サッカー

【サッカー】第91回関東大学サッカーリーグ戦 第9節 法政大1ー4桐蔭横浜大 前半に痛すぎる4失点 最下位に突き付けられた厳しい現実

第91回関東大学サッカーリーグ戦 第9節 法政大ー桐蔭横浜大
2017年6月10日(土)
味の素スタジアム西競技場

最下位の桐蔭横浜大を相手に必勝を誓った試合だったが、前半に大量失点となる4得点を献上。後半アディショナルタイムに1点を返すのが精いっぱいで、順位を2つ下げて9位に転落した。(6/10時点)

IMG 0920 R
厳しい試合となった
 

試合結果

トータル試合結果

1
法政大学
0 前半 4 4
桐蔭横浜大学
1 後半 0

試合スタッツ

時間経過大学選手名得点経過
8分 得点 桐蔭大学 イサカゼイン(鈴木国友) 0-1
23分 得点 桐蔭大学 石川大地 0-2
31分 得点 桐蔭大学 鳥海芳樹(中家亮) 0-3
36分 交代 法政大学 道願→末木  
38分 得点 桐蔭大学 山下優人 0-4
45分 交代 法政大学 清谷→川崎  
59分 交代 桐蔭大学 イサカ→國場  
60分 交代 法政大学 青柳→松澤  
85分 交代 桐蔭大学 鳥海→松本  
90分 交代 桐蔭大学 石川→菅原  
90+4分 得点 法政大学 松澤彰② 1-4
※丸文字は今季通算 

スターティングメンバー

背番号 ポジション  選手名 学部・出身校 成績(出場・得点)
GK 関口亮助 経済4・浦和レッズY 9・0
17 DF 武藤友樹 社会4・八千代高校 9・0
27 DF 加藤威吹樹 経済2・サンフレッチェ広島Y 3・0
32 DF 森岡陸 現福1・ジュビロ磐田Y 8・0
24 DF 黒崎隼人 経済3・栃木SCY 2・0
35 MF 道願翼 経済2・関東第一高校 3・0
2 MF 長倉颯 経済3・横浜FMY 3・0
19 MF 清谷陸 経済4・広島皆実高校 3・0
13 MF 青柳燎汰 現福3・前橋育英高校 8・1
29 MF 長谷川元希 現福1・大宮アルディージャY 8・1
18 FW 松澤彰 現福2・浦和レッズY 8・2
サブメンバー
12 GK 吉田舜 社会3・前橋育英高校 0・0
3 DF 前谷崇博 スポ健3・ガンバ大阪Y 7・3
7 DF 川崎雅哉 現福4・静岡学園高校 8・1
22 MF 末木裕也 スポ健2・ヴァンフォーレ甲府Y 2・0
33 MF 服部剛大 社会1・横浜FCY 3・0
25 MF 紺野和也 現福2・武南高校 8・0
34 FW 上田綺世 スポ健1・鹿島学園高校 8・2

※成績は試合終了時のもの

 試合後順位表

順位 大学名 勝点 試合数 勝-分-負 得点/失点 得失点
1位 筑波大 20 9 6-2-1 17/8 9
2位 流通経済大 16 8 5-1-2 15/9 6
3位 順天堂大 15 8 4-3-1 13/9 4
4位 東洋大 14 9 4-2-3 15/11 4
5位 東京国際大 14 9 4-2-3 13/10 3
6位 明治大 12 9 3-3-3 13/12 1
7位 専修大 11 9 3-2-4 10/12 -2
8位 日本体育大 10 8 3-1-4 10/13 -3
9位 法政大 10 9 3-1-5 11/16 ‐5
10位 駒澤大 8 8 2-2-4 8/12 -4
11位 慶應大 8 9 2-2-5 6/15 -9
12位 桐蔭横浜大 7 9 2-1-6 12/16 -4

 

前期リーグ途中経過

日付 対戦校 結果 会場
1 4月16日 慶應大 ●1-2(詳細) 味の素フィールド西が丘
2 4月30日 順大 ●1-2(詳細) 味の素フィールド西が丘
3 5月3日 明治大 ○2-1(詳細) 多摩市立陸上競技場
4 5月7日 東国大 ○3-1(詳細) 江東区夢の島競技場
5 5月13日 駒澤大 ○1-0(詳細) 山梨県中銀スタジアム
6 5月21日 専修大 ●1-2(詳細) 味の素スタジアム西競技場
7 5月27日 筑波大 ●0-3(詳細) 相模原ギオンスタジアム
8 6月3日 東洋大 △1-1(詳細) 東京国際大第一サッカー場
9 6月10日 桐蔭大 ●1-4 味の素スタジアム西競技場
10 6月17日 流経大 14:00KO 日立市民運動公園陸上競技場
11 6月24日 日体大 11:30KO 龍ヶ崎市立たつのこフィールド

