硬式野球

【硬式野球】東京六大学野球春季リーグ戦 第3日 早大1回戦 リーグ史上初となるタイブレークの行方は法大へ!神野の劇的サヨナラ犠飛で連勝に成功!

東京六大学野球春季リーグ戦 第3日 早大1回戦
2020年8月12日(水)
神宮球場

 昨日の東大戦に快勝した法大は早大と対峙、試合は投手戦の様相を呈した。先発の高田孝一(法4)は6回1/3を1失点と試合を作ると、7回裏、敵失による得点で同点に追いつく。その後も両チームの救援が無失点投球を続け、試合は東京六大学史上初となるタイブレークへ。無死一、二塁からの登場となった山下輝(営3)が要所をしのぎ、0で抑えると、その裏に守備から途中出場していた神野太樹(キャ3)が値千金となるサヨナラ犠飛を放ちゲームセット。見事に連勝を果たしたのだった。

DSC 9859 R
サヨナラ犠飛を放ち、チームメートからもみくちゃにされる神野

試合結果

トータル試合結果

 12345678910HE
早 大 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1 7 1
法 大 0 0 0 0 0 0 1 0 0 2 5 0

(東大)徳山、山下、●柴田—岩本
(法大)高田孝、鈴木、三浦、○山下輝—大柿
[本塁打] なし

 

打撃成績

打順位置選手打率12345678910
1 (9) 宮﨑 4 1 0 .400 右飛   右安     一ゴ   右飛    
  7 片瀬 0 0 0 .250                    
2 (8) 永廣 4 2 0 .375 三振   右安     遊安   中飛    
3 (5)3 中村迅 4 0 0 .333 三振   併殺     一邪   三振    
4 (7) 村田 4 0 0 .286   三振    右飛   三振     三振  
  1 山下輝 0 0 0 ---      
           
5 (6) 佐藤勇 3 1 0 .286   中安   右飛     四球   三振  
  R 宮本 0 0 0 ---                    
6 (3) 羽根 2 0 0 .000   右飛   三振            
  H4 齊藤 1 0 0 .250             投ギ   三振  
7 (4)5 高田桐 4 1 0 .400   右安     遊飛   遊ゴ     三ゴ
8 (2) 大柿 3 0 0 .143   一邪     二ゴ   遊失     敬遠
9 (1) 高田孝 2 0 0 .000     三ゴ   二ゴ          
  1 鈴木 0 0 0 .500                    
  H 野尻 1 0 0 .000             三振      
  1 三浦 0 0 0 ---                    
  9 神野 0 0 1 ---                   中犠
    32 5 1 .266                    

 

投手成績

  球数 打者 防御率
高田孝 6 1/3 114 28 5 6 4 1 1.42 
鈴木 2/3 14 4 0 2 2 0 0.00
三浦 2 27 7 2 0 0 0 0.00
山下輝 1 10 2 0 0 0 0 0.00
10 165 41 7 8 6 0 1.89

 

ベンチ入りメンバー

10 中村迅(営4=常総学院) 27 渡邉雄太(キャ4=いなべ総合) 37 羽根龍二(社4=日大鶴ヶ丘)
鈴木昭汰(キャ4=常総学院) 32 大柿廉太郎(法2=健大高崎) 永廣知紀(営4=大阪桐蔭)
13 高田孝一(法4=平塚学園) 3 宮本隆寛(人4=健大高崎) 村田雄大(人4=横浜)
14 水澤天(営4=広島商) 4 佐藤勇基(法4=中京大中京) 片瀬優冶(人4=法政二)
15 落合竜杜(法4=常葉大菊川) 5 小谷敦己(文4=倉敷商) 25 野尻幸輝(営2=木更津総合)
18 扇谷莉(営2=東邦) 24 齊藤大輝(人2=横浜) 28 宮﨑秀太(営2=天理)
21 山下輝(営3=木更津総合) 31 海﨑雄太(文2=埼玉栄) 29 神野太樹(キャ3=天理)
26 三浦銀二(キャ3=福岡大大濠) 33 地主聡太(営4=鎌倉学園)    
22 後藤克基(法3=滋賀学園) 36 高田桐利(営2=広陵)    

