アメフト

【アメフト】『カレッジボウル2016川崎関東一部リーグ』関東1部選抜Aチーム VS 関東1部選抜Bチーム

『カレッジボウル2016川崎 関東1部リーグ』 関東1部選抜Aチーム VS 関東1部選抜Bチーム
2016年01月09日(土)
富士通スタジアム川崎

『カレッジボウル2016川崎 関東1部リーグ』が富士通スタジアム川崎で行われた。関東1部リーグに所属する大学から選抜されたオールスター戦。法大からは10人のメンバーがBチームに選ばれ、活躍した。

IMG 0529
笑顔で学生生活最後の試合を終えた4年生

 カレッジボウル2016川崎 出場選手

ポジジョン背番号名前 (学部)
 CB/SF 1  植山雄太郎 (経4)
DE  9 金城慎基 (社4) 
RB  21 廣澤達也 (デザ4) 
RB  29 田邊僚 (法4) 
OL  55 居澤輝一 (文4) 
LB  57 更田将寛 (法4) 
OL  70 中島滉平 (文4) 
OL  72 笠井英治 (営4) 
WR  81 小島太郎 (営4) 
DT  99 清水翔悟 (文4) 

 

試合結果

トータル試合結果

19 3 1Q 0 6
6 2Q 0
0 3Q 6
関東1部選抜Bチーム 10 4Q 0 関東1部選抜Aチーム
 

戦評

日差しがフィールドに照り付ける中、行われたカレッジボウル2016川崎。昨年の同大会とはうって変わり、今年は関東1部選抜Aチームが各大学のカラーユニフォームを着、法政を含めたBチームが白を基調とした各ユニフォームを身につけた。
キックオフはBチーム。味方がキャッチし、攻撃権を奪い取りたいところであったが、失敗に終わり、試合最初の攻撃はAチームが行うことに。序盤からDE金城慎基(社4)のタックルが冴え、1stdown更新を防ぐ。得点を狙いたいBチームだったが、最初の攻撃で1stdownの更新はならず。しかし、2回目のBチーム攻撃で、OLの中島滉平(文4)、笠井英治(営4)が相手の守備を引きつけ、RB廣澤達也が渾身のランで敵陣へと駒を進める。敵陣5yds地点でのFGに成功し、先制点を挙げた。その後のBチームキックオフでは、リターンで敵陣まで攻め上がられてしまう。Aチームもゴールライン前9ydsでFGを狙うが、失敗に終わる。Bチームに攻撃権が渡り、WR小島太郎(営4)やRB田邊僚(法4)を活かしたプレーで確実に前進していく。敵陣11ydsでの4thdown。FGではなくギャンブルでTDを狙うが、小島がパスをキャッチできず。
2Qに入り、追加点でAチームを突き放したいBチームと、追いつきたいAチームだったが、RB田邊の中央突破で敵陣に攻め込んだBチームは流れに乗り、そのまま敵陣4ydsへ。そして、タッチダウンパスを成功させたのはWR小島。2Q終了17秒前のワンプレーであった。そのまま前半は9-0で終え、後半へと折り返した。

IMG 0177エンドゾーンでボールキャッチするWR#81小島

9点リードで迎えた第3Q。リードを広げて流れをつかみたいBチームだが、相手の好守にパスが阻まれ、なかなか1stdownを更新できない。そんなもどかしい試合展開のなか、AチームにTDを許してしまう。TFPは防いだものの、得点は9-6と3点差へ。その後自陣21ydsから敵陣29ydsまで攻めあげるも、TDには漕ぎ着けず無得点でこのQを終える。

IMG 0319確実にヤード数を稼ぐRB#21廣澤

第4Q開始早々、Bチームは次々とファンブルリカバーを成功させ攻撃権を奪取する。2度目のファンブルリカバー後、RB廣澤のパスキャッチやランも光り、着実に攻撃を重ねる。敵陣6ydsまで詰めたところでQB辻(日体大)が豪快にエンドゾーンに飛び込みTD。その後もパスインターセプトを成功させるなど、流れをつかんで離さない。試合終了間際にはとどめのFGを決め、19-6で勝利をつかんだ。
4年生にとっては学生生活最後の試合。下級生たちは先輩の勇姿をしっかりと目に焼き付けたことだろう。
「目指すは日本一」。惜しくもなしえなかった夢は後輩に引き継がれた。夢を夢で終わらせないために。
厳しい冬を越えて、トマホークスは春を待つ。(宮下尚子・下河辺果歩)

選手コメント

 金城慎基

—今日の試合を振り返って
楽しかったです。なんか、うん、楽しかった(笑)。

—練習はいかがでしたか
練習は色んな大学が来るし、絡みづらいところもありました。でもやっぱり4年間真剣にやってきた仲だから、そこは勝つっていう目標に向かって行っていたと思います。

—今日の試合は副将として試合に出られていましたが、それはどのように決めたのですか
(試合の副将は)各大学のキャプテンだったんだけど、(宮川選手が)いなかったから、俺がやるって言ったんだけど、結局コーチが決めて、俺が選ばれたみたいな感じです。

—チームの雰囲気は
明るいね。試合見てて分かると思うけど、Aチームよりも元気あったし、そういう仲はすごく良かったと思う。

—トマホークスのユニフォームも着るのが今日で最後でした
7年間、高校からトマホークスでやってきたけど、ちょっと悲しいなっていうのが正直な気持ちかな。社会人でもやるから、社会人で活躍するための、踏み台じゃないけども、トマホークスで頑張ってきたことを絶対忘れずに。悲しいけど、そこはもう切り替えてやっていきたい。

