サッカー

【サッカー】第92回関東大学サッカーリーグ戦 第7節 法政大2-5早稲田大 末木裕也のスーパーゴール&青柳燎汰の今季初弾で望みつなぐも守備崩壊で5失点大敗…

第92回関東大学サッカーリーグ戦 第7節 法政大ー早稲田大
2018年5月30日(水)
法大城山グラウンド

雨が降りしきるなかホーム・城山で行われた早大との一戦。40分に先制を許すも、45分に末木裕也(スポ3)のスーパーゴールで試合を振り出しに戻す。しかし後半開始直後に立て続けに失点し点差を広げられ、終わってみれば5失点で惨敗となった。

introwaseda resize
ホームでの一戦は惨敗に終わった
 

試合結果

トータル試合結果

2
法政大学
1 前半 1 5
早稲田大学
1 後半 4

試合スタッツ

時間経過大学選手名得点経過
41分 得点 早稲田大学 武田太一 0-1 
45分 得点 法政大学 末木裕也  1-1
48分 得点 早稲田大学 岡田優希  1-2
50分 得点 早稲田大学 金田拓海  1-3
52分 交代 法政大学 平山→青柳  
55分 交代 法政大学 森→長谷川  
58分 得点 法政大学 青柳燎汰  2-3
71分 交代 法政大学 下澤→大西  
74分 得点 早稲田大学 相馬勇紀  2-4
87分 得点 早稲田大学 武田太一  2-5

スターティングメンバー

背番号 ポジション  選手名 学部・前所属 成績(出場・得点)
GK 吉田舜 社会4・前橋育英高 4・0
22 DF 黒崎隼人 経済4・栃木SCY 7・0
26 DF 高木友也 経済2・法政第二高 4・0
32 DF 蓑田広大 現福1・青森山田高 2・0
16 DF 加藤威吹樹 経済3・サンフレッチェ広島Y 6・0
13 MF 末木裕也 スポ3・ヴァンフォーレ甲府Y 7・1
33 MF 下澤悠太 社会3・柏レイソルY 1・0
MF 紺野和也 現福3・武南高 7・2
14 MF 平山駿 経済2・三菱養和SCY 3・0
17 MF 森俊貴 情科3・栃木SCY 6・0
9 FW ディサロ燦シルヴァーノ 経済4・三菱養和SCY 7・0
サブメンバー
21 GK 中野小次郎 経済2・徳島ヴォルティスY 0・0
DF 前谷崇博 スポ4・ガンバ大阪Y 2・0
23 DF 関口正大 現福2・新潟明訓高 1・0
MF 大西遼太郎 社会3・ジュビロ磐田Y 7・0
29 MF 竹本大輝 経済2・成立学園高 2・0
28 MF 長谷川元希 現福2・大宮アルディージャY 1・0
10 FW 青柳燎汰 現福4・前橋育英高 1・1

※成績は試合終了時のもの

 試合後順位表

順位 大学名 勝点 試合数 勝-分-負 得点/失点 得失点
1位 早稲田大 16 7 5-1-1 15/10 5
2位 順天堂大 12 7 4-0-3 18/10 8
3位 駒澤大 12 7 4-0-3 16/10 6
4位 明治大 12 7 4-0-3 10/6 4
5位 専修大 12 7 4-0-3 7/11 -4
6位 桐蔭横浜大 10 7 3-1-3 11/10 1
7位 流通経済大 10 7 3-1-3 12/12 0
8位 法政大 10 7 3-1-3 11/13 -2
9位 筑波大 8 7 2-2-3 9/11 -2
10位 東京国際大 8 7 2-2-3 7/12 -5
11位 東洋大 6 7 1-3-3 5/12 -7
12位 国士館大 4 7 1-1-5 8/12 -4

 

