ラグビー

【ラグビー】春季大会直前‼ 『GRIT』 リーダー陣インタビュー② グラウンドリーダー 〜2・3年生編〜

2018年3月28日(水)・4月1日(日)
法政大学多摩キャンパス

 桜が咲き誇る4月。法大ラグビー部も新チームとなり、いよいよ29日から春季大会を迎える。秋に行われる関東大学リーグ戦の前にチーム状況を知るには、絶好の機会となる春のこの大会。 果たして、どのような戦いを私たちにみせてくれるのか。4年生に続き、これからの法大ラグビー部を担う2、3年生のリーダー陣に意気込みを伺った。

 ※このインタビューは3月28日、4月1日におこなったものです。
 ウォーカーアレックス拓也選手は海外留学中のためインタビューがありません。ご了承ください。

shinninenn RU-20代表合宿メンバーに選ばれた吉永、山下、根塚洸

選手のコメント

井上拓グラウンドリーダー(社3)

―昨季を振り返って
 去年はケガをしてしまって、悔しい思いをしたシーズンだった。個人的に今季は試合に絶対に出て法大のジャージを着たい。

―今季はどういったプレーで去年の分を取り戻したいか
 今季は体を張ったプレーですね。痛いことをどんどんできる選手になりたい。

―今シーズンは幹部の体制が変わりましたが 
 今季はリーダーが三人になって、グラウンドリーダーというのができて、前は学年リーダーで分けられていたが、今年は一つにまとまって、全員がリーダーになるということじゃないですかね。自分もその中の一人になってチームをまとめられるようになりたい。

―新チームの雰囲気は
 今は寮の生活から見直そうということで、寮の清掃や寮の過ごし方から練習前に全員でやってから練習に入りましたね。そういう生活面から見直していいチームになっていくと思う。

―新一年生が入ってきたと思いますが、注目したい選手は
 まだ一緒に練習していないのでわかりませんね(笑)。

―BKとして意識したいことは
 去年もそうだったが『まず展開して、BKで得点を取る』というのを考えている。よくコーチが「日本一のBKになろう」とおっしゃっているのですが、その一員になれるようにプレーの精度や、体づくりを頑張っていきたい。

―グラウンドリーダーに選ばれた意気込みを
 僕が思っているのは『しっかり来年に繋げられるように』ということ。自分としても、チームとしても、今季一年間積み上げたものを来季のチームに還元するというか、生かせられるように積み上げていきたい。

―今季のチームの目標は
 今季も引き続き日本一を目指すが、プレーだけでなく、生活面からもしっかり見直し、良いチームになっていけたらと思う。

―応援してくださる方々にメッセージを
 今季は体制などが変わって、自分の生まれ変わった姿を見せられると思うので、そこを見ていただければと思います。

(聞き手:小島周)

 inoue R

 

山下憲太グラウンドリーダー(社2)

―昨季を振り返って
 挑戦したい気持ちが昨季は強くて、春のケガ明けからずっと出場させてもらった。試合前や試合中の先輩の接し方が1年生なのに対等に接していただきました。人見知りで緊張するタイプだったので、先輩たちから声をかけてもらって、のびのびとプレーできた。

―グラウンドリーダーに選ばれたが
 声を出して引っ張るタイプではないので、プレーで引っ張るリーダーになりたい。

―高校生のときなどにリーダーの経験は
 中学と高校のときに主将をやらせてもらった。高校生のとき「主将としてもっと喋れ」と言われて、それから喋れるようになった。プレーで引っ張る点では評価されていた。

―他の2年生のグラウンドリーダーとどのように連携していくか
 二人(吉永、根塚洸雅)とも、すごい強くて、自分も二人に負けたくない気持ちもある。みんなとは対等に接していきたいし、引っ張るというより一緒に頑張りたい。

―同じポジションの吉永選手もグラウンドリーダーに選ばれた。役割の違いは
 (吉永)純也はビッグタックルを決める持ち味がある。自分はタックルを決めきれてないので、そのぶん、運動量を多くしてアタックやディフェンスに関われるようにしたい。

―新チームの雰囲気は
 良い雰囲気で練習してます。(TIDキャンプU-20日本代表候補合宿で)練習を抜けたりしましたが、復帰したときには行く前より良い雰囲気で出来ていた。練習する度に、成長している実感がある。

