硬式野球

【硬式野球】東京六大学野球秋季リーグ戦 第7週 立大1回戦 勝ち星の遠い日々が続く…最終回に反撃するもあと一歩及ばず泥沼5連敗

東京六大学野球秋季リーグ戦 第7週 立大1回戦
2020年10月31日(土)
神宮球場

 終盤の追い上げも及ばなかった。法大は鈴木昭汰(キャ4)に先発を託したが三回裏に3ランを含む4失点。中継ぎが0で抑え、九回表に佐藤勇基(法4)の2点適時打で反撃するも後続が続かずゲームセット。これで引き分けを挟んで5連敗となった。

DSC 4514 R
序盤に失点し、4連敗となった

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
立 大 0 1 3 0 0 0 0 0 1 5 5 2
法 大 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 2

(法大)●高田孝、平元、落合、山下輝、鈴木—後藤、渡邉
(立大)○中﨑、宮海、比屋根、中川、—片山
[本塁打] 柴田1号ソロ(二回=高田孝)

 

打撃成績

打順位置選手打率123456789
1 (9) 岡田悠 3 0 0 .280 三振     四球
  三振   三邪  
2 (8) 永廣 4 0 0 .222 三ゴ     遊ゴ     左飛   右飛
3 (5) 中村迅 3 0 0 .219 ニゴ     左飛     右飛   死球
4 (7) 村田 3 1 0 .276   ニゴ   三振     三安    
  R 宮本 0 0 0 .000              
 
  宮﨑 0 0 0 .111              
 
  H 小谷 0 0 0 .000                 死球
  R 片瀬 0 0 0 .167                  
5 (3) 羽根 4 1 0 .190   右飛     遊飛     右安 三振
6 (6) 佐藤勇 4 1 2 .321   三振
  三振     三ゴ 右安②
7 (2) 大柿 2 0 0 .231     遊ゴ   三振        
  2 渡邉 1 0 0 .167               三振  
  1 平元 0 1 0 ---              
 
  H 永岡 1 0 0 .000                 三振
8 (4) 高田桐 2 0 0 .227     三振     一ゴ      
  H4 齊藤 0 0 0 .111               四球  
9 (1) 鈴木 1 0 0 .111     一ゴ            
  1 古屋敷 0 0 0 ---                  
  H 平柳 1 0 0 .000            捕邪      
  1 落合 0 0 0 ---                  
  H2 後藤 0 0 0  ---                四球   
    29 3 2 .227                  

 

投手成績

  球数 打者 防御率
高田孝 2 1/3 47 12 3 2 1 1  
平元 0 2/3 9 2 0 0 1 0 0.00
落合 2 20 6 0 2 0 0 0.00
山下輝 2 31 8 1 1 1 0  
鈴木 2 27 8 1 3 1 1  
9 134 36 5 8 4 2  

 

ベンチ入りメンバー

10 中村迅(営4=常総学院) 27 渡邉雄太(キャ4=いなべ総合) 37 羽根龍二(社4=日大鶴ヶ丘)
鈴木昭汰(キャ4=常総学院) 32 大柿廉太郎(法2=健大高崎) 2 永廣知紀(営4=大阪桐蔭)
11 平元銀次郎(営3=広陵) 3 宮本隆寛(人4=健大高崎) 7 村田雄大(人4=横浜)
13 高田孝一(法4=平塚学園) 4 佐藤勇基(法4=中京大中京) 8 片瀬優冶(人4=法政二)
15 落合竜杜(法4=常葉大菊川) 5 小谷敦己(文4=倉敷商) 25 野尻幸輝(営2=木更津総合)
18 古屋敷匠眞(営3=八戸工大一) 24 齊藤大輝(人2=横浜) 28 宮﨑秀太(営2=天理)
21 山下輝(営3=木更津総合) 31 海﨑雄太(文2=埼玉栄) 39 岡田悠希(人3=龍谷大平安)
12 永岡大昇(法4=九州国際大付) 35 平柳圭汰(経4=聖望学園)    
22 後藤克基(法3=滋賀学園) 36 高田桐利(営2=広陵)    

