硬式野球

【硬式野球】東京六大学野球 秋季フレッシュトーナメント 対早大戦 先発・古屋敷が11奪三振の好投を見せるも、打線がつながらず、痛い敗戦に…

東京六大学野球秋季フレッシュトーナメント 対早大戦
2019年11月6日(水)
神宮球場

今季は慶大とのデッドヒートの末、惜しくも2位という結果に終わってしまった法大。その悔しさをぶつけるべく、今日のフレッシュトーナメント1回戦に臨んだ。1回表、4番・小池智也(営2)の左前適時打と相手の失策で幸先良く先制に成功。先発の古屋敷匠眞(営2)が6回まで毎回奪三振の好投を見せるも7回裏に4連打を浴び、逆転を許す。9回表、小池がチームで1回表以来となる安打を放ち、出塁するも万事休す。悔しさの残る試合結果となった。

古屋敷1C R
11奪三振の快投を見せた古屋敷

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
法 大 2 0 0 0 0 0 0 0 0 2 3 1
早 大 0 0 0 0 0 0 3 0 0 3 7 1

(法大)●古屋敷、平元-大柿
(早大)○山下-尾﨑
[本塁打] なし

 

打撃成績

打順位置選手打率123456789
1 (7) 宮﨑秀 4 0 0 .000 中飛 中飛     一ゴ     一ゴ  
2 (6) 海﨑 4 1 0 .250 右安   左飛     三振     遊飛
3 (4) 齊藤大 3 0 0 .000 四球   一直     中飛     二ゴ
4 (9) 小池 4 2 1 .500 左安①   中飛     二ゴ     遊安
  R 大本 0 0 0 ---                  
5 (2) 大柿 4 0 0 .000 二飛     中飛   遊ゴ     二ゴ
6 (3) 野尻 2 0 0 .000 死球     二ゴ     三振    
7 (5) 中原 3 0 0 .000 三振     一ゴ     二ゴ    
8 (8) 神野 2 0 0 .000   右飛     投ゴ        
  H 諸橋 1 0 0 .000               三振  
  8 中村泰 0 0 0 ---                  
9 (D) 高田桐 2 0 0 .000   一ゴ     遊ゴ        
  HD 松田 1 0 0 .000               三振  
    30 3 1 .100                  

 

投手成績

  球数 打者 防御率
古屋敷 6 2/3 97 27 7 11 0 3 4.05
平元 1 1/3 19 4 0 3 0 0 0.00
8 116 31 7 14 0 3 3.38

 

ベンチ入りメンバー

11 杉下裕哉(営2=氷見) 27 大柿廉太郎(法1=健大高崎) 1 諸橋駿(法2=中京大中京)
15 宮原大樹(法2=宇治山田商) 6 中原輝也(人2=尽誠学園) 2 中村泰賀(経2=札幌一)
18 古屋敷匠眞(営2=八戸工大一) 24 齊藤大輝(人1=横浜) 7 神野太樹(キャ2=天理)
19 平元銀次郎(営2=広陵) 31 海﨑雄太(文1=埼玉栄) 9 田中雄大(文2=京都外大西)
16 扇谷莉(営1=東邦) 25 野尻幸輝(営1=木更津総合) 38 小池智也(営2=八戸学院光星)
17 石田旭昇(文1=東筑) 5 大本遼(経2=掛川西) 3 樺嶋竜太郎(人1=福岡大大濠)
20 後藤克基(法2=滋賀学園) 26 東拓(人2=日大鶴ケ丘) 8 宮﨑秀太(営1=天理)
32 長岡興平(人2=佐倉) 23 松田憲之朗(キャ1=竜谷大平安)    
12 村上喬一朗(法1=東福岡) 34 高田桐利(営1=広陵)    

 

戦評

今期リーグ戦を惜しくも2位で終えた法大。興奮冷めやらぬなか、迎えたのはこれからの法大を担う1、2年生が出場するフレッシュトーナメント。

初回2番・海﨑雄太(文1)が右前安打で出塁すると3番・齊藤大輝(人1)が四球を選び初回からいきなり好機を作り出す。続く4番・小池智也(営2)が見事左前適時打を放ち幸先よく先制。その後失策が絡むなど、初回から2得点を挙げる。

小池2 R
先制のホームを踏んだ海﨑

フレッシュリーグ第1戦の先発を任されたのは古屋敷匠眞(営2)。本格派の右腕は「コンディションは完璧で途中まで思い通りに投げられた」という言葉通り6回まで140キロ後半に迫る速球を武器に毎回奪三振と三振の山を築き、早大打線を完璧に封じ込める。しかし、古屋敷の見事な投球とは対象的に法大打線は2回以降早大先発・山下拓真に対して完璧に抑え込まれてしまう。2回以降は両チームスコアボードに0が並ぶ投手戦となった。

6回を終えて、わずか3安打と沈黙していた早大打線。しかし7回裏、法大は早大の4番・橘内俊治の中前安打をきっかけに4安打と打ち込まれ、一挙3点を許し、逆転される。2死三塁となった所で法大は平元銀次郎(営2)を投入。「思い切り投げられた」と言う左腕はその言葉通り続く1番・福本翔を見事空振りに仕留め後続を断ち、勝利への望みを繋げる。

このままでは終われない法大。8回表に諸橋駿(法2)、松田憲之朗(キャ1)などを代打に送るがなかなか好機を演出することができない。後が無くなった9回表。2死から4番・小池が執念の内野安打を放つ。その後代走に大本遼(営2)を送り5番・大柿廉太郎(法1)に最後の望みを託したが二ゴロに倒れ、試合終了。

