ラグビー

【ラグビー】関東大学春季大会C 対山梨学院大  テンポいいアタックでまたも大量得点!素早いディフェンスで2試合連続相手を1T1Gに抑える!

関東大学春季大会C
2017年5月28日(日)
山梨中銀スタジアム

 先週の100点ゲームの余韻が冷めやらぬ中、迎えた山梨学大戦。相手のホーム山梨で行われた試合はまたも相手を圧倒し、12トライを挙げる圧勝。出足の早いディフェンスで前戦同様相手を1トライ1ゴールに抑え、3連勝を飾った。

IMG 0076
 UTY招待ラグビーの一環として行われた

試合結果

トータル試合結果

 

80
 法大

33

前半 07 7
 山梨学院大
47 後半

00

 

ポイント詳細

5/7 1/0
4/6 G 1/0
0/0 PG 0/0
0/0 DG 0/0

※(カッコ内)は前半/後半表します

法政大学メンバー

No.ポジション選手氏名学部/学年出身校
1 PR 黒田圭汰   社4  報徳学園
2 HO 大澤翔舞  経4 長崎北
3 PR 金森達哉   社3 法政 
4 LO  山根陵  現3 大津緑洋 
5 LO  ウォーカーアレックス拓也  社2 東福岡 
6 FL  橋本陸  社1 東京 
7 FL 山下憲太   社1 長崎海星 
8 NO.8 増田和征  経4 京都成章 
9 SH 中村翔   経2 東福岡 
10 SO  時崎魁人  文3 法政二 
11 WTB 井上拓   社2 御所実業
12 CTB  呉洸太  社3 大阪朝鮮 
13 CTB  東川寛史  経4 東福岡 
14 WTB  中井健人  スポ3 筑紫 
15 FB  萩原蓮  経3 東福岡 
16 Re  濱野隼也  社1 秋田工業 
17 Re  宮川優也  経1 仙台育英 
18 Re  江口宏坪  現2 京都成章 
19 Re  李承記  経3 大阪朝鮮 
20 Re  五反田拓巳  経4 法政 
21 Re  横尾俊也  経2 法政 
22 Re  長利完太  経3 桐蔭学園 
23 Re  尾崎達洋  社4 桐蔭学園 

 

戦評

 試合は山梨学大のキックオフで始まった。開始早々、LOウォーカーアレックス拓也(社2)が相手へのハイタックルによるシンビンで10分間の退場を余儀なくされる。14人で戦う10分間。しかし法大は落ち着いていた。8分、相手のオフサイドからSH中村翔(経2)がしっかりとクイックスタートし、最後はWTB井上拓(社2)がそのボールをきっちり受け止めそのまま左サイドへトライ。FB萩原蓮(経3)が丁寧にゴールを決め、7-0と幸先の良いスタートを切った。14分にはWTB中井健人(スポ3)が相手に押さえつけられながらも、フィジカルの力強さを見せつけ右へトライを成功させ12-0。さらに17分にCTB呉洸太(社3)→SH中村翔(経2)→再び呉というパス回しが上手く決まり、トライ成功。ここでもゴールが決まり、19-0と差を広げる。この後も法大の猛攻は止まらない。24分に井上が左へこの日2つ目のトライ。さらに中村が26分、スクラムが崩れたところをリスタートさせ、最終的に再び呉がトライを決める。ともに萩原がゴールを決め、33-0とその差を広げた。31分に1トライ1ゴールを許してしまったものの、それ以上の得点を許さない。セットプレーも終始安定し、33-7で前半が終了した。

IMG 0084
巧みなボールさばきで頭角を現すSH中村

 メンバー交代無しに法大ボールでスタートした後半。早速2分、スクラムからパスがつながり、FL橋本陸(社1)の素早い動きでトライを決める。萩原のゴールが決まり40-7。8分には呉のマークからHO大澤翔舞(営4)、FL山下憲太(社1)と縦のパスが綺麗に決まり、中村が左サイドにトライを決めて45-7と相手を圧倒。相手のミスを見逃さず、その後も攻撃の力を緩めない。PR黒田圭太(社4)、山下、井上、中井も次々とトライを決め71-7と2戦連続の大量得点を演出した。後半は計8人の選手がリザーブから出場し、それぞれが自分の力を出し尽くし、後半は山梨学大を完封。最後は43分に井上がこの日4つ目のトライを決め、FB尾崎達洋(社4)もゴールを決め80-7でノーサイド。見事3連勝を飾った。

