硬式野球

【硬式野球】東京六大学野球秋季リーグ戦 第6週 慶大1回戦 5戦ぶりの白星ならず、『春秋優勝』は夢と散った…

東京六大学野球秋季リーグ戦 第6週 慶大1回戦
2020年10月24日(土)
神宮球場

 またしても『白星』をつかむことができなかった。4回裏に24イニングぶりとなる先制点を挙げた法大だったが、中盤、終盤に慶大打線につかまり勝ち越しを許す。打線は再三の好機を作ったものの、あと一本が出ず敗戦。これで5戦連続白星なしと試練の日々が続く。ナインの底力を見せるためにも、残りの試合を全力で勝ちにいきたい。

DSC 9122 RR
出口の見えない戦いが続いている

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
慶 大 0 0 0 0 0 1 1 0 2 4 7 2
法 大 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 7 1

(慶大)木澤、渡部淳、○長谷川、長谷部、関根、生井—福井
(法大)鈴木、●山下輝、落合、水澤—大柿、渡邉
[本塁打] なし

 

打撃成績

打順位置選手打率123456789
1 (9) 岡田悠 5 1 0 .368 三振   左二   三振   遊ゴ   二ゴ
2 (8) 永廣 4 1 0 .300 中安   一邪   三振     三振  
3 (5)3 中村迅 4 1 0 .269 二直   遊ゴ   遊飛      左安  
4 (7) 村田 3 1 0 .261 左飛   遊ゴ     中安      
  R 宮本 0 0 0 .000              
 
  7 宮﨑 1 0 0 .111               三振  
5 (3) 羽根 2 0 0 .176   遊ゴ   二ゴ   死球      
  R 齊藤 0 0 0 .000    
           
  1 山下輝 0 0 0 ---                  
  1 落合 0 0 0 ---                  
  H 地主 1 0 0 .000               三振  
  1 水澤 0 0 0 ---                  
6 (6) 佐藤勇 2 2 0 .364   左二   右二   投ギ     四球
7 (2) 大柿 3 0 0 .250   遊失   三振   三振      
  2 渡邉 0 0 0 .200                 死球
  R 片瀬 0 0 0 .167                  
8 (4) 高田桐 4 1 1 .235   左飛   左安①     三直   三振
9 (1) 鈴木 2 0 0 .125   遊ゴ   投ゴ          
  5 中原 1 0 0 .000             左飛    
  H 永岡 1 0 0 .000                 中飛
    33 7 1 .237                  

 

投手成績

  球数 打者 防御率
鈴木 6 135 29 2 9 7 0 0.90
山下輝 1 2/3 44 10 3 3 2 1 2.25
落合 0 1/3 4 1 0 0 0 0 0.00
水澤 1 35 6 2 1 2 2 9.00
9 218 46 7 13 11 3 2.76

 

ベンチ入りメンバー

10 中村迅(営4=常総学院) 32 大柿廉太郎(法2=健大高崎) 37 羽根龍二(社4=日大鶴ヶ丘)
鈴木昭汰(キャ4=常総学院) 3 宮本隆寛(人4=健大高崎) 2 永廣知紀(営4=大阪桐蔭)
13 高田孝一(法4=平塚学園) 4 佐藤勇基(法4=中京大中京) 7 村田雄大(人4=横浜)
14 水澤天(営4=広島商) 5 小谷敦己(文4=倉敷商) 8 片瀬優冶(人4=法政二)
15 落合竜杜(法4=常葉大菊川) 23 中原輝也(人3=尽誠学園) 25 野尻幸輝(営2=木更津総合)
21 山下輝(営3=木更津総合) 24 齊藤大輝(人2=横浜) 28 宮﨑秀太(営2=天理)
26 三浦銀二(キャ3=福岡大大濠) 33 地主聡太(営4=鎌倉学園) 39 岡田悠希(人3=龍谷大平安)
12 永岡大昇(法4=九州国際大付) 35 平柳圭汰(経4=聖望学園)    
27 渡邉雄太(キャ4=いなべ総合) 36 高田桐利(営2=広陵)    

戦評

 先週の『血の法明戦』で2連敗を喫し、初戦の東大戦以降勝ちのない法大。5戦ぶりの白星を挙げたい法大は鈴木昭汰(キャ4)に先発を任せた。

 鈴木は1回を無安打、1三振と落ち着いた立ち上がりを見せる。対する慶大の先発は木澤尚文。法大は1回、1死から永廣知紀(営4)が中前安打を放ち、盗塁を決め好機を作るも無得点に終わる。ドラフト候補の両エースによる投手戦を期待させる立ち上がりとなった。

 試合が動いたのは4回表。慶大4番・正木智也を四球、5番・福井章吾を味方の失策で出塁させ、2死ながら二、三塁のピンチを迎える。しかし、このピンチは二塁手・高田桐利(営2)のダイビングキャッチの好プレーで無失点に抑える。ファインプレーで窮地を脱した法大は佐藤勇基(法4)の右翼手を頭上を越える二塁打で好機を作り、好守備を見せた高田桐の左前適時打で1点を先制する。
DSC 8154 R
好守備を見せた高田桐

 先発の鈴木も、制球が定まらない中ピンチを切り抜ける気迫の投球が続く。だが6回表、慶大の攻撃。6番・下山悠介、8番・瀬戸西純を四球で出塁させ、2死一、二塁のピンチに。ここで打席には代打・植田響介。追い込んで5球目、三塁手の前にゴロが転がる。打ち取った当たりだったが三塁手・中村迅(営4)が捕球後二塁に転送したものの、送球が逸れオールセーフ。この失策の間に1人が生還し、同点にされる。その裏、法大の攻撃は4番・村田雄大(人4)の中前安打、5番・羽根龍二(社4)の死球で無死一、二塁とし、続く6番・佐藤勇が初球に犠打を決め、1死二、三塁の好機となる。しかし、スクイズを試みた際に3塁走者が判断ミスをしてしまい、走塁死。鈴木の女房役として、一矢報いたい大柿だったが三振に倒れ、この試合一番の得点機を生かすことができず、試合の主導権は慶大に渡ることとなった。
DSC 9097 R
スクイズを試みたが、失敗に終わった

