硬式野球

【硬式野球】プロ野球ドラフト会議2020 3年連続の歓喜!チームを支える3投手が夢の舞台へ飛び込むこととなった!!

2020年 プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD
2020年10月26日(月)
法政大学野球部合宿所(オンライン)

 3年連続で歓喜が訪れた。昨年の宇草孔基(令元年度卒=広島東洋)、福田光輝(令元年度卒=千葉ロッテ)に続いて、今年は法大からプロ野球選手が3選手誕生。鈴木昭汰(キャ4)は千葉ロッテマリーンズから1位、高田孝一(法4)は東北楽天ゴールデンイーグルスから2位、そして石川達也(キャ4)が横浜DeNAベイスターズから育成1位でそれぞれ指名された。3投手が同時に指名されるのは法大野球部史上初の快挙。18年秋と昨季のリーグ優勝に貢献した3投手が夢の舞台へ羽ばたいていく。
※取材はオンラインミーティングツール『Zoom』を用いたオンラインにて実施

DSC 9099 R
法大から3人の投手がプロの舞台へ羽ばたいていく(写真提供・法政大学野球部)

ドラフト指名選手

氏名 指名球団 順位
鈴木昭汰(キャ4=常総学院) 千葉ロッテマリーンズ 1位
高田孝一(法4=平塚学園) 東北楽天ゴールデンイーグルス 2位
石川達也(キャ4=横浜) 横浜DeNAベイスターズ 育成1位

ドラフトレポート

  法大からは昨年同様5人がプロ志望届を提出し、運命の時を待った。

 まず、先陣を切って指名を受けたのは鈴木昭汰(キャ4)。東京ヤクルトスワローズが外れ1位で指名すると、千葉ロッテマリーンズも指名。重複となり東京ヤクルト・高津臣吾監督と千葉ロッテ・井口資仁監督によるくじ引きが行われた。抽選の結果、後に引いた井口監督がくじを引き当て、千葉ロッテが鈴木の交渉権を獲得した。法大からのドラフト1位指名は2009年の二神一人(平22年度卒=現阪神球団職員)以来、実に11年ぶり。また鈴木が指名された千葉ロッテは昨年のドラフトで指名された福田光輝(令元年度卒)も所属しており、福田との共闘にも期待だ。

 次に名前を呼ばれたのは高田孝一(法4)だった。鈴木の指名による熱狂冷めやらぬ中、東北楽天ゴールデンイーグルスからドラフト2位指名を受けた。東北楽天は1巡目で早川隆久(早大)を指名しており、くしくも六大学で4年間戦ったライバルと同じチームで夢をつかむこととなった。「素直にうれしい」と高田は記者会見ではにかみ、プロへの挑戦を素直に受け止めた。

 高田の指名から1時間30分ほど空き、最後の歓喜が届いた。本指名の後に行われた育成ドラフトで横浜DeNAベイスターズが石川達也(キャ4)を育成1位指名。横浜DeNAは石田健大(平26年度卒)や今永昇太など豊富な左腕を擁している。石川も共同記者会見にて「今永選手や石田選手のような球界を代表する選手になりたい」と語り、『左腕王国』への挑戦を口にした。

 投手3人の同時指名は法大野球部の長い歴史においても史上初。それぞれの持ち味を存分に発揮して、幼いころから夢見た舞台で暴れまわってほしい。
DSC 9099 R
それぞれの持ち味を生かし、プロの舞台で躍動する(写真提供・法政大学野球部)

(加瀬航大) 

共同記者会見(※一部抜粋)

―指名された感想
鈴木(以下鈴):小さい時からの夢だったのでまだ実感は沸いていないですが、すごくうれしかったです。
高田孝(以下高):素直にうれしいという感情と、一安心という感情です。
石川(以下石):小さい頃からの夢だったので、指名されたときはほっとしました。

―3人そろってプロになりました
鈴:4年間一緒に頑張ってきたので、3人で一緒にプロに進めるのはうれしいです。
高:ここ最近、法政は野手でプロにいく選手が多かったので、4年間一緒に戦ってきた投手3人で一緒で素直にうれしいです。
石:この2人に負けないように頑張ってきたつもりだったのですが、その二人と一緒にプロの世界に行けてすごくうれしいです。

