ラグビー

【ラグビー】第6回関東大学オールスターゲーム2018 リーグ戦選抜対対抗戦選抜 法大から中村翔、奈良が出場‼リーグ戦選抜BK陣を引っ張る‼

第6回関東大学オールスターゲーム2018
対対抗戦選抜
2018年6月24日(日)
秩父宮ラグビー場

 24日、秩父宮ラグビー場で、第6回関東大学オールスターゲームが行われた。メインゲームとして、リーグ戦選抜対対抗戦選抜の試合が行われ、法大からSH中村翔(経3)とSO奈良望(社4)が出場した。中村翔はボールを素早く展開し攻撃のテンポを作った。奈良はけがによる負傷退場でわずかな出場となったが、SOとしてリーグ戦選抜BK陣の攻撃を組み立てた。対抗戦選抜だけでなく、秋に戦うリーグ戦選抜のメンバーにも法大の強みであるBK陣の攻撃を見せつけた。なお、試合は24-66で対抗戦選抜が勝利した。

twoshot R試合出場したSO奈良(左)とSH中村翔(右)

試合結果

トータル試合結果

24
リーグ戦選抜


19


前半
24

66
対抗戦選抜

5
後半


42

 

ポイント詳細

3/1 4/6
2/0 G 2/6
0/0 PT 0/0
0/0 PG 0/0
0/0 DG 0/0
T:タナカ(流)、アマト(大)2/タラウ(大)
G:大矢(大)(2)

※前半/後半
※ポイント詳細、メンバー交代は公式試合記録による

リーグ戦選抜メンバー

No.ポジション選手氏名大学
1 PR 古畑翔 大東文化大
2 HO 金子恵一 中大
3 PR 藤井大喜 大東文化大
4 LO 中村匡汰 東海大
5 LO タラウ・ファカタヴァ 大東文化大
6 FL 湯川純平 大東文化大
7 FL 粥塚諒 流通経大
8 NO.8 アマト・ファカタヴァ 大東文化大
9 SH 北原夢馬 流通経大
10 SO 大矢雄太 大東文化大
11 WTB 土橋永卓 大東文化大
  CTB 眞野泰地 東海大
13 CTB タナカ・ブランドン・ムゼケニエジ 流通経大
14 WTB 望月裕貴 東海大
15 FB 桑江淳太郎 流通経大
16 Re 井上雄太 流通経大
17 Re 柴﨑冴亮 大東文化大
18 Re 中野幹 東海大
19 Re 山極大貴 専大
20 Re 河野大地 東海大
21 Re 中村翔 法大
22 Re 奈良望 法大
23 Re ヴィリアメ・タカヤワ 流通経大

交代選手

時間(分) 退
後半0 金子(中) 柴崎(大)
後半11 大矢(大) 奈良
後半11 北原(流) 中村翔
後半22 古畑(中) 井上(流)
後半22 粥塚(流) 河野(東)
後半22 藤井(大) 中野(東)
後半22 タラウ(大) 山極(専)
後半22 望月(東) ヴィリアメ(流)
後半27 アマト(大) 粥塚(中)
後半34 奈良 大矢(大)
※(大)=大東文化大、(東)=東海大、(流)=流通経済大、(中)=中大、(専)=専大。CTB眞野(東)は背番号なしでプレー

関東大学春季大会Bグループ 星取表 

  早 大 筑波大 日体大 法 大 中 大 日 大 勝点 順位
早 大   ●21-38
(3T3G)
●22-32
(4T1G)
○52-24
(8T6G)
○69-0
(11T7G)
○50-14
(8T5G)
19  2位
筑波大 ○38-21
(5T5G1PG)
  ○78-14
(12T9G)
○68-15
(10T9G)
○59-7
(9T7G)
○38-26
(6T4G)
24 優勝
日体大 ○32-22
(4T3G2PG)
●14-78
(2T2G)
  ●27-94
(5T1G)
●10-31
(2T0G)
●21-73
(3T3G)
7 6位
法 大 ●24-52
(3T1G1PT)
●15-68
(3T0G)
○94-27
(14T12G)
  ○47-28
(7T6G)
○52-12
(8T6G)
19 3位 
中 大 ● 0-69 ● 7-59
(1T1G)
○31-10
(5T3G)
●28-47
(4T4G)
  ●31-55
(5T3G)
8 5位
日 大 ●14-50
(2T2G)
●26-38
(4T3G)
○73-21
(11T9G)
●12-52
(2T1G)
○55-31
(9T5G)
  13 4位 

 ※◯=5点、●=0点、△=2点。ただし、ボーナス点として勝敗関係なく、4トライ以上獲得したチーム、または7点差以内で敗戦したチームに勝ち点1を追加する。Bグループ優勝は筑波大。法大は早大との総得失点差数により3位

戦評 

 心配されていた雨も上がり、最高気温27℃と厳しい暑さのなかで行われた第6回オールスターゲーム。メイン試合として、リーグ戦選抜対対抗戦選抜が行われた。試合は24-66で対抗戦選抜が快勝した。
 前半、リーグ戦選抜は外国人トリオが躍動する。LOダラウとNo.8アマト(ともに大東文化大)のファカタヴァ兄弟や先制トライのCTBタナカ・ブランドン・ムゼニケエジ(流通経大)ら個の力を見せつけた。一方、対抗戦選抜は組織力で対抗し、WTB竹山晃暉(帝京大)などがトライを奪い前半を19-24と対抗戦選抜リードで終えた。
DSC 0176 R
後半キックオフを務めたSO奈良

