アメフト

【アメフト】第87回関東大学リーグ戦開幕直前取材 『学生日本一』への挑戦、始まる!! 第2Q『スタッフイチオシ!オフェンス選手』編

開幕直前取材
2020年9月26日(土)―28日(月)
オンライン

ついに10月10日関東学生1部リーグTOP8が開幕する。法大は同11日に日大とアミノバイタルフィールドで初戦を迎える。今回はチームの要、山岸達矢(社4)に加え、法政大学ORANGEのスタッフ陣がイチオシする5名の選手のインタビューを行った。4日間にわたり、優勝にかける選手の熱い言葉をお届けする。本日はオフェンス選手2名の意気込みをお届けする。

shiraishi R
攻撃の要、オフェンス陣のイチオシ選手たち

 2020リーグ戦日程

日時対戦校・開始時間
10月11日(日) 日大・16:00~
10月31日(土) 東大・13:00~
11月15日(日) 中大・12:15~ 
11月28or29日 順位決定戦

※『FOOTBALL TV!』で全試合生中継。『GAORA SPORTS』で中大戦と順位決定戦を録画放送予定

選手インタビュー

OL 白石涼太

―リーグ戦開幕直前に迫りましたが、今の心境としては
僕自身は4年生で最後のシーズンっていうのもありますし、なかなかコロナとかあって変わったシーズンなんですけど、その中でもやって来たことをぶつけるという気持ちです。

―春はオープン戦が全試合中止に。チームの状況は
基本的にzoomなどで繋いで、ミーティングであったり、トレーニングであったりをやっていました。特にぼくのポジションはオフェンスライン(OL)で、体を大きくするというが重要なポジションですけど、僕たちは体重の増量などをして、フィジカルアップに努められたというのはコロナの中でも良かった点だと思います。

―自粛期間の練習は
基本的に自分一人でやっていました。1人なんですけど、LINE電話とかzoomとかを繋いで、同じポジションの人たちと朝起きて(オンラインで)ランニングをしたりとか。このような感じでオンラインでもチームワークを意識しました。LINE電話とかzoomなんですけど、みんなでつないでランニングとかスクワットを500回やったりしていました。個人的にはなかなかウエイトトレーニングというのができないので、自重で公園の鉄棒使ったりとか、そういうトレーニングをしていました。

―今年は4年生ということでラストシーズンとなりますが、いままでのシーズンとの心境の変化は
僕は4年生というのもあるんですけど、3年生まであまり試合に出ていなかった人間でもありますので、そういう意味では最初で最後のチャンスです。ベタですけど中止になったりするスポーツもある中で自分たちが色々な人たちのおかげでプレーできるということに感謝しながら思い切って溌剌とプレーしたいと思います。

―昨年の最終戦で栗田壮一郎(令2年度卒)選手が期待の選手に白石選手をあげました
栗田さんももちろんですが、いろいろな先輩とか期待してくれる人がたくさんいると思うので、そういった人の期待に応えられるようにしたいと思います。

―今季に向けてOL陣の仕上がりというのは
みんな本当に去年に比べるとサイズが上がっていて、コーチも変わったりして新しい形でのユニットになっているんですけど、その中で去年よりも力強いプレーを見せれるようにはなっているのではないかなと思っています。自信というかそういった気持ちがあります。

―今年は新型コロナウイルスの影響で変則的なシーズンですが、調整などは
部内でも感染者が出てしまうと試合とかもできなくなってしまうので、そういったところではスタッフの方々が本当にいろいろ準備してくださって、なるべくコロナにならないように、感染しないように気をつけながら自分たちができることやって試合に挑みたいです。

―今季の山場の試合は
やっぱり初戦の日本大学戦ですね。日本大学は私たちが1年生の時に日本一になっているということもありますし、伝統的に法政と日大というのはライバルとしてやっと来て、そういう意味でも絶対に負けられないという思いがあります。

―今季のチームのポイントは
僕はオフェンスの人間なので、去年とかだとなかなかオフェンスが点を取れなくて苦戦を強いられたりというのが結構あったんですけど、そこをオフェンスからチームを引っ張ってオフェンスで試合を勝たせられるようなチームになっていると思います。

―自身のアピールポイントは
僕は体重が増えて去年よりも思い切ったプレーができていると思います。特に日大とかは相手がディフェンスライン(DL)が強いと思うんですけど、(体重増加を生かして)真っ向からぶつかっていきたいと思います。