IMG 0079
WTB井上は鋭いランニングでトライを量産

 昨秋のリーグ戦では惜しくも全国大学選手権出場を果たせず、1部2部入れ替え戦まで進んでしまった法大。しかし今季のチームは一味違う。選手たちが皆、口をそろえて言うのは「雰囲気の良さ」だ。副将であるNo.8増田和征(経4)は「雰囲気はかなりよくなった。選手自身が意欲的に練習に取り組み、去年までのやらされてる雰囲気とは違い、『自分たちの自主性を大事にする』ということを東川(寛史主将、経4)もよく言っているので、チーム全体に浸透してきた」とその変化の実感を語った。まずこの春、チームが目標に掲げるのは「春季大会全勝」。法大フィフティーンの熱い戦いからますます目が離せない。(岡﨑祐平)

IMG 0091

選手インタビュー

増田和征(No.8,経4)

 -今日の試合を振り返って
前半のスタートで自分たちのペースに持ち込めたのがよかったと思います。ただ前半の終わりや後半の最後の方と通じて、慣れてくると相手のペースになってしまい、自分たちのラグビーができなかったのは残念です。自分たちが点数を取り続けて安心すると、向こうのラグビーのスピードに合わせてしまいましたね。  

-スクラムを始めとして、セットプレーが安定していましたが
去年のことを踏まえて、シーズン前から強化してきて、これからも強化していかなければならない部分だと思ってます。山梨学大はセットプレーのしっかりとしたチームという認識だったが、想定してきたよりはこっちも練習を積んできた分、対応できたのがスムーズに試合を進められた要因です。  

-新体制になってチームの変化した面は
雰囲気はかなりよくなりました。選手自身が意欲的に練習に取り組むようになってると感じます。去年までのやらされてる雰囲気とは違い、自分たちの自主性を大事にするということを東川(寛史主将)もよく言っているので、チーム全体に浸透してきたと思います。  

-今後に向けて
FWとして、セットプレーの強化が必要になってきます。加えてリアクションの部分も上げていかないとこれから先、相手のレベルが上がったとき勝つのは難しいと思うので、強化していこうと思います。

IMG 0092
力強いプレーでチームを引っ張るNo.8増田

 

呉洸太(CTB,社3)

ーチームでは試合前にどういう目標がありましたか
ディフェンスで前に出てプレッシャーをかけるということと、アタックは相手の空いているスペースを探してそこにボールを運ぶというのが目標でした。  

ー成蹊大戦からの反省点はありましたか
前回は点も取れたんですけど、つなぎ目でミスしたり簡単なミスが多かったので、そこを修正しようとしたんですけど、今日もそういうプレーが出てしまったので、来週は軽いプレーが無くなるようにしたいです。  

ー1つ目のトライは呉選手から中村選手、そして呉選手にパスが回ってのトライでしたが、振り返っていかがでしたか
ちょっと頑張って走ったら、ハーフの中村もしっかり見ていてくれてつないでくれて良かったです。  

ートライが決まらなかった場面でも前へのプレーが目立ちました
相手が結構前にプレッシャーをかけてきたチームだったので、自分がボールをもらって空いているスペースに仕掛けていこうという意識で走っていました。  

ー山梨学大の印象は
 BKが前に出てくるというのがあって、あまり外まで回せなかったんですけど、ウイングが上がってきてディフェンスにプレッシャーを感じました。

ーチーム全体で良かった点はありますか
簡単なミスも目立ったんですけど、ひとりひとりが前に出て相手を止められたと思います。  

ー反省点はやはり簡単なミスを無くすということでしょうか
それもありますし、前半苑田HCにも言われたんですけど、相手に合わせてラグビーをしてしまったので、前半から法大らしいラグビーで相手を圧倒したいと思います。

ーチームが新体制となって、1年生も入りましたが変化はありますか
新体制になっても特にあまり自分自身は変化というのは、去年通り同じプレーができていて、1年生は僕が1年生の時は出ていないんですけど、僕たちが引っ張っていけるとやりやすいと思うので、引っ張っていきたいと思いますし、特に体を張ってくれているので、僕も負けないように体を張りたいです。  

ー残りの春の試合はどう戦っていきたいですか
残り3試合で、チームの目標は「春は全勝」というのを掲げているので、しっかり3試合とも内容も良くして勝っていきたいと思います。

IMG 0094
CTB呉は素早いアタックで相手を翻弄

 

フォトギャラリー

  • IMG 0076UTY招待ラグビーの一環として行われた
  • IMG 0078練習の成果が徐々に現れてきているスクラム
  • IMG 0087正確なキックを決めるFB萩原
  • IMG 0077FL山下憲は1年生ながら前戦からスタメンを張り続けている
  • IMG 0093WTB中井の飛び込みトライ
  • IMG 00861年生FL橋本もトライを決めた
  • IMG 0090PR黒田は力強い突破ののちトライ
  • IMG 0095試合後笑顔で選手を迎える島津久志監督
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-09-254 R

定期購読の申込み