 そして7回表には、7番・廣瀬隆太を四球で出塁させた後、正木、福井に2連打を浴び、犠飛で勝ち越し点を取られてしまう。その後も慶大から流れを取り戻せず、8回裏に相手のバッテリーミスで3塁に走者を置くも、またもや一本が出ず好機を生かせなかった。9回表には、4番手・水澤天(営4)も慶大の流れを止める事ができず、瀬戸西にダメ押しの2点適時三塁打を許してしまった。最終回の法大の攻撃も四死球で無死一、二塁の好機を演出するも後が続かず凡退し、あえなく終戦となった。

 合計で11与四死球と投手陣の制球が定まらず、打線も再三の好機であと一本に泣く。投打がかみ合わず5試合ぶりの白星をあげる事ができなかった。春季優勝の意地を見せられず、慶大の優勝に拍車をかける結果となってしまった。2戦目の明日は、投手陣の奮起と好機での一本に期待したい。
DSC 9122 R
ここから一つでも多くの白星を積み重ねたい

(閏間咲稀、根本舜平)

クローズアップ:高田桐利

 背番号『36』は攻守で輝きを放った。4回表、味方の失策から広がった2死一、二塁のピンチ。7番・若林が振り抜いた打球はセカンド後方へ。高田桐利(営2)は背を向けたままのダイビングキャッチで先制点を防ぐ。

 その裏、再び高田桐が見せ場を作る。2死二塁の好機で回って来た打席。「繋ぐ意識と、強い打球を打つ意識」を持って迎えた3ボール1ストライクからの5球目。「バットの芯で捉えられていた」という鋭い打球は三遊間を抜け、均衡を破る一打に。自身初となるリーグ戦での適時打となった。

 しかしその後チームは逆転され、勝ちにつながらなかった。「負けが一番悔しい」と、自分の成績よりもチームの勝利を一番に考える。

 今季開幕前には「バッティングをレベルアップしたい」と語っていた高田桐にとって、自信をつける1本となっただろう。昨季は1割台だった打率は改善しており、全試合出場を続けている。アピールポイントでもある守備ではいまだ失策0を継続。ここから法大の『正二塁手』として不動の地位を築く。

(高安寛)

DSC 3330 R

選手インタビュー

鈴木昭汰 投手

ー今日の試合を振り返って
勝てなくて悔しいです。

ー今日の調子は
今日はストレートの走りが良く、全体的に調子は良かったです。

ー四球が全体的に多かったように感じます
相手打線もいいので、神経使って投げたので、結構四死球は出してしまいましたが、出していい場面の四球もあったのでそこまで気にしていないです。

ー走者を出しながらも6回1失点と粘り強さが見られました
ロースコアのゲームが予想されるので、先に点を与えないように意識していました。

ー今日の負けによって春秋連覇が達成できなくなりました
悔しいですね。

ー明後日にはドラフト会議が開かれます。今の心境は
ドラフトはありますけれど、まず明日の慶応戦しか考えていません。

ー明日の試合に向けて意気込みをお願いします
一戦必勝で必ず勝ちます。

佐藤勇基 内野手

一今日の試合を振り返って
取れるアウトが取れなかったり記録にはならないミスが多く出てしまったのでもったいない試合だったと思います。

一4回には先制の走者として本塁を踏みました
先制することが大切だと思っていたので先制のホームを踏むことができてよかったです。

一2本の二塁打と四球で3度の出塁とチャンスメイクをしましたが
相手もいいピッチャーが投げているのでその中で3度出塁できたことはよかったです。

一もう少しで本塁打という当たりもありました
あそこでホームランにならないのはまだまだ力が足りてないということだと思います。

一明日以降の試合に向けて意気込みをお願いします
勝ち切れていない試合が多いですが明日は絶対勝つ気持ちを持って頑張ります。

高田桐利 内野手

ー今日の試合を振り返って
負けが1番悔しいです。

ー守備でファインプレーがありましたが、守備で意識していることは
一歩目と、ボールの目付けです。

ー適時打を放った打席に入るときはどんな気持ちでしたか
繋ぐ意識と、強い打球を打つ意識です。

ー打ったときの感触は
バットの芯で捉えられていたので、いい感触でした。

ー明日の試合に向けて意気込みを
自分にできることを全力でやります。

『unlim』で法政大学硬式野球部を応援しよう!

『unlim』では選手たちに直接訴えかけたい声援やメッセージを届けることができ、チーム支援を目的としたギフティングも可能です!
寄付された資金はチームの備品整理や、六大学野球振興のために役立てられます。
詳しくは下記のリンクからどうぞ!

応援する

フォトギャラリ

  • DSC 3288 R6回無失点と気を吐いた鈴木
  • DSC 7646 R今季好調を維持している岡田悠
  • DSC 8263 R佐藤勇は2本の長打を放った
  • DSC 8511 R打撃でも先制打を放ちチームに貢献した高田桐
  • DSC 8491 R24イニングぶりの得点に沸く法大ナイン
  • DSC 8978 Rコンスタントに安打を重ねている村田
  • DSC 3276 R今日も鈴木―大柿バッテリーの活躍が光った
  • DSC 9179 Rピンチで登板した落合はしっかりと打者を斬った

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2020-11-16

 

 

定期購読の申込み