戦評

 不安定な天候で試合開始が遅れた第2戦。昨季のリーグ戦で3勝を挙げた高田孝一(法4)と徳山壮磨の息を飲む投手戦が繰り広げられ、試合は東京六大学初のタイブレークへともつれる試合運びとなった。

 今日の高田孝はピンチにも動じず落ち着いていた。初回、先頭打者に安打を許すと、犠打で走者を進められ早くもピンチの場面。しかし、ノビのある直球を主体に後続を打ち取る。3回には2つの四球で自らピンチを招くも、危なげない投球で得点を許さない。援護したい打線はその裏、宮﨑秀太(営2)、永廣知紀(営4)の連続安打で1死一、三塁の好機を作る。打席には昨日全打席出塁の主将・中村迅(営4)を迎える。1ボールからの2球目を振り抜いた打球はくしくも二塁手の守備範囲内。併殺打に打ち取られ、徳山も意地を見せる。
DSC 89731 - コピー R
先発として試合を作った高田孝

 先に均衡を破ったのは早大だった。6回、4番の岩本久重が安打で出塁すると、捕逸に四球と流れを悪くしてしまう。続く7番・鈴木萌斗に左前適時打を浴び、スコアボードに1が刻まれる。7回裏、法大の攻撃。先頭の佐藤勇基(法4)がこの試合チーム初の四球を選ぶ。その後、代打・齊藤大輝(人2)の犠打などで好機を広げ、2死三塁とする。好リードで試合を作った大柿廉太郎(法2)が放った打球は遊撃手のグラブを弾く適時失策となり、同点に追いつく。
DSC 9430 R
大柿の強烈な打球は失策を誘った

 もう1点も与えられない法大は、東大戦で先発した鈴木昭汰(キャ4)、三浦銀二(キャ3)とつないで打線の援護を待つ。一方の早大も負けていない。リーグ戦初登板の山下拓馬が4者連続三振を奪う投球を見せ、付け入る隙を与えない。

 9回で決着がつかず、試合は東京六大学史上初となるタイブレークに持ち込まれた。法大の10回のマウンドに上がったのは新ストッパーの山下輝(営3)。先頭打者の犠打を防ぎ併殺打に打ち取ると、続く打者も三ゴロに抑え完ぺきな投球を披露した。その裏の攻撃、先頭の高田桐利(営2)が進塁打で走者を進めると、続く打者は歩かされ、一死満塁と一打サヨナラの好機が作られる。その打席には守備から途中出場の神野太樹(キャ3)が入った。3ボール1ストライク。5球目だった。高く上がった打球は中堅手の元へ。サヨナラ犠飛となり、価値ある1勝をものにした。
DSC 9804 R
値千金のサヨナラ犠飛を放った神野

 延長での接戦を競り勝ったことにより、明後日の明大戦に向けて弾みをつけることができた。優勝するためには、1試合たりとも落とすことはできない。総力戦で目の前の相手にぶつかるだけだ。

(高安寛)

クローズアップ:山下輝

 今日の試合、誰よりも思い入れがあったのはおそらくこの選手だろう。

 六大学史上初となるタイブレークにもつれ込むほどの熱戦となった一戦。10回表のマウンドを託されたのは山下輝(営3)だった。「2年間けがで迷惑をかけたので、投げられるようになった今季から役割をしっかり果たそうという気持ちで」と挑んだマウンド。見事チームのサヨナラ勝ちに望みをつなげる投球を披露し、無失点で切り抜けリーグ初勝利をたぐり寄せた。

 山下輝の野球人生はここまで、決して順風満帆なものではなかった。2017年夏の甲子園に出場し、『大会ナンバーワン左腕』と騒がれた木更津総合高時代。その年のU-18日本代表に選出されるなどまさに野球エリート街道を歩んできた。しかし、法大入学後はけがなどの影響もあり、ここまでリーグ戦での登板は無かった。

 今季のリーグ戦初登板までの期間、想像を絶する地道な努力を積んできたことだろう。「次戦もしっかりと役割を果たせるように頑張ります」と意気込む山下輝。3季ぶりの優勝のために、彼の力は必要不可欠となりつつある。次戦以降も彼の投球に期待だ。

