
やっぱり、ツーストライクに追い込まれながらも、ちょっとバッティングを変化させて、何とかしてやろうというその気持ちをもってやっていたと思います。それがあのタイムリーにつながったのかなと思います。ナイスバッティングでしたね。

—その後、すぐに追いつかれましたが、高田孝選手の適時打で3点を勝ち越しました
高田は自分のピッチングを助けたというか、本当にナイスバッティングでした。本来バッティングは良い選手なんですよね。リーグ戦でも良く打ってますから、それに懸けるところもありました。(相手投手から見て)ピッチャー相手ということで、カウントを悪くしてしまって、ツースリーまでカウントがいったというのも、あのような結果につながる追い風になったのではないかなと思いますね。それにしても良く打ったと思います。

—今日は6回から継投に入りましたが、石川選手の調子が心配されます
そうですね。ブルペンでは非常に状態は良いんですけど、いざ試合でバッターに対すると、なかなか、難しいみたいですね。次は1週空くので、しっかり修正をかけたいと思っています。

—打撃では安本選手の状態も心配です
(状態は)あまり良くないですね。ただ1本出れば浮上してくるんじゃないかなと思っています。この1週空く中で、調整したいと思います。

—内沢投手は今日の試合が今季初登板となりました
良かったですね。1イニングは5球でピシャリですから、これはもう2回行かせようと思いました。2イニング目で少し力んでしまって、先頭に四球を出して、タイムを取ってマウンドで「しっかりしなさい」という話はしましたが、その後の山田君までしっかり打ち取ってくれたので、良い仕事をしてくれました。

—新井選手は今日も登板し、開幕からの4試合連続出場となりました
今日の試合はあそこはもう新井に託すしかないなと。一人一殺という感じで、良い仕事をしてくれましたね。

—9回、中村迅選手が一度は本塁打と判定された二塁打を放ちましたが、あの判定について
あれは、フェンスに青いラバーがあって、そこのラバーに当たった後、選手に当たって、(バックスクリーンに)入ったということでした。そういう説明を(審判から)してくださったので、納得しました。 

—札葉選手が2戦連続の代打で安打を放ち、今日はそれが貴重な適時打となりました
素晴らしい。素晴らしいですよ。相手に一番ダメージを与えるような(安打でした)。あの1本が1つの勝因じゃないですか。

—ここまでの4戦、打線は安打数こそ多くないものの、一人一人が粘り、ワンチャンスをものにた印象があります。監督から見て現在の打線はいかがですか
まあ、(調子の)良い選手もいれば悪い選手もいて、いろいろですけど、リーグ戦なので、相手もさまざまなデータを取りながら、抑えようと必死になってきています。その中で、各々が打席の中でしっかり考えながら、できているんじゃないかなという感じで見ています。

—開幕4連勝となりましたが、チームの雰囲気は
チームの状態はやっぱり、非常に良いですね。

—次戦は1週空けて、昨季王者・明大との戦いになります
まずは最高のスタートが切れたので、その雰囲気だったり、勢いというのは維持しながらやっていきたいと思います。あとはこの4試合でいろいろな課題もできていますし、選手たちにも言ったんですけれど、良いところ、悪いところをしっかり考えながら修正する。また、良いものは続けていくと。そのような空き週にしようという話をしました。

—最後に明大戦への意気込みをお願いします
やっぱり、(明大は)日本一になっていますから、力は当然あります。胸を借りるつもりで、挑みたいと思います。しっかり準備をして、万全の状態で明治戦に臨めるように、やっていきたいと思います。

選手インタビュー

宇草孔基 副将

—今日の試合を振り返って
毎試合毎試合一戦必勝でやっていて、今日の試合で4連勝できて良かったなと思います。

—3回に今季初安打となる先制適時打を放ちました
変化球で攻められることが多くなってきているので、(相手投手の)チェンジアップも良かったですし、そこは腹を決めて打席の前に出て、ノンストップで食らいついた結果だったと思います。

