サッカー

【サッカー】総理大臣杯関東予選(アミノバイタルカップ) 二回戦 法政大2ー1東海大 2年ぶりの総理大臣杯出場へ!劇的決着でベスト8確定

総理大臣杯関東予選(アミノバイタルカップ) 二回戦 法政大ー東海大
2017年7月3日(月)
時の栖スポーツセンター裾野グラウンド

二回戦の相手は関東2部リーグ所属の東海大。試合は1-1で迎えた86分、上田綺世(スポ1)が決勝のヘディングを叩き込んで三回戦進出を決めた。

IMG 1473 R
試合を動かしたのはまたもこの男だった
 

試合結果

トータル試合結果

2
法政大
1 前半 1 1
東海大
1 後半 0

試合スタッツ

時間経過大学選手名得点経過
13分 得点 法政大学 上田綺世 1-0
45分 得点 東海大学 山内健史 1-1
61分 交代 法政大学 武藤→竹本  
62分 交代 法政大学 関口→黒崎  
64分 交代 法政大学 青柳→松澤  
79分 交代 法政大学 末木→渡辺  
86分 得点 法政大学 上田綺世(紺野和也) 2-1
※東海大は得点のみ掲載

スターティングメンバー

背番号 ポジション  選手名 学部・出身校 成績(出場・得点)
12 GK 吉田舜 社会3・前橋育英高校 2・0
23 DF 関口正大 現福1・新潟明訓高校 2・0
19 DF 加藤威吹樹 経済2・サンフレッチェ広島Y 5・1
DF 前谷崇博 スポ健3・ガンバ大阪Y 9・3
DF 川崎雅哉 現福4・静岡学園高校 10・1
25 MF 上田慧亮 現福4・前橋育英高校 0・0
13 MF 末木裕也 スポ健2・ヴァンフォーレ甲府Y 4・0
MF 紺野和也 現福2・武南高校 10・0
2 MF 武藤友樹 社会4・八千代高校 11・1
11 MF 青柳燎汰 現福3・前橋育英高校 8・1
20 FW 上田綺世 スポ健1・鹿島学園高校 10・5
サブメンバー
GK 関口亮助 経済4・浦和レッズY 9・0
DF 森岡陸 現福1・ジュビロ磐田Y 8・0
22 DF 黒崎隼人 経済3・栃木SCY 2・0
33 DF 高木友也 経済1・法政第二高校 0・0
MF 土橋優樹 現福4・川崎フロンターレY 7・0
16 MF 渡辺淳揮 社会3・初芝橋本高校 7・0
28 MF 竹本大輝 経済1・成立学園高校  0・0
18 FW 松澤彰 現福2・浦和レッズY  10・4
37 FW 平山駿 経済1・三菱養和SCY 1・0

※成績はリーグ戦のみ

 今後の日程

回戦 日付 対戦校 会場
三回戦 7月5日(水) 流通経済大  味の素スタジアム西競技場
5~8位決定戦※ 7月6日(木)
四回戦(準決勝)※ 7月8日(土)
5~8位決定戦※ 7月8日(土)
五回戦(決勝,3位決定戦)※ 7月9日(日) 味の素フィールド西が丘

※7月5日の結果次第で決定

マッチレポート

法大は一回戦からスタメンを3人変更。対する東海大は一回戦が延期した影響で、この日を含めて3日間連続でピッチに立っている。コンディション的には少し分があり、気温も30度近くの中での試合となった。

東海大は守備時にマンマークを採用するシステム。センターバックの榎戸晧平をスイーパーのような形で最終ライン後方に残し、法大の片側のセンターバックを除き、人に基準を置いて対応する。法大は、久々の公式戦出場となったボランチの上田慧亮(現4)を中心にボールを回し、攻撃の糸口を探った。
IMG 1423 R
上田慧はボランチで出場
13分、前谷崇博(スポ3)のフィードを収めた上田綺世(スポ1)が良い位置でフリーキックを獲得。これを自ら蹴りこみ、一回戦同様にセットプレーを生かして先制に成功。以降、試合運びにも少し余裕が生まれ、何度か決定機を演出する。35分には上田綺のフリックを青柳燎汰(現3)が繋ぎ、左から入り込んできた武藤友樹(社4)がシュート。41分には紺野和也(現2)が右45度からクロスを入れ、ファーで待ち構えていた上田綺がチャンスを迎える。しかし共に枠を僅かに外し、追加点とはならない。
IMG 1325 R
吉田は再三の好セーブを見せた
前半終了間際、ロングスローから立て続けに放り込んでくる東海大。すると、ゴール前のスクランブルから放たれたシュートが、体ごと寄せた前谷の手に当たったと判定され、PKを献上。これを山内健史に決められ、タイスコアで後半へ。


後半は一進一退の攻防が続く。最初にチャンスを迎えたのは東海大。左サイドからのクロスに中山一毅が合わせたが、GK吉田舜(社3)が横っ飛びで弾き出した。エンジンのかかり切らない法大は、61分から立て続けに3枚を交代。竹本大輝(経1)、黒崎隼人(経3)、松澤彰(現2)が投入された。直後の65分に、カウンターから最後は竹本がシュートを打つも、GKの正面を突く。
徐々に間延びしてきた後半の中盤。依然マンマークで、対人に強いタイプが揃う東海大は、深めのラインも辞さず、空中戦での跳ね返しや足元への潰しからカウンターを何度も発動。法大は78分にサイドを切り崩され、絶体絶命のピンチを迎えるも、吉田のビッグセーブでなんとか凌ぎ、胸を撫でおろした。
IMG 1412 R
末木は卓越したテクニックで攻撃のタクトを振るった
「ピンチの後にチャンスあり」。まさにこの言葉通りに、決勝点は突如として生まれる。86分、右サイドを紺野が縦に突破するとファーサイドで合わせたのは上田綺。今大会3点目となる勝ち越しゴールで勝利を手繰り寄せた。
その後はパワープレーに出てきた東海大に対し、時間をうまく使いながらタイムアップの笛を待った。これでベスト8以上が確定。総理大臣杯出場となる関東7位以内まで、残り1勝と迫っている。ベスト4をかけた三回戦は、2日後の7月5日14時K.O。昨年逃した舞台に、2年ぶりに返り咲くことはできるだろうか。(下田朝陽)
IMG 1473 R
決勝ゴールを決めた上田綺

監督・選手コメント

※監督・選手コメントは三回戦終了後に掲載します。

フォトギャラリー

  • IMG 1317 R
  • IMG 1325 R
  • IMG 1337 R
  • IMG 1343 R
  • IMG 1350 R
  • IMG 1371 R
  • IMG 1376 R
  • IMG 1385 R
  • IMG 1412 R
  • IMG 1417 R
  • IMG 1423 R
  • IMG 1425 R
  • IMG 1426 R
  • IMG 1429 R
  • IMG 1435 R
  • IMG 1467 R
  • IMG 1473 R
  • IMG 1480 R
  • IMG 1489 R
  • IMG 1492 R
  • IMG 1514 R
  • IMG 1520 R
  • IMG 1525 R
  • IMG 1527 R

 

 

  

 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み