硬式野球

【硬式野球】プロ野球ドラフト会議直前! 『春を待つ法大戦士たち』  ~高田孝一&羽根龍二&村田雄大~

2020年10月26日(月)

 ついに今日開催するプロ野球ドラフト会議。今年は法大に5人のプロ志望届提出者がおり、その去就が注目されている。今回は2年次からチームを支えている右腕、そして左右2人のスラッガーを特集。ドラフト前の『ワクワク』をより楽しむためにも必見だ。
DSC 00810 R
ドラフト上位での指名が予想される高田孝

『最速155㌔の剛腕右腕』高田孝一

 昨季、3季ぶりの優勝を果たした法大。その法大を投手陣の柱として支えたのは、右のエース・高田孝一(法4)だ。

 平塚学園高時代は甲子園出場経験こそ無かったものの、神奈川屈指の右腕として名を馳せ、法大に入学。2年春に第2先発として登板し、2勝を挙げるなど頭角を現すと、3年秋には開幕投手を務めた。「ある程度自分の感覚を掴むことができた」と高田孝が振り返るように、このシーズンは自身初となる防御率1点代を記録。直球も150㌔以上を計測することが多くなり、剛腕としての才能が開花し始める。そして迎えた昨季、3試合に登板した高田孝の防御率は1.74。事実上の優勝決定戦となった慶大戦では6回から登板し、3回を投げて1失点。自身リーグ戦最速となる154㌔を計測するなど力強い投球で慶大を封じこめ、3季ぶりの優勝に貢献した。

 連覇を目指す今季は高田孝にとってラストシーズン。自身の進路を左右するシーズンにもなるが、「個人的な数字はあまりなくて、勝てるようなピッチングをすることが一番の目標」と語るように、高田孝が見ているのはチームの勝利だけだ。今季もチームを勝たせる投球を披露しており、自ずと『10.26』に吉報は訪れるだろう。

(五嶋健)
DSC 00810 R

『ポスト・中山翔太』羽根龍二

 鍛え上げられた体で力強い打球を放つ大型内野手の羽根龍二(社4)。入学して3年間はリーグ戦の出場経験が少なかったものの、最終学年として臨んでいる今年は持ち味の打撃だけではなく、さまざまな場面でチームにの勝利に貢献する姿が多く見られてきた。

 アピールポイントとする打撃は言わずもがな顕在だ。リーグ戦で本塁打はまだ放っていないもののフェンスに直撃する力強い打球を飛ばしたり、状況に応じたチームバッティングをするなど影でチームを支えている。内野に転がった打球に対してはヘッドスライディングをして、塁上でガッツポーズを見せる熱い男でもある。課題としている守備も昨季は主に一塁手として出場したが失策0と安定した守備力を披露。また今年はチームの副将を任されるなどチームからの信頼も厚い。守備時やベンチにいる時は大きな声を常に出し、投手が苦しい場面を迎えた時はマウンドに声をかけにいく。頼りになる男が羽根だ。

 副将として挑む最後のリーグ戦。プロへの切符をつかみ、待望のリーグ初本塁打を放つことはできるか。羽根の勇姿から目が離せない。

(鈴木滉平)
DSC 8187 R

 『チームを思う4番』村田雄大

 左の大砲としてチームを引っ張っている大型外野手の村田雄大(人4)。名門・横浜高の出身で同期には藤平尚真(現東北楽天)や公家響(現明大野球部主将)といったそうそうたるメンバーがいる。高校3年次には夏の県大会で大会通算チーム最多本塁打(14本)の記録の樹立に貢献。高校時代からチームの主軸を担ってきた。

 村田の持ち味はなんと言ってもその長打力と常にチームバッティングを心がけている気持ちだ。昨季の東大1回戦ではゆったりとした構えからくるフルスイングで待望のリーグ戦初本塁打を神宮のライトスタンドに叩き込んだ。その後は打撃に苦しむものの、リーグ優勝を大きく手繰り寄せることになった慶大1回戦ではチームの追い上げを後押しする安打を放ち、大量得点につなげた。

 今季もここまであまり納得のいく数字を残すことができていない。だが、村田は個人成績を優先することなく、要所要所で貴重な安打を放つなど常にチームの勝利に大きく貢献してきた。春制覇の立役者としてチームを勝利へ導く4番の行く末にぜひ注目したい。

(鈴木滉平)
DSC 2735 R

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2020-11-16

 

 

定期購読の申込み