―指名された球団のイメージ
鈴(千葉ロッテ):ファンの方の応援が素晴らしくて、今年は優勝争いに食い込んでいてとても勢いのあるチームだと思っています。
高(東北楽天):楽天はとても強力な野手陣と経験豊富な投手陣、同じ右投手もたくさんいるので刺激をもらえると思うので、そこで成長しながら頑張りたいです。早川(隆久=早大)と同じ球団ですが、負けないように頑張りたいです。
石(横浜DeNA):小さい時からよく横浜スタジアムで試合を見ていたチームなので、地元で選んでいただいてよかったです。

―どのような投手になりたいか
鈴:自分が任された役割を全うして、信頼してもらえる投手になりたいと思っています。
高:誰からも応援されるような投手になって、先発でも中継ぎでもどこでも任せてもらえるような投手になりたいです。
石:今永(昇太、横浜DeNA)選手や石田(健大、平26年度卒=横浜DeNA)投手のような球界を代表する左投手になりたいです。

―自分の持ち味をどのようにプロで生かしたいか
鈴:どの打者にも動じず、自信を持って投げ込めることや、内角を突いて投げられることです。プロではすごくレベルが高くなるので、どんどん吸収させてもらいながら成長したいです。
高:変化球を生かしながらストレートをどの打者にも強気で投げていくことで、持ち味の力強いストレートを最大限活かしたいです。プロの舞台では今よりもレベルの高い世界なので、刺激を受けて成長する中で、チームに貢献できるような投手になりたいです。
石:ピンチにも動じず直球を強気に投げたり、自信があるフォークを生かしていきたいです。プロの世界では、周りに追いついて追い越せるように頑張りたいです。

―プロ入りしてから対戦したい選手
鈴:球界を代表する素晴らしい打者なので、ソフトバンクホークスの柳田(悠岐)選手です。自分が見ていたプロ野球選手の中で一番素晴らしい選手だと思っています。
高:具体的な選手はいないですが、パ・リーグはどの球団も打線が強力な印象があるので、どこのチームに対しても自分の力を発揮できるように一人一人頑張って投げたいです。
石:日本代表の四番で球界を代表する打者なので、鈴木誠也(広島東洋)選手です。

―入団したらチームの誰から何を学びたい
鈴:指名されたばかりなので具体的な選手はいないですが、プロで勝っている選手から吸収していきたいです。
高:どの投手もいろいろな成績を収めているプロ野球界の先輩だが、特に同じ右投手で実績や経験のある涌井(秀章)選手と岸(孝之)選手に野球の考え方や技術面を聞きたいです。
石:150㌔を超えるストレートのキレがある今永選手から練習法を学んで、時には教えていただきたいです。

―これから活躍をしていく中での課題
鈴:ストレートの最速は152㌔ですが、変化球を交えてコンビネーションで抑えていく投手だと思っているので、大学4年間で四死球が多かったので制球力が課題だと思っています。
高:プロは今よりも高いレベルになるので、ストレートの球速と質を上げたいです。また、変化球の精度や、決め球で使える球もより磨いていく必要があると思います。先発と中継ぎを経験しているので、先発と中継ぎそれぞれでの投げ方やピッチングの技術面、試合の作り方をもっと勉強していきたいです。
石:ストレートの球速を上げなくてはならないと思います。変化球で自信があるフォークの制球ももっと上げていきたいです。

―大学で一番成長できたと思うことは何か
鈴:技術はもちろんですが、野球に対する考え方が変わったことです。高校時代は計画性が全然無かったですが、練習や様々な場面で計画できたことがとても成長できたと思います。
高:高校時代は技術や体の土台を作っていただけでした。大学では体や技術も向上できましたが、練習や試合の捉え方が変わり、「今の自分に何が必要なのか、何が足りないのか」と客観的に考えて、行動に移せるようになったことが一番の成長だと思っています。
石:高校時代に比べて練習や試合で自分を客観的に見られるようになりました。

―1年目の目標
鈴:一軍に定着して、チームに貢献するピッチングをすることです。
高:まずはチームの勝利に貢献できるように開幕一軍、そして新人王も目指したいです。
石:1年目から支配下登録を目指して、一軍の舞台に上がれるように日々頑張っていきたいです。

独占インタビュー

独占インタビューは後日掲載いたします。お楽しみに!

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2020-11-16

 

 

定期購読の申込み