アメフト

【アメフト】春季オープン戦 対立大 同じ1部リーグTOP8に属する立大に勝利

2016春季オープン戦 対立大
2016年5月8日(日)
富士通スタジアム川崎

今節も1部リーグTOP8に属する強豪・立大と対決。初めは得点が動かず膠着状態が続いたが、徐々に流れをたぐり寄せ、勝ち星を上げた。

IMG 1807
今試合2TDを挙げたWR#11高津佐

試合結果

トータル試合結果

24 0 1Q 0 10
3 2Q 3
14 3Q 0
法政大学 7 4Q 7 立教大学

 

 試合得点

Q時間ポジション選手得点方法TFP
2 5:20 K 木村圭介 FG  —
3 2:27 QB 鈴木貴史 TD
3 6:02 WR 高津佐隼矢 TD
4 3:46 WR 高津佐隼矢 TD

 

戦評 

1Q、法大のキックオフで試合開始。立大1度目の攻撃でいきなり敵陣9ydsに追い込まれたが、4thdownのギャンブルは失敗。攻守交代し、QB鈴木貴史(法4)中心のプレーも思うようにいかない。次の立大の攻撃、パントしたボールを法大リターナーがファンブル。相手にリカバーされ、残り12yds地点で攻撃権を奪われ1Q終了を迎える。

2Q、エンドラインまでの距離を徐々に縮めたのち、FGで3点先取される。法大も負けじとRB桑原進之助(営3)が51ydsのキックオフリターンを見せた。WR山田一輝(法4)やWR高津佐隼矢(キャ2)へのパスでゲインしていき、K木村奎介(経2)がFGを決めて同点に追いつく。その後DB松田知也(社3)は華麗な守備で魅せ、RB鎌田洋輔(社4)のランで粘ったがそのまま前半は終了。

IMG 1717相手のOFの進行をタックルで防いだDB#20松田

同点で始まった3Q、QB鈴木からWR長島大地(人3)に通ったパスで21ydsゲイン。最後は残り1ydsをQB鈴木が押し込みTDを獲得した。調子を上げ始めた法大、その後もWR高津佐が84ydsを一気に駆け抜けTD。一方DF陣も相手の侵攻を許さず、ボールキャリアーを後退させる。LB小山克成(社3)のインターセプトも見られた。

IMG 192521ydsゲインに成功し逆転TDに貢献したWR#26長島

4Q、法大の攻撃権、4thdownでパントを選択したが失敗し、ボールを相手に奪われる。不意を突かれてそのままTDを決められた。この悔しい失点にOF陣も黙っていない。パスプレーで順調に詰めていき、再びWR高津佐がTD。得点差を広げた。ここで主力選手を下げ、期待の下級生が出場。QB鈴木からQB野辺歩夢(キャ1)に交代したが、立大に追加点は入れさせず終了のホイッスルが鳴り響いた。

前節の惜敗からわずか3日という短い期間だったが、切り替えられた法大は見事勝利を収めることができた。次節の相手は慶大。緊張感漂う試合に“挑戦”していくトマホークスに注目だ。(関川美穂)

選手コメント

高津佐隼矢

—今日の試合を振り返って
自分たちの力が出せませんでした。

ーどういった点でそう感じましたか
自分たちのテンポとか、そういうのができてなかったです。

ー2TDしたが、自身のプレーについては
役割を全うしただけですね。満足は全然していないです。

ー前回、中大に負けてからどうしたか
とにかく次に切り替えようという気持ちでいました。負けたことに変わりはないので。

ーチームの雰囲気
石神キャプテンが引っ張ってくれるのでついて行くだけです。

ー日本代表に選出されましたが心境は
嬉しいですね。練習はまだ始まっていませんが、頑張っていきたいです。

ー春季オープン戦の目標
“挑戦”ですかね。自分の目標を掲げて、それを達成したいと思います。

ー次節、慶大戦の意気込み
勝ちます。

フォトギャラリー

  • IMG 1723鋭いランに食らいつくDL#93加原
  • IMG 1776大きな体で威嚇
  • IMG 1789キックオフリターンから敵陣を目指すRB#21桑原
  • IMG 1795軸を担うQB#4鈴木
  • IMG 1870DB#42山西は立大の進行を阻む
  • IMG 2105堅い守りを見せつける
  • IMG 2142WR#82三橋のパスキャッチ
  • IMG 2176QB#18野辺からRB#44日比へ
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-09-254 R

定期購読の申込み