前期リーグ途中経過

日付 対戦校 結果 会場
1 4月8日 駒澤大 〇3-1(詳細) 味の素フィールド西が丘
2 4月15日 東洋大  △2-2(詳細) 県立保土ヶ谷サッカー場
3 4月29日 東国大  〇3-1(詳細) 相模原ギオンスタジアム
4 5月3日 筑波大  ●0-2(詳細) 柏の葉公園総合競技場
5 5月6日 明大  ●0-2(詳細) 前橋総合運動公園サッカー場
6 5月20日 国士大  〇1-0(詳細) 味の素スタジアム西競技場
7 5月30日 早大  ●2-5 法大城山グラウンド
8 6月3日 桐蔭大   味の素スタジアム西競技場
9 6月10日 専大   味の素フィールド西が丘
10 6月17日 順大   佐倉市岩名運動公園陸上競技場
11 6月30日 流経大   柏の葉公園総合競技場

マッチレポート

前節は国士大相手に1-0で勝利を収め、連敗を脱した法大。今節はホーム・法大城山グラウンドで首位を走る早大を迎え撃った。
代表招集でFW上田綺世を欠く中、開幕戦以来の先発出場となった平山駿がディサロ燦シルヴァーノと前線でユニットを組み、そしてボランチの位置では下澤悠太が今季初めて起用された。

すると序盤はスタメンに抜擢された平山と下澤が小気味よくボールに絡み、攻撃のリズムを作っていく。22分には右サイドを突破したディサロのクロスを平山が合わせるが惜しくもサイドネット。32分には左サイドからのクロスが流れた所を紺野和也が拾いシュートを放つなど攻め込む展開になった。
しかし、40分に一瞬の隙を突かれて右サイドの裏を抜かれてクロスから先制点を許す。
このままビハインドで試合を折り返すかと思われた45分、ゴール前の混戦からエリア内に侵入していたボランチ末木裕也のオーバーヘッドシュートがネットに吸い込まれ試合を振り出しに戻し、1-1でハーフタイムを迎えた。

後半も勢いに乗りたい法大だったが48分、バックラインでの組み立て中に相手FWにボールを奪われると無人のゴールに蹴り込まれ勝ち越しを許す。すると2分後の50分にも立て続けに追加点を喫し、いきなり2点ビハインドを背負う展開となった。
58分、途中出場の青柳燎汰が裏に抜け出しゴールを挙げて1点を返すが追い付くまでには至らず。試合終盤、更に2失点を許しホーム城山で2-5での痛恨の敗北を喫した。

次節は6月3日の桐蔭大戦。中3日の厳しい日程だが再び勝利を収め、勝ち点差の少ない混戦を繰り広げている関東1部の中で一歩抜け出すきっかけを掴みたい。(岩瀬斗真)

選手コメント

吉田舜

ー試合を振り返って
前半は良かったのですが、後半は自分たちのミスでどんどん崩れていってしまって、本当にもったいない試合だなと思います。

ーキーパーとして5失点という結果をどう受け止めていますか
率直にありえないと思っています。なんで5失点もしてしまったのだろうと思います。正直、自分の中で自信が少し疑問に変わってしまいました。

ーチームとしての課題はどこにあると思いますか
得点的にはフォワードが頑張っていたので、後ろの安定感だったりコミュニケーションが課題だと思います。

ー次節に向けて
次節は無失点で勝ちたいなと思います。

 

フォトギャラリー

  • introwaseda resizeホームでの一戦は惨敗に終わった
  • hirayamawaseda resize積極的に攻撃に絡んだ平山
  • disarowaseda resizeディサロは惜しくも得点ならず
  • minodawaseda resize蓑田は前節に続いての出場となった
  • kankiwaseda resize一時は同点となったゴールを決めた末木を祝福
  • yoshidawaseda resize5失点を悔やんだ守護神吉田
  • shimozawawaseda resize久々のリーグ戦出場となった下澤
  • takagiwaseda resize高木は多くのクロスを放った

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

 april1st

定期購読の申込み