―U-20日本代表候補合宿に参加したが
 みんなレベルが高くて、一日中ラグビーのことを考える生活だった。非常に濃い、楽しい合宿だった。

―今季の個人とチームの目標は
 個人目標はディフェンスの強化、チーム目標は『日本一』ということで、『日本一』になれるための努力をしていきたい。

―春季大会にむけて一言
 昨季はCグループでしたが、今回は早大とか強いチームと初めて戦える。なので、思いっきりチャレンジして、秋につながる試合になるようにしたい。秋のリーグ戦は、昨季の四年生が残してくれたチームの雰囲気を大事にして、去年より良い成績を出せるように頑張りたい。

(聞き手:藤原陸人)

 Yamashita R

 

 吉永純也グラウンドリーダー(経2)

―昨季を振り返って
 チームの目標である『リーグ戦2位、選手権優勝』が果たせず、とても悔しくて心残りがある。

―昨季の反省から春取り組んだこと
 チーム全体としてFWとBKでそれぞれ課題があったが、その中でもFWはセットプレーを徹底的に強化してきた。

―個人として春季大会に意識したいこと
 タックルやアタックでのフォローなどを意識したい。

―今季の目標
 昨季果たせなかった『選手権優勝』が第一目標です。また今季は選手権に出場できる枠が一つ減るので、全体を通して努力を惜しまずやっていきたい。

―ファンにひとこと
 法大ラグビー部の応援をどうぞよろしくお願いいたします。

(聞き手:岡田一希)

yoshinaga R


 

根塚洸雅グラウンドリーダー(経2)

―昨季を振り返って
 まず『(大学)選手権に出れた』ということは良かったんですけど、勝てる試合で勝ち切れなかったというのが自分達の弱みでもあった。今季は『どんな相手でも最後までやり切る』ということを意識したい。昨季は後半に逆転されて負けることが結構あったので、前半の良い流れを後半で潰さずに、最後まで持っていけるようにしたい。

―日本代表のフィジー合宿に参加して
 フィジーに行って、海外の選手の強さと言うのを実感できた。そこで学んだことを法大でも伝えられるようにしたい。

―海外の選手の印象は 
 一歩遅れたり、ちょっとでも高くなると一瞬で力でもっていかれた。『細かい部分にこだわる』ということをずっと意識しないと海外のチームに勝てなかった。その細かい部分に意識するのは法大でも活かせると思ったので、そこの部分を頑張る。

―フィジー合宿での収穫は
 初めてFBというポジションもした。いつも見えなかったスペースだったり、ディフェンスをしていて不安に思う部分を自分がいつもいるWTBとは、また違った視点で見れた。そこはとてもプラスになった。

―学年リーダーとして2年生をどうまとめるか
 今は練習を4年生が引っ張っているのが多いが、「2年生だから」といって縮こまるのではなく、2年生からリーダー性を発揮して全員がリーダーとなれるようにまとめていけたらと思う。

―2年生全体の雰囲気は
 2年生は結構波があると思う。いい流れの時はみんないい雰囲気で臨めるが、落ちた時に切り替えのできる選手が今は少ない。そこを改善して流れを変えれるようにしたい。

―今季の目標は
 チームとしては『日本一』。昨季は(大学)選手権に出場して、1回戦で負けた。それ以上の成績を今季は絶対に狙って、『日本一』を目指す。個人的には、今からあるU-20に入って、しっかり海外の選手と戦って自分のスキルを上げて法大に戻ってきたい。

―春季大会に向けて
 春季大会の試合が最後の冬にやっぱりつながると思う。そこでチームをどこまでレベルアップ出来るか大事になってくる。春でやっぱり基礎づくりというところで、『バックスはラインを取りきる』という所を意識して、『勝てるチームつくり』を春は意識したい。

―今後取り組みたい課題は
 昨季は何度もテンポよくアタックはラインでつないでとかあったが、今季はキックも使って、『敵陣でアタックする』ということをやっていこうかなと思っている。そこを練習して試合で活かしたい。

―最後にファンの皆さんに一言
 今季一年頑張って、ファンの皆さんに喜んでもらえるような結果を出したいと思います。

(聞き手:中村祐吾)

nezukakouga R

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

 45

定期購読の申込み