硬式野球

【硬式野球】東京六大学野球 秋季フレッシュトーナメント 対早大戦  終盤までは投手戦を展開するも、打線が早大投手陣に封じ込められ敗戦…

東京六大学野球秋季フレッシュトーナメント 対早大戦
2020年11月9日(月)
神宮球場

 ついに幕を開けた秋季フレッシュトーナメント。1回戦の相手は今季王者の早大だった。扇谷莉(営2)、武冨陸(営1)らが好投を見せ6回までは投手戦を展開するも、7、8回に失点。打線も早大投手陣を前に散発3安打に抑えられ、完封負けを喫した。

taketomiup R
2番手の武冨が3回を投げて6奪三振と好投を見せた

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
法 大 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 1
早 大 0 0 0 0 0 0 2 3 × 5 8 0

(法大)扇谷、武冨、●石田、小山—村上喬
(立大)○雪山、原—浦野
[本塁打] 森田朝1号2ラン(七回=石田)

 

打撃成績

打順位置選手打率123456789
1 (4) 齊藤 3 1 0 .333 遊ゴ     三ゴ   左安    四球   
2 (5) 今泉 2 0 0 .000 左飛     四球   死球   三振   
3 (7) 4 0 0 .000 二ゴ     遊ゴ   一直   三振   
4 (D) 野尻 2 0 0 .000   中飛    四球   一ゴ       
  H 樺嶋 1 0 0 .000              
三振
5 (8) 伊藤 4 0 0 .000   遊ゴ   遊直     三振 
左飛
6 (6) 海﨑 3 0 0 .000   二飛     中飛    一ゴ     
  H 高原 1 0 0 .000                 左飛 
7 (3) 松田 3 1 0 .333     三振    左安    右邪    
8 (9) 福岡 3 1 0 .333     三直   一ゴ     中安  
9 (2) 村上喬 2 0 0 .000     二邪    中飛     一ギ  
    28 3 0 .107                  

 

投手成績

  球数 打者 防御率
扇谷 3 47 13 3 4 2 0 0.00
武冨 3 49 12 1 6 2 0 0.00
石田 1 2/3 39 11 4 0 1 4 21.6
小山 0 1/3 13 3 0 1 2 0 0.00
8 148 39 8 11 7 4 4.15

 

ベンチ入りメンバー

13 荒井匠(人2=法政二) 3 肥後幸太(法2=法政二) 1 野尻幸輝(営2=木更津総合)
14 小山泰生(文2=磐城) 4 齊藤大輝(人2=横浜) 7 木下奨吾(文2=静岡)
15 武冨陸(営1=日大藤沢) 5 松田憲之朗(キャ2=龍谷大平安) 8 田中悠我(キャ2=帝京)
16 石田旭昇(文2=東筑) 6 海﨑雄太(文2=埼玉栄) 28 伊藤勝仁(文1=常葉大菊川)
18 扇谷莉(営2=東邦) 9 河野賢伍(法2=西部台千葉) 29 浦和博(キャ1=鳴門)
19 一柳大地(人1=星槎国際湘南) 23 高原侑希(法1=福井工大福井) 38 樺嶋竜太郎(人2=福大大濠)
12 久保田碧月(営1=高川学園) 24 内海貴斗(人1=横浜) 39 福岡大真(法1=筑陽学園)
22 村上喬一朗(法2=東福岡) 25 今泉颯太(法1=中京大中京)    
27 是澤涼輔(現2=健大高崎) 35 真鍋駿(キャ1=広島商)    

戦評

 この日が初戦となったフレッシュトーナメント。若き戦士たちの活躍で優勝を決め、来季リーグ戦への布石としたい。

 スタートダッシュを決めるべく先発を任されたのは、法大が栄冠に輝いた先の春季戦でリーグ初登板を迎えた扇谷莉(営2)。初回から先頭打者・松木大芽に二塁打を許すと、四球と犠打で走者を進められ1死二、三塁のピンチを迎える。しかしその後の4番・齋藤恵太と5番・前多奨悟を続けて空振り三振で抑え、無失点の立ち上がりを見せる。扇谷はその後も好投を続け、3回を無失点に抑えた。

oogiya600 R

先発の扇谷は3回無失点の好投を披露 

 対する早大の先発は雪山幹太。法大打線は雪山の隙のない投球に押され、序盤3回を三者凡退に抑えられるなど思うように塁に出られない状況が続く。
 両者ともに譲れない試合展開が続く中で、流れをつかむべく2番手として登板した武冨陸(営1)は変化球を交えた巧みな投球を見せ、3回6奪三振とルーキーらしからぬ圧巻のピッチングで早大打線を封じ込めた。
 投手陣の好投に応えたい法大打線は、5回に7番・松田憲之朗(キャ2)がチーム初安打となる左前安打を放ち、その後守備のもつれもあって1死一、二塁で9番・村上喬一朗(法2)に打席が回る。巡った好機を少しでも生かしたい場面だったが、ここで二塁走者の松田が走塁死。村上の打球も中堅手のグラブに収まり、この回は無得点に終わる。

 matuda5 R

チーム初安打を放った松田

 投手戦の様相を示す中、7回に3番手・石田旭昇(文2)がマウンドに上がると試合が大きく動いてしまう。8番・浦野聖弥の打球を遊撃手・海﨑雄太(文2)が悪送球すると、続く9番・森田朝陽に4球目を捉えられ先制の2ラン本塁打を許してしまう。早大打線は8回にも適時打と押し出し四球で3点を追加し、法大を突き放す打撃を見せつけた。
 一歩でも勝利に近づきたい法大。8回には早大の2番手・原功征がマウンドに上がる。法大打線はこの回先頭の8番・福岡大真(法1)が中前打で出塁するも、その後1死一、二塁から二者連続三振に終わる。最終回も三者凡退に抑えられ、この日打線が放った安打はわずか3本。あと一本が出ない展開に苦しめられた。
 4年生が引退し青木監督の退任が近づく中、このフレッシュトーナメントで新しい世代に希望を見出したい法大。次戦につながる投手陣の活躍こそあったものの打線が振るわず、初戦から悔しい完封負けとなった。
 