—4回の中前打は高田孝選手からつないだ1本でした
ここ数試合、本当にピッチャーに頑張ってもらっている試合が続いていて、あの打席の前も高田が自分で打って点を取ったので、やっぱり野手も何とか頑張らなきゃなという気持ちでいました。タイムリーにはならなかったですけど、次につなぐという気持ちだけでいきました。

開幕4連勝で勝ち点を2としました。チームの雰囲気は
メンバー外の人たちもみんな、勝つために本当に一生懸命応援してくれていますし、チームが一つになっているので、みんなのおかげだと思います。

空き週はどんなことに取り組む
まずは体の調子をしっかり整えて、まずは明治戦に向かって気持ちと体を整えてやっていきたいなと思います。

明大戦に向けて
スタンドの応援もありがたいですし、特にメンバー外の4年生の声掛けや応援が自分の中では本当に心強いです。なかなか結果が出ていない人もいますけど、支えあってチーム全員で勝ちを取れたらいいなと思います。

内沢航大 投手

—今日の試合を振り返って
個人としては初登板だったんですけれど、チームとしては投手がいい粘りで来ていたので、自分も続いていこうという気持ちで投げました。

—4試合目で初登板となりましたが調整などは
調子が悪いというのはなかったんですけれど、小刻みにつなぐ継投でこの3試合やってきていたので、自分の出る場面がなかった感じですね。

—7回は三者凡退に抑えました
前の回に失点してテンポが悪かったんですけれど、自分が3人で抑えたらまた締まってくるのかなと思って、先頭打者をしっかり打ち取ったり、1球目というのをしっかり意識して投げることができました。

—8回はピンチを招くも、後続を打ち取りました
四球を出したのは自分のミスで申し訳なかったんですけれど、その後はしっかり2つ取れたので良かったですね。その後に(新井、営4)悠太朗に迷惑はかけてしまったのですが、0で抑えることができたのでチームとしては良かったのかなと思います。

新井選手へ降板時にかけた言葉
直接届く範囲のことはなかったんですけれど、アイコンタクトで「頼むぞ」っていう気持ちを送りました。

好投が続く投手陣を投手責任者である内沢投手から見て
春のリーグ戦でかなり打ち込まれて、夏のオープン戦では監督も戻ってきて、直接的な指導というのはなかったんですけれど、1人1人が考えてどうすれば抑えられるかというのを仲島(大雅学生コーチ、人4)も含めてやれていけたのでそれは良かったのかなと思います。

プロ志望届を提出しましたが、改めて内沢投手のアピールポイントを教えてください
角度ある真っ直ぐとその真っ直ぐで押せることが魅力かなと思います。

再来週は春の覇者・明大と対峙します
チームとしても2連勝しているのでその流れのまま、まずは1勝して最終的には勝ち点を取れればいいのかなと思います。頑張ります!

高田孝一 投手

—今日の試合を振り返って
先発ということで、試合を作れるようにテンポよく投げることを意識してやっていました。

先週の試合から準備などで変えたことは
良い意味でなにもしなかったので、それが前回と同じように投げることにつながったと思います。

—直球中心の投球に見えたが意識していたことは
昨日投げた朝山さんから真っ直ぐで押せるとアドバイスをもらったので、1巡目から真っ直ぐで押していきました。

点を取られた直後にタイムリーを放ったがどのような気持ちで打席に入ったか
相手のピッチャーにタイムリーを打たれてしまったので、いい場面だったこともあり、なんとか打ち返してやろうという気持ちで思い切り振りました。

降板後に監督からかけられた言葉は
特になかったが、2試合先発を任されてどちらも5回で交代してしまってるので、少しでも長く投げられるように空き週を挟んで準備していきたいと思います。

