硬式野球

【硬式野球】プロ野球ドラフト会議直前! 『春を待つ法大戦士たち』  ~石川達也&鈴木昭汰~

2020年10月26日(月)

 ついに今日開催するプロ野球ドラフト会議。今年は法大に5人のプロ志望届提出者がおり、その行方が注目されている。今回は強力な投手陣を擁する法大の中でも『強気』の精神を持った2人の左腕を紹介。ドラフト前の『ワクワク』をより楽しむためにも必見だ。

DSC 9926 R
4年の時を経て、いざ夢の舞台へ!

『ブルペン支える強気の左腕』石川達也

 名門・横浜高では甲子園のマウンドも経験した石川達也(キャ4)。2年秋には法大の6季ぶりの優勝にも貢献した『強気の左腕』が運命の瞬間を待ち受ける。

 変則的なフォームから繰り出す140㌔前半の直球と多彩な変化球を武器に2年秋には3勝、防御率0.63の成績を残した。また、どんなピンチでも物怖じしない強気の投球術が魅力的だ。

 しかし、石川の学生生活は決して満足の行くものではなかっただろう。けがに泣き、思うように登板できなかった。だからこそ人一倍誰よりもプロの世界で活躍を遂げるに違いない。「小さい頃から野球を始めてきて、その時からずっとプロ野球選手になりたいという目標を掲げてやってきた」と強気の左腕。数時間後、夢に見た世界が現実になるだろう。

(須藤大樹)
DSC 5399 R

『覚悟を持った左のエース』鈴木昭汰

 マウンドでの堂々とした佇まい。そこには4年間の『覚悟』が詰まっている――。

 今季は開幕戦に登板すると、幾多の強打者がしのぎを削る六大学で防御率0.84を記録(26日現在)。中でも突出しているのはピンチでの落ち着きだ。

 たとえ走者を背負っても、打者に向かって真っ向勝負。150㌔に迫る直球や切れ味抜群のスライダー、さらに打者の感覚を惑わすチェンジアップとどれをとっても一級品の決め球を低めに投げ込む。また、鈴木昭汰の頭には『妥協』という文字はない。四球を出すことは厭わず、どのような場面でもベストピッチのみをミットめがけて投じる。この強気のマウンドさばきは、4年間の『覚悟』がそうさせた。

 常総学院高時代から『プロ注目左腕』と騒がれた鈴木は、あえて大学進学という道を選んだ。「体だったり、球のキレがまだまだ足りない。野球以外でも心身共に成長したい」と入学時に語っていた左腕。2年次には大きなカベにもぶつかり、もがき苦しむこともあった。それでもくじけることなく愚直に練習に励み、今では精神面でも法大を支えるエースとして、言葉通り心身共に成長を遂げた。

 そんな努力の結晶は、『プロ入り』という最高の形で花開くだろうか。運命の時は刻一刻と近づいてきている。

(加瀬航大)
DSC 9926 R

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2020-11-16

 

 

定期購読の申込み