戦評

 思うように勝利を重ねられない中、迎えた今季の最終カード。初回から両先発共に先制点を譲らない立ち上がりとなる。しかし、法大は三回裏に 3ランを含む4安打と相手打線の猛攻を受け、一気に4点を失った。法大は九回表に2点差まで追い上げるも反撃及ばず、リーグ最終カードの初戦を落とす厳しい結果となった。

 最終カードを白星でスタートしたい法大は、先日のドラフト会議で千葉ロッテに1位指名を受けた鈴木昭汰(キャ4)が先発のマウンドに上がった。

 鈴木は序盤から走者を許しながらも、要所を打たせて取る投球で2回までを無失点に抑える。

 しかし三回裏、試合が動く。先頭打者・中﨑響介に二塁打を許した後、走者を進められ、1死三塁のピンチを迎える。なかなか相手打線を断ち切ることができず、2番・林中勇輝に安打を許すと、3番・山田健太に適時打を浴び、先制点を入れられてしまう。さらに、1死一、三塁の場面で迎えた4番・三井健右には左翼席への 3ランを浴び、追加点を許した。その後の打者は抑えるも、先発の鈴木は3回4失点でマウンドを降りた。
DSC 4523 R
今季ワーストの4失点を喫した鈴木

 反撃をしたい打線は四回表、1死から相手守備の失策も絡み、走者を三塁まで進める。しかし、続く打者は左飛、三振に倒れ得点機を生かせない。

 流れを引き寄せたい法大は、四回裏から古屋敷匠眞(営3)、六回裏からは落合竜社(法4)と左右の中継ぎ陣に後を託す。両投手ともベンチの期待に応え、走者を出しながらも粘りの投球でそれぞれ2回を無失点に抑える。

 中継ぎ陣の好投に応えたい法大打線だったが、五回表から登板した立大の2番手・中川颯のテンポの良い投球を前に、村田雄大(人4)の内野安打1本と好機を作ることができない。
DSC 5112 R
なかなか好機を生かせない

 八回表も5番・羽根龍二(社4)の右前打と2つの四球で2死満塁の場面を作るも、あと一本が出ず好機を生かしきれない。

 八回裏にはリーグ戦初登板の平元銀次郎(営3)が後を受け、1回無失点の好投で九回表の攻撃につなげる。

 このまま終われない最終回、2つの死球と暴投によって2死二、三塁と好機を演出すると、迎えた打者は6番・佐藤勇基(法4)。「なんとしても1点を取る」とチームトップの打率を誇る背番号『4』が左前に適時打を放ち、2点を返す。しかし、追い上げはかなわず、2―4で敗れた。
DSC 5672 R
九回表に反撃するも、及ばなかった

 明日はいよいよ最終戦。今季限りで退任することが決まっている青木久典監督と4年生にとっては、まさに『集大成』の試合となる。前季の王者の意地を見せるためにも、有終の美を飾って終わりたい。

(山中麻祐子)

クローズアップ:佐藤勇基

 九回表2死。法大の完封負けというムードが球場全体に漂う中、一人気を吐いたのが佐藤勇基(法4)だった。

 この日の法大打線は立大投手陣の前に8回までわずか2安打となかなか攻略できずにいた。そんな中、2つの死球から少ない好機を作った九回表だった。「なんとしても1点を取るという気持ちで入りました」と言うように立大・栗尾勇摩が投じた3球目を引っ張って三遊間を抜ける2点適時打を放ち、重い雰囲気だったベンチとスタンドの法大ファンを盛り上げた。

 佐藤勇は今季打席に入る時に心掛けていることがある。それは『欲を抑えて楽に打席に入るようにする』ということだ。昨季は結果を残したいという欲が出すぎてしまい、良い結果に繋がらなかったという。そこで今季の初戦をオープン戦のような楽な気持ちで臨んだ結果、現在チームトップの打率と安打数を記録し好調を維持している。そこに本来の持ち味であるチームトップレベルの守備力を兼ね備えた佐藤勇は間違いなくチームの中心人物へと成長した。

