ラグビー

【ラグビー】関東大学ラグビーリーグ戦 対流経大 前半をリードして折り返すも、後半はゲームを支配され敗戦 4位をかけて大東大との最終戦に挑む

関東大学ラグビーリーグ戦 対流経大
2015年11月8日(日)
群馬県立敷島公園ラグビー場

前戦は東海大の返り討ちにあった法大。今節は東海大と並んで無敗の流経大と対戦した。前半はキックパスを受けたWTB中井のトライから始まり、流れをつかんだ。11-10とリードして前半を終える。しかし後半は足が止まりだすと、突き放され敗戦。最終節で大東大と、4位をかけた戦いに臨むこととなった。

ydfh
PR前島。前半はチームが流れに乗れていた

試合結果

トータル試合結果

 

16
法政大学

11

前半 10 34
流通経済大学
5 後半

24

 

ポイント詳細

1/1 2/4
0/0 G 0/2
1/0 PG 0/0
1/0 DG 0/0

※(カッコ内)は前半/後半表します

法政大学メンバー

No.ポジション選手氏名学部/学年出身校
1 PR  前島利明  スポ4 日川 
2 HO 川地光節  社4  筑紫 
3 PR 越田勝利  経4  石見智翠館 
4 LO 牧野内翔馬  経3  東福岡 
5 LO 吉村公太朗  経4  崇徳 
6 FL 斉田倫輝  経2  仙台工 
7 FL 松村拓海  スポ3  國學院久我山 
8 NO.8 増田和征  経2  京都成章 
9 SH 根塚聖冴  社1  京都成章 
10 SO 金井大雪  経1  深谷
11 WTB 桶谷建央  経4  日大習志野 
12 CTB 和田源太  経3  御所実 
13 CTB 新谷大樹  社4  日川 
14 WTB 中井健人  スポ1  筑紫 
15 FB 尾崎立洋  社2  桐蔭学園 
16 Re 黒田圭汰  社2  報徳学園 
17 Re 金子崇  社2  東福岡 
18 Re 土山勇樹  社1  東福岡 
19 Re 塩見伊風  社1  長崎北 
20 Re 佐々木嵩穂  スポ2  桐蔭学園 
21 Re 林修平  社3  伏見工 
22 Re 北島遥生  現2  常翔学園 
23 Re 萩原蓮  経1  東福岡 

 

戦評

開始早々に試合は動く。1分、敵陣中央付近でパスを受けたSO金井が右サイドインゴールにロングキックを蹴ると、これに反応したWTB中井が追いつきトライ。試合の入り方に課題を残す法大であったが、この試合では見事に先制する。このまま試合の主導権を握りたかったが、11分、流経大のラインアウトからモールで押し込まれると、そこから力強いアタックで突破され5-5の同点とされる。それでもすぐに逆転を狙う法大は、17分、流経大のオフサイドからチャンスを得ると、FB尾崎がPGを決めて8-5と逆転に成功する。さらに27分には、早いテンポでボールを回すと、金井がドロップゴールを決め、点差を広げることに成功。このままリードを保ちたかったが、前半終了間際の40分、鋭い走りで密集での突破を許すと、そのまま左に展開され11-10。1点のリードで前半を終える。

yra
前半は2トライに抑え、リードして折り返した

yioa
2試合連続先発出場のLO牧野内

後半に入ると、前半よりも前に出始めた流経大のペースで試合が動いていく。50分、早いパス回しからあっさりと中央を突破。11-17と逆転される。さらに60分、法大のノットロールアウェイから流経大はラインアウトで攻め込む。そこから左に展開しトライ。反撃に出たいが、足が止まり始めたため、ペナルティから相手にチャンスを与えてしまう場面が目立つ。64分、72分にもミスから相手にトライを許し、11-34まで点差を広げられる。しかし、このままで終われない法大は、78分、マイボールラインアウトからそのままモールで押し込み、HO川地がトライ。16-34と追い上げるも、試合はこのままノーサイドとなった。

yisr
大東大との最終戦はセカンドステージからの出場をかけた重要な一戦となる

この試合ではこれまでの課題を克服し、いい形で試合に入ることができた法大。特に前半はDFもよく、テンポのあるアタックを見せることが出きていた。それでも後半になって足が止まりだすと、ペナルティから相手に好機を与えてしまう場面がまだ目立つ。
次のリーグ最終戦となる大東大戦は4位をかけた戦い。勝てば大学選手権セカンドステージから、敗れて5位になれば、ファーストステージからの出場となる。課題を修正し、連敗を止め、いい流れで選手権に臨みたい。(伊奈太郎)