(相田遼介)

クローズアップ:武冨陸

 今後の法大を背負って立つ。そのように感じさせる投球を武冨陸(営1)が見せた。

 武冨は4回から2番手で登板。3回を投げ、6奪三振と圧巻の投球を披露した。今季はリーグ戦でベンチ入りを経験。しかし、登板機会はなかったため、法大のユニフォームを着て神宮のマウンドに上がるのは今日が初めてだった。「前日から緊張していて試合前も緊張していた。マウンドに立ったら緊張がほぐれたのでよかった」と初マウンドを振り返った武冨。先頭打者を中飛に討ち取ると、その後の打者も連続三振に切って取り、最高のデビューを飾る。
 その真価が見えたのは6回。先頭打者への四球から招いた無死一、二塁の場面だ。5番・齋藤恵太と6番・前多奨悟から切れ味鋭い変化球で空振り三振を奪い、2死とした。続く打者には四球を許すも、7番・生沼弥真人の内角を強気に攻め、最後は142㌔の直球で空振り三振を奪い、ピンチを乗り越えこの回を無失点で切り抜けた。
 「リーグ戦で主戦で投げて試合に貢献すること」と来年の目標を掲げた武冨。今日見せたような投球をリーグ戦でも披露し、左のエース・鈴木昭汰(キャ4)の抜けた穴を埋めるような活躍に期待したい。
 

(五嶋健)

taketomi R

選手インタビュー

扇谷莉 投手

ー今日の試合を振り返って
粘って0点に抑える事ができてよかったです
 
ー今日の先発登板はいつ決まりましたか
具体的な日にちは覚えていませんが、だいぶ前だと思います
 
ーフレッシュの初戦をどのように挑もうと考えていましたか
自分からリズムを作ってチームを勢いづけて勝てるように、初回から気持ちを入れて挑もうと考えていました
 
ー春季リーグ戦と今回の登板を通して、感じたことは
春季は個人的に悔しい思いをしたのでこのフレッシュではしっかり抑えていかないといけないと思いました
 
ー次の試合に向けてひとことお願いします
次こそはチーム一丸となって勝てる様にベストを尽くします
 

武冨陸 投手

ー今日の試合を振り返って
勝ちきれなかったですが、神宮でデビューできたことは嬉しく思いました
 
ー法政のユニフォームを着て神宮球場のマウンドに立つのは初めてだったと思います。緊張などはありましたか
前日から緊張していて試合前も緊張していました。マウンドに立ったら緊張がほぐれたのでよかったです
 
ー今日の調子はいかがでしたか
球の調子はよくなかったですが、制球が安定してたのでテンポ良く投げれました
 
ー今日は4回からの登板。あのタイミングでの登板は予定されていたものですか
予定されていました。なので準備もしっかりできて良かったと思います
 
ー6回は全て三振でアウトをとりました。どのようなことを考えて投球しましたか
けっこう焦りました。三振は取りいきました
 
ー秋のリーグ戦はベンチ入りを果たしました。ベンチにいることで感じたことはありましたか
相手も有名な選手ばかりなので試合の雰囲気からレベルが一段階上がった感じがしました。緊張感がありました
 
ーご自身のアピールポイントは
キレのあるボールです
 
ー来年の目標は
リーグ戦で主戦で投げて試合に貢献することです
 
ー次の試合に向けてひとことお願いします
投げることになったら勝利に貢献できるよう頑張ります
 

福岡大真 外野手

ー今日の試合を振り返って
0ー5と負けてしまいましたが、一球で試合の流れが変わり一球の重みがわかった試合でした。とてもいい経験になりました
 
ー法政のユニホームで臨んだ初の試合でした
コロナ禍でなかなか試合もできないまま臨んだ試合でしたが、ほどよい緊張感で試合に入ることができました
 
ー高校時代は神宮大会で本塁打を放ちました。この球場のイメージは
高校時代に本塁打を放ちましたが、次の試合で完敗し悔しかったイメージがあり、この試合は勝とうと思い球場に入りました
 
ー先制を許した後の攻撃でした。先頭打者として意識していたことは
淡白な攻撃が続いてたのでなんとしてでも塁に出ることだけを考え、喰らいつきにいきました
 
ーこれからどんな選手になりたいですか
六大学を引っ張っていけるようなスケールの大きい選手になりたいです
 

お知らせ

スポホウでは4年間のリーグ戦を戦い抜いた4年生へのインタビュー及び記事を掲載予定!ぜひお楽しみに!

『unlim』で法政大学硬式野球部を応援しよう!

『unlim』では選手たちに直接訴えかけたい声援やメッセージを届けることができ、チーム支援を目的としたギフティングも可能です!
寄付された資金はチームの備品整理や、六大学野球振興のために役立てられます。
詳しくは下記のリンクからどうぞ!

応援する

フォトギャラリー

  • oogiyasennpatu R先発した扇谷
  • saitoh6 R齊藤は昨年の東大戦に続いて1番を務めた
  • isida R3番手として登板した石田
  • hukuoka8 R高校時代に神宮大会で本塁打を放った福岡は8回に安打を放った
  • koyama R小山が4番手で登板した
  • kurusinnda R早大投手陣に苦しんだ
  • joukyuusei R上級生も試合の行く末を見守った
  • seiretu R明後日以降の試合に期待したい

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2020-11-16

 

 

定期購読の申込み