DSC 4857 RR
明日以降の打線の奮起に期待だ

2ー3と大事な初戦を落としてしまい、悔しい結果に終わってしまった法大。リーグ戦メンバー同様打撃に課題が残る。残り2試合の中で修正点を一つひとつ克服して欲しい。しかし、古屋敷や平元を初め要所要所にいいプレーがあったことも事実だ。これからの法大を引っ張っていく若きナインに期待したい。
(海津航)

クローズアップ:古屋敷 匠眞

春季フレッシュリーグは4位と悔しい結果に終わり、今季こそは優勝を目指す法大。大事な初戦の先発を古屋敷匠眞(営2)に託した。

古屋敷は春季フレッシュリーグ東大戦と明大戦に登板し、明大戦では圧巻の投球を見せ完封勝利を挙げた。今日の試合では140㌔を超える直球を披露し、相手打線に出塁を許さない。初回に2点の援護をもらった古屋敷は、3回裏に1死二、三塁のピンチを迎えるも落ち着いた投球で無失点に抑えた。しかし7回裏に最大のピンチを迎える。早大打線から連打を浴び、1死二、三塁に。さらに古屋敷の送球による失策も重なり、勝ち越しを許してしまう。6 2/3回を投げ、古屋敷はマウンドを後にした。

惜しくも敗戦を喫したが、試合後「ほぼ思い通りに抑えられていました」と確かな手応えを語った。古屋敷は春季フレッシュリーグと夏季オープン戦を経て、勝負球でもある直球だけでなく変化球も磨いたことについて「非常に成長できている」と話す。法大の次世代の中核を担うであろう古屋敷の成長はまだまだ止まらない。

(山岡菜月)

古屋敷2C R

 選手インタビュー

古屋敷 匠眞 投手

ー今日の試合を振り返って
今日の試合は5回までほぼ思い通りに抑えられていました。7回は真っ直ぐ主体で投げていたのを、変化球に切り替えて、変化球でタイミングを外して行こうと思っていた中で、変化球でカウントを取り、最後結局真っ直ぐで勝負しに行き、打たれたのが反省点です。

ー試合前のチームの雰囲気
学生コーチの駿(中村、キャ4)さんをみんなで優勝させようって言って、雰囲気はすごく良かったと思います。

ー今日のコンディションは
コンディションはほぼ完璧で、途中まで思い通りに投げられていたんですけど、そんな簡単にポンポン抑えられるような感じではなかったなと思います。

ー春季フレッシュリーグを経て、得た収穫や課題
春のフレッシュでは自分の真っ直ぐでもっと押していけるなと自覚して、更に変化を磨けばもっと楽に長い回しっかり抑えられるってことで、秋まで投げてきました。変化球でもカウントを取ったり、三振を取れたりして、真っ直ぐも見せ球だったり勝負に使えたりして非常に成長できているなと感じています。

ー夏の期間に取り組んできたこと
チーム全体の練習で走り込みだったり、自分の中ではトレーニングに重点を置いて身体を鍛えました。

ー今日勝ち越しを許した場面で、失策がありました
あそこの場面は膝に当たった後で、ボールしか見えてなく、ファーストがいるものだと思って投げたところが、ファーストも前に来てて送球エラーという形になってしまいました。こっちが2点勝ってて、1点取られても勝ってる状況だったので、当たった後もう少し冷静に考えられれば良かったなと思います。

ー明日に向けての意気込み
もう優勝は無くなってしまったんですけど、明日しっかり勝って3位決定戦の方に進めればいいかなと思います。

平元 銀次郎 投手

―今日を振り返って
(打者を抑えることに)一生懸命すぎて何も覚えてないです。

―春季フレッシュリーグからの課題点と修正点
ずっとフォームがバラバラだったのでもう1回一から見直して、様々な方と色々な協力があって少しずつ固まってきたかなという感じです。

―今日の登板までに準備したこと
普段通りです。

―2死三塁からの登板となりましたがその時の意気込み
三球振らせればいいという感じだったので三球ストライク投げたらランナーも空いてますし思い切り投げられたかなと思います。

―リーグ戦ではスタンドからの応援となりました
(リーグ戦で投げることがひとつの目標だと思うので)悔しい気持ちでいっぱいです。

―次の登板に向けて
普段通りに頑張ります!

海﨑 雄太 内野手

ー今日の試合を振り返って
初回に点を取ったんですけどその後打者陣が古屋敷さんが良いピッチングをしていたのに、それに応えられなかったのが申し訳ないです。

ー緊張は
入りは緊張したんですけど、やっていくうちに自分自身ものってきて楽しめました。

ーチーム初安打を放ちました
とりあえず塁に出てチャンスメイクをすることが自分の役割だと思っていたので、塁に出れて良かったです。

ー遊撃の守備は
一つひとつアウトを取ってその積み重ねが勝利に繋がると思って必死でした。

ーチームの雰囲気は
試合中も明るくて何とかチャンスを作ろうと思っていたんですけどなかなかできなくて、結果的にそういうところで早稲田さんに負けてしまったのかなと思います。

ー明日の試合に向けて意気込みをお願いします
今日色々課題が出たところは潰して、その良いところは継続して勝てるように頑張っていきたいと思います。

フォトギャラリー

  • 海﨑 Rチーム初安打を放った海﨑
  • DSC 3913C R2安打1打点の小池
  • 古屋敷2C R11奪三振の快投を見せた古屋敷
  • 大柿C R5番に抜てきされた大柿だったが快音響かず
  • 諸橋 Rこの試合で主将を務めた諸橋
  • DSC 4727C R2番手で登板の平元は1 1/3回を無失点に抑えた
  • DSC 4825 R代走で出場した大本
  • DSC 4857 R明日以降の打線の奮起に期待だ
 

 

 
 
 
 
 

最近の記事

 

S  87621673スポーツ法政 最新号

 

 

定期購読の申込み