 迎えた後半。リーグ戦選抜はNo.8タラウが同点トライを奪い、24-24とする。リーグ戦選抜が勝ち越しを狙おうとした後半11分に、SO奈良望(社4)とSH中村翔(経3)が登場。オールスターゲームならではの豪華なリーグ戦選抜BK陣を引っ張った。奈良はキックオフのキッカーを務めたが、残念ながら試合途中で左足首を痛め負傷交代。わずかな時間の出場となった。中村翔はリーグ戦選抜の足が止まり防戦一方となる展開だったが、SHとしてFWのディフェンスに指示を出すなど、試合を統率した。

nakamura2 R
ボールを持ち出して素早い攻撃を仕掛けるSH中村翔

 試合後、奈良、中村翔ともに「楽しかった」と述べた。7月中旬には対抗戦選抜に7人選出された帝京大との練習試合が控える。オールスターゲームとはいえ、実際に帝京大の選手と対戦した奈良は「肌で感じた強さをチームに還元したい」と力強く語った。
『昨日の敵は今日の友』。普段は敵となる他大主力選手たちと一緒にプレーした豪華な80分間に多くの観客が酔いしれた。来年は法大の選手がさらに選出されることを期待したい。
(文・写真=藤原陸人)

※『The Featured Hoseirugby Player』はございません。

 選手インタビュー 

中村翔(経3,SH)(FWにディフェンスの指示を出すなど、精力的にプレー)

―今日の試合を振り返って
レベルの高い選手と一緒にプレーできて、楽しかったです。

―メンバーに選ばれた感想は
まさか、自分が選ばれるとは思ってなかったから、選ばれたからには頑張ろうと思いました。

―試合前の意気込みは
リーグ戦の代表だから、リーグ戦選抜が勝てるようにプレーしようとしたことです。対抗戦選抜には負けれないという気持ちでした。

―奈良望(社4)選手のプレーを見て
けがしましたけど、同時に出場できて楽しかったです。

―SHとしてBKを統括する際に意識したことは
競っている状況だったので、突き放せたらいいなと思っていました。自分たちのチームも足が止まってて、ボールをなかなか動かせなかったです。

―印象に残った選手と印象は
大東文化大のダラウ・ファカタヴァ選手とアマタ・ファカタヴァ選手(ともに大東文化大)ですね。突破力が強いなぁと思いました。

―今後に活かせるようなプレーは
一緒にやってて、すごい素早く攻撃してて、スペースにボールを運ぶ意識があった。法大もスペースにボールを運ぶ攻撃をしていきたいです。

―対抗戦選抜の印象は
ダウンボール(※1)、オーバー(※2)などの細かいプレーの質が良かったです。一人一人が前に仕掛ける圧力が強かったです。

―島津久志監督から言われたことは
「頑張れ!」ということと、「けがしないように」と言われました。

―7月中旬に行われる帝京大戦に向けて意気込みを
法大の今の質では帝京大に通用しないので、残りの練習期間でしっかり突き詰めて、勝利したいと思います。

※1 ダウンボール…タックルなどで地面に倒された際、ボールを味方側に手放すこと。
※2 オーバー…タックルで倒されたあとにダウンボールした味方のボールを相手から守ること。

奈良望(社4,SO)(わずかな出場となるも、キッカーを務めた)

―今日の試合を振り返って
即席チームなので、いつもと違う選手と違う戦術がありました。お互いコミュニケーションが少なくて、やりづらいこともありました。しかし、一人一人が強くて前に攻められるので、そこはやりやすかったです。

―メンバーに選ばれた心境は
何で選ばれたのかなという気持ちが強いです(笑)。でも、選んでいただけたことはすごい嬉しいです。

―試合前の意気込みは
「SOで出場する」と言われていたので、流れるプレーを出来たらなと思ってました。

―けがの状態は
シンプルに痛いです(笑)!

―SOでリーグ戦選抜メンバーを引っ張ってみて
すごい安心できるメンバーでした。SOから外見ても「あぁー、豪華だなぁ~」という感じですね。

―印象に残った選手や、プレーは
CTBのタナカ・ブランドン・ムセケニエジ選手(流経大)ですね。いつも、自分たちが意識していることをサラッとこなしたりしています。体の使い方だったり、バネが違うなと思いました。

―対抗戦選抜の印象は
メンバーを見ても「ザ・オールスターだなぁ」と。リーグ戦もそうですけど、対抗戦のチームと戦うと、パスのスピード感や細かいところが意識できてて、レベルが高かったです。

―島津久志監督から言われたことは
「頑張れ!」と(笑)。あとは、「楽しんで!」と言われました。

―その言葉通り楽しめましたか
そうですね。結構リラックスしてできました。プレーは上手くいかなかったですが、楽しめてはいました。

―7月中旬に行われる帝京大戦に向けて意気込みを
今日帝京大の選手も対抗戦選抜にいたので、肌で感じた強さをチームに還元しながら、擦り合わせていきたいです。高いレベルで良い試合ができるようになればと思います。

フォトギャラリー

  • twoshot R試合出場したSO奈良(左)とSH中村翔(右)
  • DSC 0176 R後半キックオフを務めたSO奈良
  • nakamura2 Rボールを持ち出して素早い攻撃を仕掛けるSH中村翔
  • nara2 Rリーグ戦選抜の豪華なBK陣を引っ張ったSO奈良
  • nakamura1 RFW陣を指示するSH中村翔
  • DSC 0100 R相手の攻撃を伺うSO奈良
  • hapu R普段は敵の選手も今日は友達
  • nsn Rマネージャーとしてチームを支える佐藤唯(経3)さん(中央)と奈良、中村翔両選手。佐藤さんは試合の運営を手伝った
 
 
 
 
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

 1men

定期購読の申込み