明日は4年生にとって法大のユニフォームを着て戦う最後の試合。さらに任期満了に伴い退任が決まった恩師・青木監督が指揮する最後の試合でもある。春秋連覇の夢は叶わなかったが、学生最後の試合で佐藤勇の『4年間の思い』を表すプレーに注目したい。

(鈴木滉平)

DSC 5643 R

選手インタビュー

羽根龍二 副将

ー今日の試合を振り返って
ピッチャー陣を援護できなかった野手の責任です。

ー先週の2回戦ではスタメン落ちも経験しました
結果も出ず、守備でもミスをしてしまっていたので当然の結果でしたが、めちゃくちゃ悔しかったです。

ー八回の打席はどのような気持ちで臨みましたか
「絶対に塁に出よう、後ろに繋ごう」という気持ちで打席に入りました。

ー青木監督の下で戦うのは明日で最後となります、明日の試合に向けた意気込み
今まで4年間、本当にお世話になったので恩返しの想いを込めて頑張りたいと思います。

平元銀次郎 投手

ー初登板の率直な感想は
一番緊張しました。

ー4点ビハインドでの登板でした
点差を考えずに自分がやれることだけ、考えました。

ー先頭打者への三球三振を振り返って
たまたまです。

ー明日で4年生とは最後の試合になります
自分のやるべきことをやるだけです。

古屋敷匠眞 投手

ー今日の試合を振り返って
チームが勝つことができなくて悔しいです。

ー流れを変える継投だったと感じました、マウンドに立つ時に考えていたことは
自分の持ち味、強みを出していこうと思っていました。

ー立大打線の印象は
かなりバットが振れていて、長打が多いという印象です。

ー無四死球と非常に安定した投球でしたが、今日最も良かった点は
調子がすごく良くて、ストレートは高めに強く、変化球は低めに集められたことが良かったと思います。

ー最速150㌔を記録しました、球速に関する目標や意識していることは
 球速よりもストライクを取ることが1番だと考えを改め直しました。それでも自分の魅力はストレートなので155㌔出したいです。

ー明日の最終戦に向けての意気込みをお願いします
最終戦を勝利で終われるよう、チームに貢献したいと思います。応援よろしくお願いします。

佐藤勇基 内野手

ー今日の試合を振り返って
なかなかヒットが出なくてピッチャーに我慢してもらわなきゃいけない展開にしてしまい、ピッチャーに負担をかけてしまって申し訳ないと思います。

ー相手投手陣を攻略できませんでした
小刻みに継投してくるというのは分かっていたのですが、それを知っていて攻略できなかったのは力不足だと思います。

ー最終打席はどんな気持ちで打席に入りましたか
なんとかして1点取るという気持ちで入りました。

ー先日「欲を抑えて楽に打席に入るようにしている」とおっしゃっていましたが、今季の打撃の調子は
悪くはないです。

ー明日は学生最後の試合となります。意気込みをお願いします
どんなことがあっても明日は最後の試合なので、全力でいきます!

『unlim』で法政大学硬式野球部を応援しよう!

『unlim』では選手たちに直接訴えかけたい声援やメッセージを届けることができ、チーム支援を目的としたギフティングも可能です!
寄付された資金はチームの備品整理や、六大学野球振興のために役立てられます。
詳しくは下記のリンクからどうぞ!

応援する

フォトギャラリー

  • DSC 4670 R永廣は2つの相手失策で3塁まで達した
  • DSC 4722 R昨季以来の登板となった古屋敷
  • DSC 4969 Rここまで防御率0.00の好成績を残している落合
  • DSC 5053 R村田はチーム初安打となる内野安打を放った
  • DSC 5456 Rリーグ初登板にも落ち着きを見せた平元
  • DSC 5618 R羽根に久々の安打が飛び出した
  • DSC 5463 R守備でも光るプレーを見せた佐藤勇
  • DSC 5571 R打者に指示を送る青木監督

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2020-11-16

 

 

定期購読の申込み