次回以降登板に向けて
明治、慶応と手強い相手ですが、いつも通り自分のやるべきことをしっかりとやっていきたいと思います。

中村迅 内野手

—今季初打席でした
初球からどんどん振っていこうと思って打席に入りました。

結果はフェンス直撃の二塁打で、好機を演出しました
最初はセンターフライかと思いましたが、案外伸びてくれたのでよかったです。

途中出場への備えは
常にいける準備はしておこうと思っています。

チームはこれで4連勝です
チーム全員でつかんだ勝利だと思うので、これからも頑張りたいと思います。

次戦へ向けて
まずは1戦目を勝つことだけ考えて、次は空き週なのでしっかり練習して臨みたいです。

札葉弘樹 外野手 

—今日の試合を振り返って
序盤投手戦が続き、その中で先制して、追いつかれ、その後大量得点をとったあとに自分たちの中で落ち着いてしまった部分があり、苦しい展開になってしまったのですが、最後勝ち切れたのでそこは良かったと思います。

昨日に引き続き代打で安打を放ちました
しっかり監督からも言われていますし、準備はできているので初球から打ちにいけて、ラッキーな当たりでしたが、結果は1点入ったので良かったです。

監督からの指示とは
チームの雰囲気作りだったりという意味で、ベンチで声を出したりしながら、状況によって自分で判断して代打の準備をしっかりするように言われているので、そこはしっかりやっています。

現在のコンディションは
ここまできたら、もう技術ではない。自分自身もラストシーズンなので気持ちだけは強く持っています。調子はヒットが出ているので良い方だとは思いますが、最後は気持ちで打っています。

これまでも清水俊作選手(文4)と共に代打要員として待機していました
今も俊作とは、コンビと言いますか、(相手投手が)左なら清水、右なら自分という感じでやらせてもらっているので、お互い声を掛けながら、「次、俺声出しておくから準備行っていいよ」というような、声をお互いに掛け合いながらやれているので良い関係だと思います。

現在チームが結束しているのは札葉選手の声出しが大きいのではないでしょうか
いいえ、自分たちは試合には出ていないので、ベンチをまとめる役としては自分たちがしっかりしなければいけないというのはありますが、チームとしてはキャプテンの福田(光輝、人4)がしっかりしてくれているのでそこが一番だと思います。

今季結果が出ていますが、夏に取り組んだことは
自分は自分の役割としまして、声を出すことと代打ということに絞って練習してきたので、守備走塁を捨てたわけではないですが、しっかりバッティングに特化してチャンスで1本出せるように夏から準備はしてきました。

代打で出場する際に意識していることは
準備を遅らせないことを1番に考えていまして、その中で、初球からスイングできる準備をするということと、あとは状況判断をしっかりして、その時にこういうバッティングが求められているというのをしっかり考えて打席には入るようにしています。

今季の法大の強さの要因は
『一喜一憂しない』ということは、今季キャプテンからも、監督からも言われていることで、1戦1戦切り替えて、勝っても次も絶対勝つぞという思いでしっかりやれているので、集中して全員ができていることが1番の要員だと思います。

ーチームの雰囲気も良いですか
そうですね。勝ちが続いているので、良い雰囲気でできていると思います。

ー次戦に向けて意気込みをお願いします
昨季、優勝している明治相手なので、本当に今までと一緒でチャレンジャーのつもりで、1戦1戦しっかり戦っていきたいと思います。

フォトギャラリー

  • DSC 5145 R800先発した高田孝は5回1失点で今季2勝目を手にした
  • DSC 5397 R800宇草の今季初安打は先制の適時打となった
  • DSC 5923 R800相馬は今日も2安打を放ち、チームトップの打率.462をマーク
  • DSC 6118 R800柏野は走者を背負った状態での登板となったが、最少失点で切り抜けた
  • DSC 6448 R800今季初登板となった内沢は1イニングを5球で終わらせる投球を見せた
  • DSC 6560 R800あわや本塁打というあたりの二塁打を放った中村迅
  • DSC 6646 R800札葉は前日の試合に続き勝負強さを発揮した
  • DSC 6856 2 R800これで開幕4連勝となった
 
 
 
 
 

最近の記事

 

S  85311501スポーツ法政 最新号

 

 

定期購読の申込み