アメフト

【アメフト】「法日交流戦2019」直前特別企画 法大×日大選手インタビュー①(関西出身WR編)

「法日交流戦2019」直前対談インタビュー
2019年5月23日(木)
法政大学市ヶ谷キャンパス

今月9日に富士通スタジアム川崎にて行われる春季オープン戦の対日大戦は、「法日交流戦2019」と称し、学生自主運営で開催される。この試合に先立ち、法大・日大両アメリカンフットボール部協力のもと、大学の垣根を越えた対談形式でのインタビューを敢行。初回は、共に関西出身WRの糸川創平(キャ3)、小倉豪(日大)に高校時代の話や意気込みを語っていただいた。

wr2 R
終始明るい雰囲気でインタビューに応じてくださった(左から小倉、糸川)

選手インタビュー

関西出身WR対談 法大・糸川創平×日大・小倉豪

―高校時代に面識は
糸川:初対面です。
小倉:初対面ですけど、高校の時の対戦相手です。

―高校で対戦したときに交流は
小倉、糸川:ないですね。

―高校時代に対戦したときの相手の印象は
小倉:僕のときはもう負けてしまったんですけど、攻撃のし合いみたいな感じで、結構パス通ってたなって。
糸川:オフェンスの中心選手だったので、どういうふうに止めるかとか、そういうのを考えて対戦に向けて練習に取り組んでいました。

―大学では対戦は
糸川:まだないですかね。
小倉:ないですね。

―高校時代に対戦した試合で印象深いものは
小倉:(糸川が)箕面学園(箕面自由学園高校)で、そこに勝ったら、そこが山場って言われていてそこに向けて試合とかも調整してたんですけど、まあ、そうですね。(相手の)オフェンスのパスが全然通っていて、止められなくて。で、負けました...。
糸川:(笑)。大阪出身で大阪大会の予選だったんですけど、こっちも山場だと考えてて、大産大附属(大阪産業大学附属高校)戦に向けて、負けたら引退だったのでみんな気合い入っていて。僕はそのとき2年生だったんですけど...結構気合入っていました(笑)。

wr1 R

―お互いに刺激される部分は
小倉:ポテンシャルとかじゃないですか。自分ポテンシャルないのでそういうところとか、際どい球とか結構取ったりしてるのでそういう面ではしっかりこう、尊敬してます。
糸川:大舞台で活躍してる試合をよく見るので、ボウルゲームとかそういうビッグゲームに強いという印象を持っています。

―お互いに相手にはここは勝っている部分、あるいはアピールポイントは
小倉:身長だけっすね(笑)。身長とそうですね、大舞台でやったという経験だけっすね。社会人と本気で試合したくらいの経験。
糸川:今年は身体絞って体重も落として動けるようになったので、次の日大戦ではキレキレに動きたいと思います。

—お二人は関西出身ですが、関東の大学に来た理由は
小倉:そうですね、日大がパスチームだったので。ショットガンオフェンスという体形のパスチームで、自分はレシーバーやっていて試合でいっぱいパスを取りたい、ということで、自分に合ってるなと思って日本大学を選びました。
糸川:僕は最後の最後まで関西の学校と迷ってたんですけど、関西の学校にいたら、4年間行ったら確実に甲子園ボウルいけたと思います。でもそうじゃなくて、こう、なんて言ったらいいんですかね。いるだけでなれるんじゃなくて、自分が頑張らないとなれない環境に、難しい方の道を選びたいなと思って法政大学にしました。

—おととしの法日戦で何か覚えていることは
糸川:入学してないですね。
小倉:いや...入学してるね。
糸川:1年生ですね。いました(笑)。そのとき試合に出なかったですし、日大の優勝決まった後やったので消化試合みたいな感じでしたね。何もないっすね。

—お互いに質問したいことは
小倉:え、また誰か呼ぶん?
糸川:誰か呼ぶ?
小倉:いつも呼ばれんねんけど。Zeebraとか。
糸川、小倉:(笑)
糸川:わからへん(笑)。
小倉:1年生の時も若旦那(湘南乃風)やったっけ?若旦那っすよね。
糸川:Zeebra、若旦那。
小倉:今回誰来るんかな〜って。いつもスペシャルゲストが来てるので、僕ら(法日で)戦うときは。今年誰来るのかな?って
糸川:記事にならへんって(笑)。
小倉:(笑)
糸川:このままやったら記事にならん(笑)。
小倉:趣味とか聞いたほうが?
糸川:いや、日大がどんな練習の雰囲気でやってるかがすごい気になる。...こういうことやぞ。
小倉:(笑)。今はその、いろいろあったときよりも生き生きとできる環境ではあります。コミュニケーションを重視した、監督とかコーチとも気軽に質問とかしたりコミュニケーションが取れる環境です。盛り上がったりしてます。

—お互いの大学の印象は
小倉:カッコイイですよね、普通に。ムービーとかもかっこいいですし、マスコットキャラクター。知らないですけど。
糸川:(笑)
小倉:いやもうなんかカレッジと戦ってんのかなって。ユニフォームも結構いろんな種類あると思うので、オシャレやな〜と。
糸川:日本大学はスター選手もいっぱい輩出してますし、すごい厳しい環境の中でやっていて。印象ですよね?羨ましいな〜って。

—ファンに一言と法日戦へ向けての意気込みを
小倉:今まで日大に入ってから法政に1回も勝ってないので、今年こそは勝ちたいなと思っています。応援してください!
糸川:僕が高校生の頃から関東のアメフトは、法政と日大が強いという印象でした。今は法政がそんな強くなくて2年連続3位という感じで、日大も今BIG8に落ちて。ここでもう1回関東のアメリカンフットボールをする機会だと思うので、良いゲームして勝ちたいと思います。

(取材:小倉明莉)

wr2 R

糸川創平(いとかわ・そうへい)
法政大学キャリアデザイン学部3年
箕面自由学園 / 175㎝86㎏

小倉豪(おぐら・ごう)
日本大学文理学部4年
大産大附属 / 183㎝87㎏

法日交流戦2019 試合詳細

日時:6月9日(日)14時開場、15時キックオフ
会場:富士通スタジアム川崎(JR川崎駅、または京急川崎駅下車、徒歩約15分)
入場について:以下チケットのいずれかで入場可能
①高校生以下券(要身分証)
②招待券
③前売券(法政大学 一口坂校舎1階・法政グッズ販売コーナー、日本大学文理学部内冨山房にて販売)
④法政・日大生券(要学生証)
⑤当日券
試合当日もチケット販売ブースで当日券(1,000円)、法政・日大生券(500円)を販売

 
 
 
 
 

最近の記事

 

S  87621673スポーツ法政 最新号

 

 

定期購読の申込み