マッチレポート

連敗を止めた法大が対するは、現在最下位ながらも、前節に今季初勝利を挙げた桐蔭大。落としてはいけない試合だったが、苦しい結果となった。

ボランチからのサイドチェンジをベースに、大きな展開から攻撃の糸口を探す立ち上がり。しかし8分、サイドの裏を取られると、バイタルエリアにスペースを開けてしまい、イサカゼインに先制ゴールを許す。煮え切らない展開の中、エンジンをかけ切れずにいると、給水を経た直後の24分には最終ラインでのミスから石川大地に決められ、厳しい2点差に。直後に青柳燎汰(現3)がゴール前での混戦から初シュートを放つが、今ひとつ反撃ムードを作れない。その後、31分にアーリークロスを合わされて3失点目を許すと、38分には山下優人にボールロストからロングシュートを決められ、痛すぎる4失点目。法大は左サイドを起点に崩しにかかるも、前線の動きに元気がなく、嵌められてミスが増える悪循環に陥ってしまった。今季最大の4点ビハインドを負い後半へ。


まずは1点ずつ返していきたい後半。選手交代を敢行し、川崎雅哉(現4)を左サイドバックへ投入。これによって武藤友樹(経4)は右サイドハーフに、黒崎隼人(経3)は右サイドバックへとポジションを移した。54分には、その黒崎がグラウンダーのクロス。ニアで収めた青柳が振り向きざまに狙うも、相手のブロックに遭って枠へ飛ばせず。全体が前がかりになり、トランジションから逆に相手2トップへ自由を与える場面もあったが、迫力不足にも助けられ、後ろはなんとか0で耐える。攻撃はロングボールとサイドアタックを意識的に使い、特に右の武藤・黒崎コンビは盛んに上下動を繰り返した。
58分、67分とGK関口亮助(経4)のフィードを起点にゴール前に迫るも、フィニッシュの局面で正確性を欠く。89分の長倉のFKも落ちきらず、枠の上に逸れた。アディショナルタイムは4分。ラストプレーで松澤彰(現2)がアウトサイドで押し込み、一矢報いるも直後にタイムアップ。「絶対に落とせない試合」と多くの選手が意気込んでいた試合を大敗で落とし、これで4試合勝利なしとなった。

「彼らがどのように捉えるかが重要。自分から発信する、行動を起こさないといけませんね」。長山一也監督は試合後、選手のメンタリティを強調しながら厳しい言葉を並べた。開幕からアップダウンを繰り返すチームは安定感に欠け、気づけば降格圏もすぐ側に迫ってきた。前期リーグ戦は残り2試合。このショックから立ち直り、もう一度立ち返って戦うことが求められそうだ。(下田朝陽)

監督・選手コメント

長山一也監督

―試合を振り返って
酷い試合でしたね。あのようなパフォーマンスでは残念で仕方ないです。どういう捉え方をしたら良いか分かりませんが、とにかく自分から発信できる選手が少ないので残念です。

―次節への切り替えの部分は
切り替えてやれるメンタリティを持っているかが大事ですし、下手でもそういった選手を使った方が良いと思います。うちのサッカー部は歴史のあるチームですし、それを明らかに汚しているというか、もっと1人1人がやらないといけないですし、逆にそれができない選手は厳しいですね。

―かなり難しい状況だと思いますが
勝つ準備はしないといけませんが、彼らがどのように捉えるかが重要です。自分から発信する、行動を起こさないといけませし、それが出来るかどうかだと思いますね。

関口亮助

―試合を振り返って
シンプルにキーパーとして4失点してしまいすごく悔しいです。

―前節は法大のペースで試合を進めながらも引き分けという結果でしたがこの1週間どのような意識をして練習に臨みましたか
前節で出た課題は得点力、良いところまでは行ったけどシュートで終われないというところだったので、そこをやっていきました。

―ハーフタイムにはチームとしてどのようなことを話し合いましたか
失点してガタッと落ちてしまった部分があって、というのも自分たちのミスからの失点だったので、もっと主体的に行こうということを話しました。

―次節に向けて
次は絶対に勝たないといけないと思います。さっきも言いましたが、主体性を持って、ミスをしてしまった選手に対しては、キャプテンやキーパーとして盛り上げつつまとめていきたいです。

フォトギャラリー

  • IMG 0772 R終了間際に惜しいFKを放った長倉
  • IMG 0787 R長谷川は苦しいチーム状況で出場を続ける
  • IMG 0838 R途中出場の上田は得点につながるヘディング
  • IMG 0878 R後半は右サイドハーフでプレーした武藤

 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

1 R

定期購読の申込み