 田邊僚

—今日の試合を振り返って
最高に楽しくできました。

—練習はいかがでしたか
色んな人と色んなことをやる機会があったから、自分たちは楽しめたかなっていう感じ。

—チームの雰囲気は
和気あいあいと楽しくやったっていう感じかな。

—アメフトは続けられますか
すごく悩んでいて、今年はたぶんやらないと思う。来年、一年たってやるかどうか考えようかなと。今年はやるつも りはないです。

—トマホークスのユニフォームも着るのが今日で最後でした
色んな人がいて。その色んな人に支えられて。自分が成長できたかなと思う。そう考えると選ぶ大学は間違ってなかったのかなと思います。

—ちなみに、腕の「44」というのは何ですか
これは、門脇が書いてって言ったから(笑)。特に意味はないです。

 更田将寛

—今日の試合を振り返って
良かったです。楽しかったです。

—いつもと違う雰囲気でしたが
皆打ち解けあっていて、各大学のいいところを出せていたのは良かったかなと感じています。

—以前から合流する機会はありましたか
練習は日大のグラウンドで3日前から行っていました。

—今日が最後学生試合となりましたが
そうですね。もし機会があればフットボール出来ればいいなと思います。自分は本当にフットボールが大好きだし、こんなに楽しいスポーツはないと思っているので、続きていきたいと思っています。自分の中では終わりとは思っていないので。

 居澤輝一

—今日の試合はいかがでしたか
ずっと4年間ライバルだった人たちと初めてチームメイトになれて、チームの壁を取り払って1つのチームになっていく過程がとても楽しかったですし、いい経験をさせてもらいました。4年間厳しいこともあったフットボールですが、やってきて良かったなと思っています。

—今後もアメフトは続けられますか
就職先が決まるまでの間も、どこかのチームに所属したいと考えていて、フットボールとはずっと関わっていきたいなと思っています。

—アメフト部の4年間で得たものは
この4日間もそうですけど、仲間が1番大きいなと思います。

—後輩に一言
強くなくて情けない先輩だったんですけど、自分たちを反面教師にして来年、再来年と日本一になってほしいなと思います。

 廣澤達也

—今日の試合はいかがでしたか
練習時間も短く、いろいろな大学の選手が集まったなかで、ミスもありましたが、大学の壁を取り払って結果的に良いチームになれたんじゃないかなと思います。

—今後もアメフトは続けられますか
はい、富士ゼロックスで続けたいと思っています。

—アメフト部での4年間で得たものは
入部したときよりもアメフトも上手くなりましたし、やはり大変な思いも嬉しい思いも一緒にしてきた仲間が1番です。

—同期の存在は
すごく大きいもので、辛いときに支えてくれる頼りになる同期でした。

—後輩に一言
充実した4年間でしたが、結局目標の日本一が果たせないと悔しさが残るので、後輩には辛いかもしれないけど1年間努力を重ねて日本一になってほしいです。

 小島太郎

—今日の試合はどうでしたか
楽しかったです。

—いつもと違うメンバーでしたが
3日間ともに練習したので、慣れていました。でもいつもと違うのは勝ち負けにも多少はこだわっていたけれど、気持ちが入りずらかったと言えば入りずらかったですね。

—今日が学生最後の試合となりましたが
そうですね。学生としては最後でしたが社会人でもやるので。色々な人と絡むことができて良かったです。

—絶好のTDチャンスがありましたが
ごめんね。2回位ボールをポロポロしちゃって。(笑) やっちまったなという気持ちもありましたが、まぁいっかという感じでした。(笑) でも1TD決めたので。

—今日は楽しかったですか
ほんとに楽しかったです。この後打ち上げがあって、自分はむしろそっちの方が楽しみです。(笑)

植山雄太郎

—今日の試合を振り返って
違うチームで、3日間しか(練習)やっていないんですけど、そんな中でも、みんな仲良く一体感を出して、練習できたからこそ試合に勝てたのかなと思います。

—練習はいかがでしたか
超短いです。一時間くらいしかやってないです。

—DF内でのチーム構成はどのようにして決められたのですか
ローテーションで。CBが4人いるから、2、2で交互に出るっていう感じ。

—チームの雰囲気は
BIG8のほうからきている人は、人数が少ないから、すごくやりにくそうだったけど、そこをどうにか巻き込めなかったっていうのは、ちょっと雰囲気悪かったかもしれないけど、全体としては良かったと思う。

—アメフトは続けられますか
勤務地次第です。東京だったらやる。

—トマホークスのユニフォームも着るのが今日で最後でした
集大成は今日じゃないけど、4年間できて良かったっていうのは本当に思う。これきりで最後だし、今日は本当に誇りをもってできたと思います。

—アメフトはどのような存在ですか
人生です。

清水翔悟

—今日の試合を振り返って
ひたすら楽しんでいました。

—いつもと違う雰囲気でしたが
色々な学校が混ざって試合ができたので楽しかったです。いつも話さない人とも繋がれました。他校の人と絡む機会が今まであまりなかったので。

—特にどんなところが楽しかったですか
友達が増えたという喜びがあります。

—今後アメフトに携わることがありますか
まだ考えていませんが、とりあえず学校卒業を目標に頑張っていきたいと思っています。

フォトギャラリー

  • IMG 0012選手の名前が刻まれた横断幕
  • IMG 0069OL#70中島とOL#72笠井が道を作る
  • IMG 0269チームの守りに貢献DB#1植山
  • IMG 0294フィールドを駆けるRB#29田邊
  • IMG 0380狙った相手を追いかけるOL#55居澤
  • IMG 0336大きな体で相手を振り切るDT#99清水
  • IMG 0477表彰される選手たち(法大選手左から居澤、小島、廣澤、金城)
  • IMG 0553試合後に選手・マネージャーの集合写真
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-09-254 R

定期購読の申込み