硬式野球

【硬式野球】2019年秋の戦いを終えて 2、3年生コメント~柏野智也、鈴木昭汰、高田孝一、三浦銀二、中村迅、宮本隆寛~

2019年10月27日(日)
神宮球場


 開幕6連勝と快進撃を見せた法大。しかし、宿敵・慶大から勝ち点を奪うことができず、結果は2位に終わった。ただ、屈辱的な結果に終わった春から大きく成長し、『結束』を見せた今季。4年生とともにプレーした最後のリーグ戦を、下級生の選手に振り返っていただいた。(※東大2回戦後の取材を掲載しております)

DSC 5790 2 R800
先発投手として今季のチームを支えた高田孝

選手コメント

柏野智也 投手

今季を振り返って

出された場面で、自分のピッチングをすることができたので良かったと思います。

 

今日は久々の登板となりましたが、監督に告げられたタイミングや調整は

監督からは特に何も言われていなかったんですけど、いつも試合に出るという気持ちを持ちながら、ピッチングをしていたので、何も変わらず行くことができました。

 

今季は特に投手陣の活躍が見られました。投手陣の春と違う部分は

春と違う部分は団結力ですかね。ピッチャー陣の中でも団結力が生まれてきて、先発が頑張ってくれたので中継ぎ陣も、勝たせてあげようという気持ちを持ってやることができました。それが秋のリーグの成績に出ました。

 

—4年生へメッセージ

4年生には3年間お世話になって、良い先輩たちだったので、これからも社会人に行っても頑張ってほしいです。

 

福田主将率いる今年のチームはどんなチームだったか

福田さん自体が気持ちが強い人で、それにみんなが乗っかっていくチームだったので、気合いの強いチームだったと思います。

 

来年は最高学年となります。どんなチームにしたいか

今年みたいにチーム全体で結束して、全員で勝てるようなチームにしていきたいです。

 

冬のオフ期間どのような取り組みをするか

自分の投球がより良いものになるように、走り込みだったり、ウエイトだったりを、どんどんしていこうかなと思います。

 

来季の目標は

個人的で言ったら、出された場面はまた無失点で抑えることと、チームはリーグ戦で優勝して、神宮大会でも優勝できるようにしたいと思います。

 

DSC 2601 2 R600

鈴木昭汰 投手

—今季を振り返って

春の課題はしっかり克服できたと思うんですけど、最後の最後で1点取られてしまって。次の春に先発をやるにしてもそれが課題になってくると思いますし、詰めの甘さというのを解消していけばもっと結果を残せると思います。良いところも悪いところもあったかなと思います。

 

自責点1という結果については

総合的には良かったと思いますけど、自責点じゃなくて内容的にも良かったのかなと思います。

 

昨季に比べて良くなった理由は

中継ぎだったというのもあるんですけど、ボールの強さは明らかに良くなりました。右バッターのインコースにどんどん良い球を投げることができたのでそれが一番の要因ですし、スピードも結構上がってその分変化球がより効果的になったので、楽にピッチングができるようになった結果がこのようになったのかなと思います。

 

—4年生が引退されます

本当に今の4年生にはいろいろな所でお世話になりました。特に朝山さんには本当にお世話になったのですごく寂しい思いはありますけど、来年から一番上の学年なので、朝山さんとか4年生の姿を見て僕も真似しないといけないなと思いました。朝山さんと、いろいろな意味では福田さんにはとてもお世話になりました。

 

福田選手の『いろいろな意味』とは

一緒にトレーニングもしたし、怒ってくれたりもしたし、打たれた時のケアもよくしてくれて。本当に面倒見が良いというか、とてもお世話になりました。

 

朝山選手については

朝山さんはもう、僕の師匠なので。野球以外のところでもお世話になったので一番仲がいいです。

 

来年に向けて

来年は特に野手が(リーグ戦)未経験の人が多いので、ピッチャーの中でも僕や高田だったり三浦とか残っているメンバーがしっかり引っ張って接戦をものにできるようなチームにしていけば野手も着いてくると思いますし、やっぱりピッチャー陣で引っ張っていきたいなと思います。

 

DSC 8271 2 R600

高田孝一 投手

ー1年間を振り返って

去年デビューをして、今年は2年目という中で、春は思うような投球ができなかったので、そこは春が終わってから頑張って秋はある程度の結果は残すことができたので、そこはすごい成長したなと思います。

 

ー夏のオープン戦で好投を続け、開幕投手の座を射止めました

春のオープン戦である程度、自分の手応えとしては良かったのであとはやってきたことを出せればいけると思っていたので、それが(結果として)出てくれたので良かったと思います。

 

ーその試合では5回零封、見事なスタートダッシュをきったと思います

今シーズンの2カ月間で調子の波というのはあまりなかったので、そのコンディショニングはできたのかなと思います。

 

ー打撃も好調でした

バッティングはあまり練習していないんですけれど、なんとか良いところだったり、チャンスに絡めたのでそこは良かったと思います。

 

ー1年ぶりにシーズンを通して先発で起用されました

去年の秋に関しては前半戦に調子が悪い中で(青木久典)監督になんとか使ってもらったという感じでした。今年は自分の投球がある程度、頭で描いていたどおりにできたので、今年の方が価値のある、シーズン通しての投げきりだったと思います。

 

ー今後の課題

真っ直ぐはすごく良くなってきたんですけれど、もうちょっと力をつける、球速を上げることと、変化球でカウントだったり三振はあまり取れていないので、この冬しっかり練習して磨いていきたいと思います。