(海津航)

DSC 97411 R

選手インタビュー

高田孝一 副将

―先発として6回1/3を1失点と試合を作りました
僕の中での開幕戦だったので、初回から飛ばしていこうと思っていました。何とか粘れて試合を作ることができたので良かったです。

ー開幕が延期し、ようやく今季初登板を迎えました
自粛期間中も自分の中で考えながら練習ができていて、自粛が明けて今回のリーグ戦までの間も良い準備ができていました。

ー打線の援護が無い状況で、走者を背負った投球が多かったですが
打線の援護は僕の中では関係ありませんでしたが、いらない四球や、決め球で甘く入ってしまう場面があったのでそこは見直していきたいと思います。

ー6回2死一、二塁の場面で青木久典監督がマウンドに行ったが、どのような言葉をかけられた
「球は来ているから、自信もっていけ」と言っていただきました。

ー猛暑の中での短期決戦ですが、投手陣で意識していることは
1試合総当りなので、オープン戦から1点の重みは投手陣で意識しながら臨んできましたし、自分が先発の時はなるべく長いイニングを投げられるようには心がけています。

ー2連勝しましたが、明後日以降の試合でチームとして重要になることは
今日の試合で、チームとして流れの良い形で勝てたので、その勢いのままやっていきたいですし、少ない中日の中でコンディションをしっかり維持していければ良いと思います。

ー4年生として今季への意気込みは
ラストイヤーなので、自分の投球で勝てるように気合い入れて投げていきます。

山下輝 投手

ー今日の投球を振り返って
今日はできすぎですね。

ー今日の試合では、今までのリーグ戦とどこか変化はあったか
早稲田だったので特別な思いはありましたね。

ー見事けがから復活し、リーグ戦で好投をしています
2年間けがで迷惑をかけたので、投げられるようになった今季から役割をしっかり果たそうという気持ちで臨んでいます。

ー初のタイブレークとなりましたが、どのようなことを考えてマウンドに上がったか
緊張はしましたが、何とか無失点で抑えようと投げました。

ー次の明大戦に向けて意気込みをお願いします
次戦もしっかりと役割を果たせるように頑張ります!

永廣知紀 内野手

ー今日の試合を振り返って
ガチナイス!

ー早大から点を奪うことが難しかったが、ベンチではどんな声かけを
粘っていこうと言っていました。

ー本職は内野ですが、外野の守備に安定感がありました、意識していることは
1歩目を大事にしています。

ー東大戦から打撃も好調です
自分としてはまだ本調子ではないと思っています。

ー明大戦への意気込みをお願いします
WIN!

神野太樹 外野手

ー今日の試合を振り返って
このような厳しい試合を勝てたことはチームとしてもすごく価値のある勝利だと思っています。

ー均衡した試合が続く中、どのようなことを思いながらベンチにいたか
いつでも行けるように準備していました。

ー10回裏、打席に立った時の気持ち
自分で決めてやろうと思いました。

ーサヨナラとなる犠飛を放ったが、その時の心境
少しほっとしました。

ー同校出身の宮﨑秀太(営2)選手がスタメンで出場、やはり燃えるものがある
良き後輩であり、良きライバルであるので、燃えますがお互いに(リーグ戦へ)出る時は応援しています。

ー明大戦に向けてひと言
チーム一丸となって、一戦必勝で頑張ります!

フォトギャラリー

  • DSC 8945 R初スタメンで安打を放った高田桐
  • S  39141396 R高田孝は6回1/3を1失点と試合を作った
  • DSC 9142 R佐藤勇は安定感のある守備で魅せる
  • DSC 9252 R気迫のヘッドスライディングで内野安打をもぎ取った永廣
  • DSC 9360 R代打で出場し犠打を決める齊藤
  • DSC 9524 R三浦は救援として堂々の投球を披露
  • DSC 9625 R村田の好守がチームを救った
  • DSC 97061 Rリーグ初白星を手にした山下輝

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2020-11-16

 

 

定期購読の申込み