―今季のキーマンは
僕は副将で『29』の阿部(快斗、法4)かなと思います。個人的に高校生の時から阿部選手は知っていて、学部が一緒で結構授業も一緒だったというのがあります。やっぱり法政大学の29番というのは本当に重いというか、もっと活躍しても良い番号だと思うので、あの選手をもっと走らせられるように僕自身もたくさんブロックしたいと思います。

―個人として今季の目標は
僕がミスってしまうとそれが直接チームのミスにも繋がってしまうと思うので、そういった意味では僕がしっかりプレーすることでチームをいい方向に導けると思うので、僕のブロックでオフェンスを良い方向に導いて行きたいと思います。

―チームとしては
チームは『学生日本一』というのを掲げているので、甲子園ボウルに出て、学生日本一になりたいと思います。

―ファンの皆さんへ
本当に皆さんの応援を現地で聞けないというのは私たちにとっても非常にマイナスなことであるんですけど、その中で僕たちがやって来たことを皆さんと一緒に学生日本一という景色を見たいと思っています。ぜひ応援よろしくお願いします。

shiraishi R
サイズアップを遂げたOL陣に注目だ!
白石 涼太(しらいし・りょうた)
背番号『70』
法学部4年 / OL
横須賀学院 / 181㎝115㎏

(取材:須藤大樹)

RB 星野凌太朗

―自粛期間を振り返って
みんな初めての経験だと思うんですけど、自分たちもこんなにアメフトをやらない期間っていうのが初めてで、最初結構戸惑ったんですけど、今後に向けて自分が何をしなきゃいけないとかをしっかり理解して臨む良い期間ではあったと思います。

―自粛期間中に個人的に行ったトレーニング等は
何もやらないってなると体力とかも落ちてしまうと思うので、近くの公園であったりで走り込みなどを毎日やって体力を落とさないように個人でやっていました。

―練習再開後、チームではどのようなことを
感染症対策として対人、人と人が当たるっていうのはあまりやってきませんでしたが、日数が経っていく内に人とも当たれるようになってきて、アメフトの楽しさをまた思い出させてくれました。
 
―個人的に強化した部分
自宅でウェイトなどを自重とかでトレーニングしていて、体重も増えて、フィジカル面なども昨年度よりも確実にアップしたんじゃないかなと思います。
 
―練習を重ねる中で見つけた課題は
プレーの理解度というのが一番大きな課題でした。昨年は曖昧な部分も多少あって全力でプレーに集中っていうのが難しかったんですけど、この期間を経ることでしっかりとプレーを理解して、迷いなくプレーすることができるようになったと思います。
 
―2年目となりましたが、心境の変化等は
昨年は1年生ということもありガムシャラにただ全力でやればいいって感じだったんですが、学年が上がることで上級生ではないですけど、下が入ってきたので責任感というか、下に良いプレーを見せるだとかいうのが心境の変化としてあります。
 
―1年生も合流を
しています。大学になって初めての後輩ができるということで不安な部分というか、こっちも緊張ではないですけど(似たものが)ありましたが、フレンドリーな感じで楽しくできているので良いと思います。
 
―日大、東大、中大と戦いますが山場は
やはり初戦の日大かなと思います。毎年法政が初戦で厳しい試合っていうのがあるのに加えて、日大っていうのは毎年強いことで有名でライバル校みたいなところがあるので、しっかりそこで山場を勝ち切ることが大切だと思います。
 
―今年は春のオープン戦などはほとんどありませんでしたが、日大の研究などは
日大のプレーなどは自粛期間とかに見る機会が多かったので、そこでしっかりと見ていました。
 
―今季は自分のここに注目してほしい
昨年などはRBは(出場するのが基本的に)上級生で、自分はたまに出るって感じだったんですけど、今年はしっかりと出られると思うので、RBとして期待してほしいと思います。

 

―今季の目標
山場である日大戦を勝ち切って、しっかりとそこで良い流れを持ってって学生日本一を目標として頑張っていきたいなと思います。
 
―ファンの方々へメッセージ
コロナでいつもとは違う状況にはなってしまいますが法政フットボールとしてやることは変わらないので、しっかりと勝ち切って良い所を見せられるように頑張るので応援よろしくお願いします。
 
hoshino R

力強いランプレーが魅力的だ

星野 凌太朗(ほしの・りょうたろう)
背番号『30』
キャリアデザイン学部2年 /  RB
日大三 / 172㎝70㎏

(取材:小倉明莉)

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

202010191

 

 

定期購読の申込み