 

ー取り組みたいこと

もう1回、一から体を作り直して、投げ込みもちゃんとやっていきたいなと思います。

 

ー印象に残った試合は

春と秋の慶応戦は両方とも唯一、勝ち点を取れなくて、両試合とも先発で投げさせてもらって慶応を抑えきる試合を作ることができなかったので悔しかった思いがあります。来年は慶応に勝ちたいです。

 

ーお世話になった4年生は

今の3、4年生の投手は4年生がすごく優しくというか、接しやすいですね。今の上級生の投手陣は仲が良くて、特に内沢(航大、キャ4)さんとか、朝山(広憲、法4)さんとか挙げたらきりがないんですけれど、メンバーに入っている4年生みんな優しく私生活も指導してくれたし、練習でも色々教えてもらっていたり吸収することが多かったです。とても感謝しています。

 

ー内沢投手が「高田には期待している」ということをおっしゃっていました

すごい期待してもらっているので、秋よりももっと良い結果を来春、秋と出せるように期待に応えられるように頑張りたいです。

 

ーファンの方に向けて

1年間応援、ありがとうございました。来年こそは自分たちの力で優勝できるようにがんばりますので、またご声援のほどよろしくお願いします。

 

DSC 5790 2 R600

三浦銀二 投手

ー今季を振り返って

抑えという初めてのポジションだったんですけど、先発よりも気を使うところが多くて神経を使いました。(クローザーをやったことは)いい経験になったし、今後の自分の成長の糧になったと思います。

 

ー4年生と戦う最後のシーズンでしたが

ゲームをちゃんと締めなければいけないという使命感や、先輩の勝ちを消してはいけないという思いが強くあって、先輩たちが優勝するために自分がやれることをしっかり考えることができたシーズンだったと思います。

 

ー来季への課題は

ランナーがでたときの投球が不安だったので、課題として持ち帰ろうと思っていますし、来季は先発として投げたいので、そこで出てくる新たな課題を逐一潰していきたいと思います。

 

ー今後取り組むことは

さっきも言ったように、来季は先発をやりたいので、自分の中で先発をやる上で大事だと思っているコントロールとスタミナを重点的に強化していきたいと思います。

 

ー来季から上級生になりますが、それについての意識は

やることは変わらないし、やるべきことをしっかりとこなしていくだけです。責任はもちろん大きくなるんですけど、自分がやるべきことを整理して(来季に)臨みたいです。

 

ー先発とクローザーの準備の違いは

先発は1イニング目から全力で投げなきゃいけないので、(クローザーよりも)早めの準備が必要なのでしっかり調整できるように頑張ります。

 

ー4年生へメッセージをお願いします

4年生と一緒にプレーしてたくさんいいものを見させてくれたので、今後は自分たちが上級生として、学んだことを下級生に受け継いでいきたいと思います。

 

DSC 4109 2 R600

中村迅 内野手

今季リーグ戦を振り返って

いろいろな経験ができたので、来年の春に向けて頑張っていきたいです。

 

今季は先発出場を果たし、打撃でもチームに貢献しました。ご自身の活躍を振り返って

少しは打てたんですけど、まだまだだと思うので、しっかり練習して打てるようにしたいです。

 

4年生へメッセージ

本当に良い先輩ばっかりだったので、次のステージに行っても頑張ってほしいです。

 

一番お世話になった4年生は

常総の先輩であった宇草(孔基、営4)さんですね。高校からずっと一緒にやってきて、宇草さんはプロに行くので活躍してほしいです。

 

来年は最高学年になります。4年生から引き継ぎたいことは

来年は引っ張っていく立場になるので、宇草さんや福田(光輝、人4)さんみたいなリーダーシップを持って、引っ張っていきたいです。

 

来季の目標

チームとしては春の優勝を目指して、冬しっかり頑張っていきたいです。

 

DSC 3889 2 R600

宮本隆寛 内野手

今季を振り返って

4年生が最後の大会ということで、自分もなんとか力になりたいと思っていましたが、立教戦で盗塁を刺されて、その後出番なく悔しい気持ちもありました。最後は4年生の勝利に貢献できたかなと思うので最終的には良かったなと思います。

 

今季はランナーコーチャーを務めましたが学んだことは

自分がランナーコーチという立場からケアすることで4年生が試合に集中して、結果的に勝ちにつながることがあるということを学べたので、そういったことを下の学年にも伝えていきたいと思います。

 

来季への課題は

4年生は力のある選手がたくさんいましたが、自分たち3年生はスタメンで出ている選手も少ないので、一人一人が冬に振り込んだり、守備練習をして、自分だけでなく全体のチーム力も上げていきたいと思います。

 

来季への目標

まずは自分がスタメンで出れるように一生懸命練習するし、特にバッティングでは振り込んで良い打球を打ちたいと思っています。法政大学は日本一を取るべき大学だと思っているので、自分たちの代で春秋と結果を出して優勝したいです。

 

4年生へメッセージをお願いします

4年生に支えてもらった面が非常に多くて、本当に感謝の気持ちに尽きます。今の4年生も来年(リーグ戦を)観に来てくれると思うので、その感謝の気持ちをプレーという形で返していきたいと思います。

 

 DSC 7463 2 R600

 
 
 
 
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

1C68FCC1-2EEC-4638-A3AB-01B3B779FE6F

 

 

定期購読の申込み