監督・選手のコメント

谷崎重幸 監督

―残念ながら勝利という結果につなげることができませんでしたが
本当に残念ですね。小さなミスが大きなスコアの差につながってしまいましたよね。本当に小さなミスだったんですけど。でも、そういうところを無くしていかないとね。次の試合はビックマッチになるので。

―課題だった試合の入りですが、今日は最高の立ち上がりだったと思いますが
その良い流れで前半は戦えていましたよね。逆に後半の入りが良くなかったですね。

―今日は雨の中での試合となりましたが、影響などはあったと思われますか
それはあまり無かったと思いますね。逆にキックを使ったりして、うまく戦えていたと思います。

―今、選手たちへ「結果を受け止める」というお話がありましたが
しっかり、結果を真摯に受け止めるということですよね。チームの結果もそうだし、スクラム、ラインアウト、1対1という個々のところもですね。

―次は大東大との重要な試合です
真っ向勝負するしかないですよね。逃げることなく正面衝突していきたいと思います。

牧野内翔馬(LO,2試合連続スタメンでフル出場)

―今日の試合を振り返って
前半は相手のミスもあって、自分たちもしっかりDFできていたので、流れも良かったんですけど、後半は試合を通してDFの時間が長かったので、足が止まってしまいました。あと相手の外国人選手も1人で止められなくて、2人目とかもうまく入れなかったので、結構崩されてしまったのかなと思います。

―試合の入り方は良かったように見えましたが
そうですね。今まで開始早々にトライされたりしていたので、最初の20分だけは集中して先制点を取りにいこうと話していました。その通りにプレーできたので、前半は良かったと思います。

―後半は相手の力強いアタックに苦戦しているように見えましたが
やっぱり外国人選手を止めるのに、自分たちは3、4人じゃないと止めることができなくて、そこから外に振られてしまう形が多かったですね。

―後半は攻撃でもうまくいかなかった場面が多かったと思いますが
アタックもいいテンポで出せれば、前半みたいにプレーできたと思います。でも後半はボールに相手が来ていて、時間をかけられたことで、あまりいいテンポでプレーできなかったので、それが後半、全然点数が動かなかった理由だと思いますね。

―ペナルティから相手にチャンスを与えてしまったことについて
スクラムとかも審判と合わないことが多くて、反則とかも多くなってしまいました。ラインアウトは練習でBチームが研究してくれていたので、うまくできていただけに、無駄な反則が悔やまれますね。

―今日の試合で見つかった課題について
やっぱり差し込まれてきた時に、足が止まりだしていこともあって、DFのリロードが甘かったので、相手の人数が余ってしまったことですかね。あとマイボールの時も、早く出したいけど、相手に絡まれて早く出せなかったので、そういうので全然ゲインできなかったのも課題だと思います。

―次の試合に向けて
大東大との最終戦に勝っていい流れで選手権に行きたいので、今日の前半の戦い方ができれば勝てると思っています。大東大も外国人選手が多いので、そこに1枚じゃなくて、2枚で行ったりすることができれば勝てると思うので、頑張りたいと思います。

フォトギャラリー

    • ydfhゲインを図るPR前島
    • yerigjライン際の突破を試みるWTB桶谷
    • yfiesFL松村の低いタックル
    • yeir今日はFLで出場した斉田
    • yeiruDGも決めたSO金井
    • ykdl快足を飛ばしたWTB中井のノーホイッスルトライ
    • yq試合終了間際に何とか1トライを返した

 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

1 R

定期購読の申込み